艦これ 潜水艦 レベリング。 潜水艦レベリング

【艦これ】レベリングを効率よく行えるマップ6選

艦これ 潜水艦 レベリング

運ステータスの近代化改修に便利なまるゆですが、改造レベルまで育てるのは地味に大変だったりします。 とりわけ戦闘能力が低いため先制雷撃の威力には期待できず、入渠時間が短いとはいえ毎回大破していては一気にレベリングするにはテンポが悪すぎます。 そんなまるゆを無傷で周回し続けられるレベリング方法をご紹介します。 羅針盤 マップは南方海域 5-2 珊瑚諸島沖海戦です。 このマップは1戦目が空襲戦となっており、潜水艦は航空戦でダメージを受けない仕様となっているため1戦撤退すれば無傷で周回することができます。 また、空襲戦はもともとこちらが一方的に攻撃されるマスのため勝利判定がこちらの被ダメージ量依存となっており、一切ダメージを受けない潜水艦だけで出撃すれば100%S勝利することができます。 敗北が付く心配はありません。 最初の分岐がランダムのためうずしおを踏む可能性はありますが、潜水艦はもともと資源保有量が少ないため失う資源も極小です。 編成例 おすすめ 潜水艦のみ1~6隻 育成艦の目安レベル:1~175 潜水艦だけで編成することで100%無傷で完全S勝利することができます。 ダメージを受けない仕様なので赤疲労だろうが何だろうが問題ありません。 まるゆ「何をしても…いいんですよ…」 1回の出撃で得られる経験値量は出現する敵パターンによって 504exp または 576exp のどちらか。 経験値量自体は多くないため時間効率はそれほどよくありませんが、消費資源が極小かつ赤疲労周回できるため便利です。

次の

【艦これ】5-2の空襲マスでやるレベリング

艦これ 潜水艦 レベリング

運ステータスの近代化改修に便利なまるゆですが、改造レベルまで育てるのは地味に大変だったりします。 とりわけ戦闘能力が低いため先制雷撃の威力には期待できず、入渠時間が短いとはいえ毎回大破していては一気にレベリングするにはテンポが悪すぎます。 そんなまるゆを無傷で周回し続けられるレベリング方法をご紹介します。 羅針盤 マップは南方海域 5-2 珊瑚諸島沖海戦です。 このマップは1戦目が空襲戦となっており、潜水艦は航空戦でダメージを受けない仕様となっているため1戦撤退すれば無傷で周回することができます。 また、空襲戦はもともとこちらが一方的に攻撃されるマスのため勝利判定がこちらの被ダメージ量依存となっており、一切ダメージを受けない潜水艦だけで出撃すれば100%S勝利することができます。 敗北が付く心配はありません。 最初の分岐がランダムのためうずしおを踏む可能性はありますが、潜水艦はもともと資源保有量が少ないため失う資源も極小です。 編成例 おすすめ 潜水艦のみ1~6隻 育成艦の目安レベル:1~175 潜水艦だけで編成することで100%無傷で完全S勝利することができます。 ダメージを受けない仕様なので赤疲労だろうが何だろうが問題ありません。 まるゆ「何をしても…いいんですよ…」 1回の出撃で得られる経験値量は出現する敵パターンによって 504exp または 576exp のどちらか。 経験値量自体は多くないため時間効率はそれほどよくありませんが、消費資源が極小かつ赤疲労周回できるため便利です。

次の

【第二期対応】 4

艦これ 潜水艦 レベリング

最近話題の5-3-Pマスレベリングと比べて経験値では劣りますが、バケツと資材 編成による と柔軟性がある5-2レベリングの紹介です。 非常に簡単なので5-2を解放している方にはお勧めできると思います。 マップ ターゲットはCマスです。 編成・装備 編成はとにかく何でもOK。 向いているのは潜水艦、空母系、航巡です。 Cマスは空襲戦マスなので潜水艦はダメージを食らいません。 上記編成はちょうど蒼龍の牧場をやっているところで、空母・航巡系は奮進砲改二を装備してダメージを食らわないようにしています。 うちには奮進砲改二が3つしかありませんので、潜水艦以外の枠を3つとして空母と航巡を配置しています。 ノーダメージなら完全勝利となり、編成によって異なりますが、旗艦には576 または504 の経験値が入ります。 提督経験値は170 または168 入ります。 旗艦以外の艦は192の経験値が入ります。 Cマスでは輪形陣推奨です。 戦闘終了後は撤退します。 1戦しかしないので疲労度はあっという間に溜まりますが、航空戦は疲労度の影響がないとされているのでそのまま連続して周回することが可能です。 空母・航巡については奮進砲以外に回避値が上がるレーダーを装備させ、事故の確率を減らすと同時にAマスの渦潮を踏んだときの資源消費を最小限にとどめます。 また空母や航巡でなくとも対空CIを持つ艦娘なら上記編成に組み込むことも可能だと思います。 秋月型はイベントや任務でよく使うので勝手にレベルが上がっていきますが、摩耶改二や武蔵改二などのCI艦、駆逐艦の改二で対空値が高い艦などは向いているかと思います。 この辺りは資材とバケツの消費量と相談することになります。 なお、出撃から帰還までどのくらい時間がかかるのか計測したところ10回計測して平均が58秒でした。 今回の計測では5回渦潮を踏んだため1周辺り1分10秒ほどかかりましたが、10周するのに10分であるなら時給換算の獲得経験値 旗艦 は32,000程度を見込めますので、場合によっては5-3-Pマスよりも効率が良いといえるでしょう 5-3-Pレベリングは全2戦ですが、羅針盤のクリックや先頭のないマスを経由するなど、余分な時間を消費する。 このレベリングでは羅針盤のクリックは1回、編成選択のクリックも1回のみと、操作もほとんど無いのが特徴です。 消費資材など 編成にもよりますが、消費資材は上記のようになっています。 渦潮を踏んだ場合は燃料の消費が少し増えます。 基本的には空母や航巡のレベリングですが、艦載機を排除しているのでボーキの消費はありません。 バケツもほとんど使用しないため時間があって資材備蓄中のレベリングとしては良いのではないでしょうか?.

次の