お盆 休み 2020。 沖縄旧盆2020年はいつ?行事や食べ物を紹介!

2020年のお盆はいつですか?お盆期間は?

お盆 休み 2020

スポンサードリンク お盆休みは2020年はどうなる? 通常のお盆休みの期間というと 「8月13日~8月16日の4日間」 というように考えればいいのですが、その年の曜日によって休みの長さも変わってきます。 それでは2020年の8月のカレンダーを見てみましょう。 さて、2020年は8月10日(月)に 「山の日」で祝日があります。 本当なら8月11日に固定なのですが、2020年はオリンピックの影響により8月10日に移動となります。 国民の祝日に関する法律の特例について 令和2年(2020年)に限り、 「海の日」は 7月23日に、 「体育の日(スポーツの日)」は 7月24日に、 「山の日」は 8月10日になります。 平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法及び 平成三十一年ラグビーワールドカップ大会特別措置法の一部を改正する法律(平成30年法律第55号)が平成30年6月20日に公布され、 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の円滑な準備及び運営に資するため、同法第一条により、「国民の祝日に関する法律」の特例が設けられました。 cao. html これが2020年のお盆休みに大きく影響してきますね。 お盆の期間がいつからいつまでなのかを見ていただきましたが、 8月16日は送り盆となっていて、ご先祖様にお帰りいただく儀式があります。 これを大きな規模で行っているのが、 「京都の五山の送り火」 「大文字焼き」という言葉で耳にした人も多いと思います(京都で大文字焼きと言うとムッとされます。 ) こちらについても色んな深い意味や歴史があるので、興味のある方はこちらの記事をご覧になって下さいね! 関連ページ あとがき お盆はいつなのか、そして2020年のお盆休みの期間はいつからいつまでなのか、その時期や日にちをまとめましたがいかがでしたか。 お盆っていつなのか? といっても、地域によってまちまちで7月だったり8月だったりするので、あなたの地域についてお盆がいつなのか知っておくことも必要です。 また、お盆休みというのは本来正式な祝日でもなく、企業が独自に休みとしているので、 お盆休みのない企業も多くあります。 ただし、自分が休みでなくともお盆休みに入る人は大勢いますので、どこに行っても混雑は必至です。 この時期には各地で渋滞やラッシュも発生しているので、移動などの際は、計画的に時間に余裕を持って行動しないと思わぬところで時間を喰ってしまいます。 あらかじめこちらの記事で、ラッシュの状況など確認しておいてください! 関連ページ.

次の

お盆休み 2020年の期間はいつからいつまで?役所・銀行・郵便局・病院

お盆 休み 2020

だから、 「旧盆」と 「月遅れ盆」が時期的に同じ期間に近いので、ごっちゃになって「旧盆=月遅れ盆」と言っている人もいますが、 中身は全く違います。 こんな風に、期間としては7月15日を中心にしたお盆と、8月15日を中心としたお盆の2つの期間があるわけなのですね。 ですので、当時友人とお盆について会話していたとき、このことを知って 「どちらも間違いではない」ということで勉強になりました。 お盆の期間っていつからいつまでなの? お盆の期間がいつからいつまでというのは、上でも説明したとおり、 7月13日~7月16日 8月13日~8月16日 この2つの期間があります。 一般的にお盆がいつから始まるのかと聞かれると、 7割方は8月15日を中心とした期間を思い浮かべるようですね。 スポンサードリンク お盆の期間 北海道などの地域による違いは? お盆の期間について、北海道や東京などの地域性はどのように違うのか? ということをまとめてみました。 東京や埼玉などの関東地方をはじめ、北海道や東北地方、関西地方の大阪や九州地方など、それぞれの地域のお盆の期間がいつなのかを分けてみました。 東京の都心部では、天皇と同じ土地に住んでいるということもあり、政府の方針であった新暦には従うといった傾向が強かったのですが、 地方では生活(農作業)のほうが重視され、月遅れの盆として8月の期間に営まれている地域が多かったようです。 ですので、今でも東京都を中心とした南関東では、7月にお盆が行われている地域があります。 静岡旧市街地、函館、金沢旧市街地なども、この期間にお盆を迎えている地域があるようです.

次の

2020年「祝日・休日」一挙紹介 GW・お盆・大型連休・振替休日も

お盆 休み 2020

JAN 1月 s m tu w th f s 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 FEB 2月 s m tu w th f s 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 MAR 3月 s m tu w th f s 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 APR 4月 s m tu w th f s 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 MAY 5月 s m tu w th f s 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 JUN 6月 s m tu w th f s 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 JULY 7月 s m tu w th f s 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 AUG 8月 s m tu w th f s 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 SEPT 9月 s m tu w th f s 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 OCT 10月 s m tu w th f s 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 NOV 11月 s m tu w th f s 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 DEC 12月 s m tu w th f s 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 【確定版】2020年の中国の祝日と連休日程 --- 祝日名にマウスポインタをあわせると説明を表示します。 2020年の祝日日程の特徴は以下のとおりです。 元旦は例年3連休ですが、2020年は元旦当日のみ休みとなります。 2020年の元旦は水曜日にあたるため、土日の振替によって3連休を作るのに適しないのが理由とのことです。 新型肺炎の拡散防止措置として、春節(旧正月)の連休が延長され、10連休となりました。 労働節は2018年までは3連休でしたが、2019年に4連休としたところ国民から好評だったため、2020年はさらに1日増やして5連休になります。 増加分は土日の振替で処理されるため、年間休日日数は変わりません。 2020年は中秋節と国慶節が偶然かさなるため、あわせて8連休となります。 中国では、祝日と日曜日または土曜日が重なるときは振替休日が設けられます。 どの日が振替休日になるかについては、法則性はなく、その都度政府が決定して公告します。 法定休日となる祝日の日数は、元旦、清明節、労働節、端午節、中秋節はそれぞれ1日。 春節(旧正月)および国慶節はそれぞれ3日間です(合計年間11日)。 この法定休日に、政令によって直近の日曜日、土曜日を移動して連結し、連休が作られます。 連休は原則として3連休または7連休ですが、変則的な日程が組まれることもあります。 中国の祝日、連休日程の決まり方については、こちらの記事も参考にしてください。 旧正月(春節)の前後1カ月くらいの期間は、「春運」と称される全国的な帰省ラッシュがあります。 この期間中に中国国内で長距離移動する延べ人数は20億人を超えるといわれ、鉄道の切符は入手困難になります。 飛行機のチケットは旧正月の前後でも鉄道に比べると入手しやすいです。 春と秋に開催される広州交易会の時期には、広州、深セン、東莞などのホテルは大変混雑します。 この時期に華南を旅行するなら、早めの予約が必須です。 広州交易会の日程は、公式サイトで確認できます(。

次の