テリーのワンダーランドレトロ 変更点。 モンスターを捕まえるにあたりの基礎知識:瞬(syun)のブロマガ

【スマホ版】テリーのワンダーランドレトロ攻略ブログ|OP~守りの扉まで

テリーのワンダーランドレトロ 変更点

懐かしのテリワンがスマホ版で登場 2019年秋。 ドラゴンクエストモンスターシリーズの第1作目である「テリーのワンダーランド」が20周年を迎えました。 そして、20周年記念に当時の環境そのままで、スマホ版 テリワンRETRO として登場。 今回はテリワンRETROをプレイした感想に基づく満足点や、詳細を述べたいと思います! 商品詳細 お値段は1,480円! テリワンRETROの気になるお値段ですが、 1,480円 税込 です。 なんと、iTunesカード1500円1枚で買えちゃいます! 完全買切り制なので、追加でお金はかかりません。 また、iPhoneやiPadと機種に関係なく同一のお値段です。 クリスマス〜年末が近づいているため、セールで安くなる可能性もあります。 因みに、使用しているiPadは2014年に登場した「iPad Air」です。 大きさは10インチほど。 iPhone8を3つ分くらいの画面ですね なので、今回の記事はiPadでの使用感で書かせていただいています。 満足点 懐かしさ抜群 戦闘、音楽、探索、配合。 当時のテリワンが、そのまま再現されています。 スラぼうを連れて旅のとびらに飛び込んだ後に流れる、探索の音楽を聴いた時「あぁ〜!これだわぁ!」と思わず声に出してしまいそうになりました。 懐かしさ抜群なので、当時プレイしていた人は購入をおすすめします。 セーブも急に消えません笑 メニュー機能が充実 十字キーの下に、四角のボタンがあるのですが、そこをタップすると• モンスター牧場確認 冬眠、タマゴ含む• 操作説明• タイトル画面に戻る の4つの項目が表記されます。 特に「モンスター牧場確認」「設定」「タイトル画面に戻る」の機能がとにかく便利なので1つずつ紹介していきます。 牧場のモンスターをその場で確認できる 所持しているモンスターの状況は、牧場にいる「プリオ」に話しかけないと確認できませんでした。 しかし、テリワンRETROではメニュー機能から、手持ちのモンスター 冬眠、タマゴ含む を確認できるようになったのです! 呪文やとくぎ、ステータスの詳細こそ見れませんが、牧場に預けているモンスターの種族や性別も確認できます。 やっとの思いで配合目当てのモンスターを仲間にして牧場に戻るものの、同性だった時の絶望感を味わうことがなくなります。 他国のマスターからモンスターを厳選する時に時短できます。 背景設定 着せ替え機能• 移動速度の変更 の4種類の設定ができます。 背景 着せ替え 機能は デフォルト 青 わたぼう ゲームボーイ の4種類。 ゲームボーイは白、赤、緑、黄、水色、紫の6種類あります。 好きな背景をカスタマイズできます。 そして、特に嬉しいのが画面設定です。 カラーだけでなく、各ゲームボーイ画面の設定ができます。 モノクロ1…ゲームボーイポケット• モノクロ2…スーパーゲームボーイ• モノクロ3…ゲームボーイライト だと思います。 初代ゲームボーイは3に近い気がしますね。 あの頃はスーパーゲームボーイにはお世話になりました。 電池的な意味で。 移動速度は気持ち早くなります。 よりレトロな感じを味わいたいのであれば、遅めに設定することもできます。 惜しい点 操作性 正直、 良いとは言えないです笑 プレイ画面は上の画像のように、ゲームボーイの形を再現しており、画面のタップで操作します。 プレイは全然できるのですが、右を押したと思っていたら、同時に下 上 も反応していることが多々ありました。 ゲームボーイのコントローラー感覚でプレイすると、• 探索中に予期せぬ方向に進んだりする といった誤操作が多かったです。 彼女がiPhone版をプレイしているので少し触らせてもらいましたが、十字キーが小さすぎて、慣れるのに時間がかかると思いました。 逆にiPadは十字キーが遠く感じ、かつ上下左右それぞれの幅が広いのも誤操作を生む要因の1つだと思います。 通信機能は無し テリワンといえば、通信機能による 対人戦や お見合い機能は醍醐味の一つです。 ただ、今回のテリワンRETROには、通信機能は完全に排除されてしまっています。 購入するなら、ゲーム性や音楽を始めとした「懐かしさに浸るためのゲーム」と割り切りましょう。 テリワンRETROの満足度 個人的に、テリワンRETROの満足度はかなり高いです。 通信機能がなかった点は少し落胆しましたが、それでも当時の懐かしさに触れられたのは楽しかったです。 ありがとう、スクエニ…! 当時プレイしていた人は、片手間に遊んでみるのもアリだと思います。 「その おにく くれよ。 」 わたぼうは優しい口調のイメージがありましたが、こんなに口が悪い 愛嬌のある? ことに20年間、全く気付きませんでした。 新しい発見に感謝します。

次の

【比較】Switch『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド RETRO』の特徴や新要素、当時のゲームボーイ版との違い

テリーのワンダーランドレトロ 変更点

テリー編ですが、モンスターを仲間にして自分の気が済むまで育て上げ、配合してどんどん目指すモンスターを作っていく中で、レアモンスターを作るには同じ素材がいくつも必要となります。 現在プレイ中で自分が気が付いた事柄をいくつか掲載したいと思います。 概要 PS版では、ボスモンスターにお肉をあげようとするも「***は はらいのけた!」と表記されてしまい肉をあげることができません。 当然こんなのやってられません。 ですので、以下の方法で仲間にするようにします。 取り巻きの「ずしおうまる」と「デビルアーマー」を倒す。 「まおうのつかい」のHPは1000なので、上手く計算しながら900~980くらいまでダメージを与えていく。 「まおうのつかい」に対して、「せかいじゅのしずく」を使い体力を全回復させる。 (何回やってもダメならば「せかいじゅのしずく」を5回上げてみる。 結果と考察 ちなみに自分は、「せかいじゅのしずく」を4回与えて1発で仲間になりました。 (モンスターの仲間確率を調べているときに、チートコードを確認したところ、 モンスターはデフォルトではいくら肉を与えても3割の確率で仲間にならない、と発見しました。 なので、どんなに条件を満たしていても3割で失敗することがあるようです。 こればかりは仕方ありません。 メダルおじさんの扉のボスである「キングスライム」は、扉攻略前に既に「キングスライム」を仲間にしていたのにもかかわらず上記の方法で無事仲間にできました(能力は少しよわかったですが…;;) ~やりこみをしたい時~ 他記事でも書きましたが、テリー編では必要となる素材が複数必要なケースが多いです。 イル編やルカ編はカギの強さにより強力なモンスターが出現する可能性がありますが、テリー編では地道に作り上げるしかありません。 この仕様が年を重ねると楽しくなってきますが(笑) 1. 概要 例えば????系を何匹も作りたいがそのたびに強力なモンスターが必要となる。 GB版をやっていた時は主として「しもふりにく」を沢山あげるとモンスターが起きやすくなるとは聞いたことがあるがPS版ではこの仕様が変更したのかをはっきりさせたい(要は、自分がしっくりする事象が確認できれば満足!といった話。 特に他国マスターが持っている「ラーミア」や「まおうのつかい」などは何度も配合に用いるためこれらの情報を知るとかなり有益になると思われる。 「しもふりにく」を少なくとも4個持っている。 「アストロン」を覚えているモンスターを引き連れていること。 「おおめだま」は「アストロン」を覚えない。 「アストロン」を唱えて、仲間にしたいモンスターに対して「しもふりにく」を与える。 ちなみに「アストロン」中に肉を与えられる機会は2回までなので、確実に「しもふりにく」を4回与えるためには「アストロン」を2回唱える必要がある。 また、敵の「ロックちょう」などが「バズウしょうかん」してバズウを召喚された場合、こちらが「アストロン」を唱えたら「いてつくはどう」をされてしまうため「アストロン」中に肉を与える作戦は失敗となる。 他にも「メタルキング」が「メガザルダンス」を踊ったりなど意外な所で事故が発生するリスクもあるので注意が必要です。 「しもふりにく」を4回与えたら仲間にしたいモンスターを最後に倒す。 結果と考察 上記の方法で他国マスターが連れている「ラーミア」、「メタルキング」、「やまたのおろち」、ガンコじいさんの扉にいる「アンドレアル」は複数回仲間にすることが出来ました。 他記事でも書きましたが、モンスターはデフォルトでは3割の確率で仲間にならないため、失敗することも当然ありましたが気にしないのが良いと思います。 また、モンスターによって仲間になりやすさを示すマスクパラメータの数値は調べても分かりませんでしたが、肉は最大でも「しもふりにく」4個まで、と上限を決めるのが良いと思います。 それ以上あげてもあまり効果がない気がします。 他に気になった点があるとすれば、図書館に定められているモンスターのレア度によって与える肉の量も変わるのかもしれませんがこれに関しては正直分かりません(多分関係ないでしょう)。 偶然かもしれませんが「スライム」や「アントベア」などは2回目以降に仲間にする時、「しもふりにく」1個で仲間になりましたので…。 正直この点はかなり大きいです。 楽に「ローズバトラー」や「ランプの魔王」、「ダークホーン」や「キングスライム」などが量産できます。 特に「ローズバトラー」と「ダークホーン」が重宝しそうですね。

次の

モンスターを捕まえるにあたりの基礎知識:瞬(syun)のブロマガ

テリーのワンダーランドレトロ 変更点

もくじ• 「このモンスターとこのモンスターから何が産まれるのだろう?」といった手探りからの大発見といったワクワク感が少年心をくすぐります。 さらに「ポケモン」のように図鑑を完成させる楽しみもあり、200匹を超えるモンスターを集めるだけでも楽しいと感じるはず。 戦闘の戦略性が高めで、ボスモンスターの呪文や特技に対する耐性などを考えながらプレイする必要があり歯ごたえのある戦闘を味わえます。 弱点を知らないと全滅する、知ればクリア可能といった感じでRPG好きには心地よい難易度といったところ。 非常に完成度の高い作品です。 悪い点 こちらは悪い点。 テリワンレトロは個人的には好きですが悪い点は包み隠さず紹介します。 【悪い点】 ・GB版にあった通信対戦が排除されてしまった ・気軽に中断セーブできない ・モンスターの配合直前に自動セーブが発動する ・現代のゲームと比べるとゲーム画面がしょぼい ・アプリ代金が有料落とし切りなので高く感じる 悪い点は何と言っても「通信対戦機能が排除されてしまった点」です。 GB版は通信ケーブルを用いて友達と熱いバトルを繰り広げることができました。 しかしレトロ版では対戦機能が排除されています。 友達を倒すための対策など当時のバトルの楽しさを知っている僕からすると悪い点だとはっきりといえます。 他にはダンジョン内では特定の場所でないとセーブできない。 (アイテムがあればできるが登場が遅い)これもどこでもプレイ可能なスマホゲーとしては痛い所。 セーブアイテム登場まで気が抜けない。 さらにGB版から受け継いだモンスター配合直前に自動セーブが発動するシステムがやっかい。 これにより目当てのモンスターじゃなかったらリセットということができない私用となっている。 (ある程度は配合時に分かるのだが、レアモンほど分からない) 後はレトロゲームの移植なのでゲーム画面が肌に合わない方もいるかと。 それと有料落とし切りアプリなのでダウンロードに1,480円かかります。 無料でプレイできないは嫌という人には合わないかも。 僕以外のプレイヤーの声 僕の意見だけでは「本当かよ…」と思われそうなので僕以外のプレイヤーの意見を集めてみました。 1番大好きなゲーム。 小さい頃、このゲームにどれだけの時間を費やしたことか。 まとめ 最後にまとめますが、テリーのワンダーランドレトロはBG版にあった 対戦機能がなくなり残念だけどドラクエなので結局のところ面白いということです。

次の