ガレリア ノート。 【2020年】ドスパラ(ガレリア)のお得なセール情報!|はじめてゲームPC

【ドスパラ】極薄なGTX1060搭載ノート「ガレリア GKF1060GFE」の実機&性能レビュー|はじめてゲームPC

ガレリア ノート

CPUはCore i5、グラフィックボードはGTX 1050と決して性能が高いものが選択されているわけではありませんが、ドスパラのGALLERIAゲーミングノートの中で最安値を誇る製品であるのは、とても大きな魅力です。 を選ぶ理由は、性能の高さではなく安さの一点です。 とにかくコストカットを図ってゲーミングノートを手に入れたいという方には非常にオススメできる製品です。 かなりコストが切り詰められたゲーミングノートであり、ドスパラのGALLERIAブランドのゲーミングノートでは、CPUもグラフィックボードもこれより安価なものを選ぶことができません。 またメモリやストレージ(SSD・HDD)でコストカットを図ることもできますが、初期構成から下げるとゲーミングPCとしてさらに使いにくくなってしまう可能性があり、コストを切り詰めるという観点では初期構成の段階ですでにかなり費用が抑えられたゲーミングノートです。 特に16GBのメモリが搭載されているので、ドキュメントファイルや音楽ファイルを再生するだけでなく、ストリーミングサイトを経由して動画ファイルを再生するのも重くなりにくいでしょう。 を選ぶときの注意点は、やはり性能を重視しているわけではないので、3Dのゲームなど遊ぶタイトルによっては設定を低くしないといけないかて点です。 設定を切り詰めたり負荷の少ないタイトルを選んだりすると、この性能でも遊べるゲームはたくさんあるでしょう。 とにかく安くゲーミングノートが欲しい方におすすめ。 2Dゲームやブラウザゲームメインなら十分です。 費用を抑えつつバランスを重視したゲーミングノートだといえます。 CPUの性能はまだi7の新しい世代なので申し分ないのですが、グラフィックボードがやや古めのGTX 1060ですので、ゲームによっては思うように設定を上げることができないかもしれません。 CPUはi7-8750Hと十分な性能があるのですが、グラフィックボードが前世代のGTX 10シリーズのものであるというのが少しボトルネックとなるでしょう。 CPUの性能が十分ですのでWordやExcelなどのOfficeの使用やネットブラウジングを行うのには不安はあまりないのですが、グラフィックボードの性能が高いとはいえないのでゲーミング用途では高い設定が選べないことがあるかもしれません。 また当ランキングの上位のゲーミングノートではNVMe接続のSSDが選択されており、より高速になっています。 でもオプションでNVMe接続のSSDを選べますが、中程度の性能のPCではあまり優先度は高くありません。 もしで高速なNVMe接続のSSDを使って性能を上げたいのなら、もう少し予算をかけて高性能なグラフィックボードを選んで全体の性能を上げておいた方がいいと思います。 2Dオンラインゲームだったり、ブラウザゲームメインならこの程度のスペックで十分です。 3DをHigh設定でプレイするにはスペック不足ですので1位や2位のゲーミングノートを選びましょう。 CPUの性能を下げることなく、グラフィックボードにリーズナブルなものを選ぶことで、スペック重視のゲーミングノートに比べて大幅なコストカットを実現しています。 バランスを重視しているゲーミングノートではありますが、比較的スペックは高めで収まっているともいえます。 グラフィックボードはRTX 20シリーズではなくGTX 1660 Tiではあるものの、CPUはi7の第9世代です。 高負荷なゲームでなければ十分に最高画質でも遊べるスペックのゲーミングノートです。 この「グラフィックボードがRTX 20シリーズのものであるか否か」という点がゲーミングPCとして悩むところです。 そのためもしその点に妥協できるのであれば、コストカットを図ってグラフィックボードにGTX 10シリーズ(GTX 1060やGTX 1050 Ti)を扱ったゲーミングノートを選ぶと、より効果的に費用を抑えることができるでしょう。 バランスとコスパを求めるならがダントツおすすめです。 1位のゲーミングノートと大きく異なる点が少ないながら、いくらかコストを下げることができています。 このを考慮に入れるとき留意しておきたいのはCPUの違いであり「i7-9750H」と「i7-8750H」の違いです。 比較のために、IntelでのへのURLを掲載しておきます。 CPUとして気になるのはコア数・スレッド数・クロック周波数などですが、両者ともコア数が6、スレッド数が12と同一で差はありません。 クロック周波数はi7-9750Hの方のベースが2. 60GHz、ターボ時が4. 50GHzといくらか高くなっています。 しかしi7-8750Hではベースが2. 20GHz、ターボ時が4. 10GHzと大差を開かれているわけではありません。 この差を考慮すると、強いこだわりがあるのでなければi7-8750Hでも構わないと考えることができます。 少しでもコストカットをしたいときなどは、i7-8750Hを選ぶのもいいでしょう。 初期構成でうまくまとまったゲーミングノートです。 1位のゲーミングノートと大差なく、少しでも予算を抑えたい場合に選んでみてください。 CPUは第9世代Core i7-9750H、GPUはGeForce RTX2070 8GB、ストレージは512GB NVMe SSD、メモリは無料アップグレード中で16GBが採用されています。 その中でもGeForce RTX 2070の性能は高く、60FPS以上の快適な動作はもちろん、リアルタイムレイトレーシング(CG映像の光や色をよりリアルに表現する)やDLSS機能(フレームレートの向上)に対応している点も特長でしょう。 SteelSeries製のRGB LEDキーボードを採用とゲーミングノートに相応しい出来となっています。 1位のGALLERIA GCR2070RNFは以下の記事内で詳しく紹介、またベンチマーク等を計測しています。 メモリを16GBにすることをお忘れなく。 ただ個人的にはゲーミングノートPCより、デスクトップ型パソコンをオススメします。 というのも拡張性が高く、故障しても各パーツを交換すれば治るケースが多いからです。 持ち運び重視であったり、訳あってノートPCがいい方は使い方や予算で選んでみてくださいね。 8 Ghz GTX 660 2GB Radeon HD 7870 8 GB 3 GHz以上 8600M GT Radeon HD 2600 4 GB Intel Core i5-3330 GTX660 2 GB Radeon HD 7850 2 GB 4 GB Intel i7 4790 GTX 1060 3GB Radeon RX 480 4GB 16 GB どれがいい?ゲーミングノートPCの選び方 初めて買う方にとって、どのメーカーのどのゲーミングノートPCを買えばいいのか分からないと思います。 そんな方のために、以下の表を作ってみました。 快適な環境でゲームをプレイしたい方は最低でも10万円以上は必要です。 可能であればデスクトップ型がカスタマイズしやすく性能も高いのでおすすめです。 選ぶときはメモリ・グラフィックボード・CPUに注目し、予算と相談しながら選んでみてください。 グラフィックボードは映像の計算をするパーツです。 PCでゲームをしたことがある人であれば、グラフィックボードという名称を聞いたことも多いでしょう。 映像を処理するので、実際には動画を編集するなどの処理にも関係するのですが、ゲーム目的よりも一般的とはいいにくいので、グラフィックボードは「ゲームをするため」に買う人が多いのが現状です。 グラフィックボードはNVIDIA製とAMD製が大きくシェアを占めているのですが、ドスパラのBTOゲーミングノートPCではNVIDIA製のGeForce(ジーフォース)というシリーズが使用されています。 そして現行のシリーズは、GeForce GTX 10XXシリーズとGeForce RTX 20XXシリーズが一般的です。 GTX 10XXシリーズは「GTX 1050」のような安価な製品もあるのですが、RTX 20XXシリーズは最新のNVIDIA製グラフィックボード製品シリーズであるだけに、高性能かつ高価です。 価格を気にせずRTX 20XXシリーズを選ぶか、やや費用を抑えてGTX 10XXシリーズを選ぶか、考えておくとよいでしょう。 CPUはPC全体の性能次に考えておくといいのは、CPUの性能です。 CPUはPCにおいて「脳」に譬えられることが多く、PC全体の性能を左右するパーツです。 Intel製とAMD製が大きくシェアを占めていますが、ドスパラのGALLERIAではIntel製のCPUが使用されています。 CPUは中央処理装置を意味し、まさにPCの中心となって処理をしてくれます。 グラフィックボードと違って映像以外の処理も施してくれるので、ゲーム以外の用途であればグラフィックボードよりもCPUを優先すべきだというのが一般的な構成です。 おおまかにはCore i3・i5・i7・i9と、アルファベットのi(アイ)の後の数字が大きくなるにつれて性能が良いです。 実際のCPUでは「i7-8700」「i7-9700K」のようにさらに数字が続き、この数字の頭(i7-8700なら「8」、i7-9700Kなら「9」)が世代を意味します。 ただ世代の新しい製品の方が性能はよくなる傾向にあり、場合によっては古いi7よりも新しいi5の方が高性能だという場合もありますので、注意しておきましょう。 ゲームをするならがコスパよくおすすめです。 メモリは多めに最後はメモリについてです。 メモリは多いほど、PCの作業(処理)がスムーズになるので、多めに搭載しておくと後々、「PCが重い」と悩まずに済みます。 ゲーミングノートPCに搭載しておきたい、メモリ量は8GBか16GBが基本です。 少なすぎる目安は4GB、大きすぎる目安は32GBで、4GBではゲーミングノートPC以前にWindows 10を使用するPCとしてかなり不安が残りますし、32GBを搭載してもゲーム用だとオーバースペック気味です。 8GBはゲーミングノートPCとしてはライトユーザー向けとなり、高負荷な3Dゲームをしない限り十分です。 ここでは一番バランスの良い16GB以上を推奨しておきます。 不満なくゲームを楽しみたい人や、最新ゲームなど負荷の大きいゲームをプレイしたい人は16GBを搭載する方が安心できるでしょう。 ドスパラ ガレリアシリーズのグレードから選ぶ方法 ガレリアデスクトップ型シリーズにはXF、XT、ZZ、RT5などのグレードが型番としてついています。 いろんなグレードがあり迷うところですが、以下の表を見てもらえれば、どれくらいのグレードなのかわかりやすいと思います。 価格と型番、性能で選べるので参考にしてください。 表は横スクロール可能です。 4KやWQHD、144Hzの高解像度、高フレームレートでゲームがしたいならRTX2070以上が欲しいところです。 格安機であっても、メモリを16GBにしたり、カスタマイズすることで高性能化できますよ。 普通にプレイする分にはフルHDで60FPS程度で遊べるGTX1660Tiがおすすめです。 3型)のゲーミングノートで最上位モデルです。 CPUはIntel Core i7-9750H、グラボはGeForce RTX2070 8GB、メモリは無料アップグレードにより16GB、高速で読み書きできるNVMe SSDを512GBを搭載。 スペックとベンチマークから分かる通り、人気のオンラインゲームをとても快適にプレイすることができます。 拡張性高いデスクトップPCに比べて、スペックや冷却機能がやや劣るものの、ネットと電源さえあればどこでも遊べるメリットも。 ちなみに以前実機レビューした15. 6型のも同スペック(画面サイズ違い)でおすすめですよ。 どちらもハイスペックなゲーミングノートが欲しい方はチェックすべき1台でしょう。

次の

【ドスパラ】極薄なGTX1060搭載ノート「ガレリア GKF1060GFE」の実機&性能レビュー|はじめてゲームPC

ガレリア ノート

性能と冷却性はデスクトップPCには敵いません。 同じ価格で、デスクトップPCのゲーミングPCだと、1. 5-2倍程性能が良いですし、冷却性能も、掃除のしやすさも上です。 ノートPCがデスクトップPCの性能以上にならないのは、冷却性能が足りないためです。 あくまで、ノートPC用クーラーは補助としての利用です。 一番は掃除をキチンとすることです。 だいたい1-2年目の夏辺りにノートPC とくにゲーミングPC は、熱暴走をし始めます。 それは冷却性能が足りなくなっているのではなく、狭い筐体で排熱処理をしている為、ノートPCが空気清浄機のような状態になり、ホコリが中に溜まっていくからです。 ですので、定期的な掃除が必要です。 これがデスクトップPCだと側面を外すだけですが、ノートPCはやっかいです。 キチンと掃除をするのであれば、分解掃除までする必要があります。 分解例と実際にどれだけホコリがたまっているかここが参考になります。 ただし、そこまで出来ない人は、外から掃除機で吸い上げるか、エアダスターで拭きあげるしかありません。 またPCショップなどではクリーニングサービスを有料でやってくれるところもあるので、定期的に出すなどです。 ゲーミングノートPCだと、グラフィックチップを搭載している分、熱が普通のノートより高くなるので、その分ファンも勢いよく回るので、ホコリをどんどん吸い取っていきますので、クリーニングはかなり必須です。 冷却を外からしても、空気清浄機のフィルターがホコリまみれになっている状態なので、冷却するだけではあまり意味がなく、あくまで定期的なクリーニングです。

次の

【実機全検証】ドスパラ(ガレリア)のゲーミングノートPCランキング【おすすめ】

ガレリア ノート

なお、分割手数料の計算方法は以下の通り。 買いたいガレリアの本体価格を調べる• その価格に手数料を掛け算する• 回数で割れば月々の支払額が分かる カンタンですね。 仮にガレリアDT(119980円)を48回払いで購入する場合、25. 一括払いで購入するのと比べて31075円も割高な計算になってしまう。 分割払いを考えているなら、この分割手数料は絶対に無視できないので要注意。 しかし、ドスパラが定期的に行っている 「分割手数料0円」キャンペーンを使えば、差額ゼロで分割払いが可能になる。 キャンペーン対象を確認すること 分割手数料0円キャンペーンのページに、必ずキャンペーン対象や条件について記載されているので確認を忘れずに。 18歳以上の個人であること• 30000円以上の購入であること• キャンペーン期日までに申し込むこと だいたいこんな感じです。 学生でもキッチリ支払いをこなしていれば、月間利用枠50万のカードを審査に通してくれたので。 期間限定で値引きは「ほぼ得しか無い」 ガレリアは何かしらセールをやっています。 春季セール、サマーセール、秋季セール、ウィンターセールと。 季節の変わり目なら、大抵はセールをやっている印象。 たとえば、記事執筆時点では「冬のボーナスセール」をやっていて、セール対象品のラインナップを見てみると 「15000円引きとのこと。 購入を検討しているガレリアがセール対象なら、買ったほうが良いでしょう。 基本的に、 シンプルな値下げキャンペーンにはメリットしかない。 デメリットや注意点はほとんどありません。 あえてデメリットを挙げれば、10万~15万円のガレリアは型落ちを除いて滅多にセール対象にならないぐらい。 ガレリアZGなどハイエンドクラスは割りと万単位の値引きが行われるが、ミドルクラスの代表格である「」などでは、せいぜい1000~2000円くらいの値下げがやっとです。 無料アップグレードなど実質値引きは「注意が必要」 単なる値引きは全く問題がないが、無料アップグレードを使った「実質的な値引き」は場合によっては注意が必要です。 CPUやグラボの無料アップグレードは美味しい このように、普段は「」を搭載しているけれど、期間限定で更に上位の「」に無料アップグレードする場合。 これは素直に喜んで大丈夫。 CPUは上位品であればあるほど単価が高いので、実質値引きとして非常に美味しい。 特に メモリの増量や、CPUの上位品への取替は「お得」感が大きいですね。 SSDの無料アップグレードは要注意 もともとSSDの無料アップグレードは素直に喜んで良いモノですが、最近はちょっと事情が変わっています。 いわゆる中華SSDというやつで、ベンチマークの数値は良いけれどゲームファイルを移動するなど、高負荷になると性能がガクッと落ちます。 よって、良い買い物をしたいと考えているなら「320GBと640GB SSDに用心」です。 無料で640GBになっていても、500GBに戻すか、もっと多い1TBなどを選択肢に。 基本はガレリアの「グレード」で選ぶ方法 2018年時点の、ガレリアシリーズのグレード表を図にしました。 「グレードが多すぎてどれが良いのかサッパリです。 」という人のために、矢印で性能を示している。 右上に行くほど高性能で、左下に行くほど低性能です。 もう少し具体的に分かりやすく図解すると、 こんな感じです。 低設定:設定を落とせばフルHDで平均60fps• フルHD:大抵のゲームをフルHDで平均60fps• 144Hz:多くのゲームをフルHDで平均100fps超え• WQHD:多くのゲームをWQHDにて平均60fps• 4K:一部のゲームを4Kにて平均60fps では詳しい選び方を掘り下げていきます。 グラフィックボードを決める(縦軸) ゲーミングPCを選ぶ上でもっとも重要なパーツが「」。 グラボの性能が高ければ高いほど、ゲームでより高いフレームレートを叩き出せます。 グラフィックボードの性能比較()• RTX 2080 Ti 199. 0 fps• RTX 2080 167. 5 fps• GTX 1080 Ti 159. 0 fps• RTX 2070 150. 8 fps• GTX 1070 Ti 123. 0 fps• GTX 1070 102. 0 fps• GTX 1060 6GB 66. 9 fps• GTX 1060 3GB 61. 1 fps• GTX 1050 Ti 43. 1 fps• GTX 1050 37. 1 fps 参考までに、グラフィックボードごとに「PUBG(ウルトラ画質)でどれくらいの平均フレームレートを出せるか?」をまとめたグラフが以上の通りです。 「」があれば、大抵のゲームで平均60fpsを出せる。 を使うつもりなら、平均144fpsを超えられる「」や「」がおすすめ。 使い方 Core i5 Core i7 Core i9 ネットを見る• 余裕すぎ• 余裕すぎ• 余裕すぎ ゲーミング 60fps前後• 余裕すぎ• 余裕すぎ• 余裕すぎ ゲーミング 100fps以上• 余裕すぎ• 余裕すぎ 写真編集• 余裕すぎ• 余裕すぎ 動画編集• 余裕すぎ エンコード• 十分 リアルタイム配信• 十分 マルチタスク 同時に複数のアプリを使う• 十分 動画編集や動画エンコードなど、物量が求められる処理ではCore i5の6スレッドでは不足しがちで、Core i7の12スレッドの方が遥かに有利です。 なお、ゲーミングモニターを使う場合にCore i7をオススメする理由は「できる限り高いフレームレートをグラボから引き出す」ため(参考 : )。 特に(8700や8086Kも同じ)や、Core i9 9900Kは本当にスゴイ。 一番速いグラボのの性能を、無駄なく引き出せるゲーミングCPUです。 その理解で大丈夫。 ゲーミングモニターを使うとか、配信したいならCore i7以上をどうぞ。 補足:AMD Ryzen搭載ガレリアは? ガレリアのラインナップ一覧ページで一番下まで行くと、AMD Ryzenを搭載したガレリアも売っていることが分かる。 RyzenとCoreのどちらを選んだほうが良いのかは一概に言えない部分が大きい。 そしてそれを解説しようとすると、本記事と同じくらいのボリュームになってしまうため、この疑問については別記事にて解説しました。 詳しくはこちらの記事を読んでください。 両者ともに向き不向きがハッキリとしているので、用途に合わせて選んでください。 ザックリと言えば、ゲームしかしないならAMD Ryzen 7は持て余す可能性が高い。 Ryzenの強みはとにかくマルチスレッド性能にあるので、マルチスレッドが効きやすい「配信」「レンダリング」といった用途ならRyzenを選ぶ価値は大きい。 デスクトップ、ノート、小型のどれを選ぶべき? ガレリアはデスクトップ型のゲーミングPCだけでなく、ノートパソコンや、コンパクトな「GALLERIA Mini」「GALLERIA Slim」といったタイプもある。 前提として小型になればなるほど、薄型になればなるほど「割高」になります。 同じ性能・スペックのマシンでも、小さいほど価格が高くなるのでコスパが悪化します。 タイプ デスクトップ ノート 小型 デザイン 代表例 GALLERIA XV GALLERIA GF-E GALLERIA Mini コスパ• やや悪い• 悪い 省スペース• 良い 携帯性• 運べる• 運べるが… 拡張性• 難しい• ノートよりマシ セットアップ• すぐに使える• 普通 コスパだけで考えるとデスクトップ以外は魅力的な選択肢ではありません。 ただし、意外と見落としがちですがノートパソコンのコスパは実際の価格よりは悪くないということ。 当たり前のことですが、ノートパソコンはモニターとキーボードとスピーカーが付属した状態なので、デスクトップと比較した場合その分のコストが浮いています。 ただ、性能面ではハンデが大きい。 デスクトップのように効率よくパーツを冷却できないため、出せる性能には上限がある。 ではGALLERIA Miniのような小型PCはどうか。 実際に使った感想から言えば、意外と良い。 厚みがあるのでノートパソコンより性能が出るし、SSDやメモリの増設もやりやすい。 本体重量が2kgに満たないので、携帯性も悪くない。 出張で長期滞在する時に、滞在先のホテルのテレビに接続して使いたいなど。 かなりニッチな用途を満たすならアリ。 特に理由がないならデスクトップ一択 というわけで、省スペース性や携帯性を必要とする使用ケースなら、デスクトップ以外のガレリアを選ぶ意味はある。 逆にそうでないなら、 デスクトップ一択です。 Titanium認証を受けた電源ユニット• In Winが製造する 高級感のあるケースデザイン• 山洋電気製の 高品質ケースファン• グラボは冷却性能に優れる 「Palit JetStream」シリーズ• 年中無休の 有人サポートを受けられる 普通のガレリアと比較して大きく違うのは以上の5点。 自作経験のある筆者から見ると「静音性が高そう。 」という感じです。 ので静音動作しやすいし、高品質なケースファンも音が静かな傾向。 グラボも冷えやすいモデルほど静かになる。 有人サポートに魅力を感じるかどうか(個人的には必要ないが)と、静音性を求めているかどうかでGAMEMASTERの必要性は違ってくる。 基本的には、普通のガレリアで良いでしょう。 推奨モデルは選ぶべきか 選ばないほうが良い。 ドスパラは約50タイトルくらいの推奨モデルを販売していますが、ゲームによっては古いスペックのまま放置されていることもあるので鵜呑みにしないほうが良い。 当ブログにはゲーム毎に推奨スペックをまとめているので、そういった記事から「どのグラボなら何fps出るか。 」を把握して、該当するスペックのガレリアを選ぶのがベストな方法。 【まとめ編】ガレリアの選び方 ここまで解説してきた「ガレリアの選び方」をまとめます。 欲しいガレリアが決まっている場合 該当のガレリアが「セール対象」になっているか、または「分割手数料0円」や「無料アップグレード」などメリットのある キャンペーンの対象になっているかを確認する。 通常価格から10000円引き• グラボをオーバークロックモデルにアップ中• 48回まで分割手数料がタダ こういったセールに欲しいガレリアが入っているならラッキーですね。

次の