片栗粉 恐怖 症。 恐怖症の一覧

鳥肌の立つ感覚って・・私は片栗粉が・・・

片栗粉 恐怖 症

調理系YouTuberとして大人気のかねこ YouTubeチャンネル「 きまぐれクック」 そこで魚の調理動画を投稿しているのがかねこさんです。 本名が金子なのかどうかはわかりませんが、どことなく 金子千尋選手に似てるなと思ったのは私だけではないはず。 きまぐれクックチャンネルは 2016年12月に開設されたのですが、 すごい勢いで登録者数を増やしていきました。 2017年2月 チャンネル開設3か月目 にはもう3万人を突破していましたし、 4月にはもう10万人を突破。 2019年9月現在では 240万人近い登録者がいるみたいですね。 1月には「 行列のできる法律相談所」にも出演! 菅田将暉さんがハマっている人物として紹介されていました。 なぜか片栗粉が嫌い過ぎるかねこ そんなかねこさんの動画の特徴というと、やはりその 技術の高さ。 どんな魚でも手際よく捌いていきます。 かねこさんの動画には 一般家庭ではまず扱わないような珍しい魚も登場するのですが、きちんと紹介を入れながらあっという間に捌いていくんですよね。 編集もテンポが良くて、魚にあまり興味がないという人にも見やすくなっています。 でもここまで魚が捌けるのに、なぜだか 片栗粉が触れないんですよね。 魚の胃袋に入っている得体の知れないものは触れるのに 笑 動画内で片栗粉を使うときは、すごく 嫌そうな顔をしながら取り出して、 変な声を出しながら魚にまぶしています。 フィーバータイムとも呼ばれて、もはや動画の盛り上がりどころの1つですよね。 ただ片栗粉をまぶしているだけなのにw 視聴者もその姿を楽しんでいるみたいで、 40キロの片栗粉がプレゼントされたこともありました。 片栗粉40キロ届きました。 かねこは片栗粉恐怖症?実際にある症状だった でも決して動画だから大げさなリアクションをしているわけではなく、どうやら ガチの片栗粉嫌いのようで。 片栗粉を指につけたときの キュッとした感覚が苦手みたいです。 個人的には雪をギュッと丸めた時の感覚とちょっと似ている気がして、むしろ好きですけどね~。 よくよく調べてみると、「 片栗粉恐怖症」っていうのがあるみたいですね。 大きなカテゴリで粉末恐怖症というのものがあり、その中でも 片栗粉に生理的嫌悪を感じる人も少なくはないみたいです。 こちらの記事に詳しく書かれています。 こちらの記事でもかねこさんが紹介されていますね。 でも最近では 袋の上からであれば普通に触れるようになってきました。 少し前までは袋の上からでも嫌そうな顔をしていたのに 笑 ともかく、魚を調理する動画が中心になっている以上、今後も片栗粉の活躍の場はなくならないと思います。 魚や焼いたり揚げたりする前に片栗粉をまぶしておくと、すごく 軽い食感になるんですよね。 甘酢あんも良く絡むようになりますし。 今後も嫌そうな顔をしながら片栗粉をまぶすかねこさんが見られることでしょう。 周りの人間に驚かれるんだけど— 焼豚 yakibuta00 いかがでしたか? 調理系YouTuberでありながら片栗粉をこよなく嫌うかねこさん。 完全に「片栗粉恐怖症」ですよね。 ですがかねこさんのスタイルと片栗粉はもはや切っても切れない関係。 これからも片栗粉を使うシーンに期待がかかります。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

【実在】珍しい恐怖症と症状10選

片栗粉 恐怖 症

調理系YouTuberとして大人気のかねこ YouTubeチャンネル「 きまぐれクック」 そこで魚の調理動画を投稿しているのがかねこさんです。 本名が金子なのかどうかはわかりませんが、どことなく 金子千尋選手に似てるなと思ったのは私だけではないはず。 きまぐれクックチャンネルは 2016年12月に開設されたのですが、 すごい勢いで登録者数を増やしていきました。 2017年2月 チャンネル開設3か月目 にはもう3万人を突破していましたし、 4月にはもう10万人を突破。 2019年9月現在では 240万人近い登録者がいるみたいですね。 1月には「 行列のできる法律相談所」にも出演! 菅田将暉さんがハマっている人物として紹介されていました。 なぜか片栗粉が嫌い過ぎるかねこ そんなかねこさんの動画の特徴というと、やはりその 技術の高さ。 どんな魚でも手際よく捌いていきます。 かねこさんの動画には 一般家庭ではまず扱わないような珍しい魚も登場するのですが、きちんと紹介を入れながらあっという間に捌いていくんですよね。 編集もテンポが良くて、魚にあまり興味がないという人にも見やすくなっています。 でもここまで魚が捌けるのに、なぜだか 片栗粉が触れないんですよね。 魚の胃袋に入っている得体の知れないものは触れるのに 笑 動画内で片栗粉を使うときは、すごく 嫌そうな顔をしながら取り出して、 変な声を出しながら魚にまぶしています。 フィーバータイムとも呼ばれて、もはや動画の盛り上がりどころの1つですよね。 ただ片栗粉をまぶしているだけなのにw 視聴者もその姿を楽しんでいるみたいで、 40キロの片栗粉がプレゼントされたこともありました。 片栗粉40キロ届きました。 かねこは片栗粉恐怖症?実際にある症状だった でも決して動画だから大げさなリアクションをしているわけではなく、どうやら ガチの片栗粉嫌いのようで。 片栗粉を指につけたときの キュッとした感覚が苦手みたいです。 個人的には雪をギュッと丸めた時の感覚とちょっと似ている気がして、むしろ好きですけどね~。 よくよく調べてみると、「 片栗粉恐怖症」っていうのがあるみたいですね。 大きなカテゴリで粉末恐怖症というのものがあり、その中でも 片栗粉に生理的嫌悪を感じる人も少なくはないみたいです。 こちらの記事に詳しく書かれています。 こちらの記事でもかねこさんが紹介されていますね。 でも最近では 袋の上からであれば普通に触れるようになってきました。 少し前までは袋の上からでも嫌そうな顔をしていたのに 笑 ともかく、魚を調理する動画が中心になっている以上、今後も片栗粉の活躍の場はなくならないと思います。 魚や焼いたり揚げたりする前に片栗粉をまぶしておくと、すごく 軽い食感になるんですよね。 甘酢あんも良く絡むようになりますし。 今後も嫌そうな顔をしながら片栗粉をまぶすかねこさんが見られることでしょう。 周りの人間に驚かれるんだけど— 焼豚 yakibuta00 いかがでしたか? 調理系YouTuberでありながら片栗粉をこよなく嫌うかねこさん。 完全に「片栗粉恐怖症」ですよね。 ですがかねこさんのスタイルと片栗粉はもはや切っても切れない関係。 これからも片栗粉を使うシーンに期待がかかります。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

片栗粉恐怖症。誰もわかってもらえないおぞましい物体。

片栗粉 恐怖 症

片栗粉など粉末への恐怖症 片栗粉など粉末への恐怖症 小学生くらいの頃から、片栗粉・白墨の粉などのように、キュッキュと軋む触感の粉末が苦手です。 この種の粉末が指の上で軋むと、鳥肌が立ち、胸が締め付けられるような反応が起きます。 しかし、多くの方が、すべすべした粉は気持ちが良い物だと言います。 私のような嫌悪感を持っている方も、Googleで検索したところわずかにいらっしゃいますが、少数であるようです。 わたしは上記のような状態ですが、他人からは気付かれずに白墨を使った塾の講義などを行えましたし、 片栗粉をまぶす料理も問題なくできます。 しかし、非常に苦痛を伴いますので、この反応を押さえる何らかの方法があるのであれば、是非知りたく思います。 このような反応をお持ちの方で克服した方はいらっしゃいますでしょうか。 また、このような反応が発生する仕組みなどを正確にご存じの方はいらっしゃいますでしょうか。 片栗粉や白墨を思い浮かべるだけでは反応が発生しないため、トラウマのようなものではないと思われます。 投稿日時 - 2010-05-30 22:13:20 申し訳ございませんが、不快というのではなく、以下のような理由で回答になっていないと考えました。 (1)本人の体感としては、どちらかというと皮膚感覚に由来するものと思われる。 (2)この症状について文献などで知っているか、同じ症状を持っている方に対して質問を投げかけている。 (2)扁桃体由来と断定なさる根拠をどこにも明示していない。 (3)また、例えば、記憶の鍵を握る1つは海馬ですが、だからといって何の説明も納得ももたらしません。 ご記載の扁桃体は同じような内容ではございませんでしょうか。 わざわざ時間を割いて回答してくださったことは有り難く思いますが、例えば、「記憶力を良くしたい」と言っている相手に「海馬が鍵です」と仰った場合、それは回答にはなっていないと思うのです。 そこは「わからない」と書くべきであるように私には思われたため、失礼かと思いましたが、先ほどのように返信させていただいた次第です。 このように反論を書くのが果たして良いことか少し考えましたが、ご返信を読むに、「病気を指摘したら理不尽に気分を害された」と思われているのかなと感じましたので、再度の返信をさせていただきました。 せっかく回答していただいたのに、ご不快に感じられましたら、こちらこそ申し訳ございません。 投稿日時 - 2010-05-31 18:29:58 少し大雑把な説明になりますが、人の「好き嫌い」は、脳の『扁桃体』という部分がが大きくかかわっていると言われています。 『扁桃体』にも個性があって、「好きな人のタイプ」や「食べ物の好き嫌い」が人によって違うのも、この『扁桃体』の影響が大きいようです。 もちろん、それまでの経験や学習などによって好き嫌いに影響が出たりもしますが、『扁桃体』による「好き嫌い」は、理屈ではなく、「とにかく好き」「とにかく嫌い」だったりします。 なかなか「克服」は難しいと思いますが、ある意味「克服しよう」と頑張らずに、「苦手なモンは苦手なんだよね」と開き直って、「手袋を使う」など、現実的な対応をした方が良いようにも思えます。 まあ、周りの人が「なんで手袋?」という反応をする事もあるかも知れませんが、「粉が苦手で…」と言えば、「ふ~ん。 変なの(笑)」くらいのことで済むと思います。 あるいは、「気合!」で毎日粉まみれの生活を送る事で、「克服」できるかも知れませんが、それこそ「トラウマ」になってしまう可能性もあると思います。 人間、誰しも「ふ~ん。 変なの(笑)」って思われてしまうような部分ってあると思いますよ。 投稿日時 - 2010-05-30 22:40:49.

次の