カモノハシ 赤ちゃん。 カモノハシの生態や特徴、毒性について。日本でも見れるの??

カモノハシは毒を持つ哺乳類!?卵を産むのはどうして?

カモノハシ 赤ちゃん

全長は30~45cm、体重は0. 5~2kgと、意外と小柄なカモノハシ。 オーストラリアの東部から南部の、湖や河川にのみ生息する固有種です。 哺乳綱カモノハシ目カモノハシ科に分類されます。 カモノハシ目は「単孔類」ともいい、糞、尿、受精、出産のすべてを同じ孔(あな)を使っておこなう種のこと。 ほかにハリモグラ科が当てはまります。 寿命は20年前後と考えられていますが、動物園などの人工飼育下で彼らが寿命をまっとうすることは非常に稀です。 その一因として、夜行性でわずかな時間しか水面に顔を見せることがなく、生態を知るのが難しいことが挙げられます。 カモノハシは血液中にある赤血球の濃度が非常に高く、酸素が少ない水中に巣穴を作ってくらすことが可能。 そのため外敵が多い陸上にほとんど出てくることがなく、正確な個体数を把握することも困難でした。 近年では水質汚染やザリガニ用の罠などが原因で、局所的に絶滅状態になっていることがわかり、現在の生息数は3万~5万頭だと考えられています。 ワシントン条約で国際取引が禁止されているので、ペットとしてはおろか、日本の動物園でも飼育をしているところはありません。 和名の由来は、「カモのくちばし」。 その独特なくちばしにちなんでつけられました。 カモノハシが発見されたのは18世紀のこと。 当時は、母親のお腹の中である程度育った後に生まれ、母乳で育つ生物を哺乳類に分類していたため、卵からかえる彼らは爬虫類か鳥類に分類すべきだと学者の間でも意見が割れていました。 このような生態をもつ生物はほかに同じ単孔目のハリモグラしか存在せず、分類学上もっとも多くの議論を巻き起こしました。 ちなみに分類学では、たとえば哺乳類など「類」で分けることはありません。 動物「界」、脊椎動物「門」、哺乳「網」、カモノハシ「科」、カモノハシ「属」、 カモノハシ「種」と階層ごとに細かく分けていきます。 現存しない生物も含めて細分化することで、系統樹を作成し、進化を辿ることも目的としているからです。 カモノハシの不思議な生態2:哺乳類なのにくちばしがある カモノハシを初めて見たヨーロッパの人々の多くが、「ビーバーとカモを縫い合わせて作った偽物の動物だと思った」という記録が残っているとおり、彼らの容姿、特に大きくて平たいくちばしは異様さがあります。 鳥のくちばしが硬いのに対し、カモノハシのくちばしはゴムのように柔らかく、さらに中には餌を蓄えるための頬袋があったり、退化しているものの歯が生えていた痕跡があったりと、他に類を見ない構造をしています。 また彼らは川底にいる小さな海老や昆虫を食べ、1日の大半を水中で過ごしていますが、それにもかかわらず泳ぐ時は目を閉じ、耳を塞いでいるんです。 水が体内に入ることを防ぐためだと考えられていますが、ではどうやって餌を探しているのでしょうか。 実はカモノハシのくちばしには、生物が発生する微弱な電磁波を感じとることができるセンサーが4万個近くもあり、くちばしを使って餌や外敵を察知しているといわれています。 そのため夜間の真っ暗な川や濁った水の中でも、彼らは行動することができるのです。 カモノハシの不思議な生態3:授乳をするのに乳首がない 後肢には鋭い蹴爪が生えていて、雄の後肢の蹴爪からは毒が分泌されています。 縄張り争いをする際や、繁殖期に雌を巡って争う際に使うようです。 相手の体に蹴爪を食い込ませ、足にある胞状腺で生産された毒を注入します。 この毒は意外と強力で、1回のキックで犬程度の大きさの動物を殺すことができます。 人間が食らった際は命に別状はありませんが、モルヒネなどの鎮痛剤が一切効かないような激しい痛みが3ヶ月~6ヵ月程度続くそうです。 猛毒がある爬虫類や両生類は数多くいますが、哺乳類となると非常に稀で、毒をもつことが確認されているのはカモノハシとトガリネズミの2種類のみ。 毒の成分はタンパク質由来のもので、トガリネズミのものとは種類が異なっているそうですが、詳しい成分はまだ明らかになっていません。 このように強い毒をもって仲間同士でも争うため、雄のなかで生後3ヶ月まで生き延びられるものは、全体の3分の1ほどしかいないといわれています。 カモノハシの不思議な生態5:大昔から姿を変えていない生きた化石 およそ2500万年前、カモノハシの姿と酷似したオブデュロドンという生物がいたことが判明しています。 姿をほとんど変えずに生き残ってきた理由として、早期に大陸から分離して孤島となったオーストラリアという稀有な環境が関連していると考えられています。 また胸部にある「インタークラビクル」というT字型の骨は、人間をはじめとするほとんどの哺乳類には存在せず、爬虫類とカモノハシ、ハリモグラにのみある骨です。 ただ約2億5100万年前~1億9960万年前まで続いた「三畳紀」の哺乳類、オリビエロスクスは同じものをもっていたことがわかっています。 その後、約1億4500万年前~6600万年の「白亜紀」の哺乳類であるジャンゲオテリウムでは、退化して小さくなっているので、つまり白亜紀以降に誕生した哺乳類にはインタークラビクルは無く、白亜紀より前に存在していた哺乳類にはあるということ。 「生きた化石」といわれるカモノハシの原種は、それだけ大昔から存在していたと考えられているのです。 分類学を考える一冊 昆虫、爬虫類、両生類、鳥類、哺乳類……すべての生物が通う学校に転校してきたカモノハシくん。 先生は生徒を生態別にグループ分けするのですが、彼はどこにも入ることができません。 副題のとおり分類学の基本を学ぶとともに、「個性」や「差別」についても考えることができる一冊です。 「勘違いではないのか?」「こんなにどこにも当てはまらない生物っているのかしら?」と先生から言われ、泣いてばかりいたカモノハシくんですが、心があたたかくなるラストが待っています。 登場する生物の特徴をしっかりととらえたイラストにも注目。 子どもにもわかりやすい仕様です。 巻末には「分類学とは何か」「どうして必要な学問なのか」を掘り下げた解説も載っており、こちらは大人が読んでも十分満足できる内容。 カモノハシについて知りたい方はもちろん、我々も分類されているひとつの生物として、読んでおきたい作品です。 忘れん坊のカモノハシを楽しめる絵本 おばあちゃんに誕生日プレゼントを渡そうと家を出たかものはしくん。 非常にわすれっぽい性格ですが、無事にプレゼントを届けることはできるのでしょうか……? とぼけた表情が可愛らしく、ページをめくるたびに必ず何か忘れてしまうぼんやりっぷり。 しまいにはアイデンティティが崩壊してしまう「あるもの」まで……。 実はある生き物がこっそり忘れ物を回収しているのですが、カモノハシの親友のポジションが務まるのはこの生物しかいないだろうという絶妙な配役も楽しめます。 特徴的な外見をしているカモノハシですが、彼を彼たらしめている要素は何なのだろうと考えさせられる一面も。 読み聞かせなどでも笑いをとれること必至の、おすすめの一冊です。 知れば知るほど稀有な存在であることがわかるカモノハシ。 2008年にゲノム情報が開示されていて、生物が進化する過程のミッシングリンクを解明するうえでも、その存在が役立つと考えられています。 彼らの魅力に触れられるおすすめの本をぜひ読んでみてください。

次の

オーストラリアだけに生息するユニークな動物・カモノハシ

カモノハシ 赤ちゃん

生きる化石・単孔類 カモノハシは単孔類(目)にカテゴライズされている哺乳類です。 単孔類とは卵を産んで孵化した赤ちゃんは母乳で育てるという、原始的な哺乳類です。 カモノハシを含む単孔類についてはまだまだ研究中で、今後新しい発見があるかもしれません。 現在発見されている 最古の現代のカモノハシの化石は、10万年前のものがあります。 カモノハシの先祖の化石となると、約1億1000万年前のものや約1億6700万年前のものも発見されています。 更に、 約500万〜1500万年前の巨大カモノハシ種の化石化した歯が発見されています。 歯の大きさから判断すると、 動物の体長は1. 3メートルで記録上最大のカモノハシになっています。 とてもユニークな姿 カモのクチバシ、 ビーバーの尻尾、 カワウソの足を持つといわれる姿はとてもユニークで、昔から様々なキャラクターにも使われています。 2005年日本国際博覧会 、愛・地球博(愛知万博)のオーストラリア館には巨大カモノハシの模型「カモン」が飾られていたのを覚えている方もいるかもしれません。 カモノハシとヨーロッパ人 1798年にヨーロッパ人が最初にカモノハシに出会って、その後毛皮やスケッチが英国へ送られました。 最初にこの標本を見たイギリスの学者たちはどうしても本物と信じられず、「偽物だ。 」、「いくつかの動物を縫い合わせたまがいものだ。 」と結論づけています。 (1799年) 生息地域 先述した通りカモノハシはオーストラリア東部とタスマニアにのみ生息しています。 カモノハシは半水生生物で、 タスマニアの寒冷な高地から北のクイーンズランドの熱帯雨林、山間部の小さな流れから開けた本流、農場の溜池から広大な湖まで広範囲にわたって生息しています。 クチバシには超能力が! カモノハシは水中では目を閉じています。 ではどうやって獲物をさがしているのか? カモノハシのクチバシには獲物からわずかに発せられる電流を感知する器官が備わっています。 これは ロレンチーニ器官と呼ばれ、サメやエイなどにも備わっている器官です。 この器官は主に水中で獲物をさがす役割を担っています。 カモノハシはクチバシで水底を掘り返し、出てきた 獲物の筋肉から発せられる微弱な電流を感じて獲物を発見、捕食をしています。 野生の僕らを見たいならとにかく実績のある川沿いへ行ってみて。 いる時にはすぐに見られるよ。 逆にいない時は何時間待っても出てこないけどね。 巣はどこにあるのか? カモノハシは水辺に穴を掘って巣としています。 入り口の直径は約30 ㎝ほど。 巣穴の入り口は水中にある場合もあり、かつ植物などで隠されているため発見することは非常に難しくなっています。 大きさ オス メス 最大全長 63 cm 55 cm 平均全長 50 cm 43 cm 体重 1~3 kg 0. 7~1. 8 kg 地域によって平均サイズが大きく異なり、この違いは気候条件などの要因でかわってくるものではないようです。 食べ物や人間の侵入など、他の環境要因により平均サイズが異なる可能性があるそうです。 これは過酷な環境で生存してきた単孔類がその進化の過程で適応してきたものと考えられています。 体毛 カラダと広く平らな尾は褐色から茶褐色の密度の高い体毛に覆われています。 その 体毛で空気の層を作って水の冷たさから体が冷えるのを守っています。 尻尾 歩いて移動できるよ カモノハシは泳ぎが得意なだけではありません。 地上を歩いて移動もします。 その歩き方はユニークで、前足が地面に着く時に水掻きのある指を後ろに折りたたむようにして移動します。 カモノハシは農場内の溜池などでも生息していますが、餌が少なくなったり水質が悪化したりすると他の場所へ歩いて移動します。 目・鼻・口 カモノハシの細長い鼻と下顎は柔らかく、これらがカモノハシの特徴であるクチバシを形作っています。 カモノハシの 成体には歯がありません。 鼻の穴はクチバシの表面にあり、 目と耳はクチバシのすぐ後ろにある溝にあります。 この溝は水泳時に閉じられます。 そのことからカモノハシは水中では目を閉じて獲物をさがしているのです。 潜水時間 通常カモノハシは約30秒毎に水面に戻って息継ぎをします。 もう少し長く潜っていることもできるようですが、約40秒が限界であろうといわれています。 約10秒~20秒間、水面をプカプカ浮かんで空気を吸ってから再び水中へと潜っていきます。 運よく野生のカモノハシを見かけたら、水中での移動を予想してみてください。 次に浮かび上がった場所が予想よりも遠いのに驚かれるかもしれません。 僕らは水中に潜って水底をクチバシで掘り返しながら獲物をさがしているんだよ。 繁殖期になり交尾を済ませたメスは巣穴の拡張工事を始めます。 メスは巣穴をより深くより長く(最大20 mの長さ)掘り、巣穴の奥に枯れ葉などで産卵と子育てのための柔らかいベッドを作ります。 *この繁殖期の巣穴作りについてはあまりよくわかっておらず、今現在も研究が進められています。 妊娠期間は2週間~4週間。 1~3個(通常は2個)の卵を産みます。 メスは卵を抱きかかえ、自分の尻尾にクチバシをつけて丸まって温めます。 そして 約6日~10日後に赤ちゃんカモノハシが卵からかえってきます。 この一連の作業中オスは一切手を貸しません。 手を貸さないどころか交尾が終わると後は知らんぷり、自分の巣へとさっさと帰ってしまいます。 俺だっていろいろと忙しいんだよ。 別に知らんぷりしてるわけじゃないし。 オスの仕事 子育て用の巣作りと子育てにオスは一切手を貸さない、と上述しました。 それではオスは何をやっているのでしょうか。 オスはある程度の長さで自分のテリトリーを持っています。 そのテリトリーの中に5匹~10匹程度のメスが暮らしています。 これらのメスはそのテリトリーを持っているオスの彼女たちなんです。 オスの仕事は自分のテリトリーを毎日パトロールして、他のオスが入ってきていないか、他のオスが自分のメスを横取りしていないか、をチェックすることです。 他のオスがテリトリーに入ってきたのに気が付くと、 オスは侵入してきたオスに襲い掛かり、相手のカラダに巻き付いて水中へ沈めて溺死させることもあります。 または 相手に巻き付いて毒針を何回も刺して殺すこともあります。 更には 浮気をしたメスに対しても上記の方法でメスを殺してしまうこともあります。 俺は独占欲が強いのさ。 浮気相手も浮気した彼女も両方とも許さないぜ。 成長と寿命 授乳方法 先述したようにカモノハシは卵生だけど母乳で育てる哺乳類です。 カモノハシは他の哺乳類同様、 乳腺はあります。 しかしカモノハシには乳首がありません。 母乳はお腹の毛穴などからジワジワっと染み出させます。 染み出した母乳はお腹の溝に溜まり、赤ちゃんカモノハシはそれをペロペロとなめて食事をします。 赤ちゃんカモノハシの成長過程 産まれたばかりの赤ちゃんカモノハシには歯がありますが、すぐに落ちてなくなってしまいます。 授乳期間は約5週間。 授乳期間も終わりが近づくと、それまでほとんど巣穴から離れなかったお母さんは徐々に外へ出る時間を増やしていきます。 だんだんと子供カモノハシの巣立ちの時が迫ってきます。 そして 約4か月後、幼い子供カモノハシは巣穴から旅立っていきます。 その後子供カモノハシは 12か月~18か月で成体へと成長して、約18か月で卵を産むことが可能になる大人へと成長していきます。 寿命 カモノハシは小さい哺乳類としては寿命が長いことで知られています。 野生の個体で平均10年前後、 飼育されているもので平均15年前後といわれています。 しかし中にはもっと長生きしたという個体も存在し、野生の個体で20年以上、飼育されているもので23年近く生きていたという記録があります。 食べ物 肉食で主にミミズ類や昆虫(主に幼虫)、エビやザリガニなどを捕食して食べています。 カモノハシはそのクチバシで川底からそれらの獲物を掘り起こして食べるか、泳ぎながら水中にいる獲物を捕食しています。 カモノハシは 一日に体重の20%の食事をとらなければならず、そのため毎日平均12時間は食事さがしに費やしています。 カモノハシを見に行こう タスマニアにはカモノハシと、同じ単孔類のハリモグラを手軽に見られる水族館があります。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。

次の

カモノハシの「成体」と「赤ちゃん」について調べてみよう!

カモノハシ 赤ちゃん

分布 [ ] (東部、東部、、)。 分布域内では、、雨林、などの、高山地帯などののやなどに生息している。 分類 [ ] カモノハシがヨーロッパ人によって最初に発見されたのは1798年のことであり、カモノハシの毛皮やスケッチが第2代であったにより、へ送られた。 イギリスの科学者たちは、当初はこの標本が模造品であると考えていた。 1799年に Naturalist's Miscellanyへこの動物について最初に記載をおこなったは、「それが本物であることを疑わずにはいられない」と主張し、はアジア人の剥製師による物と信じていた という。 誰かがビーバーのような動物の体にカモのくちばしを縫い付けた物であると考えられ、ショーは縫い目がないかを確認するため、毛皮に切り込みを入れた。 形態 [ ] 全長はオスで最大630mm、メスで最大550mm、尾長は85 - 150mm、はオスで1 - 3kg、メスで0. 7 - 1. 8kg。 体毛の色は背面は褐色から茶褐色で、腹面は乳白色である。 外側の毛は水を弾き、内側の毛は保温性に優れている。 被毛は一般的な哺乳類と同様であり、一次毛胞の周囲に2つの二次毛胞が付随する毛胞群から形成される特徴を有し、一次毛胞の中心保護毛と1本の下毛とからなる毛束、側部保護毛と数本の下毛からなる毛束が確認できる。 名前の通りカモのように幅が広く、ゴムのような弾性のあるを持ち、外見上の大きな特徴の一つとなっている。 このくちばしには鋭敏なが通っていて、獲物の生体を感知することができる。 一方、カモノハシには歯がなく、長らく謎とされてきたが、三重大学などの共同研究チームの調査では、くちばしの向きや電気感覚を脳に伝える三叉神経が発達したために歯の生える空間が奪われ、歯の消滅につながったと考えられている。 は短く、が発達している。 の後脚にはがあり、この蹴爪からは後述のが分泌されている。 メスも若い時には後脚に蹴爪があるが、成長の過程で消失する。 哺乳類ではあるがは持たず、が育児で授乳の際は、にあるからがされる。 毒 [ ] オスの後足に見られる石灰質の蹴爪。 ここから毒を分泌する カモノハシはオスもメスも蹴爪を持って生まれるが、オスのみが毒の混合物を分泌する蹴爪を持っている。 この毒は主にのような類 DPL で構成されており、その中の三種はカモノハシ特有のものである。 このディフェンシンのようなタンパク質はカモノハシの免疫機構により生産されている。 のような小動物を殺すのには十分な強さの毒で、に対しては致死的ではないものの、被害者が無力になるほどの強い痛みがある。 その痛みは大量のモルヒネを投与しても鎮静できないほどであるという。 毒による(むくみ)は傷の周囲から急速に広がり、四肢まで徐々に広がっていく。 事例研究から得られた情報によると、痛みは持続的な痛みに対して高い感受性を持つ感覚過敏症となり、数日から時には数か月も続くことが指摘されている。 だが、ヒトがカモノハシの毒で死亡した例は報告されていない。 毒はオスの足にある胞状腺で生産されており、この腎臓の形をした胞状腺は後肢のの蹴爪へ、管によってつながっている。 メスのカモノハシは、と同じで、未発達の蹴爪の芽があるが、これは発達せずに1歳になる前に脱落し、足の腺は機能を欠いている。 毒は哺乳類以外の種によって生産される毒とは異なった機能を持つと考えられている。 毒の効果は生命に危険を及ぼすほどではないが、それでも外敵を弱めるには十分な強さである。 オスのみが毒を生産し、繁殖期の間に生産量が増すため、この期間に優位性を主張するための攻撃的な武器として使われると考えられている。 生態 [ ] 群れは形成せず単独で生活し、夕方や早朝に活動が最も活発になるである。 水中ではを閉じて泳ぐが、くちばしで生体電流を感知し獲物を探す。 動かなければ最大で11分ほど水中に潜っていることができるが、通常は1-2分程度である。 食性は肉食性で、、、、、、などを捕食する。 陸上を移動する場合、前足が地面に着く時に水掻きのある指を後ろに折りたたむようにして歩く。 水辺に穴を掘ってにする。 巣穴の入り口は水中や土手にあり、さらに水辺のなどに隠れ、外からはわからないようになっている。 繁殖期は緯度によるが8月から10月である。 繁殖形態は哺乳類では非常に珍しいで、巣穴の中で1回に1-3個の卵を産む。 卵の大きさは約17mmで、卵殻は弾性がありかつ粘り気のある物質で覆われている。 卵はメスが抱卵し、約10-12日で孵化する。 子供はくちばしの先端にを持ち、卵嘴を使用して卵殻を割って出てくる。 成体の4分の3程度の大きさになるまでに離乳し、約4か月で独立する。 メスは約2年で成熟する。 寿命は最大で21年。 種の保存状態 [ ] NEAR THREATENED Ver. 1 2001• 2016. In: IUCN 2017. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2017. Brian K. Hall 1999-03. BioScience American Institute of Biological Sciences 49 3 : 211—218. Australian Platypus Conservancy. 2006年9月13日閲覧。 Museum of hoaxes. 2008年4月2日閲覧。 Greek-English Lexicon, Abridged Edition. Oxford University Press, Oxford, UK. Grant. Australian Biological Resources Study ABRS. 2006年9月13日閲覧。 National Library of Australia 2001—08. 2006年9月14日閲覧。 2006年8月30日時点のよりアーカイブ。 2006年9月14日閲覧。 ANIMAL, David Burnie, Dorling Kindersley, 2006,• EDWARD B. POULTON 1894. J Cell Sc. s2-36: 143-199. 2016年11月30日. 2016年12月3日閲覧。 Australian Fauna. 2010年5月14日閲覧。 Usyd. edu. au 2008年5月8日. 2010年5月14日閲覧。 Rainforest Australia. 2010年5月14日閲覧。 Protein Spotlight 29. 2006年9月14日閲覧。. July 4, 2007• クリスティー・ウィルコックス 『毒々生物の奇妙な進化』(垂水雄二訳、文藝春秋、2017)• de Plater, P. Milburn and R. Martin 2001-03-01. Journal of Neurophysiology American Physiological Society 85 3 : 1340—1345. 2006年9月13日閲覧。 2009年4月16日閲覧。 参考文献 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 カモノハシに関連する および があります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 Cath Jones and Steve Parish, Field Guide to Australian Mammals, Steve Parish Publishing, ,• ANIMAL, David Burnie, Dorling Kindersley, 2006, この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の