ありがたいお言葉をありがとうございます。 有難う(ありがとう)

「ありがたい」を目上に伝える際の敬語表現とメールで使える例文7選

ありがたいお言葉をありがとうございます

日常生活において、「ありがたい」や「助かります」は、絶対に使用してはいけない言葉ではありません。 相手によっては、良い印象を受ける場合もあります。 しかし、ビジネスシーンにおいては、注意が必要です。 敬語には、尊敬語、丁寧語、謙譲語の三つがあります。 この三つを上手く使いこなせる人こそ、人間関係を円滑にできること間違いなしです。 正しく敬語を使って、より仕事ができる人になりましょう。 フォーマルなイメージではない 「ありがたい」とは、良い事や物に恵まれて感謝したい気持ちです。 感謝の気持ちを表すのには十分だと考える方もいるでしょう。 それでは、「ありがたい」を丁寧語の「ありがたいです」にしてみましょう。 「ありがたいです」は受け取る側が上司や先輩のときは、違和感を感じさせてしまう場合があります。 敬語表現として「ありがたい」が、くだけすぎているからです。 他の言葉と一緒に使うなら問題なし 「ありがたい」を文末に使用するケースが増えています。 本来「ありがたい」は形容詞なので、後に「お言葉」や「お気持ち」などをつけて使用すると良いでしょう。 「ありがたい」をそのまま文末に使用すると、とてもくだけた表現になってしまい、相手に不快感を与えてしまう恐れがあります。 敬語表現として、「ありがたい」は本来はふさわしくないからです。 「ありがたい」と伝えたい時の敬語表現6つ 「〇〇さんのおかげです」と伝えることで、「ありがたい」の気持ちを相手にわかってもらうことができます。 「〇〇さんのおかげです」のおかげは、「お陰」と書き、神仏や人から受けた恩恵の意味があります。 敬語で大切なのは、円滑な人間関係を築くためのコミュニケーションツールであることを心がけることです。 「〇〇さんのおかげです」と口にすることで、「ありがたい」気持ちを素直に伝えることが可能となります。 表現2:ありがとうございます 「ありがたい」気持ちを伝えるとき、素直に「ありがとうございます」と言うことも大切です。 ・~していただいたおかげで無事に完了致しました。 本当にありがとうございます。 ・~していただき、本当にありがとうございます。 ・新規取引にあたり、多大なお力添えをいただきまして、誠にありがとうございます。 ありがとうございました。 表現3:感謝の気持ちでいっぱいです 「ありがたい」の言い換え表現に、「感謝の気持ちでいっぱいです」があります。 「~していただき、感謝の気持ちでいっぱいです。 」などと使うことができ、「ありがたい」という気持ちをストレートに伝えることができます。 言葉によるコミュニケーションは、人間関係を円滑にするためにはなくてはならないですが、使い方を間違えると、相手を不快にしてしまうことがあります。 言葉の意味を正しく理解して使うことが必要でしょう。 表現4:幸甚に存じます 幸甚は「こうじん」と読み、非常に幸いであるという意味です。 「甚」は「はなはだしい」とも読み、たいへん・非常にという意味があります。 プライベートな会話ではなく、ビジネス文書などによく使われる言葉です。 「ありがたい」と伝えたい場面で使われることが多いでしょう。 例えば、「セミナーにご参加いただけましたら、幸甚です。 」と使うことで、とても改まった印象になります。 表現5:恐れ多いです 「恐れ多いです」は「ありがたい」気持ちを伝えたいときにも使えるたいへん便利な言葉です。 「恐れ多いです」とは、身に過ぎたことで、恐縮する気持ちをあらわすフレーズです。 例えば、「会長に直接いらしていただけるとは、恐れ多いことです。 」と使うことができます。 表現6:お礼申し上げます 「お礼申し上げます」は「ありがたい」気持ちを丁寧に伝えたい時に使うとよいフレーズです。 「お礼申し上げます」とは、相手に感謝の意を伝える・お礼を言うことです。 例えば、何かを手伝っていただいたお礼の言葉として、「~していただき、お礼申し上げます。 」と使うことができます。 敬語を正しく話したいあなたにおすすめの本 「すべらない敬語」は「ありがたい」の敬語表現などを正しく話せるように、的確なアドバイスをしてくれる1冊です。 要人でも敬語の使い方ひとつで敬遠されたり、敬語を使わなくても愛される人もいます。 おのおのが立場をわきまえ、適切な敬語を使うことが人から好かれるきっかけになることを、この本が教えてくれています。 敬語は正しく使用して初めて、相手との距離を縮めることができます。 この本でそれを学んでいきましょう。 ビジネスメールで「ありがたい」を使用する際、どのような敬語表現にするのがよいのでしょうか。 以下の例文を参考にしてみてください。 「お土産をいただき、お心遣いに感謝いたします。 」、「この度は迅速な手配に、心よりお礼申し上げます」など、かしこまった文章で送ると印象がよいでしょう。 状況2:手紙 手紙で「ありがたい」を敬語表現で伝えたいときは、あまりかしこまらずに、相手に合った言葉遣いで書きましょう。 「ありがたい」を伝える手紙は、メールと同じ要領で綴っていきます。 目上の人には、かしこまった挨拶の次に「ありがたい」の敬語表現を続けます。 友人・同僚には日頃の話言葉でかまわないでしょう。 「ありがたい」気持ちを伝える機会が遅れたら、そのお詫びの言葉を書き添える気遣いも忘れないようにしてください。 状況3:目上の人・取引先に直接 「ありがたい」はくだけた場など、状況によっては使える時もありますが、目上の人や取引先に使用するのは避けた方がよいでしょう。 「ありがたい」は文末ではなく、文の途中もしくは後ろに名詞を付けると使用可能になります。 例えば、「私の企画を採用していただきましたこと、ありがたく、心より感謝いたします。 」、「貴社からのご厚意、ありがたくお受けさせていただきます。 」などと使うことができます。 「ありがたい」の敬語表現で感謝を伝えよう そもそも、ありがたいとは「枕草子」の「ありがたきもの」では、過ごしにくいといった意味で用いられています。 しかし、中世になり仏の慈悲など貴重で得難いものを自分は得ているということから、宗教的な感謝の気持ちをいうようになり、近世以降、感謝の意味として一般に広がりました。 感謝の伝え方はさまざまです。 その場その場の状況に合わせて、適切で心のこもった敬語表現で「ありがたい」と感謝の気持ちを伝えましょう。 謝意を表明したい時の敬語表現 「ありがたい」などの感謝の気持ちではなく、迷惑や不利益を掛けたことをお詫びするために、謝意を表明したい時の敬語表現もさまざまあります。 謝意を表明したい時は、「ごめんなさい」「すみません」などの軽い表現ではなく、「申し訳ありませんでした」などかしこまったフレーズを使いましょう。 例えば「御社に多大なご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんでした。 」、「この度の不手際を陳謝いたします。 」などがあります。

次の

中国語で「ありがとう」の表現集【文化を知って、より伝わる挨拶】

ありがたいお言葉をありがとうございます

例2) 取引先から提案した企画への高評価を受け取った時 「ありがたいお言葉、感謝致します」 これは目上の人からお褒めの言葉を頂いた時にも使えます。 また、取引先や上司から何かしてもらった時には、「ありがたいご好意を感謝致します」と伝えることもできます。 提案を受け取る時には、 「御社からのご好意、ありがたく受けさせて頂きます」「頂戴致します」と綴りましょう。 もし提案された相手からの好意を断る時には、「ご好意は大変ありがたいのですが、今回は大変申し訳ありませんが辞退させて頂きます」と敬語をちりばめましょう。 2.何かしてもらい「ありがたいです!」と言いたくなった時の敬語 目上の人から何かしてもらった時に、「ありがたいです!」という感謝の伝え方は敬語としては不十分です。 「ありがたいです!」が伝わる他の言い回しをご紹介します。 例3) 先輩:「明日、取引先の女性陣とコンパあるんだけど、お前どうする?!」 後輩:「あ~…お誘いとてもありたがいのですが明日は法事があって…」 目上の人からのお誘いを断る時にも、まずはそのお誘いについて「ありがたい」気持ちを伝えて、やんわりと断るのが礼儀です。 例文のようにコンパなどという軽いノリのお誘いであっても、目上の人からの提案を断る際には「とてもありがたいのですが」や「とても参加したいのですが」と 好意については感謝している気持ちを必ず伝えましょう。 「ありがたい」の敬語の言い換え能力で人間関係を円滑にしよう 「ありがたい」を上手に使うことができると、どんなビジネスシーンでも角が立たずに人間関係や状況が円滑に運ぶようになります。 ただ感謝を伝える「ありがたい」をそのまま使うのではなく、 シチュエーションに合わせて言い換えることが大切です。 この「ありがたい」の言い換え能力を身に着けることは、社会人として上手く生きて行く上で欠かせないスキルになります。 今までシンプルに「ありがたいです」を連発していた人は、ぜひこの記事を参考にして言い換え能力を身に付けましょう。 きっと今まで以上に仕事がスムーズに運ぶようになりますよ。

次の

ありがとうございますの言霊の効果で奇跡を起こせる!人生をもっと楽しもう

ありがたいお言葉をありがとうございます

「ありがたい」ってどんな言葉? 「ありがたい」という日本語は、「めったにない・貴重である」ことを表す「有り難い」から由来した言葉です。 現代ではその形を変えて「感謝していること」の意味として使われています。 何気なく使っている?「ありがたいです」 仕事に苦心していると、様子をみていた先輩が「手伝おうか?」と声をかけてくれました。 なんて優しい先輩なのでしょう!感謝の気持ちを伝えようと、あなたは次のように言いました。 「先輩、ありがたいです!」 あれ?お礼の言葉としては、何かが足りていないのでは?と違和感を覚えたあなたは正解です。 「ありがたい」と思う気持ちは伝わりますが、手伝っていいのか・手伝わなくていいのか、はっきり回答できていません。 そして、なによりも大切な「感謝している」という意味合いの言葉がありませんよね。 スポンサーリンク 「ありがたい」は単独で使えない言葉です! 「お気持ちありがたいです」のような「ありがたい」を単独が使っているのをよく耳にしますが、これは間違いです。 一見丁寧語に見えますが、実はこれ「かなりくだけた表現」なのです。 「ありがたい」は形容詞! 「ありがたい」に「です」をつけると、一見丁寧語のように見えますが、実は間違った使い方ですので、目上の人に対しては使う場合は注意が必要です。 さらに「感謝します」と付け加えると、気持ちをより強く伝えることができます。 第三者に対しては使ってもOK! 会話の中に登場する第三者に対しては「ありがたいです」を使っても大丈夫です。 よくあるシーンを例にしてみましょう。 業務繁忙期、経験豊富な先輩が、ヘルプに入ってくれることになりました。 そのことに対して「とても心強いです。 本当にありがたいです」と言うのは問題ありません。 「ありがたいです」「助かります」も自分より目上の人に対してはタブー用語です。 2つとも「感謝している」という意味の言葉が入っていませんよね。 とくに「助かります」は「私を助けなさい」という上から目線のフレーズです。 使い方を間違えると、相手は「命令された」と受け取ってしまうかもしれません。 ありがとうございました」と最後まで伝えましょう。 スポンサーリンク 「ありがたい」を言い換えてみよう! 「ありがとうございます!」と言うだけでもOKですが、嬉しい気持ちを伝えるのですから、ちょっと気の利く言い回しをしたいですよね。 かしこまって「ありがたい!」と言いたいとき 敬語としては不十分な「ありがたい」を、言い換えるにはどのような言い換え例があるのでしょうか。 率直に「ありがとうございます」と言うだけでも、感謝の気持ちは伝えられます。 もちろん、感謝の気持ちを伝える言葉は他にもあります。 間違った日本語である「ありがたいです」の乱用をやめて、はっきりとした感謝を表す別の言い回しを心がけましょう。 このときに使われるのが「幸いです」という言い回しです。 「早急にご連絡くださると幸いです。 「ご来場くだされば幸甚に存じます。 」 「幸甚」とは「非常にありがたく思うこと」という意味です。 話し言葉で使うより、メールなどの書き言葉に使いやすい依頼表現です。 「恐れ多い」 これは目上の人に対して使う言い回しです。 友達や同僚に対しては用いない言葉です。 「恐れ多いお言葉、ありがとうございます」 この場合は「もったいないお言葉」という意味になり、目上の人がかけてくれた言葉を「貴重なもの」として感謝の意を表しています。 「ありがたいお言葉」の同義の言い回しです。 スポンサーリンク 普段から使える「ありがたい!」の言い換え例 感謝するとき、あなたはどんな言葉を使っていますか?嬉しいときこそ、美しい言葉を使いましょう。 謙虚な気持ちの持ち主は、言葉遣いも綺麗です。 お土産をもらった時 上司や先輩からお土産や差し入れをもらった時などには、つい「ありがたいです!」と言ってしまいそうになりますが、どちらも自分にとっては目上の人です。 お礼の言葉は正しく使いましょう。 「お心遣い、ありがたく頂戴致します」• 「お気遣い、ありがとうございます」 「お心遣い」=「お気遣い」でも同じ意味になります。 話し言葉としても耳障りがよく、さまざまなシーンで使えます。 褒められた時 「いつもよく頑張っているね」と声をかけられたとき、なかなか上手に答えられないですよね。 「いえいえ、そんなことないですよ」と謙遜してしまう人が多いですが、せっかく褒めていただいたのですから、嬉しい気持ちを素直に表しましょう。 「ありがたいお言葉、感謝いたします」• 「ありがたい感謝の気持ちで一杯でございます。 」 褒められる、高評価される、採用されるなどのシーンで使いたい言い回しです。 2つ目の例文は、メール文として使うのが一般的です。 スポンサーリンク 「感謝の気持ち」を伝えるメール作法 話し言葉と書き言葉は、意味は同じですが「言い回し」が違います。 話し言葉をそのまま文章にすると、目で文字を追いづらく、理解するのに時間がかかります。 文字だからこそ、気を配りたい「お礼の言葉」 ビジネスシーンでは「感謝を伝えなければならない機会」がたくさんあります。 自分か立てた企画を採用してもらったり、かねてからPRしていた商品を購入してもらったときなどに、お礼メールを送ることがありますよね。 「ご購入いただき、本当にありがたいです」なんて書いたりしていないでしょうか? 過去に書いたメールの内容を一度チェックしてみましょう。 お礼は色や形のようにはっきりと表すのが難しいです。 曖昧な表現をしている部分があれば、以下の例文一覧を参考にして書き換えましょう。 お世話になっております。 この度はご注文誠にありがとうございます。 ご愛顧頂きありがたく心より感謝申し上げます。 お世話になっております。 先日は色々とお心遣いをいただき、ありがたく厚くお礼申し上げます。 ありがたいお言葉、心から感謝しております。 ありがたく、ただただ感謝の気持ちで一杯でございます。 どの例文にも「感謝」や「お礼」の言葉が含まれていることがポイントです。 「ありがたい」を単独で使っているものはありませんよね。 この例文から「感謝」などの文字を消してみると、お礼の気持ちが薄くなることがわかります。 「大和言葉」をご存知ですか? 固くなりがちなビジネスメールは「大和言葉」を使うだけで柔らかな印象に生まれ変わります。 「大和言葉」とは、かつて日本人が造った、生粋の和の言葉です。 柔らかな言葉が特徴的で、話す(書く)人の人柄を顕著に表します。 『仕事美人のメール作法』の著者・神垣あゆみさんが書かれた「感謝の気持ちの伝え方」の記事をご紹介いたしますので参考になさってください。 大和言葉で書き換える」 「平素より格別なご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます」といったお礼の一文を、ビジネス文書で見かけます。 漢字が多く、かっちりしていて硬い文なので定型文として都合はいいのですが、メールで使うなら、もう少しやわらかい言いまわしにしてもよいのではないでしょうか。 例えば… ・「ひとかたならぬお引き立てをいただき、心からお礼を申しあげます」 「ひとかた」とは、普通の程度。 「ひとかたならぬ」は、普通どおりではない、並みひととおりではないことを指します。 「格別な」の言い換えとして用いると、文が和らぎます。 ・ 「お引き立てにあずかりまして、ありがたく存じます」 「あずかる」は「与る」と書き、目上の相手からの好意や恩恵を受けることを意味します。 ひいきにしてもらっていることへの感謝の気持ちを表す言い回しが「お引き立てにあずかりまして」です。 ・「いつもお心にかけていただき、ありがとうございます」 「心にかける」は、心に留めて気にかけること。 自分や会社のことをひいきにしてもらっている目上の相手や客先に対して、感謝の気持ちを伝えるときに「お心にかけていただき」を使います。 硬い調子の文章になっているな、と思うときは、このように大和言葉を使って書き換えると文章がやわらかく、やさしい印象になります。 出典: ビジネスシーンでは、相手との距離感をふまえた発言(発信)をしなければなりません。 取引が始まったばかりの相手と、日ごろから顔を突き合わせている相手とでは緊張感が違います。 いくら慣れ親しんだ相手とはいえ、あまり砕いてしまうと不躾ななれなれしいマナー違反のメールになってしまいます。 相手によって表現に変えたいときは、「大和言葉」のような柔らかなニュアンスに書き換えてみてはいかがでしょうか。 スポンサーリンク 「ありがたい」はこんな時にも使えます! 直接的な言葉を使うと、相手に誤解されることがあります。 「ありがたい」という言葉を上手に使うと、「クッション言葉」のように相手の気持ちをやわらげることができます。 断る場合 「ありがたいお話なのですが・・・」 お誘いを受けたけれど、それを受けることが出来ない場合の言い回しです。 お誘いを「もったいないお話」や「貴重なお話」と謙虚に受け止めていますよね。 せっかくの好意をお断りすることも、このように相手を立てる言葉を1つ付け加えるだけでカドが立ちにくく、「お断りする」という行動の印象を和らげることができるのです。 「申し上げにくいのですが」「失礼ですが」を付け加えてしまうと、相手に肩身の狭い思いをさせてしまいます。 社会人のビジネスマナーの基本は「相手を尊重すること」です。 相手を立てる言葉遣いとしても、「ありがたい」は使える言葉になります。 こちらの条件を飲んでもらうようお願いする場合 「なんとかお引き受けいただければ、ありがたく存じます」 こちらが相手より上の立場であっても、相手を立てる「謙虚な表現」の「ありがたい」や「幸い」を使うことで、今後の取り引きもスムーズになります。 メール術としても取り入れやすいです。 このように「お願いできたら」「お引き受けいただければ」という条件を前に置いたものを「条件表現」といいます。 スポンサーリンク まとめ 「こちら和風パスタになります!」「野菜のパスタでよろしかったでしょうか?」これらは、バイトシーンでよく使われており、「バイト敬語」や「マニュアル敬語」と呼ばれています。 「おかしな言葉だなあ」と感じる人も多いですよね。 しかし、時間が経つ過程で、その違和感にも次第になれてしまうのが怖いところです。 このマニュアル文の内容は「表す日本語」と「伝える日本語」の役割の違いから「言い換えルール」まで及びます。 専門家が集まって作成した日本語マニュアルを、一読してみてはいかがでしょうか。 関連記事として、 ・ ・ ・ これらの記事も読んでおきましょう。

次の