タモリ 右目。 笑いの裏には壮絶な人生が。タモリさんの感動エピソードに号泣必至

タモリ

タモリ 右目

画像引用元: タモリさんは1945年8月22日生まれの74歳です。 本名は「森田一義」と言います。 本名である「一義」という名前は、 祖父が尊敬していた政治家の「田中義一」さんから名前をもらおうとしたようです。 しかし、全体的に見て上下の画数の差が大きくなり 「頭でっかちな子供になる」ということから上下を反対にして「一義」に決まったと言われています。 タモリさんは幼少期に幼稚園に見学に行ったところ、 同い年くらいの小さな子供がお遊戯をしていて「自分にはできない」と思ったらしく入園を拒否した逸話が。 昔から人とは少し違った価値観を持っているタモリさんですが、やはり トレードマークはサングラスではないでしょうか。 しかし、このサングラスについて色々な噂が飛び交っているようです。 そこで今回はタモリさんがサングラスをしている本当の理由を探ってみました。 コンテンツ• タモリは目をケガして失明しているって本当? 画像引用元: タモリさんはもう長年サングラスをしています。 その理由に 失明をしているのではないかという噂もあるようです。 その痛々しいエピソードをみていきましょう。 衝撃の痛いエピソード!!小学4年生の下校時に針金が右目に刺さり失明していた?! 画像引用元: タモリさんの失明したという噂は本当だったようです。 小学4年生のとき、遠足で友達とはしゃいでいたところ、 目の前にあった電柱のワイヤに気づかずに針金の結び目に右目が突き刺さってしまいました。 遠足は中止になり病院に運ばれ、2ヶ月間治療しましたが視力が失われてしまったのです。 まだ幼い頃だったので、 登校拒否気味になり、塞ぎ込んでしまった時期もあったと言います。 しかし、学校を休んで人間観察をしているうちに人に興味を持ち始め、人を楽しませたいという気持ちが芽生えたようです。 そうして、小学校は無事卒業をしましたが、そこで漫才を披露したという伝説を残しました。 やはりそこで終わらずに這い上がろうとした人は強いですね。 ちなみに、台風で切れた電線をのぞきこんでいたときに、電線が目に刺さってしまったという説もあるようです。 なんとなく後者の方がタモリさんぽい気がします。 タモリは目のケガを克服しトランペット奏者に?!その腕前は?? 画像引用元: タモリさんは、高校時代に剣道部と吹奏楽部に入学しています。 そして、 吹奏楽部ではトランペットとなぜか司会も担当していたようです。 ここから タモリさんの大きく人生が変わりました。 「お前のペットは笑っている!」と指摘されトランペット奏者から司会者へ転身! 画像引用元: タモリさんは早稲田大学の後輩の家でジャズを聴き、それまで魅力を感じなかったジャズの世界にハマってしまいます。 そして、早稲田大学にジャズサークルがあると知って 「モダン・ジャズ研究会」に入部するのです。 そこでトランペットを担当しますが先輩から 「マイルス・デイビスのトランペットは泣いているが、お前のトランペットは笑っている。 」と言われてしまいます。 そうして、 タモリさんのおしゃべりが巧みだったことから、ジャズバンドの司会者に転向させられたようです。 ちなみにマイルス・デイビスがその後「マイルス・スマイル」という曲を発表し、先輩と「やっぱりマイルスもわらってたな」というオチもありました。 ここからタモリさんの司会が誕生したのですね。 タモリはいつからサングラスをしているの?外さない理由がエグイ! 画像引用元: タモリさんはずっとサングラスをしているというイメージがありますが、 さすがに幼少期の頃からつけていたわけではないでしょう。 タモリさんがいつからつけ始めたのか、また気になるサングラスの値段やブランドを調べてみました。 タモリのサングラスはどこのブランド?!値段はいくら?? 画像引用元: タモリさんは レイバン(Ray-Ban)のサングラスを着用していたと思われます。 おそらく90年以前にかけていた眼鏡です。 Aviatorというモデルで細いフレームが特徴。 画像引用元: そして現在のかけていると思われるレイバンです。 昔よりもシンプルでスタイリッシュな感じがしますね。 レイバンのRB4184という形です。 色々な種類がありますが、 どれも1万円を超えるものでした。 画像引用元: やはりブランドものは高価ですが、 タモリさんクラスだともう少し高いものを身につけている印象がありますね。 特注だとしたらもう少し値段も張りそうですが。 タモリのサングラスの歴史を遡ると様々な芸歴の時代や顔画像があった! 画像引用元: タモリさん=サングラスと定着しましたが、 定着させるまでは色々な工夫をして世間に印象を与えようとしてきたようです。 しかし、 面白いのに顔に特徴がないからと言って、サングラスをつけさせたと言われています。 下の画像はサングラスをしていないタモリさんですが、確かに誰かわからないですよね。 スタッフの一言がなければ今のタモリさんが生まれなかったかもしれませんね。 右目を失明しているので、眼帯をしてインパクトをつけようとしたのでしょうか。 この頃はきっと黒髭危機一髪が流行っていたと思うので、真似をしたのかもしれませんね。 ちなみに眼帯は赤と白の紅白のものもありました。 流石に不評だったのではないでしょうか。 眼帯している期間は短かったようですね。 堺正章さんは放送作家から「面白い芸人がいるからネタを見てくれ」と頼まれてタモリさんを紹介されたそうです。 しかし、タモリさんの十八番ネタの物真似を披露しましたが「こんなのはいくらでもいる」と冷たい一言を放ったといいます。 さらに、サングラスをかけていたタモリさんに対して 「先輩の前で芸をする時くらいサングラスを取れ!」叱責。 タモリさんは「自分主義なので」といい、サングラスを頑なに外しませんでした。 その後タモリさんは大ブレークを果たし、 堺正章さんはタモリさんと呼ぶようになったと話し、会場を沸かせていました。 堺正章さんもいいネタを持っていますね。 タモリの右目は義眼という噂は本当?!番組を休むほどのトラブルがあった?? 画像引用元: ちなみにタモリさんには義眼疑惑がありますが、先ほどのサングラスを外したスッピンを見る限りではデマのような気もします。 このような噂は、タモリさんは笑っていいともを休んだことからさらにヒートアップしたようです。 2001年11月にタモリさんが大好きなゴルフ中に、ボールが右目上部に当たってしまいました。 そして、 右目が腫れあがったといいます。 結果的には全治4日間の打撲と診断され番組を休養せざるをえなかったのです。 なんだか右目が災難ばかり合うのは何故でしょうか。 不思議ですね。 タモリは白内障の手術をしていた?!白内障とはどんな病気? 画像引用元: 2009年7月に「笑っていいとも!」を1週間休養し白内障の治療を受けました。 2009年なので、タモリさんが65歳くらいでしょうか。 白内障といえば、眼の中にあるレンズの役割をしている水晶体が濁ってしまう病気です。 そのため、白いもやがかかって見えます。 年齢を重ねるにつれて発生することが多く、 早ければ40歳から発症することもあるようです。 そして、80歳を超えるとほとんどの人が白内障にかかると言われています。 今は医療も発達していて、日帰りで白内障手術も行えます。 しかし、タモリさんの場合は右目が失明しているので、特殊なケースだったのでしょうか。 遅かれ早かれ白内障は誰にでも起こると考えておいた方が良いでしょう。 まとめ 画像引用元: タモリさんのプライベートはサングラスと共に謎に包まれていますよね。 「笑っていいとも!」が終了してからは、充実した生活を送っているように思えます。 ずっと 魅力的なのはまだまだ多くの引き出しを持っていて、人々を楽しませてくれるからでしょう。 現在は仕事を選びながらマイペースに活動しているようです。 70歳という大台を越えても元気だということは、常に色々なことに対して興味津々だからではないでしょうか。

次の

タモリ

タモリ 右目

タレント・ 堺正章が15日、日本テレビ系で放送された「ダウンタウンDX」に出演。 デビュー前のタモリに説教をしていたことを告白した。 1975年に博多から上京したタモリ。 堺は放送作家から「面白い芸をするヤツがいるから。 (ネタを)見てよ」と言われて、タモリと初対面。 ものまねネタを見たという。 堺はタモリの芸に全くピンとこず、「九州帰った方がいいんじゃないか」と本気でダメ出し。 しかし、 タモリは「ぼくはこれが主義なんで」と言い返し、『生意気なヤツだな、このヤロー。 こんなヤツが売れるならオレが芸能界やめてやる』と思ったというが、その後はだれもが知るサクセスストーリー。 がんがん売れっ子になっていくタモリを見て、「途中からぼく、タモリさん、と呼ぶようになったもん」と冗談めかして話していた。 72 ID:6BFoJ2gE0. nicovideo. gungho. yahoo. 楽しいサイトをより多くの人に楽しんでもらうために作成されたのであり、アクセスアップを目的としたものではありません。 wwwwwwwwwww.

次の

タモリが素顔を見せない理由が色々とヤバイ!なぜいつもサングラスなのか?

タモリ 右目

この記事の所要時間: 約 7分 17秒 今回は タモリさんについて。 ご存知の方も多いかと思いますが、常に黒いサングラスをしているタモリさんの目は失明していて義眼なんだそうです。 そこで、義眼になった経緯が個人的に気になったので、調査した上でその詳細をまとめてみました。 また、タモリさんは 「反省しない」「友達はいらない」など、普通からしたら外れた名言を残されているんですが、その真意についても適当に考えてみました。 Sponsored Link タモリの目が義眼になった経緯 そもそもの話、 「なぜタモリさんは常にサングラスをかけているのか?」 について私自身が知らなかったので、まずそこから見てみます。 タモリさんがサングラスをかける理由について調べてみると、現時点ではWikipediaに 目が細いことがコンプレックスになっているため といった記述がありますが……流石にコンプレックスだけが理由でデビュー当時からサングラスをしていたわけではないと思います。 実のところ、最初はタモリさんは 「眼帯」からスタートしているんですね。 デビュー当時がどんな感じだったかは分かりませんが、いかにも若そうなタモリさんの画像が見つかったので参考までにご覧ください。 言われてみると、確かに目が細いですね! 眼帯のインパクトと相まって、初見の人にはかなり威圧感を与える外見になっていた可能性もありそうです。 なので、目がコンプレックスになっている理由は 「他人に怖がられるから」とかだったりしたのかもしれません。 流石にその辺りの真相は分かりませんが……。 さて、サングラスをかけたお馴染みのタモリさんがこちらの画像になりますが、敢えて「タレ目(?)」っぽい雰囲気を醸し出すサングラスを選んだ理由もその辺りにあったのかも。 (コメディアンとしてはそちらの方が好印象でしょうしね) タモリの義眼について 次に「タモリさんの目が義眼なのか?」について調べたところ、 明確に「義眼である」とする根拠は発見できませんでした。 その為あくまでも推測レベルになりますが、の目が「普通の目」に見える事が、「恐らく義眼だろう」と言われている根拠になっているのだと思います。 タモリさんがサングラスをかけた理由の1つとして 「視聴者から義眼が気持ち悪いというクレームが入った」という説もありますので、そう考えると実際に義眼であると考えた方が妥当かもしれませんね。 「普通の目=義眼」である理由 次に「普通の目に見える=義眼じゃないか」と言われる理由について見ていきましょう。 実は、タモリさんの右目は失明していると言われています。 失明の原因については、週刊誌「FLASH」によれば以下のように書かれています。 1945年8月22日、タモリは福岡の高級住宅地、石垣に囲まれた大邸宅で生まれた。 両親は小学生のころに離婚、叔父が父親代わりとなって育てた。 内気で一人遊びばかりしていたタモリ少年だったが、小学4年生の遠足でアクシデントに見舞われる。 級友と遊んでいたところ、電柱のワイヤが右目に突き刺さり、失明してしまう。 塞ぎ込んでしまう時期もあったが、やがて人を笑わせることに興味を持ち、小学校の卒業式では漫才を披露していたという。 更に細かく言えば、金属のワイヤ(針金)の結び目が刺さって、2ヶ月間休校して治療をしたものの、残念ながら視力が戻らなかったんだそうです。 これが事実だとすれば「失明した」というのが正しいですし、ワイヤが右目に刺さって失明したのであれば、恐らく義眼になったんだろう、というわけですね。 一部の情報では 「ワイヤは刺さったのは事実だが失明はしていない」とも言われています……が、失明していないのなら眼帯をする理由がありません多分デマじゃないでしょうか。 (ふと気になった事:そもそも義眼にするレベルの傷を目に負ったのであれば、視力回復の望みなんて最初から無いと思うんですが……そう考えれば、治療をしたのは事実で、別にその目的は視力回復ではなかった、という事かもしれませんね) 参考までに! Sponsored Link タモリさんの名言(迷言?)について さて、話題はガラッと変わって。 タモリさんの名言としてよく知られているものが 「反省しない」「友達はいらない」でしょう。 一般的な意見からすれば、これって反対のことを言ってますよね? 例えば小学校の先生だったら、悪い事をしたら「反省しなさい」、一人で遊んでたら「友だちと遊びなさい」なんて言われた経験がある人もいるんじゃないでしょうか。 という事で、タモリさんのこれらの名言の真意について調べてみました。 「反省しない」について タモリさんは過去に以下のような発言を残しています。 「反省はしない」「反省ばかりしてるとバカバカしくてこれから先、やっていけない」「過去を振り返らない」 「前を向いて歩いてたって、つまんないよ。 後ろを振り返ったほうが『あれが楽しかった』って楽しいよ。 」 うーむ、やはり世間一般からすれば当たり前と反対の事を言ってますね。 と、ここで「反省しない」だけを真に受けてしまうと、失敗の原因を考えずに同じ事を繰り返して失敗ばかりしてしまいます。 考えてみると重要なのは 「反省ばかりしてると~」のくだりでしょう。 人生には色々な出来事があり、気にしようと思ったら何でもかんでも反省したい事ばかりになってしまいます。 かといって全てを「反省」して改善をしようとしても、100%何もかも改善する事は現実的に考えて不可能だと思います。 なので重要なのは 「過去にウジウジこだわらず、未来を見据えて行動する」という事ではないでしょうか。 結果的に「100%反省しない」はどう考えても不可能ですが、「反省したって仕方がない」と思っていると完璧主義に陥る可能性を減らせますので、より良い人生を送れる……といった事を言っているのかもしれません。 ただ一方で、 「前を向いて歩いてたって、つまんないよ。 後ろを振り返ったほうが『あれが楽しかった』って楽しいよ。 」 ともタモリさんは話しています。 これは、巷にはびこる「何でもかんでもポジティブ思考」に警鐘を鳴らしているとも捉えられますね!!(こっちは適当です) 「友達はいらない」について さて、こちらについては、タモリさんの元の発言はこんな感じです。 「今はね、友達を作ろう作ろうって言い過ぎるよ。 友達なんかいなくていいんだよ」 で、こっちについてはハッキリと解説をしていて、 「『友達100人できるかな』とかいう歌が嫌いだ」というタモリは「何が誇りなんだ! 友達の数が多いと人生が豊かになるなんてとんでもない勘違いだ」と持論を展開。 タモリさんが嫌っている「友達の輪」は、向上心のある人の集まりではなく「居心地のいい馴れ合いの輪」の事ではないでしょうか? 特に向上心もなくなあなあで付き合っている人間関係に意味がない、というのは同意です。 逆に完全に1人になって誰とも付き合わずに何か大きな事を成そうとしても、最終的にはどこかで壁にぶち当たるとも思います。 「その輪以上のことはできない」というのは人間関係を固定した場合の弊害であって、「輪」以上の事を成し遂げたいのであればその「輪」から抜け出す有機を持つ事も重要だという事かもしれません。 ちなみに八方美人(誰にでも好かれようとする人)が嫌われるというのは周知の事実ですので、そういった意味でもタモリさんは「友達の数」だけをやたら重視するのを嫌っているんでしょうね。 どうせなら浅く広い付き合いをするんじゃなく、批判でも意見でもお互いにバンバン言い合えるような深い人間関係を築いていきたいものですね! というわけで以上、なんだか真面目な事を考えたら疲れたのでこの辺で終わりにしようと思います。 なお、私自身がこれらを実践できているか、というと……ノーコメントでお願いします(笑) それでは! タモリさんについてより詳しく知りたい場合はこちらの記事もどうぞ。 関連記事: それでは!.

次の