猫 口臭い。 猫の口が臭い場合の対処法は?口臭の原因と予防法は?

【生臭い】お口のトラブル!猫の口が臭い病気をまとめてみた

猫 口臭い

口腔内の乾燥 犬の口の中は通常唾液で潤っていますが、口腔内の水分が不足すると唾液がねばっこく濃縮されて口臭の原因になります。 水を飲む量が少なかったり、鼻炎などで鼻づまりになったりと常時口を開けている状態では、口の中が乾燥して唾液が濃縮され「生臭い」「魚臭い」といった臭いが発生します。 健康な犬でも、暑い季節では体内の熱を下げるために、ハアハアと口を開けて呼吸をすること(開口呼吸)で口腔内がいつもより乾きやすくなります。 また、開口呼吸は通常より多く体から水分が出て行くため、いつもより多めの水分補給が必要になります。 夏場に口臭が気になる場合には、飲水量が足りているか、室温が適切かどうかなどをチェックしてください。 歯周病、口腔内疾患 犬の口臭原因として最も多いのは、歯周病です。 歯周病は、歯肉だけが炎症を起こす歯肉炎とは違い、歯や歯の周囲にある靭帯、歯を支える骨にまで炎症が起こることがあります。 犬は人に比べて、歯垢(歯周病菌と菌が産生する物質)が歯石(歯垢が石灰化したもの)に変わるスピードがとても早いです。 そのため、歯石にはさらに歯垢が付きやすくなる、という悪循環が起こります。 今では、3歳以上の犬の約8割が歯周病を患っているといわれています。 歯周病では、歯垢や歯石から発生するにおいや炎症により生じる膿などが「腐敗臭」のような口臭を発生させる原因になる場合があります。 また、口腔内腫瘍という症状があります。 これは良性腫瘍と悪性腫瘍扁平上皮癌、悪性黒色腫、線維肉腫などに分けられますが、悪性腫瘍では口腔粘膜や歯肉のみならず、骨組織が激しく破壊されるため、歯周病同様に腐敗臭と感じられる口臭が発生する場合があります。 口臭のみが現れることはまれで、大抵の場合、犬自身の口周りの痛みや違和感による食欲低下、食べこぼしなどの諸症状が先行して現れます。 内臓疾患 胃や腸といった消化器、肝臓や腎臓の不調も口臭の原因となることがあります。 特に胃炎を患っている場合、胃酸の分泌が過多になるため、嘔吐したり胃酸がこみ上げてきたりします。 それが原因で胃酸由来のすっぱい臭いが口臭として感じられます。 胃炎の原因としては、急性のものは感染症、異物、中毒などがあり、慢性のものは免疫、胆汁の逆流、別の疾患の二次的な症状などが挙げられます。 また、空腹時間が長くなることで胃酸過多となって嘔吐することもあります。 こうした症状は重積、腫瘍、異物などが原因で起こります。 腸の内容物が正常に流れていかないため、便のような臭いが生じるだけではなく、便のような嘔吐物を吐くこともあります。 この場合は口臭の他に、波のある強い腹痛や痛みを伴う全身の緊張感や、元気がなくぐったりしている、下痢をする(あるいは便が出ない)などの深刻な症状が伴うことがほとんどであり、生命にかかわります。 ペットフードの劣化 ペットフードは開封して空気に触れることで酸化していきます。 ウェットタイプのものはもちろん、保存に比較的強いドライフードでも含有されている脂質が酸化して、劣化していきます。 劣化したドライフードを食べることで、食べかすがいつもと違った口臭に感じ取れることがあります。 腐敗したフード、酸化した脂質を含むフードは下痢や嘔吐、腹痛の原因にもなります。 ペットフードを購入する際は、食べきりサイズを選ぶようにするといいでしょう。 また、保管をする際はなるべく空気に触れないようにきちんと封をするようにしましょう。 毎日のケアも大切。 家庭でできる犬の口臭予防・対策法を一挙ご紹介! 犬の口臭の原因として最も多いのは、やはり歯周病関連で、歯石になる前に歯垢を取り除くことが大切です。 歯周病は前述の通り、口腔内の歯周病菌の増殖に関連した感染症と捉えることができます。 口臭を取り除く・予防するには、口腔内環境をキレイに整えることが必要だと考えられます。 歯石は歯の表面だけでなく歯周ポケットにも入りこんでいるため、しっかりと専用の器具を使って取り除かなくてはいけません。 なお、歯周ポケットまで掃除をするには、全身麻酔が必要となります。 麻酔リスクが心配される場合に、麻酔をせずに行うハンドスケーリングもありますが、歯の表面の歯石を一部取るのみに留まることがほとんどであるため、歯周病の治療にはなりません。 最も効果的なのは、歯ブラシを使ったブラッシングです。 歯ブラシの上手な使い方については動物病院で開催されている歯磨き教室などに行くと、実践的に教えてもらうことができます。 なかなか奥歯までしっかり磨かせてくれないことの方が多いかもしれませんが、その場合には前歯を中心にできる範囲でブラッシングや歯磨きシートを使って歯垢を拭きとるだけで構いません。 触るのが難しい奥歯は、歯磨きガムを与えたり、ロープやタオルのおもちゃなどを噛ませて引っ張りっこをして遊んだりするなど、噛む刺激、摩擦の刺激で歯垢を落とす工夫をしつつ、ご褒美などを使いながら少しずつ歯磨きに慣らしていきましょう。 ドッグフードやサプリメントでのケア ドッグフードは、ウェットタイプよりもドライタイプの方が歯垢のもとになりにくいです。 ドライタイプのフードでは、歯垢になりにくい大きさの粒や形状・素材などが工夫されていたりなど、食べるだけで歯磨き効果の高いフードも販売されています。 ぜひ、動物病院で相談してみてください。 また、前述のように、歯周病は歯周病菌の増殖による「感染症」です。 この観点から、口腔内細菌は善玉菌を増やして歯周病菌を減らすようにバランスをとることで、歯周病の予防になり、口臭が減るとの研究があります。 日常のデンタルケアに加えて、口腔内の善玉菌を含むサプリメントを服用することで口腔内環境をきれいに維持し、口臭のもとの予防が可能です。 歯周病菌は、口腔内から血流に入って心臓や腎臓、肝臓といった重要な器官での疾患の原因になるとも言われているため、これらの疾患の予防も期待できます。 他にも、食品由来成分により歯垢を除去し、口臭を予防できるとされるデンタルケアのサプリメントもあります。 動物病院によって取り扱いが異なるため、かかりつけの病院に問い合わせをしてみましょう。 内臓疾患が疑われる場合のケア 内臓疾患が原因で生じている口臭の場合、疾患に対しての治療が原則です。 特に、前述のような嘔吐・腹痛・下痢などの症状を伴う口臭に気付いた場合には、ただちに動物病院を受診して獣医さんの診察を受けてください。 また、特に健康面で問題のない犬でも、脱水に伴う口の渇きからいつもと違う口臭を感じられることがあります。 夏場の暑い時期は熱中症になりやすいため、常に水をたっぷり飲めるようにしておくとよいでしょう。 まとめ 大切に可愛がっているワンちゃんでも、口臭が気になるとスキンシップもためらってしまうなど、普段の生活に支障が出てしまいます。 まず口臭が気になる場合には、「いつからか」「口臭のタイプは生臭い(唾液臭い)・腐敗臭・すっぱい臭い・便の臭いのどれか」「その他にいつもと変わった様子や症状があるか」を確認してみて、先述の項目と照らし合わせてみてください。 また、可能であればお口の中の状況(粘膜の潤いはどうか、歯石がないかどうか)をチェックしてみましょう。 突然起こる口臭については、脱水や口渇の可能性があります。 その他の症状については、長引く鼻づまりがないかどうか、顔面に腫れがないか、食事の時に食べこぼしや固い食べ物を嫌う様子がないかどうかを確認しましょう。 これらは、動物病院を受診するときに大切な情報になります。 最も多い歯周病による口臭ですが、口の中の悪い細菌は人にとっても不潔なものであり、歯周病菌が他の疾患の原因になることもあります。 デンタルケアは常日頃のこまめなケアが大切です。 ワンちゃんに、口周りを触らせてくれるようトレーニングしておくことで、口の中のトラブルにも気付きやすくなりますので、毎日のスキンシップを兼ねて、楽しくケアをしていけば飼い主さんもワンちゃんも幸せに暮らしていける事でしょう。

次の

【獣医師監修】あれ、愛猫の口が臭いかも。。口臭で気づける病気とは

猫 口臭い

猫の口臭は「病気を疑う臭さ」と「健康的な臭さ」がある? 猫を飼っていると、しばしば飼い猫の吐息を嗅ぐ機会が訪れますよね。 顔を近づけてなでているとき、あくびをして鼻先に吐息がかかるということ、しばしばあると思います。 猫の口臭って、はっきり言ってそんなに素敵な香りがするわけでもありません。 基本的に吐息は魚臭い場合が多いのではないかと思います。 まあ、その臭さも飼い主にとっては愛すべきポイントではあるのですが、そうは言ってもあまりに普段と異なる匂いを発するようになったら、要注意。 場合によっては体調の変化を示唆している可能性もあります。 そこで今回は、猫の口臭の微妙な変化によって疑うべき疾患について、ご紹介していきたいと思います。 歯周病になってしまうと、吐息と唾液から異臭が… 以前、近所にぬるま湯に浸したカリカリしか食べられなくなった高齢の猫を飼う世帯があり、しばしばそこの猫とじゃれて遊んでいた時期があるのですが、この猫は歯周病ケアのため、定期的に動物病院に通院していました。 飼い主にそのことを教えてもらうまでもなく、猫の口元に鼻を近づけるとなんともすえたような変な匂いがしていたことを記憶しています。 また、基本的に猫の唾液は無臭に近いのですが、歯周病にかかっていたこの猫が筆者の腕を舐めたりしたあと、それを嗅いでみると口の中と同じように、異臭がしていました。 口腔ケアを長年怠ったまま年老いてしまうと、その段階から歯磨きを強いるのは猫にとっても酷。 この高齢の猫は毎回のケアを終え、家に戻ると必ずぐったりと寝て、しばらくは起き上がれないほどに消耗していたそうです。 口腔内のケアを怠ると、歯肉炎などの疾患リスクが高まってしまうのは猫も人間も同じということですね(汗)。 愛する飼い猫を歯周病リスクから遠ざけたい場合は、定期的に獣医さんが口を触っても不安がないように、日頃から飼い主が猫の口を触ったり、歯を指で触ることも大事です。 飼い主自身が、猫の口の中に目を向け、異変がないか。 異臭はないか。 それを普段から確認しておくと、歯周病の悪化にもストップがかかることでしょう! ちなみに、この歯周病がひどかった高齢の猫ちゃんは通院治療の末に口の臭さも軽減され、天国に行く1年ほど前には、若い同居猫に混じって硬いカリカリもバリバリ食べられるほどに回復していたそうです。

次の

【獣医師監修】あれ、愛猫の口が臭いかも。。口臭で気づける病気とは

猫 口臭い

歯の生え変わり以外での口臭の原因は!? 口臭は歯垢や歯肉炎によるお口の中のトラブルが原因で、 全体の80%にも上ると言われています。 次に考えられるのは、 胃や食道の不調や、猫風邪、水腎症などの病気です。 私が昔飼っていた高齢猫は、元気だった頃よりも腎臓を悪くしてからの方が口臭が気になりました。 主な原因がお口トラブルであると言っても、こういった別の原因で発生する可能性もあるので予防接種や定期的な健診が大切ですね。 口臭はどうやって予防したらいいの? まずご飯を見直す 猫の口臭の原因となるお口トラブルですが、猫のご飯との関係が深いと言えます。 今は猫の餌も缶詰などのウェットフードや粒の細かいものなど種類が多く、こういった 食べやすいもの程歯の汚れが溜まりやすいと言われています。 粒の大きなカリカリフードであれば歯に溜まりにくく歯垢がつきにくいです。 歯磨きを習慣づける 子猫の場合、その月齢によってはまだ大粒のカリカリフードを食べるのは難しい場合もありますし、子猫のカリカリフードは成猫に比べると種類が少ないので、それだけでも選択肢が狭まってしまいますよね。 そこで、 子猫のうちから「歯磨き」を習慣づけてあげると良いでしょう。 大きくなったから覚えさせるのは難しいですが、子猫のうちであればまだ間に合います! 猫用歯ブラシや指につけて汚れをとるガーゼタイプのものまでいろいろありますので、まずは少しずつ慣れさせてあげるといいでしょう。

次の