韓国経済 かいかい。 おーるじゃんる

韓国の反応 総合アンテナ

韓国経済 かいかい

専門家らは、政権発足以後、景気を悪化させた経済政策で「最低賃金の引き上げ」と「週52時間労働時間短縮」を最も多く挙げた。 「政府発足後、経済状況を最も悪化させた政策は何か」という質問には「最低賃金の引き上げ」 30. さらに、「不動産規制政策」 13. 今年韓国経済成長率見通しでは「1. 政府の成長率目標値の2. どのように朴槿恵よりも無能な事することができるかな? ポピュリズム福祉政権。 これは絶対反論不可だ。 問題は、今後も2年をより初心者が運転する状況である。 だから、何もせずにじっとしていなさいという話が出てくるのだ。 経済論理も分からない左派の奇怪な政策が国を亡国の道に陥れる。 文在寅ね。 国民が飢え死にする頃には任期が終わるんだよね。 naver. nhn?

次の

文在寅は経済の死神!文を日本に輸出できないか?歴代最悪!専門家の77%が昨年の文政権の経済政策に落第点を付ける 韓国の反応

韓国経済 かいかい

Photo:PIXTA 文政権の政策運営をみると 韓国について心配になってしまう 文在寅(ムン・ジェイン)大統領の政策運営を見ていると、韓国という国は一体どうなってしまうかと、よその国のことながら心配になってしまう。 同氏の政策運営には不安を感じざるを得ない。 外交面において、韓国は国際社会の中で孤立感を深めているように見える。 すでに米国は、北朝鮮への制裁をめぐって韓国を信用していないようにも見える。 元徴用工の訴訟問題をめぐり、日韓関係は最悪の状況と言われるほど冷え込んでいる。 恐らく、短期的には関係改善に向けた糸口を見つけることが難しいだろう。 それだけではない。 韓国は国内の経済運営について、最低賃金を大幅に引き上げたり、企業に対する規制を強化したりする方向に進んでいるようだ。 それは、世界の主要国の政策と逆行する政策と言ってもよいだろう。 労働争議の頻発などと相まって、企業にとっては厳しい経営環境と言えるだろう。 一部の大手企業は、韓国から海外への展開を積極化しているとの見方もある。 文氏は左派系というポジショニングもあり、当初、大幅な賃上げを重視した。 その結果、文氏は企業からの不信を買い、最近では政策の軸足を企業寄りへ修正しているように見える。 ただ、文氏が一度失った信頼を取り戻すことは難しい。 今後、従来の支持層を含め、国内外から文氏への風当たりは強くなることが予想される。 今のところ、こうした事態の打開を目指す策が見当たらない。 文大統領の政策運営が、今後の韓国に大きな禍根を残すことにならないことを祈るばかりだ.

次の

おーるじゃんる

韓国経済 かいかい

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は、その異常な「反日・離米」姿勢ゆえに日米両国の信頼を失いつつあるが、経済政策でも崖っぷちに立たされている。 通貨危機に直結しかねない「ウォン安」が続いているのだ。 ところが、韓国政府は「失業率3・0%」「消費者物価上昇率は0%台」などと、にわかに信じがたい経済指標を公表している。 「タマネギ男」ことチョ国(チョ・グク)法相の親戚逮捕や、大学への不正入学疑惑が直撃した娘への事情聴取どころではない、隣国経済の危機・疑惑について、ジャーナリストの室谷克実氏が迫った。 8月の失業率が3・0%と、世界でもまれな低い水準に収まった。 雇用者数は前年同月よりも45万人以上も増えた。 それでいて、景気過熱はなく消費者物価の上昇率は8カ月連続の0%台。 文大統領自身も16日、雇用者数の増加を根拠に「韓国経済は正しい方向に進んでいる」と自画自賛した。 輸入依存度の高い国がウォン安(=18日午前7時現在、1ドル=1186ウォン)に直面しながら、こんな成績を出すとは「文在寅政権の経済政策バンザイ」ではないか。 が、新聞をよく見れば、「雇用保険料を23%引き上げ」(朝鮮日報9月13日)という記事がある。 引き上げの理由は、失業給付の増大だ。 一体、韓国の雇用状況はどうなっているのか。

次の