知見 を 広げる。 「知見を深める」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「知見」の意味とは?「知識」「見識」「経験」との違いと使い方

知見 を 広げる

「知見を深める」と「知見を広める」の意味と違い!使い方の例文をそれぞれご紹介! 気になる情報. php on line 284 目次• 「知見」の意味と語源 「知見」は 「ちけん」と読みますが「知識」と間違いやすいので気をつけておきましょう。 また「地検」「治験」など読み方は同じでも全く意味の異なる漢字もいくつかあるので、書き方を間違えないようにしましょう。 「知見」の意味は? 「知見」とは「実際に見て知ること、見聞して得た知識」という意味です。 「知見を深める」「知見を広める」といった言い方を、聞いたことがあるのではないのでしょうか? 社会人になるとそれまで以上に自分の力で向上していかなければなりません。 それがビジネスであり、向上心が高い人は社会に貢献できる人材へと成長していきます。 そのためには受け身ではなく自らが動くことが大切です。 「知見」の意味である「知ること、得た知識」は働くことにはとても重要となってくることが理解できます。 昨今、ネット社会になり、どんなこともネットが教えてくれるようになりましたが、先駆者の意見や体験談は「知見」を深めたり、広げたりするにはとても重要なことであるといえますね。 「知見」の語源は? スポンサーリンク 「知見を深める」「知見を広める」の使い方 それでは、「知見」の使い方にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。 ここでは先ほどもご紹介しましたが、ビジネスによく使われる「知見を広める」「知見を深める」という二つの言葉を例にご紹介していきます。 【例文】 「知見を深める」• 芸能の知見を深めることも時にビジネスの役に立つ• あの天災は衝撃的で知見を深めることになった• 今回の研修会に参加したことで知見を深めることができました。 「知見を広める」• 国内外問わず出向いて知見を広めてきた。 失敗や成功を間近に感じることで知見を広めてきた結果、このポストまで昇格した。 知見を広めてきたことが弊社の即戦力になれるでしょう 「知見を広める」は知らなかったことを知り知識をつけるということで、「知見を深める」は今まで以上に奥深く知っていくと似ているのですが、微妙にニュアンスが違っているのがわかりますね。 面接などで「知見」を使う際は広めたのか深めたのかのポイントを抑えて使うようにしましょう。 「知見を深める」「知見を広める」の英語・類義語 次は、「知見」の英語・類義語にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。 ここでは、ビジネスでよく使われる意味から例文でご紹介した言葉を英語で表現した場合を見ていきます。 「知見を深める」「知見を広める」の英語表記 「知見」の英語表記には以下のようなものがあります。 「知見を深める」の場合・・・「情報を得る、調べる」• 「知見を広める」の場合・・・「留学する、遊学する」 上記のように 「深める」とは目や耳で得る情報に対し、「広める」という意味の方が体で覚えるといった要素が大きい表現になることがわかりますね。 「知見」のようにちょっと難しい漢字の記事はこちらにもありますので、合わせてご覧ください。 一つの言葉でもつける言葉次第で意味が変わってくる不思議さ ここまで「知見」について解説してきました。 現代は情報社会ですので「知見を深める」ことの方が多いかもしれません。 しかし「知見を広げる」ことは自分の体で得る知識なので、今まで以上に大きな進歩を成し遂げられると感じます。 職人や現場でのお仕事は常に人間対人間の上に成立しています。 感情もあれば、学ぶことや知識を今以上向上させるチャンスにもなってきますね。 言葉とは付帯させる言葉によって伝わり方も違ってくるのでここでしっかりと抑えておきましょう。

次の

「知見」の意味や使い方|「知識/見識」等の類語との違いや例文

知見 を 広げる

「知見」の意味とは?読み方は? 実際に見て知ることや、知った知識 「知見」とは、実際に見て知ることや、見て知った知識のことを指します。 「知る」と「見る」という漢字が使われているので、そのままの意味です。 また、仏教の用語にも「知見」という言葉があります。 仏教用語では、仏教の考え方をもとに物事を正しく認識することを指しており、この認識できる能力があると煩悩を消滅できるとされています。 「知見」の読み方は「ちけん」 「知見」の読み方は「ちけん」です。 「見」という字は、「発見(はっけん)」のように音読みで「けん」と読みます。 名前でも「知見」という名字があります。 名字の「知見」の読み方は、「ちけん」の人もいれば、「ちみ」と読む人もいます。 「知見」と、類語や似ている言葉との違い 「知見」には、意味の似ている類語が多く存在します。 ここでは、代表的な類語との違いや使い分けについて紹介します。 「知見」と「知識」の違い 「知識」とは知っていることや、理解していることを指します。 これに対し、「知見」の意味は、「見て知った知識」です。 「知識」には、自分が経験したことだけでなく、本で読んだことや、人から聞いたことも含まれます。 しかし、「知見」は、あくまでも自分が見たり、経験して知った知識を指します。 つまり「知見」は、幅広くある「知識」の一部です。 「知見」と「見識」の違い 「見識」とは、物事の本質を見通すことができる、優れた判断力を指す言葉です。 判断力だけでなく、本質をしっかりと知ったうえで、それに基づいた考えのことも指します。 「知見」はあくまでも「見て知った知識」を指しますが、「見識」は見ることで本質を見通し、判断し、導き出した考えのことを指します。 「見識」の方が、より専門的で、優れた力を持っているときに使う言葉です。 例文を紹介します。 私は今回の仕事で知見を得られた 意味「今回やった仕事や経験で、知識が増えた。 彼は科学的な見識をお持ちの方です。 意味「彼は科学的な本質を知っており、素晴らしい判断力を持っている人だ。 」 「知見」と「経験」の違い 「経験」は実際にやってみたことや、そこから得た知識や技術のことを言います。 「知見」も「経験したことから得た知識」を指しますので、かなり似ている言葉です。 使い方の違いとしては、「経験」の方が、やってみたことそのものについて使うことが多く、「知見」の方が、得た知識について話すことが多いです。 「知見」と「ノウハウ」の違い 「ノウハウ」とは、何かをするのに必要な知識や技能のことを言います。 「知見」の類語ではありませんが、どちらも「知識」を指す言葉です。 ノウハウを提供している人の多くが、「実際に見て知った知識」を「ノウハウ」として提供しているので、混同しやすいでしょう。 「ノウハウ」は、「他人に伝えることで、聞いた人が、やり方がわかるようになる」知識を指すことが多く、伝わりやすいように体系化されたものを指すことが多いです。 これに対して「知見」は、あくまでも見て知った知識です。 一般的には、他人に伝えることや、体系化することを想定していない知識について使う言葉です。 「知見」の使い方と例文 「知見がある」「知見がない」は正しい使い方 「知見」は名詞です。 「知見」を主語として「知見がある」「知見がない」という使い方は正しい使い方です。 ただし、知識というのは、あるかないかを白黒はっきりとさせるのが難しいことも多いため、「知見がある」「知見がない」よりも、「知見を深める」のような使い方をすることが多いです。 わが社には、長年培ってきた実績と知見があります。 私には知見がないので、その質問には答えられません。 「知見を深める」「知見が広まる」はよく利用される 「知見」は、「知見を深める」「知見が広まる」という使い方をすることが多いです。 このほかにも、「知見を得る」「知見を共有する」などの使い方があります。 繰り返し体験することで、知見を深めようと思います。 海外留学をしたことで、知見が広まった。 このたびは、知見を得られる素晴らしい機会をいただき、感謝しております。 今回の知見を共有する勉強会を開きたい。 まとめ 「知見」とは、「実際に見て知ることや、知った知識」を指す言葉です。 「知識」「見識」「経験」など、似ている言葉は多くありますが、「実際に見て知った知識」であることを強調して話すときに使われることが多いです。 「知見を深める」や「知見が広まる」と使われることが多いので、機会があれば使ってみてはいかがでしょうか。

次の

「見識を広げる」とは?意味や使い方を解説

知見 を 広げる

「知見」の意味とは? 「知見」の類語や似た言い換え• 「知見」の使い方• 「知見」を使った例文• 「知見」の反対語や対照語・対義語• 「知見」を使う言葉 「知見」の意味とは? 「知見」は 「ちけん」と読み、実際に自ら見たり聞いたりして得た知識のことをいいます。 あくまでも自分自身が経験・体験してその物事についてよく観察し、自分で考え、それによって得た知識のことを指します。 「知見」は 「見」て 「知」るという漢字から成り立っている為、まさしく文字通りの意味だと言えるでしょう。 ですからインターネットで調べて知っている事や、本で読んで得た情報などは、実際に自分の経験や行動によって得たものではないので 「知見」とはなりません。 この場合は 「知識」と表現します。 そしてこの 「知識」と 「知見」は違いが分かりにくい言葉だとよく言われるのですが、 「知識」とは知っていることや知ることそのものを指す言葉なので、先述したように実際に自分で体験・経験し、見聞きして得た知識の事を指さないのです。 自らの行動の結果得た 「知見」があるからこそ得られるのが 「知識」でもあります。 また 「知見」には仏教用語において『事物に対する正しい認識』『物事に対する考え方や本質をついた評価』などの意味があります。 そして 「知見」は名詞なので、一般的には 「知見を? 」といった使い方をします。 icon まとめ 「知見」とは自らが経験し、体験した中で得た知識や見識のため、簡単に記憶からなくなる物ではありません。 もちろんインターネットや本などから、一生懸命学んだ事がすぐに消える訳ではありませんが、知識は外から吸収し、知見は内から放出するものに近いかもしれません。 人は自分が経験して心が動いたものの記憶を忘れる事はよっぽど何かがない限りありません。 五感を使って学び、増やした知見には価値がありますし、他人を説得させる時には説得力が増すでしょう。 現在はインターネットやSNSが発達しているため、知識を身につける事はそれ程難くないかもしれません。 ですが知見を得ることは行動力が必要になる分難しいかもしれません。 「知見」はかしこまった言葉ではありますが、使い方を理解して実際に使ってみると何か新しい発見や経験ができるかもしれませんし、語彙力の幅も広がるため、更に 「知見」が深まるかもしれません。

次の