子供 お小遣い 平均。 【子供のお小遣い相場・平均金額】低学年・高学年の小学生、中学生、高校生の月のお小遣い平均金額はいくら?

幼稚園児・小学生でも金銭感覚が身に付くお小遣いルールとは?もう親子でイライラは解消!

子供 お小遣い 平均

子供にお小遣いを上げている家庭は多いと思いますが、ほかの家庭のお小遣いが気になるという方は意外と多いのではないでしょうか? ただ、お金のことは何かと話しづらいもの。 お小遣い程度の金額とはいえ、気軽に人の家の事情は聴けないですよね。 そこで、今回は子供のお小遣いに関する統計をまとめました。 まず、 小学生・中学生・高校生ごとのお小遣いの平均から、お小遣いの使い道。 そして子供にお小遣いをうまく管理させるコツも紹介します! お小遣いは子供の金銭感覚を育てる大事なものなので、この記事を参考に、よく考えて決めることをおすすめします! この記事におけるデータは、すべて知るぽると 金融広報中央委員会の2015年度「子供の暮らしとお金に関する調査」を参考にしています。 最頻値:最も多く回答された値 中央値:回答金額を多い順に並べた場合に中位(真ん中)に位置する値 小学生の平均的なお小遣い 小学生のお小遣いについては、 時々もらうという家庭が6割弱ありました。 ですので、小学生のお小遣いの相場や平均は、「月に1回」と「ときどき」の2種類に分けて紹介します。 あまり学年が上がることと、お小遣いの上昇に深い関係はなさそうです。 強いて言えば子供が中学年から高学年に上がるタイミングで、お小遣いも増やしている家庭が多いように見えますね。 ただ、中央値と平均値がかけ離れている場合がいくつか見られることから、高額なお小遣いを小学生の子供に渡している家庭もあるようです。 中学生の平均的なお小遣い 中学生のお小遣いの相場は以下の通りです。 お小遣いの額 最頻値 1,000円 平均値 2,536円 中央値 2,000円 子供が中学生の家庭のお小遣いは、 1000円~2000円が相場のようですね。 小学生のころと比べて、中学生になると友達と出かけたりすることも増えるでしょう。 従って、中学生になった子供のお小遣いは、小学生のころと比べてグンと増えていますね。 高校生の平均的なお小遣い 高校生のお小遣いの相場は以下の通りです。 お小遣いの額 最頻値 5,000円 平均値 5,114円 中央値 5,000円 子供が高校生の家庭のお小遣いは、 5,000円が相場のようです。 子供が高校生となると、中学生のころと比べて行動範囲も広くなるため、その分お小遣いも増えているという感じでしょうか。 子供はお小遣いの使い道は?ベスト5を紹介! それでは、子供はお小遣いを何に使っているのでしょうか? 小学生のお小遣いの使い道は? 小学生の子供は、お小遣いを何に使っているのでしょうか? こちらも学年ごとに分けて紹介します。 順位 低学年 中学年 高学年 1位 お菓子やジュース お菓子やジュース お菓子やジュース 2位 おもちゃなど ゲームソフトやおもちゃ類 ゲームソフトやおもちゃ類 3位 ゲームをする ゲームをする まんが 4位 家の人へのプレゼント ノートや鉛筆など 本や雑誌 5位 ノートや鉛筆など まんが 家の人へのプレゼント 小学生のお小遣いはそもそも、それほど額がないのであまり高額な買い物はなさそうですね。 学年を通じて、お小遣いの使い道1位は お菓子やジュースとなっています。 また、高学年になればなるほど、ゲームソフトや本など、頭を使うものが上位に来ています。 中学生・高校生のお小遣いの使い道は? それでは、お小遣いの額も増える中学生・高校生の使い道を見ていきましょう。 順位 中学生 高校生 1位 友達との外食・軽食代 友達との外食・軽食代 2位 おやつなどの飲食物 おやつなどの飲食物 3位 友達へのプレゼント 休日に遊びにいくときの交通費 4位 文房具 友達へのプレゼント 5位 家の人へのプレゼント 昼食 中学生高校生ともに、1位と2位は共通でした。 やはり、 小学生のころと比べて、友達と一緒にいる時間が増えることが主な原因のようです。 中学生と高校生の違いとして挙げられるのは、交通費の有無でしょうか。 これは、 高校生の行動範囲が、中学生の行動範囲に比べて広くなっていることを示しています。 また、高校生になると、お昼ご飯にかけるお小遣いも増えるようですね。 子供にお小遣いを上手に管理させる3つのコツ 額はそこまで大きくないとはいえ、将来のためにも子供にはお小遣いを上手に管理させたいですよね。 そこで、そのために今日からできるコツを3つ紹介します! 親のお小遣いに対する考え方をしっかり伝える 当たり前ですが、基本的にお小遣いは自分の子供だからあげているのです。 社会に出たら、何もしなくてもお金がもらえるなんてことはそうそうありませんよね。 お小遣いとなるお金は、ご両親が稼いだお金ですので、 もらえて当たり前という考えは子供にあまり持たせないほうがいいです。 親が子供に対して、 どういう思いや考え・スタンスでお小遣いを渡しているか、きっちり伝えることが大事です。 お小遣い帳を書かせる 子供にお小遣いを管理させる方法として最もオーソドックスなのが、お小遣い帳を書かせるというものです。 最初のうちは親が逐一確認したほうがいいかもしれませんが、 慣れてきたら確認の頻度を減らしましょう。 というのは、 子供が親の目を意識して、 「本当の」お小遣いの使い方をしないかもしれないからです。 あまり親から子供に干渉せず、子供にお小遣いの効率の良い考え方を自分で学ばせましょう。 そして、何か問題があれば話し合うぐらいの感覚でいいのではないでしょうか。 追加でお小遣いがほしい場合はプレゼンをさせる いくら子供にお小遣いを渡していても、足りなくなったので、追加でほしいということはよくあることです。 そういう時親としては、子供に我慢することを覚えさせるため、次のお小遣いまで待て、という選択をすることも可能です。 ただ、もう一つ、 子供にプレゼンテーションをさせるという選択肢があります。 つまり、子供がなぜ追加でお小遣いが欲しいのか、何を買いたいのか、ということを親にアピールさせるのです。 ただ欲しいから、という理由では弱いので、 それを買うことで 親にどんなメリットがあるのか、というところも一緒に発表させましょう。 そうすることで、自分ができる範囲で、相手のためになるサービスは何かを考える力も付きますよ。 加えて、親のメリットとなることというのは、子供が欲しい商品を買うことと直接関係なくてもいいでしょう。 家事を手伝うなど、自分ができる範囲でいいのです。 お小遣いを報酬制にする家庭もある お小遣いについて書いてきましたが、お金に関してしっかりと考えさせるために、無条件ではお小遣いをあげないという家庭もあるようです。 例えば家庭内でお手伝いをしたら50円といったように、労働によって単価を定めてそれに応じたお小遣いを、報酬として渡します。 そういう家庭の根拠となっている考え方は、 お金は労働の対価である、という至極当然の考えです。 お小遣いを報酬制にするメリットは? 何もしていない状態からお金だけ受け取っても、お金を正しく使えることにはならないというのが、そのような家庭の主張です。 確かに、お小遣いを持っていることで本来いらないはずのものまで買ってしまう、ということもあります。 それはなぜかというと、 自分で稼いだお金ではないため、ありがたみが薄いからですよね。 逆に、お小遣いを報酬制にすることで、お金を稼ぐ大変さ子供がを知ることができます。 さらに、 効率よくお小遣いを得るために、労働の効率を考えて、短時間で終わらせられるようにあれこれ考えるでしょう。 それにより、 創造力や発想力が養われますよ! お金目当てに陥る可能性もある! ただ、家庭内の労働に報酬としてお小遣いを渡すことはよくないと考える家庭もあります。 それはなぜかと言うと、 家庭の一員として、 家事の手伝いをするのは当たり前であると考えているからです。 お手伝いに対して報酬としてお小遣いを渡していると、お金をもらうためにお手伝いをしているのだ、という考えになるかもしれません。 報酬制に反対の親御さんから見ると、お手伝いはお小遣い関係なくやって欲しいのでしょう。 どちらが正しいかはわかりませんが、お小遣いの方法は子供の性格、性質を考えて決定しましょう。 また、 固定制と報酬制のハイブリッドにするという手もあります。 子供へのお小遣いは、単純に遊ぶお金を上げつという意味だけでなく、 お金の教育のためという面も持ちます。 ご両親のお金への考え方や、家庭環境を考慮して、できることなら子供と話し合って決めましょう。

次の

幼稚園児・小学生でも金銭感覚が身に付くお小遣いルールとは?もう親子でイライラは解消!

子供 お小遣い 平均

お小遣いも大切な教育素材です。 「うまく使う」使い方を身につけさせましょう。 子供が小学生になるとお小遣いをあげる家庭も多いのではないでしょうか。 ウチの子はまだ保育園なので毎月お小遣いを上げることもないですが、たまに買い物をさせてお金のやり取りの練習はさせています。 子供に金銭感覚を養わせるためにもお小遣いは大切な教育素材と言えるでしょう。 しかしお金のことをまだよくわかっていないのが子供です。 時に無駄遣いをしてしまうこともあります。 他の子供と比較して自分ももっとお小遣いが欲しいと言ってくることもあるかもしれません。 「うちにはうちのルールがある」と子供の手前言うつもりですが、本音を言えば周りが気になるところです。 そんなパパも多いのでは? 子供のお小遣いは平均いくらなのでしょうか?何に使っているのでしょうか?また子供が無駄遣いをしないように何かパパにできることはないでしょうか?などお金にまつわるハテナを一つずつ紐解いていきたいと思います。 Sponsered Link 目次• 子供のお小遣い平均は? お小物お小遣いの平均は? お小遣いのルールは各家庭さまざまです。 毎月定額をあげる家庭、必要な時だけ渡す家庭、お手伝いをして自分でお小遣いを稼ぐ家庭などいろいろあります。 毎月一定額のお小遣いを渡している家庭の平均金額をみてみましょう。 1、小学1~3年生 500円未満が多いです。 子供はお金の管理能力が未熟な年齢なので、お小遣いはゼロという家庭も少なくありません。 2、小学4~6年生 500円~700円が多いです。 次に多かったのが1000円~1500円です。 小学生にしては多いかと思われるでしょうか?しかし、小学校高学年ともなるとクラブ活動や習い事をしている子供が多いので、飲み物代や友達との付き合い費としてその金額を渡しているようです。 3、中学生 1000円~3000円が多いです。 中学生になると部活動や塾、友達付き合い、スマホ代などお金が必要になる機会が多くなります。 しかし、スマホ代、休日にある部活のお昼代など必要な費用は別に渡すという家庭が多いようです。 お小遣いは漫画やお菓子など子供が自由に使えるお金として渡しているようです。 4、高校生 5000円という家庭が多いです。 高校生になると自分でアルバイトしてお金を稼ぐことができるようになります。 子供がお金を使い過ぎてしまわないようにアルバイトをしている子供にはお小遣いは渡さないという家庭もあるそうです。 Sponsered Link お小遣いは何に使っているの? 子供はお小遣いを何に使っているのでしょうか? 小学生はゲームソフト、オモチャ、お菓子、漫画などにお小遣いを使っているそうです。 自分のために使っているとわかりますね。 中学生は飲食代、外食代、プレゼント代に使っている子供が多いようです。 自分だけでなく友達との付き合いが小学生より深くなっていることがわかります。 高校生は飲食代、外食代、映画やカラオケなど友達との交際費、遊びに行く交通費など友達付き合いが深く行動範囲が広がっているということがわかります。 中高生になると友達付き合いが関わってくるので「うちにはうちのルールがある」と子供にお小遣いをあげない、最小限しか渡さないでいると子供が辛い思いをしているかもしれませんね。 「うちはお小遣いをあげていないけれど大丈夫かな?」と不安に思ったパパは、子供にお小遣いが少なくて友達付き合いで困っていないか直接聞いてみてはいかがでしょうか。 アルバイトはさせるべき? アルバイトはさせるべきだろうか・・・ 欧米では夏休みや年末年始など長期休暇を利用してアルバイトをさせている家庭が多いそうです。 その理由は「お金を稼ぐことの大変さ、お金の大切さを子供自身が学ぶ」ためです。 子供自身が働いて稼いだお金を親に渡して月々のお小遣いに当てているそうです。 素晴らしいですね。 うちもそうしようかな~なんて思ってしまいますが、アルバイトができる年齢の子供が素直にその提案に従ってくれるとは思えません。 「稼いだお金は自分がいつでも自由に使う権利がある」と主張する子もいるでしょうね。 また、アルバイトに専念しすぎて学業がおろそかになるのではという不安もありますよね。 そのような場合やアルバイトができる年齢に達していない子供には家庭内アルバイトをさせてみてはいかがでしょうか?お風呂掃除、トイレ掃除、料理、洗濯物を畳むなど子供は家事を覚えることもできてお小遣いをもらえる、ママやパパも助かるので一石二鳥、いや一石三鳥です。 しかし、ここで注意が必要です。 家事は本来家族のためを思ってやるものであってお金を貰ってすることではありません。 しかし、家庭内アルバイトが当たり前になってしまうと「これしたらいくらくれるの?」とお金が欲しいから家事をするという考えになってしまいがちです。 家庭内アルバイトをさせる場合、お金をあげる時になぜお金をもらえるのか説明し感謝の気持ちを子供に伝えることも大事だと思います。 子供の無駄遣いに無駄はない 子供がお小遣いでカードゲームにハマっている、アイドル雑誌ばかり買っている、同じような物ばかり買っているなど子供のお小遣いの使い道が気になりますよね。 「こんなに必要か?」「また同じような物を買ったのか?」「お小遣いがもったいないぞ!」とつい小言を言ってしまいたくなります。 しかし、大人からしてみたら「無駄」だと思える物でしょうが子供にとっては「大切な物」なのです。 それがたとえすぐに飽きてしまう物だとしても。 金銭感覚はお金を使っていくうちに身に付いていくものです。 お小遣いは使えばなくなるもの、貯めれば高いものでも買えるようになるということを子供は徐々に覚えていきます。 失敗して覚えていくのでできるだけ口出ししないように心掛けてはいかがでしょう。 友達が持っているから欲しい物ではなく、自分が本当に欲しい物を厳選して買えるようにたくさん失敗させましょう。 パパやママが口出しばかりしては金銭感覚を養わせるというお小遣いの意味がなくなってしまいますよね。 失敗するチャンスを奪わないようにしましょう。 具体的な無駄遣い対策!計画性を学ぶチャンスに変える。 そうはいってもできる限り無駄遣いを減らしたい!無駄だと分かっていて口出しせずにはいられない!と言うパパやママもいるでしょう。 そのような場合は無駄遣いが減るよう子供に以下のアドバイスをしてみてはいかがでしょうか?決して「そんなの無駄だ!」と子供を否定するのではなく、「こうしてみたらどう?」と提案してください。 子供は「こうしなさい」と言われると強く反発してしまいます。 特に中高生は命令口調で言ってしまうとなかなか素直に聞いてくれないかもしれません。 1、事前に買うものリストを作る 子供は欲しいものがたくさんあります。 現代はお金を持っていなくてもクレジットカード番号さえ分かればインターネットでいつでも何でも買うことができてしまいます。 本当に欲しい物を事前にリストアップしておくことで無駄遣いを予防できます。 2、欲しいと思ってもまずは我慢、一周してから決めよう 買い物に出かけると「あ!これ欲しい!」と直感で買ってしまってあとで「なんでこれを買ったんだろう」と後悔することもあるでしょう。 後悔しないために「一周してきてその間にこれが本当に欲しいか考えてみようか。 」と気持ちを落ち着かせて考えさせましょう。 3、使う上限を決める 「今日は1000円まで」と使う上限を決めたら財布にはそれ以上入れないようにしましょう。 余分なお金が入っていると気持ちが大きくなりつい買ってしまいます。 4、お小遣いを使わなかったら利子をつける 「1か月使わなかったら月末に100円あげよう」とルールを設け、欲しい物がなければ使わず貯めておくということを覚えさせましょう。 無駄遣いをしないための子供へのアドバイスですが、大人もあらためて見てみると、家計や仕事での経費の感覚と同じですよね。 「感情に左右されて多めに使いがち」になってしまいます。 結局は適正な金銭感覚というのは、身に付いているようでも大人になっても難しいということでしょうか(汗 まとめ 子供がお小遣いを持つと何かと心配ですよね。 うちはお小遣いを持たせ過ぎているのだろうか?少なすぎるのだろうか?無駄遣いを減らしてあげたいがどうすれば良いのか…?など疑問点はたくさんあるでしょう。 お小遣いの平均金額は小学1~3年生は500円未満、小学4~6年生は500~700円、中学生は1000~3000円、高校生は5000円だそうです。 年齢が上がればそれだけ友達との付き合い費もかかってきます。 大人から見たら無駄に思えるような物でも子供は真剣に選んだ物ですのでお小遣いの使い道にあまり口出ししないよう気をつけたいものですね。 それでも無駄遣いは気になるものです。 そうであれば、事前に買うものリストを作る、欲しいと思ってもまずは我慢する、使う上限を決める、1か月お小遣いを使わなかったら利子をつけるなどして子供の無駄遣いを減らすサポートをしてあげてはいかがでしょうか。 衝動買いで後悔する、計画的に使う、欲しい物を買うために貯める。 「何でこんなの買ったんだろう・・」「やめとけばよかった」「次はこんな使い方やめよう」失敗はしてもこれらの経験は無駄にはなりませんよね。 子供のうちから 失敗するチャンスを奪わないようにしてみるのも大切かもしれませんね。 Sponsered Link• カテゴリー• 1 アーカイブ•

次の

学年別中学生のお小遣いの平均金額・使い道|渡し方のルール

子供 お小遣い 平均

「子供のお小遣いの平均はいくら?」 「与え方は?毎月?お手伝い制?」 小学生の高学年くらいになると、お小遣いをもらう子供が増えてきます。 「〇〇くんはお手伝いをしたらお小遣いをもらえるんだって」 息子が小学校5年生の時にこんなことを言ってきました。 「お金は仕事したらもらえるものだから、お風呂洗いを毎日したら月に1000円ね」 こうして、小学5年生の頃から毎月お小遣いを与えることになりました。 息子と娘が中学生になり、お小遣いの金額を迷っています。 小学生の頃はあまり必要なかったお小遣いですが、中学生になるとそうもいきません。 お小遣いの額を決める際に、平均を参考にしたいと思います。 今回は、• 子供のお小遣いの平均(小学生~高校生)• 子供のお小遣いの使い道• 子供のお小遣いはいつから?• お菓子やジュース• おもちゃなど• ゲームをする• 家の人へのプレゼント• ノートや鉛筆など• 本や雑誌• 友達へのプレゼント 低学年は、子供だけで買いに行くことはほとんどないと思います。 おうちの人と買い物に行く時に「自分のお小遣いで買うね」っていう状況かもしれませんね。 お菓子やジュース• ゲームソフトやおもちゃ類• ゲームをする• ノートや鉛筆など• 家の人へのプレゼント• 本や雑誌• 友達へのプレゼント• 休みの日に遊びに行くときの交通費• アクセサリーや化粧品など ゲームソフトがランクインしてきました。 お菓子やジュース• ゲームソフトやおもちゃ類• 本や雑誌• 家の人へのプレゼント• ゲームをする• ノートや鉛筆など• 友達へのプレゼント• 友達との食事・おやつ代• 休みの日に遊びに行く時の交通費 本や雑誌が上位にランクインしてきましたね。 小学生が読む雑誌ってどんな感じなのでしょう? 中学生のお小遣いの使い道• 友達との外食・軽食代• おやつなどの飲食物• 友達へのプレゼント• 文房具• 家の人へのプレゼント• 休日に遊びに行くときの交通費• ゲーム代• 小説や雑誌• 映画やライブのチケット 映画のチケットやライブがランクインしています。 そういえば、うちの娘も中学生になってから初めてライブにいきました。 高校生のお小遣いの使い道• 友達との外食・軽食代• おやつなどの飲食物• 休日に遊びに行く時の交通費• 友達へのプレゼント• 家の人へのプレゼント• 映画やライブのチケット• 文房具• 小説や雑誌• 漫画 中学生と違うのは、「昼食」がランクインしたことです。 学食や売店を含めるのでしょうか? 行動範囲が広くなりますから、休日の交通費が上位になっています。 どこに行くにも一緒だった我が子が、自分で遠くまで行けるようになるのは嬉しいようなさみしいような・・・。 小学校低学年・・・72. 小学校中学年・・・73%• 小学校高学年・・・73. 中学生・・・83. 高校生・・・80. 9% お小遣いをもらっている小学生は7割ですが、これは毎月のお小遣いのことではありません。 月1でお小遣いをもらっている低学年は13. 4%、中学年は32. 1%、高学年は45%です。 月に1回・・・13. ときどき・・・57. 月に1回・・・32. ときどき・・・47. 月に1回・・・45%• ときどき・・・38. 3% 低学年と中学年は「ときどき」の割合が多いですね。 高学年になると月に1回という与え方が多くなってきます。 お小遣いをもらう相手は、 小学生は祖父母からが4割を超えていました。 中学生のお小遣いの与え方 中学生のお小遣いの与え方は、頻度ではなく前提条件があるかないかという調査でした。 前提条件はない・・・74. 手伝いなどをすることが条件・・・14. 良い成績をとることが条件・・・5. 8% 何の前提条件もない家庭が多いですね。 高校生のお小遣いの与え方• 前提条件はない・・・82. 手伝いなどをすることが条件・・・8. 良い成績をとることが条件・・・3% 高校生も、お小遣いをもらうための条件がないご家庭が多いです。 まとめ 今回は、子供のお小遣いの平均などをお伝えしました。 以下がまとめになります。

次の