長井市 結婚式場。 【葬儀の専門家が監修】 山形県長井市の葬儀社・式場・火葬場/葬祭費の受給方法

日本一長い人工海浜にレストラン+結婚式場、千葉市|新・公民連携最前線|PPPまちづくり

長井市 結婚式場

山形県長井市から絞り込み• 芦沢 0• 五十川 0• 泉 0• 今泉 0• 歌丸 0• 上伊佐沢 0• 河井 0• 川原沢 0• 勧進代 0• 草岡 0• 九野本 0• 小出 0• 下伊佐沢 0• 白兎 0• 寺泉 0• 時庭 0• 中伊佐沢 0• 平野 0• 平山 0• 宮 0• 森 0• あら町 0• 大町 0• 片田町 0• 高野町 0• 幸町 0• 栄町 0• 清水町 0• 新町 0• 神明町 0• 台町 0• 館町北 0• 館町南 0• 十日町 0• 中道 0• 花作町 0• 東町 0• 日の出町 0• 舟場 0• ままの上 0• 本町 0• 屋城町 0• 横町 0• 緑町 0.

次の

日本一長い人工海浜にレストラン+結婚式場、千葉市|新・公民連携最前線|PPPまちづくり

長井市 結婚式場

昭和55年 株式会社ナウエル 設立• 昭和56年~ 前払式特定取引業 通商産業大臣許可互第2019号 許可 互助会 「米沢営業所」「南陽営業所」「高畠営業所」「白鷹営業所」開設 互助会員募集営業開始 総合葬祭「ナウエル典礼」、貸衣裳「雅裳苑」 営業開始• 昭和60年~ 互助会 「長井営業所」「小国営業所」 開設 米沢市、南陽市、東置賜郡、一般区域貨物自動車運送事業新潟運輸局認可• 平成元年~ 総合結婚式場「ニューグランド北陽」(米沢市)を(株)北陽から引き継ぐ 名実とも冠婚葬祭互助会してスタート 総合結婚式場「グランドパレスエル」(長井市)オープン 宴会場「カルチュア北陽」(米沢市)、下宿「舞鶴荘」を(株)北陽より引継ぐ 長井市、西置賜郡,一般貨物自動車運送事業新潟運輸局認可• 平成5年~ カラオケプラザ「ビックエコーエル」(長井市)オープン ニューグランド北陽を「グランドホクヨウ」と改名。 新築・リニューアルオープン 山形県全域 一般貨物自動車運送業 新潟陸運局認可 総合結婚式場「グランドホクヨウ南陽」「南陽聖ジョーンズ教会」オープン 総合葬祭 「ナウエル典礼南陽」、「ナウエル典礼長井」オープン• 平成10年~ 「米沢聖アンナ教会」(米沢市)オープン 総合結婚式場「グランドホクヨウ米沢」内 南仏風「プロバンス」 リニューアルオープン 総合結婚式場「グランドホクヨウ長井」内 イタリア風「フィレンツェ」 リニューアルオープン 「フランチェスカ教会」 オープン 総合結婚式場「グランドホクヨウ南陽」内 アジアンバンケット「ヌサ・ドゥア」 リニューアルオープン 葬儀会館・通夜会館 「セレモニーホール中田」(米沢市)オープン• 平成15年~ 葬儀会館・通夜会館「ナウエルホール南陽」オープン 総合結婚式場「グランドホクヨウ米沢」内 和風「沙紅蘭」 リニューアルオープン 葬儀会館・通夜会館「ナウエルホール米沢」「ナウエルホール高畠」 「ナウエルホール川西」、「ナウエルホール長井」 「ナウエルホール白鷹」、「ナウエルホール小国」 オープン 互助会 「川西営業所」 開設• 平成20年~ 葬儀会館「フラワーホール赤湯」「セレモニーホールなごみ」オープン 総合結婚式場「グランドホクヨウ南陽」閉館 「東京第一ホテル米沢」吸収合併、改装オープン レストラン「trattoria ESTACIBO」リニューアルオープン 総合結婚式場グランドホクヨウ 「Lavita」(名称変更 美容・衣裳室)、「プリエール」(洋装)、「アンジュ」(和装)改装オープン 「VLESS PHOTO SUTUDIO」(名称変更 写真室)、通夜会場 「桜花」(南陽市)オープン• 平成25年~ 「ナウエル通夜会館」(米沢市)、「ナウエルホール小国通夜会館」オープン 「ナウエルファミリーホール中田」(小規模葬対応)リニューアルオープン 東京第一ホテル米沢 レストラン 鉄板ダイニング「おわい菜え」 リニューアルオープン• 平成29年~ 「ナウエルホールまほろば」(高畠町)オープン 「ナウエルホール川西通夜会館」オープン• 平成30年~ 「ナウエルファミリーホール中田」別館「ともしび」オープン 以上.

次の

沿革

長井市 結婚式場

お電話でのご相談【無料】 24時間365日受付中 最上川上流域に広がる山形県長井市は、米沢盆地の北西部に位置する人口約2万6,000人の都市です。 朝日山地や最上川などの豊かな自然に囲まれた「水と緑と花のまち」として知られています。 市内にある長井あやめ公園が有名で、約500種100万本に及ぶあやめが植えられ、毎年初夏の見頃には多くの見物客が訪れます。 さらに市内には桜の古木銘木が点在し、中でも樹齢1,200年と伝わるエドヒガンの伊佐沢の久保桜は、国の天然記念物にも指定されています。 周辺地域の中心的な役割を果たし、産業施設や教育機関なども多くある街です。 今回の記事では、水と緑に恵まれた山形県長井市の葬儀事情をお伝えします。 山形県長井市で実績の多い葬儀社・葬儀式場 緑が丘斎場は公営の火葬場ですが、3室ある待合室を利用して葬儀を執り行うこともできます。 料金は、長井市と飯豊町在住の方が亡くなった場合に限り、3時間まで無料です。 それ以外の地域にお住まいの方は、3時間6,170円で利用できます。 3時間を超えた分については、死亡者の住所によらず、1時間ごとに一律710円が加算されます。 また、火葬炉があることから、通夜や告別式を行わない火葬のみの直葬も可能です。 ただし、緑が丘斎場では霊柩車の運行を取り扱っておらず、霊安室もないため、ご遺体の運搬や安置等についてはご遺族が手配する必要があります。 「ナウエルホール長井」と「ナウエルホールなごみ」は、米沢市に本社を置く民間葬祭業者のナウエル典礼が運営するメモリアルホールです。 ナウエル典礼は置賜地方全域にわたって、地域に根差したきめ細かいサービスを提供しています。 両斎場とも型の決まった固定プランはなく、要望に合わせたプランを提案するスタイルが採られています。 どの宗派にも対応しているため、一つひとつ相談してプランを詰めていくことができます。 月々1,000円の掛け金で入会できる互助会も、ナウエルホール独自の注目すべきシステムです。 掛け金は葬儀や法事だけでなく、結婚や七五三といった家族の祝い事にも利用できます。 シンプルかつ安価に葬儀を執り行うなら公営斎場、多彩なサービスやプラン設計を求めるなら民営の斎場がおすすめです。 斎場は、故人やご遺族の希望や予算、葬儀に招く参列者の顔ぶれなども考慮した上で選びましょう。 普段から葬儀について家族間で話し合っておくと、いざというときにも安心です。 次に、山形県長井市の中でも特に実績が多く、幅広いプランに対応している葬儀社をご紹介します。 長井市街の南東、最上川の川べりに立つナウエルホール長井は、2つの葬儀式場を持つ大型のセレモニーホールです。 大ホールは通常で200名、オープン使用で350名を収容でき、全館を開放すれば500人まで対応が可能です。 一般葬から社葬や団体葬まで幅広いニーズに応えることができます。 ご遺族がゆっくりとお別れの時間を過ごせるよう、通夜室には洗い場付きのバスルームも併設されています。 浴室には手すりが取り付けられ、多目的トイレも完備されるなど、バリアフリーにも配慮されているのが特徴です。 そのため、ご高齢の方や身体の不自由な方でも安心して滞在できます。 幹線道路の国道287号線沿いにあり、駐車場も150台分用意されているので、車でのアクセスにも便利です。 公共交通機関を利用する場合には、山形鉄道フラワー長井線長井駅から、さらにタクシーで10分程度を要します。 ゆとりのある落ち着いた空間で、故人に思いを馳せる時間を過ごしたい方に適した斎場といえるでしょう。 施設詳細 斎場・葬儀場名 ナウエルホール長井 住所 山形県長井市泉2112 アクセス 山形鉄道フラワー長井線「南長井駅」からタクシー約8分 施設・設備 ・ホール1 大ホール :200名 ・ホール2 全館使用 :500名 ・駐車場:150台• ナウエルホールなごみは、長井市街南西の静かな田園地帯の中にあります。 蔵屋敷のような和の外観が特徴で、2つの建物の間にある枯山水風の中庭は、訪れる人々に落ち着きと安らぎを与えてくれます。 館内には、 家族葬や一般葬に適した80人収容できるホールがひとつだけ用意され、他の会葬者を気にすることなく、故人との別れを惜しむことができます。 「なごみ」という名がつくとおり、穏やかな空気が流れるホールにはさりげなく植物が配置され、厳かながらもぬくもりに満ちた雰囲気の中、故人をお見送りできるでしょう。 駐車場は80台分とホールの規模に比べて広めにとられているため、車で参列する方が多い葬儀にも適しています。 オールバリアフリー設計の施設なので、車椅子の方も安心して利用が可能です。 タクシーを使う場合は、長井駅から5分ほどでアクセスできます。 すぐそばにはコンビニエンスストアもあるので、飲食物や香典袋など、ちょっとした買い物にも便利でしょう。 斎場・葬儀場名 ナウエルホールなごみ 住所 山形県長井市九野本1258-1 アクセス 山形鉄道フラワー長井線「南長井駅」からタクシー約5分 施設・設備 — 葬儀をあげるときの自治体の補助金について 長井市の葬祭費 長井市では 「山形県後期高齢者医療広域連合に加入されていた方で、死亡時点で長井市に住所があった方」と「長井市の国民健康保険に加入されていた方」 が死亡した際に、 喪主(葬祭執行者)に対して、葬祭費として5万円を支給しています。 支給される時期は、申請のあった月の翌月中旬です。 なお、申請は2年までさかのぼって行うことができます。 長井市における具体的な給付の内容や方法については以下の通りです。 葬祭費 5万円 支給方法 山形県後期高齢者医療広域連合に加入していて、亡くなった時点で長井市に住所があった方と、長井市の国民健康保険に加入していた方が死亡した場合、市役所1階3番窓口(市民課医療・年金係の窓口)にて申請してください。 その他の場合は、亡くなった方が加入していた公的医療保険に直接お問い合わせください。 申請できる方 亡くなった方の葬儀で喪主を務めた方 申請に必要なもの ・亡くなった方の国民健康保険証 ・印鑑(朱肉を使用する認印) ・喪主を務めた方名義の金融機関の通帳(普通預金に限る) 埋葬料・埋葬費 国民健康保険以外の健康保険の被保険者が亡くなった場合は、埋葬料または埋葬費が支給されます。 故人が被保険者の場合、故人の収入で生計を立てていた方で、埋葬を行う人に支給されるのが埋葬料です。 また、埋葬料の受け取り手がいない場合は、埋葬を行った方に埋葬料の範囲内で実際に埋葬に要した費用、埋葬費が支給されます。 また、被扶養者が亡くなった場合は、被保険者に家族埋葬料が支給される仕組みです。 申請方法など詳細については、職場の健康保険組合や共済組合などにご確認ください。 山形県長井市の火葬事情• 緑が丘斎場 長井市では、市営の長井市緑が丘斎場にて火葬が可能です。 10数台分ほどの駐車場があり、バスなどの公共交通機関は通っていません。 最寄り駅は山形鉄道フラワー長井線の南長井駅で、そこからタクシーを利用しておよそ15分の場所にあります。 緑が丘斎場には火葬炉が3基あり、火葬執行から収骨まではおよそ2時間を要します。 炉前ホールが1室ありますが、収骨室はないため、骨上げは最後のお別れをしたときと同じ場所である炉前ホールで行います。 火葬料金は、長井市および飯豊町在住の方が亡くなった場合は一律無料です。 対象地域以外の方のご遺体も受け付けていますが、大人(13歳以上)で3万6,000円、13歳未満で3万850円、死産児であれば1万5,420円の火葬料が必要です。 公営斎場のため、緑が丘斎場は宗教・宗派を問わず誰でも利用が可能です。 また斎場職員は公務員もしくはそれに準ずる立場のため、金銭や物品など心付けを渡すことはできません。 葬儀・家族葬の流れは地域によって異なり、通夜・葬儀・告別式の後に火葬を行う「後火葬」と、葬儀・告別式を行う前に火葬を行う「前火葬(または骨葬)」の2通りが存在します。 「後火葬」は北海道(一部地域を除く)、関東、関西、九州などの地域で行われることが多く、「前火葬」は主に東北、沖縄、離島で行われています。 また、前火葬を行う東北地方の中でも、通夜の前に火葬を行う地域(青森、秋田)と、通夜の後に火葬を行う地域(岩手、宮城、山形)といった違いが見られます。 以下では「前火葬」の葬儀・家族葬の流れをご紹介します。 1.納棺・通夜 納棺の儀では、故人の旅立ちを迎えるために身仕度を整え、愛用の衣類や思い出の品を柩におさめます。 納棺を済ませたら、通夜式を行います。 読経・焼香の後、喪主または親族代表が挨拶をし、お清め料理などで弔問客をもてなします(通夜振る舞い) 2.出棺 故人と最後のお別れの儀式です。 故人をお花で飾り(別れ花)、別れのときを過ごした後、近親者で棺を霊柩車に納め、火葬場へ向かいます。 3.火葬 火葬場へ到着したら、火葬許可証を提示し、火葬を執り行ないます。 ご遺族お立会いのもと点火が行われ、棺を炉の中に納めた後、喪主の方から順に焼香を行います。 火葬後は係員の指示に従い、お骨上げを行います。 4.葬儀・告別式 葬儀式場にて、読経・焼香、弔辞・弔電、お別れの儀式といった流れで葬儀・告別式を執り行います。 5.初七日・百か日法要(繰り上げ法要) 葬儀・告別式の後、初七日・百か日法要を兼ねて精進落としを行います。 精進落としの席では、食事やお酒、茶菓子などでお世話になった方々の労をねぎらいます。 6.葬儀終了後 自宅に戻って後飾り祭壇を設置し、ご遺骨・位牌・遺影を安置します。 なお、白木の位牌は、忌明けの法要時に本位牌に入魂して取り替えます。 葬儀・家族葬に関する「よくある質問」 病院指定の葬儀業者は断っても大丈夫ですか? 病院指定の葬儀業者を断っても失礼にはあたりません。 まずは、病院指定の葬儀業者以外に見積りを取り、比較検討することをお勧めします。 家族葬を行う場合の注意点はありますか? ご家族やご友人を始めとした、ごく親しい方たち少数で行われるお葬式を一般的に「家族葬」と呼びます。 参列者の対応に追われることなく故人を偲ぶ時間を取りやすいため、近年では家族葬を選ばれる方が増えています。 しかし家族葬の場合、葬儀が終わった後に訃報を知った多くの友人・知人が個別に自宅にお参りに来ることもあるため、それが負担となってしまう遺族も少なくありません。 家族葬だからといって安易に考えず、一般の葬儀・お葬式と同じくらい事前の準備と心構えが必要です。 葬儀費用の内訳はどのようなものがありますか? 葬儀費用の内訳は多くの項目に分かれます。 例えば、遺影写真やドライアイス、寝台車料金、礼状や看板などの費用のほかに、火葬代や式場使用料、霊柩車、マイクロバスなどの料金も別途かかります。 そのほか料理や返礼品などの接待費、さらに僧侶に渡すお布施や、後日発生する四十九日のお布施や香典返しなども葬儀料金の項目に含めて考えておかなくてはなりません。 葬儀の見積もりを取った際には、費用の内訳をしっかり確認することをお勧めします。 葬儀後に受け取れる補助金や給付金はありますか? 長井市では 「山形県後期高齢者医療広域連合に加入されていた方で、死亡時点で長井市に住所があった方」と「長井市の国民健康保険に加入されていた方」 が死亡した際に、 喪主(葬祭執行者)に対して、葬祭費として5万円を支給しています。

次の