セックスレス 病気。 ご利用確認

セックスレス

セックスレス 病気

セックスレスが原因で、3年前に浮気をしました。 すぐに妻にバレて彼女とは別れました。 その後、夫婦で時間をかけて話し合い というか 一方的に責められただけですが をしました。 【妻の言い分】 ・私には性欲というものがない ・どうして夫婦関係にセックスが必要なのか分からない。 ・まさかそんなことが原因で浮気するとは。 ・あなた(私)に性欲があるのは分かったが、 求められても、生理後1週間以内でないと気分が乗らない。 (それ以外のときは受け付けたくない) お互いに言いたいことを包み隠さず言い合ったものの、 浮気をしたという負い目もあって、結局は妻の言い分が 通るばかりで、結局セックスレスな毎日です。 だからもう半年くらいしてません。 でも、仲はいいです。 仲良く過ごしている延長線で、私はセックスが したくなります。 が、妻はそうではない。 先日、リビングでテレビを見ていたら 風呂上りの妻が 「リビングで待たれていると、セックスを期待されて いるようで気を使う」 「夜はリビングに居ないでほしい」と言われました。 そんなヒドイことを言うなよ、と言ったところ 私は言いたいことを言っただけよ!と逆ギレ。。。 「そんなに嫌われてるんだったら、もう離婚したい」 と私から切り出したところ、 「嫌いだなんて言ってない!」 「どうしてセックスがそんなに大事なの!?」 「そんなものなくても夫婦で仲良く暮らしていける」 と言われました。 その瞬間、このさき何年たっても、何が起こっても、 私の思いに目を向けられることはなく、 永遠にセックスレスが続くということが分かって しまいました。 子供がいるので離婚は避けたい。 私がセックスさえ我慢すれば、みんなが幸せになれる。 でも今は、自分の性欲が抑えられない。 でも妻にはそれが理解できない。 風俗に行くのはお金ももったいないし、病気の心配も あるから避けたい。 結局、自分は一般女性と浮気するしかない、 という結論に達してしまいました。 今度バレたら間違いなく離婚。。。 子供が不幸になることだけは絶対に避けたい。 でも、自分の性欲は抑えられない。 一体、私はどのようにしてこの状況を乗り越えれば いいのでしょうか。 人生の諸先輩方、どうかアドバイスをください。。。 ご年齢が30代ということで、まだまだ性欲は旺盛な時期だと思います。 しかしながら、30代でお子さんがいらっしゃる家庭の平均的なセックス回数は医学的な統計で月1. 4回ほどです。 (つまり月1回) これが子供がいない夫婦の場合は少し増えますが、それでも月2. 8回です。 アメリカやカナダの衛生局の調査では子供がいない30代夫婦の平均が月7回だったので、海外に比べると日本人は回数が少ないと言えます。 さて、この回数で皆さん満足されているのかと言うと、夫側はほとんどが不満という調査結果が出ています。 質問者さんと同じ傾向です。 月1回じゃとても足りない、という意見が多勢です。 反して妻側はというと、この回数で十分という意見が予想以上に多いのです。 要は「夫はもっとしたいが妻はしたくない」という構図が一般的なものである、ということです。 そして月の平均回数が日本の倍に達するアメリカやカナダでも同じ構図であることが実は確認されています。 この理由について、アメリカの衛生局や研究機関が性欲に関する調査を行っています。 その結果、20~30代の男女でセックスに興味がないという人の割合は男性が10~20%であったのに対し、女性は30~50%もありました。 やはり女性は性欲が少ないのではないか?ということで、脳神経学の観点から調査したところ、性欲発生のメカニズムが全く違うことが分かったそうです。 男性はホルモンの関係で毎日定期的に性欲が発生するが、女性にはそういった作用がなく、何もしなければ性欲はほとんど発生しないこと、女性が性欲を感じるのは性的なシチュエーションになった時に限られることが明確になりました。 これは分かりやすく言えば、男性は本能的にセックスをしたくなる、女性はセックスをする状況そのものに興奮を覚える、ということであり、セックス出来る状況に持ち込まなければ女性は自らセックスをしたいとは一切思わないということになります。 前置きが長くなってしまいましたが、質問者さんのケースは決してレアなケースではなく、よくあるケースになります。 特に出産後は授乳ホルモンや子育てホルモンの関係で一切性欲が無くなる時期があります。 そこから完全なセックスレスになる夫婦も現実にたくさんいますし、その結果夫が浮気や風俗に走るケースも多いです。 質問者さんを擁護するわけではありませんが、浮気をした自分が異常な存在だとは思わないで下さい。 よくあるケースです。 さて、このセックスレスをどう解決すれば良いか、ですが、アメリカやカナダでも2割の夫婦は完全なセックスレスという調査結果が出ています。 これらの夫婦の問題解決方法はセックスに関するカウンセリングを受け、それでもセックスレスが修正出来なかった場合はあっさりと「離婚」します。 日本の場合、子供の問題というより「世間体」をあまりに重視するため、なかなかこの結論に踏み切れない夫婦が多いと思います。 そうなれば、妻は夫の浮気を見て見ぬふり、いわば仮面夫婦状態を続けるところも多いでしょう。 しかし私は我慢して仮面夫婦を続けることが夫にとっても妻にとっても幸せだとは到底思えません。 夫婦で話し合い、カウンセリングを受け、ダメなら離婚すべきだと思います。 お互いに我慢したままこの先何十年も一緒にいるのですか?精神衛生上よくありませんし、子供にもよくないと思います。 離婚してお互いにもっと合うパートナーを探した方が良いと思います。 まずは質問者さんが奥さんと一緒にカウンセリングを受けるなり話し合いをするなりして、普段の生活でもスキンシップを多くとり、寝る前に奥さんのマッサージを毎日やってあげる、出かける前にはキスをする、などの行動を取ってみて下さい。 それでも奥さんの拒否が続くようであれば離婚という選択をされることも決して悪いことではありません。 子供を不幸にしたくない、とありますが、子供は意外と敏感です。 あなたが性欲を我慢し続け、奥さんとの間に我慢している何かがあることを読み取ります。 離婚してすっきりした状態になるよりも、我慢している状態の方が子供にとって悪影響があります。 仮に離婚して片親になっても、例えば転校することになっても、子供は環境への順応性が高いのであまり心配はありません。 (その場合心配なのは片親になった際の収入減のことだけですが、それは養育費で解決出来ます) 子供のために我慢する、のではなく、お互い我慢しなくても良いように、奥さんと良い話し合いをし、良い関係を再構築出来ることをお祈りします。

次の

日本人のセックスレスの割合が5割を超えるという事実を皆さんご存知ですか?☆meiのオトナ

セックスレス 病気

「セックスレス」という言葉を聞くようになってずいぶんたちました。 他人と気軽に話せる話題ではないだけに、人知れず悩みを抱えている女性も多いようです。 実際、「夫婦愛に関する調査」(2016年・アンファー調べ)によると、じつに30代で47. 年代が上がるにつれその割合が高くなっていることがわかります。 そこで、ESSEonlineではアンケート調査を実施。 173人もの方々にご協力いただき、ESSE世代の事情を探ってみました。 今回はとくに、「夫が原因」という事態に注目! 弓子さん(仮名・30代前半)の場合:「誘ったこともありましたが、今は心が折れました」 「このまま生涯を終えるのかと、考えてしまうこともしばしばあります」と、まさに今悩んでいる弓子さん。 弓子さんは、小学生と幼稚園児の2人の子どもをもつ、30代前半の女性。 結婚12年目を迎える夫とは、気がついたら行為がなくなっていました。 「どんどん回数が減り、私から誘っても気まずい顔をされて…。 なんだかんだ理由をつけて、断られ続けました」と告白してくれました。 じつは、幼稚園児の二女を授かるために、EDの薬に頼ったそう。 しかし、子育てに追われるなか、「あれっ、私たちってレス?」と、じわじわと焦り始めたのだそう。 もう女性ではなく母親としてしか見られないのだろうか…と自問自答する日々を送りました。 「家でもジャージじゃなくて、おしゃれをしたらいいのにと、夫から言われましたが、実際育児に追われてそれどころではなくて。 弓子さんにとっては、はっきりとした原因はわからず、だからこそ解消することもできず、宙ぶらりんの状態が続いていると言えます。 「浮気を考えたことは?」という問いには、「レスになってから、よその男性に走る女性の気持ちも、正直理解できます。 私も夫に女性として見られていないかもしれないという不安を感じている今、もし男性に誘われたら、うれしくて流されてしまうかもと思わないでもありません。 でも、子どものことを考えたら、裏切るマネはできません」と即答。 「ただ一方で、自分もとうに夫を男性として見られないけど、でも、もし今夫から誘われたら…たぶん応じると思います」という弓子さんの言葉が印象的でした。 さゆりさん(仮名・40代後半)の場合:「もともと性欲が弱い夫が、仕事のストレスからレスに」 「もしできるなら、子どもを連れて自分の力で生きていきたい」と、気持ちを吐露してくれたさゆりさん。 アラフィフのさゆりさんは、同年代の夫と小学生の子どもと3人家族。 結婚前から夫は、「意欲的ではなかった」のだそう。 「自分もそれほど積極的ではありませんでしたが、子どもをつくろうとなったとき、事態の深刻さを実感しました。 いざ行為となっても、彼の機能が働かなかったのです。 正直、泣きました」というさゆりさん。 「田舎のせいか、『子どもはまだ?』攻撃がすごくて。 そもそも夫ができないのに、私ばかりを責められても…という気持ちが募りました」。 なんとか子どもを授かったものの、そのとき受けた心の傷はふさがっていません。 また、夫は結婚当初から仕事がうまくいっておらず、そのせいで過度のストレスを抱えていたことも、レスを加速させた原因のひとつ。 「正直、生活が大変すぎて、お互いいかに生きていくかで精一杯でした」と、さゆりさんは夫婦関係を振り返ります。 そして、夫が失業からやっと転職したばかりの現在も、その状況は変わっていないのだそう。 さゆりさんのケースは、夫の性欲の弱さに加えて、環境や生活のストレスによってさゆりさん自身も望まなくなり、レスに突入したような印象を受けます。 「夫に愛情はあるか?」という問いには、「愛情とか行為は、生活にゆとりがないと向き合えないものですね。 若いうちはなんとかなるかもしれませんが、家庭なら生活と子育てをきちんとするのが第一。 「寒い日に夫と2人でふとんに入っていても、寒いから寄り添っているだけで、まったく夫からは性的なアクションはありません」とさゆりさん。 「夫の生活力のなさを、しみじみ実感した結婚生活でした」。 今回のアンケートでは、回答者から「年齢を重ねていくと、自然と夫婦生活も少なくなっていくのでは」という声も多く聞かれました。 ただし、そのタイミングが夫婦で違うとふたりの関係にもきしみが出るのではないでしょうか。 営みどころかスキンシップもなくなったとき、愛情を保ったままでいられる夫婦はいるのでしょうか。 いろいろと考えさせられる取材でした。 <取材・文/松崎祐子>.

次の

セックスレスと精神的な病気について

セックスレス 病気

1、セックスレスを理由に離婚を考えてし まう原因 夫婦がセックスレスで離婚を考えてしまう原因はどこにあるのでしょうか。 中には「たかがセックス」と感じる人もいるでしょう。 しかし、セックスは夫婦の愛を確かめ合うための手段であるとともに、子どもを作るための手段でもあります。 どちらか一方が子どもを望んでいるにもかかわらず、相手がセックスを拒否しているケースでは離婚を考えてしまってもおかしくはありません。 そして 愛を確認する手段ですから、セックスレスで相手の愛を感じない場合には離婚を考えてしまうのです。 「自分は不要なのかもしれない」と思い詰めることもあるでしょう。 また、セックスを拒絶された側は、もしかしたら他に性交渉をする相手がいるのかもしれないと疑う心が湧き上がってきます。 その不安と猜疑心から夫婦仲がギクシャクしてしまうケースもあるでしょう。 そこから離婚を意識していくのです。 2、セックスレスを理由に離婚はできるのか そもそもセックスレスを理由に離婚はできるのかが知りたいところ。 ここで、法的に離婚できる理由を見ていきましょう。 民法770条によると法定離婚事由とは、下記の5つのことを指しています。 法律ではセックスレスを離婚事由の一つには定めてはいないのです。 配偶者に不貞な行為があったとき• 配偶者から悪意で遺棄されたとき• 配偶者の生死が3年以上明らかではないとき• 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき• その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき (1)離婚できるケース 離婚できるケースとは、 セックスレスが原因で拒否された方が不貞行為を行った場合や、 不貞行為が理由でセックスを拒否していた場合です。 このケースでは相手が拒んでも離婚できる可能性が高いといえるでしょう。 セックスレスが原因で、婚姻を継続しがたい重大な事由がある場合なども離婚できる可能性はあります。 例えば、 セックスレスが原因で長期間の別居状態になったケースや、 セックスを拒絶したことで相手が暴力を振るうケースなどです。 この場合にも離婚できる可能性があるでしょう。 また、お互いに時間や体力的にセックスできる状態にもかかわらず、理由もなく一方が拒絶しているケースでは離婚が成立する可能性があります。 しかし、このケースでは、セックスレスの証明などが必要になるため、必ずしも離婚できるとは言い切れません。 あくまでも認められやすくなるという程度です。 その他、お互いに離婚に合意していた場合には、セックスレスでの離婚は成立します。 (2)離婚できないケース セックスレスが離婚の原因になりえないケースとは、お互いに加齢により自然にセックスがなくなったケースや、お互いに性交渉を望んでいない場合のことです。 また、どちらか一方が病気などでセックスが困難な状況などではセックスレスを理由に離婚はできないと考えてください。 もしも裁判に発展しても、離婚は認められないという意味です。 3、実はセックス レスを理由に慰 謝料請求もで きる!? 実はセックスレスを理由に慰謝料を請求することが可能です。 慰謝料は損害を被ったケースで発生するもの。 例えば、セックスレスが原因で子どもを作る機会を逸したケースや、拒絶されることによる精神的な苦痛を味わったなどの場合には、慰謝料を請求できることになるのです。 通常は、離婚の手続きに合わせて請求するため、それを前提として説明します。 (1)獲得できる慰謝料の相場 獲得できる慰謝料の相場が概ね数十万円~100万円程度と考えてください。 ただし、セックスレスで獲得できる慰謝料はケースバイケースです。 そのため、10万円程度の場合もあるでしょう。 (2)獲得方法 慰謝料の獲得方法を見ていきましょう。 調停や裁判では、セックスレスの証明ができなければ獲得は難しいと考えてください。 獲得方法は下記4ステップです。 話し合いの際に請求• 内容証明郵便等で請求• 調停で請求• デリケートな話題なので、直接話をするのも苦痛になるかもしれません。 証拠を残すためにもLINEやメール手紙などのやり取りで話し合いを行うこともできます。 これによって、内容を郵便局が証明してくれますので、証拠になります。 また、郵便局に証拠が残った状態での書面での請求なので、精神的なプレッシャーをかける効果も得られるでしょう。 調停まで発展した場合には、セックスレスの証明が必要になるかもしれません。 事前に準備できるものは用意しておきましょう。 調停同様にセックスレスの証明が必要ですし、証言も必要でしょう。 証明できて、裁判官が証拠を認めれば、慰謝料の獲得に至ります。 詳しくは詳細記事で解説していますのでご覧ください。 関連記事 4、夫婦のセックスレスを 証明するため に必要 なもの では、調停や裁判に発展した場合に夫婦のセックスレスを証明するために必要なものを見ていきましょう。 デリケートな証明なので、証拠を揃えるのは難しいかもしれません。 だからこそ証拠が大きな決め手になります。 (1)メールや録音などの実際に拒絶された証拠 実際に拒絶されたことがわかる文書や録音は確かな証拠になります。 例えば、メールなどで、「今夜はセックスしよう」と送られて「疲れているので無理です」などと返事されている内容です。 「もう半年以上、セックスレスだよ」などと期間がわかればなおいいかもしれません。 (2)セックスレスが精神的な苦痛になったと分かる日記 セックスレスによる精神的な苦痛を綴った日記も証拠にできます。 もしもあるなら証拠に使ってください。 ないなら、離婚を意識し始めた頃からでも書き留めれば証拠として使えるかもしれません。 (3)夫婦の生活時間帯が分かる表など 実際に時間のすれ違いや病気などがなかったことを証明できるような夫婦の生活時間が分かる表なども有効です。 起床時間、就寝時間、一緒に寝ていたなどの記録があれば証拠として保持しておきましょう。 セックスした日と拒絶した日がわかれば記載を忘れないでください。 5、離婚成立までの流れ では、具体的にセックスレスから離婚を行うまでの流れを見ていきましょう。 (1)まずは話し合い まずは話し合いです。 協議離婚では、理由はどうあれ離婚に合意さえ取れれば離婚ができます。 セックスレスの証明などが苦痛だと感じるならできるだけ話し合いで決着できた方がいいでしょう。 (2)調停 もしも話し合いでは決着がつかない場合には、調停で話し合うことになります。 離婚調停では、裁判官と調停委員が仲介をして話し合いを進めていきます。 しかし、セックスレスというプライベートな話題に仲介者を挟むのはむしろ苦痛かもしれません。 その場合には、弁護士を立てることで、代理で話し合いを有利に進めてもらえます。 (3)裁判 調停が不成立になった場合には、裁判へと発展します。 裁判では、双方の言い分から裁判官が離婚できるかの判決を下します。 話題が話題ですので、証拠の提出や証言も苦痛な可能性があるでしょう。 裁判では離婚問題に詳しい弁護士を立てることで、精神的な苦痛が緩和されることでしょう。 6、できる なら夫婦関 係を修復したい!セックス レス問題を解決するに は セックスレスで離婚に至るのは残念なことです。 できるなら夫婦関係を良好に戻して、離婚を回避していきましょう。 (1)セックスレスが辛いのはなぜ? 「1」でもお伝えしましたが、セックスレスが辛いのは、妊娠に関する理由もありますが、大きくは「愛されてないのではないか」と感じるからと言えるでしょう。 そのため、 まずは相手の愛情を確認することが大切です。 セックス以外で愛情は感じますか? もし感じているのであれば、話し合いましょう。 セックスレスを夫婦の話題に出すこと自体ためらっているならば、まずは話し合わなければ始まりません。 きっと、 相手には理由があるはずです。 例えば、夫婦のどちらかが過去に不貞行為を行った、不妊の末のセックスレスなど。 その理由をともに乗り越えようとするあなたからの愛情も必要であることは忘れないでください。 セックスレス問題で大事なことはパートナーの心を理解し合うことなのです。 (2)セックスは大変であるという相手の考えを変える セックスレスになる原因の1つに、一方が「セックスは大変だ」という考えがあると言えます。 実は痛い、疲れるなど、相手がどのように感じているかを知ることができれば、問題解決の糸口になるかもしれません。 ただ、 相手も思いやるあまり言えないからこそ、問題が深まってしまっています。 セックスレスが辛いと感じるならば、まずは精神的に相手に寄り添い、相手の心を柔軟にすることが大切です。 (3)セックス以外で愛を確かめ合う 女性の場合には、セックス自体が苦痛な場合もあるでしょう。 コンディションが整わない限りはできないケースもあります。 そんな場合には、キスや抱き合うだけでもお互いの愛を感じられるかもしれません。 セックスが全てだとは考えずに、他のスキンシップで代用するのも一つの手段です。 セックスレスを原因に離婚をしたい側も少しのスキンシップがあれば、考えを改めるのではないでしょうか。 心のどこかで夫婦関係の修復を図りたいと考えている方は、参考にしてできるだけ早い段階で解決していきましょう。 関連記事 7、自分だけでは問題を解決できない…そう思ったときは それでも、セックスレスで離婚をしたいと感じる方や、セックスレスからの離婚を回避したい方は、一人で悩まずに、信頼できる相談先に相談してみてください。 (1)夫婦でカウンセリングを受ける もしも夫婦のみで話し合いが進まなければ、夫婦でセックスレスのカウンセリングを受けることで、問題を解決できるかもしれません。 専門のカウンセラーが親身になって相談に乗ってくれます。 デリケートな問題なので、夫婦で出向くのは難しいかもしれません。 そんな場合には、スカイプなどを使ったカウンセリングを行うクリニックも存在します。 その他身体的な悩みの相談もできますので、一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。 法的な観点から具体的な解決策をアドバイスしてくれます。 離婚したい方だけでなく、夫婦関係の回復に向けた対応方法もサポートしてくれるところもありますから安心です。 (2)弁護士に相談する セックスレスが発端であったとしても、様々なことの積み重ねでもう離婚しかないと考えることもあるでしょう。 セックスレスの立証、上手に協議離婚を進める方法、慰謝料の交渉などのアドバイス、その他どのように離婚をしていくか、具体的に弁護士がともに考えます。 無料相談を受け付ける事務所も増えていますので、お気軽に相談してみてください。 関連記事 カテゴリー• 101• 153• 190• 129• 118• 135• 361•

次の