北杜 高校 自殺。 鹿児島県立武岡台高1男子自殺

2015年01月::北杜高校ブログ

北杜 高校 自殺

この記事を読んでどう思いますか? 山梨・北杜:中1いじめ半年「放置」 「重大事態」認めず 山梨県北杜市で昨年11月、自殺を図った市立中1年(当時)の女子生徒(14)がいじめの被害を訴えたにもかかわらず、学校側はいじめによる「重大事態」と認めていなかったことが判明した。 国のガイドラインは重大事態の疑いが生じた段階で速やかな調査を義務付けているが、学校側は遅くとも同年12月にいじめの疑いを把握しながら、第三者委員会は約半年後の今年7月まで設置されなかった。 【野呂賢治】 女子生徒が自殺未遂 毎日新聞が入手した市教委作成の内部文書によると、女子生徒は昨年9月時点で「死にたい」などと生徒指導の担当教諭に訴え、11月下旬に自宅で手首を切って自殺を図った。 学校が12月中旬に行った学期末に行うアンケートで、女子生徒は「9月から無視、仲間外れにされている。 冷やかし、からかい、悪口、脅し文句を言われる」と回答。 担任ら複数の教職員に相談したものの、「(状況は)変わらない」と書き込んだ。 今年1月に女子生徒は、複数のクラスメートからボールをぶつけられる嫌がらせを受け、不登校になった。 家族が学校に状況を訴えたが、学校は「『無視される』などの様子は目撃することはできなかった」などとする内部資料を作成した。 女子生徒は東京電力福島第1原発事故後、福島県から北杜市に避難。 家族によると「震災やいじめの経験などが原因の適応障害で自殺の恐れがある」との診断を受け、3月から約3カ月間入院した。 現在は別の特別支援学校に通っている。 今年5月になって、女子生徒の家族が第三者委による調査を要望したことを受け、市教委は7月に設置。 市教委は昨年度、今回のケースを重大事態と県教委に報告していないため、文部科学省が10月公表した問題行動・不登校調査の結果に含まれなかった。 これに対し、県教委は「重大事態に当たる」として、次回は国に報告する。 市教委は「いじめと自殺未遂は無関係と考え、現在も重大事態とは認定していない。 国の指針は、必要がある場合には第三者委を設置とあるが、絶対に(設置しなさい)とは言っていない。 やるべきことはやっていた」としている。 第三者委は10月末現在、開かれていない。 法の趣旨反する 2011年の大津いじめ自殺の調査に関わった渡部吉泰弁護士(兵庫県弁護士会)の話 (女子生徒がいじめを書面で訴えた)昨年12月時点で重大事態として扱うべきだった。 学校側の対応は、いじめの早期発見や被害軽減をうたった「いじめ防止対策推進法」の趣旨に反する。 寄り添った対応をしなかったため、被害拡大につながった可能性がある。 女子生徒に対する「いじめ」を巡る経緯 2011年3月 東日本大震災の原発事故を受け、避難生活へ ----------------------------- 13年8月 北杜市立小へ転入 14年 いじめ、嫌がらせが始まる 17年4月 北杜市立中に進学 11月 自宅で自殺を図る 12月 学校のアンケートで「9月からいじめられている」と回答 18年1月 複数の女子生徒からボールを当てられ、不登校になる 2月 「震災やいじめが原因」の適応障害と診断 3月 「自死の恐れがある」として入院 5月 母親が第三者委員会の調査を市教委に要望 6月 女子生徒が退院 7月 市教委が第三者委員会の設置を正式決定 【ことば】いじめによる重大事態 学校で起きたいじめによって(1)児童らの生命や心身、財産に重大な被害が生じた(2)児童らが相当期間、学校の欠席を余儀なくされた--疑いがある事態を指す。 2013年施行のいじめ防止対策推進法に盛り込まれた。 多くの場合、学校から重大事態発生の報告を受けた教育委員会の認定により、第三者委員会が設置される。 重大事態の例としては、リストカットなどの自傷行為や欠席が続いて転学(退学)した場合が挙げられる。 自分らに都合の悪い事が起きたら外部に漏れないように事実を隠蔽したり、もし漏れたとしても合理的な根拠なくいじめと自殺の因果関係を否定する。 他のいじめの事件でも初めはその因果関係を否定するけど、最終的に事実が詳らかに明らかになったりインターネット上で学校側が炎上したりすると学校関係者及び市教委は謝罪することになる。 表では「いじめをなくそう!」とか唄っておきながら、いざいじめが起きると等閑視したり、いじめの事実それ自体をなくそうとする。 もはやそのような学校は社会に必要ないし害でしかない。 SNS上でその学校名を公表して廃校するように、そのような学校を志望しないよう保護者とその子供に働きかけるのが得策。 北杜市は県外からの移住者も多い町だが子供だけでなく大人も昔から地元にいた人たちからはいじめや冷遇を受けていると聞きます。 実際に住民による訴訟などが起こっています。 この生徒さんも福島という「よそ」から来た人間ということで特にいじめの対象になりやすかったのでは?山梨はもともと閉鎖的な田舎で県外から来た人間に対しては「よそもの」意識が非常に強いところです。 加えて人口も少ない(県人口約80万人)ため行政や教育も「制度」よりも人間関係であいまいな対応になることも多いように見受けられます。 推測ですが、移住者の大人を「よそ者」として煙たがっていた北杜市の行政が同じ「よそ者」の子供と両親の訴えに対して不当な扱いをしていたとしたら恐ろしいことです。 ちなみに投稿者は山梨県出身者です。 この中学生が早く元気になって普通の学生生活を満喫できることを願っております。

次の

いじめ被害者を加害者の如く扱った北杜市

北杜 高校 自殺

愛知県小牧市の男性職員が自殺したのは、上司による「パワーハラスメント」が原因だったとして、遺族が26日、公務災害を申請したことがわかりました。 自殺した男性職員のカバンにあったとされるメモには劣悪な職場環境や威圧的な上司の態度などについて書かれていたとされています。 職員の残したメモがやばい。 どんなパワハラを受けていたのか!? 事件の内容をまとめました。 スポンサーリンク 報道内容 愛知県小牧市の男性職員が自殺したのは、上司による「パワーハラスメント」が原因だったとして、遺族が26日、公務災害を申請しました。 小牧市役所によりますと、市の男性職員 当時30歳 は7月に自殺し、遺族から、上司による「パワーハラスメント」が原因だったとの申し出があったということです。 遺族は、地方公務員災害補償基金に対して26日、公務災害の申請書を提出しました。 小牧市は今後、第三者委員会を設置して調査を継続する方針です。 山下史守朗市長は「原因究明と再発防止に努めてまいります」とコメントしています。 引用: 小牧市役所の場所は?? 男性職員は生前に職場について記したメモを残していたとされています。 職場の環境にかなり気持ちが滅入ってしまっていたのでしょう。 また自殺の前日には人格や尊厳を冒される叱責を受けたとされています。 これにより何か耐えていたものが切れてしまったのかもしれませんね。 職場を変える、退職するなどといった方法もあったと思いますが、それすらも言い出せない状況だったのかもしれません。 非常に残念です。。。 ネットの声 地元の役所だけに許せない。 上司は責任を取るべきだし、市長・議会は再発防止に勤めるべきだ。 山下市長になってこんなに、酷くなったとは。 図書館等の事業の反対運動は報じずに、市長のこうほうばかりだし。 小牧市役所の不具合続編。 友達の夫が市職員というA子さん。 今の市長にかわってからめちゃ大変になったと。 心を病む人が続出。 自殺者もあったらしい。 不適切な人事のせいだ まとめ・感想 退職ではなく死を選択したという環境はかなり劣悪だと思います。 もちろん人それぞれ考え方などもあると思いますが、他にも同じように悩んでいる人もいたのではないでしょうか?? 最近ではパワハラ問題がとても多いですね。 おそらく時代が変わってかつては許されていたものも今では許されなくなっていることも多いと思います。 もちろんいうの時代でも人とのコミュニケーションは大事ですから、上の立場の方達は今一度部下への態度を見直していくべきなのかなと思います。 亡くなられた職員の方のご冥福をお祈り申し上げます。 スポンサーリンク.

次の

小牧市職員の自殺メモがやばすぎる!!原因はパワハラで遺族が公務災害申請に

北杜 高校 自殺

山梨県北杜市で昨年11月、自殺を図った市立当時中学1年生の女子生徒(14)がいじめの被害を訴えたにもかかわらず、学校側はいじめによる「重大事態」と認めていなかったことが判明しました。 この学生が通っていた中学校は!? 学校側の対応に問題ありだったのか?? ニュースをまとめました。 スポンサーリンク 事件概要 山梨県北杜市で昨年11月、自殺を図った市立中1年(当時)の女子生徒(14)がいじめの被害を訴えたにもかかわらず、学校側はいじめによる「重大事態」と認めていなかったことが判明した。 国のガイドラインは重大事態の疑いが生じた段階で速やかな調査を義務付けているが、学校側は遅くとも同年12月にいじめの疑いを把握しながら、第三者委員会は約半年後の今年7月まで設置されなかった。 毎日新聞が入手した市教委作成の内部文書によると、女子生徒は昨年9月時点で「死にたい」などと生徒指導の担当教諭に訴え、11月下旬に自宅で手首を切って自殺を図った。 学校が12月中旬に行った学期末に行うアンケートで、女子生徒は「9月から無視、仲間外れにされている。 冷やかし、からかい、悪口、脅し文句を言われる」と回答。 担任ら複数の教職員に相談したものの、「(状況は)変わらない」と書き込んだ。 今年1月に女子生徒は、複数のクラスメートからボールをぶつけられる嫌がらせを受け、不登校になった。 家族が学校に状況を訴えたが、学校は「『無視される』などの様子は目撃することはできなかった」などとする内部資料を作成した。 女子生徒は東京電力福島第1原発事故後、福島県から北杜市に避難。 家族によると「震災やいじめの経験などが原因の適応障害で自殺の恐れがある」との診断を受け、3月から約3カ月間入院した。 現在は別の特別支援学校に通っている。 今年5月になって、女子生徒の家族が第三者委による調査を要望したことを受け、市教委は7月に設置。 市教委は昨年度、今回のケースを重大事態と県教委に報告していないため、文部科学省が10月公表した問題行動・不登校調査の結果に含まれなかった。 これに対し、県教委は「重大事態に当たる」として、次回は国に報告する。 市教委は「いじめと自殺未遂は無関係と考え、現在も重大事態とは認定していない。 国の指針は、必要がある場合には第三者委を設置とあるが、絶対に(設置しなさい)とは言っていない。 やるべきことはやっていた」としている。 第三者委は10月末現在、開かれていない。 学校側の対応は、いじめの早期発見や被害軽減をうたった「いじめ防止対策推進法」の趣旨に反する。 寄り添った対応をしなかったため、被害拡大につながった可能性がある。 【ことば】いじめによる重大事態 学校で起きたいじめによって(1)児童らの生命や心身、財産に重大な被害が生じた(2)児童らが相当期間、学校の欠席を余儀なくされた--疑いがある事態を指す。 2013年施行のいじめ防止対策推進法に盛り込まれた。 多くの場合、学校から重大事態発生の報告を受けた教育委員会の認定により、第三者委員会が設置される。 重大事態の例としては、リストカットなどの自傷行為や欠席が続いて転学(退学)した場合が挙げられる。 引用: いじめが来ていた北杜市立中学校とは?? いじめが起きていたのは山梨県北杜市内の私立中学校だとされています。 山梨県北杜市の私立中学校は以下の通りです。 現在学校名は特定されておらず、現在調査中ですのでわかり次第こちらに追記して行きます。 現在は他の特別支援学校に通っているということです。 ちなみに特別支援学校は 「視覚障害者、聴覚障害者、知的障害者、肢体不自由者、または病弱者(身体虚弱者を含む)に対して、幼稚園、小学校、中学校または高等学校に準ずる教育を施すとともに、障害による学習上または生活上の困難を克服し自立を図るために必要な知識技能を授けることを目的としている」 とするため今回のいじめの事件がきっかけとなり特別支援学校に入らなければいけないほど精神を病んでしまっている状態の可能性もあります。 これを重大事態としないとなると本当に死亡者が出た時のみ重大事態となるのでしょうか・・・?? スポンサーリンク 学校側の対応がやばい!? 学校側の対応と自殺未遂を犯した少女の状況を時系列でまとめてみました。 2017年9月 生活指導担当の先生に 「死にたい」などと訴える 2017年10月 「学級の雰囲気が許せない。 その場にいなくなった友達や先生の悪口を言っている生徒がいる」と担任教諭に報告 2017年11月 少女が自殺未遂 2017年12月 学校側のアンケートに少女がいじめを訴える内容を記載 「9月から無視、仲間外れにされている。 学校側の言い分としては いじめと自殺未遂は無関係と考え、現在も重大事態とは認定していない。 国の指針は、必要がある場合には第三者委を設置とあるが、絶対に(設置しなさい)とは言っていない。 やるべきことはやっていた と発言しているようですが、少女自体がいじめがあったと言っているのに因果関係が見つけられないとなってしまうのでしょうか?? ちょっとよくわかりません。。。 まとめ・感想 本当に現在は学生や若い方達の自殺が後を絶ちません。 1人でも多くの命を救うために学校には特に寄り添って欲しいところですがこの対応では本当にがっかりですね。。。 少女の親御さんも安心できないので転校になったのではないでしょうか。 真相をしっかりと究明して欲しいと思います。

次の