ボストンテリア 平均寿命。 【犬種/サイズ】ボストンテリアの大きさや体重・サイズ

ボストンテリアの平均・最高寿命は?かかりやすい病気や体重管理のコツ|docdog(ドックドッグ)

ボストンテリア 平均寿命

ボストンテリアの見た目は?特徴は? ボストンテリアは、ブルドックやフレンチ・ブルドック、パグ、シーズー、チワワ、などと同様に犬歯から一番大きな歯までが、他の犬種に比べ短い=いわゆる短頭種に属する犬種の小型犬です。 フレンチブルととてもよく類似した犬種ですが、顔にシワが少なく、立った耳と短い尻尾が特徴的で、体型的にもフレンチブルよりもスリムで手足が長いといった違いがあります。 非常に賢い犬種としても知られており、性格も穏やか。 無駄吠えが少なく病気なども少ないことから、とても飼いやすい犬として日本でも近年非常に人気の犬です。 毛色が白と黒のタキシードのように見えるシルエットから、「アメリカ犬界の紳士」「タキシードを着た紳士」「小さなアメリカ紳士」などといったユニークな表現で世界中で愛されています。 ボストンテリアの体の大きさは? ボストンテリアは体重差によって、ライト、ミドル、ヘビーの3種類に分けられますが、見た目はどの種類も同じになります。 8~9. 1~11. 4キロ 体のサイズは平均体高:38センチ~43センチ 雄雌での差はほとんどありません。 平均体重は5キロ~11キロ 小型~中型にかけて幅があります。 首や胴体はがっちりしていて、頭部は割と小さめ。 フレンチブルドッグのようなずん胴ではなくスタイルはよく見えます。 バランスの良い体格と言えるでしょう。 ボストンテリアの飼い方 過食に注意! ボストンテリアは食べ過ぎで太るケースがよく聞かれる犬種です。 与える食事は栄養バランスをきちんと考慮し与え、食べ過ぎないようコントロールしてあげましょう。 気温の変化に注意! ボストンテリアは、短い鼻の構造上、寒暖の差に弱く、体温調節が苦手なワンちゃんです。 特に冬の寒さよりも、夏の暑さに弱い傾向があります。 夏に散歩に連れ出す際には、猛暑日や炎天下の日中を避けて、外出させるようにしましょう。 体の汚れケアは意外に楽? ボストンテリアは、顔にシワが少なかったり、カラダも被毛が少なかったりと、他の犬ほど汚れを身に纏いにくいカラダをしています。 そのためブラッシングの回数は他の犬よりも少なくてもさほど問題はありません。 運動をしたり野外を散歩したりした場合には毎回タオルケアなどは必要ですが、特に何もなければ、ブラッシングは週に1~2回程度。 シャンプーも月に1回~2回程度。 お顔の汚れは気が付いたときにこまめに拭き取って蓄えないようにしましょう。 関連ページ:.

次の

ボストンテリアの寿命とは?健康で長生きする為に行う5つの秘訣!?

ボストンテリア 平均寿命

ボストンテリアの性格• 正義感が強く紳士的• 穏やかで友好的• 高い観察力と敏感な感受性 ボストンテリアは正義感が強く紳士的で愛情深い性格です。 穏やかで友好的、寛容で辛抱強さがあり、子供のいる家庭でも安心して飼うことができます。 やんちゃで活動的に動き回る一面と、しっかりと状況を観察し分析してから行動する慎重な面も持ち合わせています。 感受性が高いので、飼い主の意思や気分、声に敏感に反応する知的で賢い犬種です。 無駄吠えの少ないことで有名で、室内犬の中での人気もトップクラスといわれています。 テリアの血を受け継いでいるのでやや物事に熱中しやすく頑固な面もありますが、人なつっこく、一緒に遊んだりボールを追いかけたりするのが大好きです。 さびしがり屋で甘えん坊なので、長時間の留守番などは苦手です。 留守番させた後は、たくさん遊ぶことで寂しさを癒やしてあげてくださいね。 配合を重ねることで温和な性格に改良されていますが、縄張り意識の強さから小柄ながらも他の犬に対して攻撃的になることがあります。 その点番犬に向いているといえますが、幼犬期の頃から飼い主以外の人とコミュニケーションを心がけ、社会性を身につけさせてあげることをおすすめします。 ボストンテリアの特徴は? ボストンテリアはタキシードを着ているような外見から、「小さなアメリカ紳士」とも呼ばれています。 日本の漫画「のらくろ」のモデルになったともいわれています。 離れ気味で大きな目、短い鼻にぴんと立った耳など、愛らしさを感じる顔立ちの持ち主です。 体型は小柄な割に角ばっていて、がっちりとしています。 フレンチブルドッグに似ていますが、体型がややスリムで耳の先の形が尖がっているなどの違いがあります。 毛質はスムースコートなので、とてもなめらかで光沢があります。 光沢を保つためにも、散歩後などに濡れタオルで拭いてあげてください。 ブラックに白い班がある個体もボストンテリアとして認められています。 ボストンテリアの販売価格や値段相場は? 販売価格• また骨太でバランスの良い骨格構成、顔に左右対称のブリンドル(黒い模様)が入っていてマズルの部分には侵食していない、四肢の足先が白色、首周りが白色などの個体が高価になりやすいですよ。 ボストンテリアとフレンチブルドッグの見分け方は? ボストンテリアの作出過程においてフレンチブルドッグは深いかかわりがあり、両種とも親戚のような関係を持っています。 体高や体重はほぼ同じですが、「耳の形」「被毛の色」「性格」などがよく見ると異なっています。 以下のリンク先では画像付きでボストンテリアとフレンチブルドッグの違いを説明しています。 ぜひ参考にしてくださいね。 ボストンテリアを飼う際の注意点や散歩は? ブラッシングの頻度 ボストンテリアは、短毛種のなかでもよく毛が抜ける犬種です。 抜け毛は日々のブラッシングである程度ケアすることが可能ですので、できれば毎日行ってあげることをおすすめします。 ただ皮膚が弱いので、弱酸性のシャンプーを使用するようにしてあげてください。 体温調節が苦手 ボストンテリアのような短頭種は喉周辺の構造上、呼吸の効率が悪いので体温コントロールが苦手です。 極端な暑さ、寒さだと気温差で呼吸障害を起こすこともあるので温度管理には充分に気を使ってください。 ケージやサークルは直射日光の当たらない場所に設置するのがおすすめです。 散歩は朝夕30分ずつ ボストンテリアは太りやすい体質であるため、しっかりと運動させることが大切です。 散歩量は1日2回、30分ずつくらいが目安です。 個体によって体重にバラツキがある犬種なので、それぞれの大きさや好みにあわせて散歩の量を調整するようにしてあげてください。 夏場は熱中症や熱射病、急激な温度差により呼吸困難になりやすくなります。 地表からの照り返しが強い時間帯を避けて散歩してくださいね。 涼しい朝方や太陽が沈んだ夕方から夜にかけてがおすすめです。 眼が大きく前面に出ているので、散歩の際に角膜を傷つけないように注意してあげてくださいね。 餌はどのくらいの量を与えるべき?与える頻度は? ボストンテリアは、時期によって餌を与える量を変える必要があります。 025を目安に与えてあげてください。 子犬期は多くののエネルギーを必要としており、筋肉の発達に必要なタンパク質やミネラルをバランスよく摂れる食事がベストです。 成長期に入ったら、肥満にならないようにタンパク質が多めで、低脂肪なドッグフードを与えてあげてください。 015を目安に与えてあげてください。 ボストンテリアの大きさや体重は? 平均寿命• ムレて不衛生になりやすい箇所なので、週に一度綿棒などでシワの間を優しくふき、清潔に保つことを心がけてください。 目ヤニなどの分泌物を放置すると、眼の病気の原因となります。 皮膚の病気 アトピー性皮膚炎 になりやすいので、マッサージを兼ねて皮膚の状態をチェックしてください。 家ダニなどが原因で発症することもあるので、ブラッシングを丁寧に行って清潔を保ってくださいね。 ボストンテリアにおすすめのドッグフードは? モグワンドッグフード ボストンテリアには、「モグワンドッグフード」がおすすめです。 モグワンドッグフードには、チキンやサーモン由来の良質な「動物性タンパク質」が全体の50%以上を占めているので、良質なタンパク質を効率よく摂取できますよ。 ボストンテリアのしつけは? ボストンテリアは学習能力が高く物覚えがはやい犬種です。 しつけはまず子犬の頃から、飼い主をリーダーだと認めさせることからはじめます。 遊びの中で飼い主をリーダーだと教え込んであげてください。 繊細な一面もあるので、怒ったり大声で叱ったりすると塞ぎ込んでしまうこともあります。 オーバーなくらいほめてあげることを基本のスタンスにしてくださいね。 叱るときには大声をださないで優しく接してください。 いたずらや問題行動への対応は無視です。 ボストンテリアは感受性が豊かなので、無視されるのを苦手としているからです。 愛くるしいのは顔だけじゃないんです ボストンテリアは無駄吠えしない犬として有名で、マンションなどの集合住宅でも飼えるので、室内犬の中でもトップクラスの人気があります。 体臭も定期的なシャンプーをしていれば気になりません。 愛嬌たっぷりでお茶目、冷静沈着な態度を見せたり、甘えん坊な一面もあったりと一緒にいて楽しい犬種です。 見た目の上品さだけでなく、奥深い内面を持ち合わせています。 ボストンテリアを一度飼うとその魅力の虜になること間違いなしですよ。

次の

パグの寿命は短いの?平均寿命と長生きのために必要なこと

ボストンテリア 平均寿命

Contents• ボストンテリアの概要・歴史 ボストンテリアはアメリカ原産の犬です。 1870年代のボストン市周辺で、ブルドッグとブル・テリアとをかけあわせて作り出されました。 当初は現在の姿よりもはるかに大きく、体重は23kgくらいあったそうです。 小型化の改良が続けられ、1893年にボストンテリア第一号がアメリカン・ケネル・クラブに登録されました。 そして1927年にはイギリスとフランスに紹介され、世界的に知られるようになったのです。 ボストンテリアの性格 ボストンテリアは、友好的で活発な性格をしています。 知性が高く、優しく、子どもとも仲良くできますし、楽しいことが大好きです。 ただ、テリアの気質を受け継いでいるため、物事に対して異常に熱中してしまう面があります。 積極的に悪いことをするわけではないのですが、社会化としつけは根気よく行う必要があります。 ボストンテリアの種類(色やタイプ) ボストンテリアの毛色には、ホワイト・マーキングのあるブリンドル、シールまたはブラックがあります。 シールとは、光が当たると赤っぽい色ですが、通常はブラックに見える色です。 ボストンテリアは体重によって、ライト(6. 8kg未満)、ミドル(6. 8以上9kg未満)、ヘビー(9kg以上11. 35kg以下)と3タイプに分かれていますが、日本ではあまり厳密にタイプ分けされていません。 ボストンテリアの値段・価格相場 ボストンテリアの価格相場は、20万~40万円くらいです。 血統の他には、毛色が値段に影響し、ホワイト・マーキングの部分がきれいに入っている子犬は高値になる傾向があります。 ボストンテリアのしつけのしやすさ ボストンテリアは、顔はブルドッグに似ていますが、性質はテリア寄りで、頑固で興奮しやすい面もありますが、基本的に人懐っこく扱いやすい犬種です。 飼い主の顔色を伺ったりして、繊細で感受性が強く、慎重な性格ともいえます。 慎重さゆえ、警戒心が過剰になって攻撃性に変わってしまわないよう、子犬のころから社会化トレーニングをしっかりしておく必要があるのです。 ボストンテリアの寿命 ボストンテリアの平均寿命は、13~15歳くらいです。 しっかりした骨格で活発な犬種ですが、遺伝病が出やすい犬種ともいわれています。 ボストンテリアの飼いやすさ ボストンテリアは、テリアならではの性質で興奮しやすい一面がありますので、興奮させないよう、飼い主が落ち着いたリーダーでいることで、信頼関係が築け、しつけも容易になります。 基本的にはフレンドリーで優しい性格で、無駄吠えも少ないので、飼育しやすい犬種といえるでしょう。 ボストンテリアのブラッシングや抜け毛などの処理 ボストンテリアは、スムースコートながら、年間を通して結構抜け毛が多い犬種です。 春と秋の換毛期には特に多く抜けますので、毎日ブラッシングしていらない毛を取り除いてあげましょう。 ボストンテリアの散歩 ボストンテリアは活発でお散歩が大好きです。 30分くらいのお散歩を1日に2回は行ってあげましょう。 ただ、短吻種の特徴ですが、暑さにはとても弱く、熱中症になりやすいため、真夏のお散歩や運動には注意が必要です。 ボストンテリアの室内で飼うにあたって気になること ボストンテリアは暑さ寒さには弱く、温度管理には注意が必要です。 夏の暑さはもちろんですが、冬の寒さにも対策してあげましょう。 年間を通して、エアコンなどで適温を保ってあげたいですね。 眼が大きく、家具などにぶつけてケガをしないよう、尖ったものには注意が必要です。 ボストンテリアの子犬の時の大きさや体重 ボストンテリアの子犬のサイズは、生後3か月ほどで3kgくらい、生後6か月で5kgくらい、生後9か月では6kgくらいまで成長します。 その後成長は緩やかになりますが、比較的個体差の大きい犬種です。 ボストンテリアの成犬の時の大きさや体重 ボストンテリアの成犬のサイズは、3クラスに分かれますので、個体差が大きく、体高が28~43cm、体重は4. 5~11. 5kgです。 ボストンテリアの吠え声の大きさなど 吠えない犬、としてしばしば名前があげられるボストンテリアは、無駄吠えが少ない犬種です。 警戒心や嫉妬心から、吠えてアピールしたりしないよう、子犬のときからしっかりトレーニングをして、落ち着いた犬に育ててあげたいですね。 ボストンテリアの餌について ボストンテリアは体格の個体差が大きく、体重が重いからといって一概に肥満とはいえないものの、太りやすい犬種です。 肥満になってしまうと、短吻種は呼吸困難になりやすくなってしまいますので、運動量とフードの量とのバランスをとり、体重が増加傾向にあったら、フードもローカロリーなものを選ぶなどして体重管理をきちんとしてあげましょう。 ボストンテリアのかかりやすい病気 ボストンテリアは、緑内障や白内障、チェリーアイなどの眼疾患、短吻種に多くみられる軟口蓋過長、皮膚炎、てんかん、腫瘍などにかかりやすいといわれています。 皮膚を清潔に保つ等の普段のケアと、異常を発見したらすぐに受診する心構えが大切です。 ボストンテリアってどんな犬?まとめ ボストンテリアは、優しく友好的な性格と、スマートで身ぎれいなルックスで、タキシードを着た紳士、と呼ばれて愛されてきました。 闘犬を祖先に持ちながら、現在は愛玩犬として確固たる地位を築いています。 やんちゃで活発で、でも優しくてフレンドリー、まさに愛玩犬の鑑ともいえる犬種かもしれません!•

次の