世界 恐慌。 世界恐慌の映画

世界 恐慌|AI TRUST

世界 恐慌

僕自身も同様です。 ただまず、 知識を備えることが重要です。 そして知識を得たらどう行動に移すか?日頃からイメージするようになります。 世界恐慌と世界金融危機が一緒になってしまいがちですが細かく言えば違います。 世界恐慌とは 世界恐慌とは、1929年に始まった経済不況を指し、大恐慌、世界大恐慌とも言われており、歴史で学んだ人も多いでしょう。 更に過去をさかのぼって「世界初」の世界恐慌と呼ばれたのが、1857年クリミア戦争後に起こりました。 穀物価格が急落したことによっての恐慌でしたが、1857年に起こったので1857年恐慌とも言われています。 ただ人々の意識として残っている恐慌は、1929年が強いですね。 ウォール街大暴落とも言われ、株価が大暴落をし続けました。 短期的な暴落ではなく、長期的に暴落し続けたのです。 ニューディール政策 世界恐慌に歯止めをかけようと ニューディール政策と言う、政策が打ち出されました。 1933年にドルと金を交換する「金本位制」を停止。 政府が通貨を発行する「管理通貨制度」を導入して政府の統制力を強化しました。 歴史の授業みたいになってきてつまらないのでこれくらいにしておきます。 興味がある方は調べて下さい。 ただ実際この政策ではおさまらなかった事実。 大東亜戦争が世界恐慌を救った こんな言葉聞いた事ありませんか。 そんな戦争で1929年の世界恐慌は立て直された可能性が高い、いや確実と言い切れますね。 金融危機とは 世界恐慌はご理解頂けたかと思いますが、じゃあ金融危機って何?ですよね。 これは例を上げますと、近年で言えば2007年末〜2008年に起こったリーマンショックです。 サブプライムローン問題(サブプライム住宅ローン危機)をきっかけに 2007年のアメリカの住宅バブル崩壊で国際的な金融危機が起こります。 それが2008年のリーマンショックです。 サブプライムローン?リーマンショック? 言葉はわかっているけど、なんだか曖昧ですね。 またまた社会の授業になってしまいますが、 数行だけお付き合い下さい。 サブプライムローン問題 調子が良かったので低所得者もローンの対象として家の購入が可能でした。 言い方を変えれば、「消費者金融」状態です。 ただ土地が値上がりするので大丈夫だろうと安易にお金を借りる人々が増えて来ました。 支払い出来なければ、値上がりしている住宅を担保になってますので回収可能です・・ いえ、でした・・。 そしてこれらを金融商品としてどんどん売られました。 土地の値上がりが終わる 住宅ローンに終わりが来ます。 土地価格の下落が始まりました。 さてお金を借りていた低所得者はどうなるでしょうか。 ・返さない(返せない) じゃあ住宅を担保にしているし回収すれば? ・土地の下落で売っても利益にならない リーマンブラザーズの破たん 投資商品としてももちろん価値はなくなりました。 ここに多額の投資をして儲けを出していたのが 大手銀行投資グループの「リーマンブラザーズ」 多少のショックであれば銀行がカバー出来るのですが、これに関しては不可能でした。 そこでリーマンショックが起こり世界中を巻き込む事態となりました。 世界経済が麻痺する と言うニュアンスで捉えていただけたらと思います。 さて、世界恐慌や金融ショックがここまで何故噂されているか? これには裏付けがあるからです。 10年に1度のリセット 金融ショック的な内容は大体周期があります。 10年に1度のスパンでリセットが起こっています。 口座維持手数料の導入が検討されています。 銀行って預金していたらお金増えてませんでした? 最近は、すくねーなって愚痴りながらもちょっとでも利息ついてませんでした? そんな時代は過去になろうとしています。 まぁここまでメディアが広めていると言うことはほぼ確定です。 今後、日本の銀行は倒産していきます。 これも一種の金融危機ですね。 大手メガバンクですら合併されるのではないか?と言われるくらいです。 銀行に行く際銀行員を見渡して見て下さい。 パートが増えていませんか? この辺をチェックしておくことも重要です。 中には、危機を既に感じて早期撤退している人もいます。 これは日本だけの話ではありません。 ドイツ銀行ってなんかヤバイらしい こんな話も聞いたことある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 はい、金融ショックになってもおかしくないくらいヤバイようです。 次の世界恐慌はリーマンショックの10倍いや100倍級とも言われています。 不安を煽る訳ではなく、過去にそうだった、実際に行動を始めている人もいると言うことをご理解頂けたら幸いです。 膨らんだ金融はどこかでリセットされる。 これを念頭に入れておいて下さい。 世界恐慌についてはまた細かくアップしていきたいと思います。 本日は以上です。 最後までご覧頂きありがとうございました。 また次回お会いしましょう! はたなか *投資で必ず儲かると言う類は存在しません。 十分な情報精査を行い、自己責任で行ってください。

次の

【世界恐慌とは】わかりやすく解説!!原因や日本への影響・各国のその後など

世界 恐慌

コロナ恐慌はどうなるのか?~世界大恐慌を上回るか 新型コロナウイルスの感染拡大により、 今や経済的な打撃が大きくなっています。 「コロナ恐慌(武漢大恐慌)」は現実味も帯びてきています。 というのも 世界32ケ国でロックダウンも行われ、 35億人が行動自粛となったともいわれています。 世界各国で経済活動が停止し、物資の支給にも影響が出てきます。 サプライチェーン(物流)も止まったところもあります。 また株価も下落していて、この先もさらに下がることも考えられます。 現に売上は航空・デパートなどでは軒並みダウンです。 ・ハナツアー・・・売上が12億円から2300万円。 売上98%減少。 ・JR・・・4月前半の新幹線の利用者は85%減少。 ・リクルート・・・4500億円の融資を要請。 広告が激減(広告も出せない)。 金利ゼロでの販売。 それでかろうじて売上は半分。 またリストラも予定されています。 ・三菱自動車・・・6500人リストラ ・UFJ・・・8000人リストラ ・ANA・・・5000人リストラ ・アメリカでは3000万人の失業 こうした状況ですので コロナ恐慌は1929年の世界大恐慌を上回る という見方が大方の予想です。 では、世界大恐慌時は、一体、どうだったのでしょうか。 世界恐慌はどうだったのか? 世界大恐慌は、今から約90年前の 1929年、 ウォール街大暴落をきっかけに 全世界に広がりました。 社会的に大パニックです。 アメリカのGDPは40%下落。 つまりアメリカ国民の所得が40%ダウン。 年収300万円の人が180万円になる計算。 手取り月30万円の人が18万円になる計算。 株価もダウン。 90%ダウン。 株価の下落もすさまじかった。 失業率も増加。 アメリカでは25%が失業。 自殺者も増加。 犯罪も増加。 失業率と自殺率・犯罪率とは相関関係があります。 大恐慌は、悲惨だったわけです。 リーマンショックはどうだったのか? 最近の経済ショックとして有名なのは 「リーマンショック」。 リーマンショックも影響の大きかった。 しかしリーマンショックは恐慌ではない。 金融危機。 が、金融危機であっても、リーマンショックの影響は大きかった。 製造業は大ダメージ。 失業者も増大。 失業率は5%。 しかし失業者はサービス業に転職することで事なきを得ています。 が、リーマンショックによって人々はパニックに。 リストラも横行。 就職氷河期。 売上ダウン。 コロナ恐慌はどうなるか? では今回のコロナ恐慌はどうなるのでしょうか? 既に起きていることを踏まえると ・消費の冷え込み ・企業倒産増加 ・外出の自粛により経済活動の停滞 ・各産業にダメージ ・航空業界は政府支援が必要 ・失業率増加・・・30% ・欧州経済危機・・・中でもイタリアが危ない といった状態です。 現在の状況から察しても、1929年の世界大恐慌を上回りそうです。 じわじわと来ている印象です。 三橋貴明氏によるコロナ恐慌の予測 【総集編】三橋貴明「政府よ本気で言ってるのか?国民が死ぬぞ!」 経済評論家の三橋貴明さんは、2020年4月8日時点において、 コロナ恐慌を次のように予測しています。 新型コロナウイルスは世界恐慌を招く 新型コロナウイルスによる経済的な打撃は大きい。 サービス業が打撃。 売上は8割減ったところもある。 世界各国では ロックダウン。 イタリアなどでは外国では外出禁止。 コロナは恐慌を招く。 確実に経済が悪化してきている。 失業者が激増。 アメリカも 大規模経済対策を打たざるを得ない。 大規模な経済対策は、南米、オーストラリア、アフリカといったように 世界中に広まる。 今回は サービス業から打撃を受けている。 製造業も輸出が減っている。 設備投資も激減。 サプライチーェンが断ち切られている。 モノが入ってこない。 中国は世界の工場となっていたので、物資が途絶えている。 金融も株価が暴落。 コロナの影響は全産業に及んでいる。 これはまさに「恐慌」。 リーマンショックのときは、製造業ダメになった。 しかしサービス業が失業者を吸収した。 ちなみに世界大恐慌では、アメリカのGDPは4割消えた。 みんなが稼ぐ所得が4割減った。 リーマンのときは、これほどではなかった。 消費税ゼロ・国民への現金給付・企業の粗利補償は欠かせない コロナの影響は甚大。 だから消費税ゼロという長期の政策を行う必要がある。 短期の寄付金(補償)もやるべき。 自民党の安藤裕議員が有志と共に提言を出している。 1.粗利補償 2.現金給付 3.消費税ゼロ の3つは欠かせない。 財務省の力が強いため内閣官房も国会議員も恐れている しかし財務省の力が強い。 財務省は、各党の執行部を掌握している。 国会議員の中心部は、財務省の言いなりになっている。 財務省は財政規律・緊縮財政を死守する。 国民の利益のことを考えていない。 ちなみに官僚の人事権は内閣官房が持っている。 組織の構造上は、内閣官房は財務省を押さえることができる。 しかし財務省の力のほうが圧倒的に強いため、 内閣官房は抑えきることができない。 コロナ感染よりも経済的理由で亡くなる人が多くなる このままでは、コロナウイルスの感染で亡くなるよりも、 経済的な理由で亡くなる人のほうが、数倍、数十倍、数千倍多くなる。 大規模イベント中止。 全国一律に小中高を休校。 国民と企業の活動を自粛しているが、 経済政策も一緒にして、パッケージしないとならない。 補償があってこそ、安心して自粛することもできる。 当たり前のこと。 しかしこれができていない。 安倍首相は、全体のことを全く考えないで、 とにかく「コロナで一人でも死んじゃったら自分の責任が云々」 という非常に狭い視点で、目先の政策を行ってしまった可能性。 このままでは、財務省の財政規律・緊縮財政の縛りのため、 国民は苦しめられる。 せいぜい ・ショボイ定額給付金 ・ポイント還元の延長 くらいで終わってしまうのではないか。 消費税をゼロは欠かせない 消費税の廃止が必要。 でないと恐慌に突っ込む。 東京五輪で7兆円が飛ぶ。 恐慌で20兆円30兆円が飛ぶ。 恐慌が怖いのは、どこまでも落ちてゆくこと。 いったん落ち始めたら、とことん落ちてゆく。 このままではGDP10%~15%減っていくのが濃厚。 この最中に総選挙の可能性もある。 しかし消費税ゼロを掲げる政治家が多くなるはず。 野党も与党も消費税ゼロを掲げる。 消費税ゼロにしなければ、 国内の自殺者は5万人を超えるかもしれない。 ユーロ圏では独裁政治と強権政治が台頭する恐れがある ヨーロッパでは日本以上に酷くなってきている。 ヨーロッパは、欧州連合で緊縮財政を敷いている。 ユーロなので、各国には通貨発行権がない。 このままでは、感染者が多くなり、自殺者も多くなる。 経済の落ち込みは日本以上になる。 懸念するのは、独裁政権が出てくること。 国民の不安をくみ取り、国民の不満を黙らせる。 過去のナチスの台頭が、まさに同じ状況。 当時も世界恐慌が起きて、ドイツでは40%近い失業率と経済的落ち込み。 この中でナチスが出てきた。 今回はもっと強烈なのが来るかもしれない。 ナチス以上の、巧妙な独裁。 強権政治が台頭する恐れがある。 まず国民が正しい貨幣観を持つこと 今の政府の政策が「おかしい」「異常」なことは誰でもわかる。 だから緊縮財政とプライマリーバランスへの転換は起きる。 しかしここに至るまで、どれくらい悲惨になるのかわからない。 何人死ぬのか。 だから国民が、財政破綻論が間違っていることを認識する必要がある。 そうして正しい貨幣観や財政を語る人を、国会議員として当選させないとダメ。 そうしなければ大変なことになる。 正しい貨幣観を持った政治家は、今のところ ・れいわ新撰組の山本太郎さん ・国民民主党の玉木雄一郎さん くらいしかいないでしょう。 あと 正しい貨幣観は、 MMT(現代貨幣理論)でわかります。 MMTポリティクス〜現代貨幣理論と日本経済 MMT 現代貨幣理論)の入門書としては、 こちらがわかりやすくなっています。 今は大事な時です。 国民の一人一人が、正しい貨幣観を持って、 正しい財政政策とは何かを理解する必要があります。

次の

世界恐慌

世界 恐慌

第一次世界大戦後のドイツ そもそも世界大恐慌が起こったときのドイツ経済は全然良い状態ではなかったのです。 そもそも第一次世界大戦に敗北した国であり、国家予算の2. 5倍と言われる賠償金を30年ローンで支払っている最中でした。 しかし産業の中心であったルール工業地帯はフランスによって占領されてしまい、ドイツの経済は落ち込んでいたのです。 1920年前半は失業率が30パーセントに近かったのですが、ハイパーインフレーションが終わり、アメリカが賠償金の支払いに介入したりすることによって1920年代後半には失業率が5パーセントにまで軽減していました。 この調子で行けば何とかやっていけるという状態だったのです。 国家の目的は「国民を飢えさせないこと」 せっかくドイツの失業率が下がりつつあったにもかかわらず、世界大恐慌が起こったことによってドイツ全体で失業率が30パーセントになってしまいました。 自殺する人が増え、犯罪や栄養失調などで死亡する人が増えていたのです。 国家の目的は「国民を餓死させないこと」となり、栄養失調が原因となる病気も蔓延しました。 スープを配る団体活動なども行われたのです。 ドイツはドイツとオーストリアの関税同盟を結ぶことによりオーストリアと協調を図りますが、フランスを始めとする第一次世界大戦における連合国に拒否されてしまい、うまくいかなくなりました。 フランスが経済制裁を行ったためにオーストリア経済は崩壊してしまい、ドイツとオーストリアはファシズムへの道を進むことになったのです。 ナチスの台頭 1933年、アメリカではルーズベルト大統領が就任してニューディール政策を始めた同時期に、ドイツ国内においてはこの状態を解決するためにヒトラーが政権を取りました。 国民に仕事を与えるということでナチスは道路の建設や軍需産業の拡大などを実行し、失業率を下げていたのです。 しかしこれらも一時しのぎでしかなく、最終的には債務が増えていってしまいました。 最終的には戦争によって他の国の領土を獲得するか賠償金を獲得するかしなければ経済が破綻するという状態になってしまったのです。 それにより、植民地を持っていたイギリスとフランス、そして植民地を持たないドイツやイタリア、日本の間で戦争が始まっていくのです。 まとめ いかがでしょうか。 世界大恐慌自体は第一次世界大戦の影響受けていますが、世界大恐慌は確実に第二次世界大戦に影響与えていたのです。 当時経済が破綻している状態であったドイツでナチスが歓迎されたのは当たり前のことなのかもしれませんね。

次の