ロボトミーコーポレーション アブノーマリティ。 Lobotomy Corporation ファーストインプレッション。 ようこそロボトミーコーポレーションへ。ここでは職員の命は羽毛より軽い。

Lobotomy Corporation攻略 Wiki

ロボトミーコーポレーション アブノーマリティ

La Luna(D-01-105、ラ・ルナ)は、古いピアノの姿をしたアブノーマリティである。 リスクレベルはWAW。 収容選択時のフレーバーテキストは「月が人をよく魅了するってよく言われるけど、人は月に絶望しているだけ」 本体はピアノで、横に座っている老婦人はラ・ルナから分裂した体の一部である。 ラ・ルナにの椅子に座るとどんなにピアノの教養がない人間でも素晴らしい演奏(曲はベートーヴェンの「月光」)を奏でることができる。 ラ・ルナは月を愛するピアノであり、月光を弾く人々を愛していた。 しかし、時が経って月の本当の顔を知った(月面がクレーターだらけの荒野でしかないことを知った、もしくは月=人類の心の醜さを知った)ことで絶望した。 やがて、ラ・ルナは心を占めていた月の醜さに耐えきれず、月のように変わってしまった(=狂ってしまった)。 英語で「ルナ」とは月そのものも指すが、狂気という意味もあることから、このようなバックストーリーが作られた。 Army In Black(黒の兵隊) Army in Black(D-01-106、黒の兵隊)は、大きなピンク色のハートの姿をしたアブノーマリティである。 リスクレベルはZETIN。 最初は「ピンクの兵隊」という名前だが、エンサイクロペディアを埋めていくことによって名前が「黒の兵隊」に変わる。 収容選択時のフレーバーテキストは「人間の心はピンク色です。 それ故にピンク色の軍服を着ていれば、人間の心に溶け込むことが出来るのです」 黒の兵隊は美しいピンク色の心を持っている人類を助けようという意思を持っている。 しかし、人間と関わっているうちに人間の心の醜い面(黒い心)を知ってしまい、兵隊はやがて黒い心に感化されるようになる。 エンサイクロペディアに記載されているレポートには、兵隊が黒い心に侵され「人間の心は……だから…定期的に…掃除…しないと…」と徐々に異変を示す様子が書かれている。 そして最終的には完全に黒い心に染まってしまい「敬礼!」と一言叫んであたりを破壊した。 エンサイクロペディアでのリスクレベルはZEYINとして記録されるが、脱走した時の強さが他のALEPH級と遜色なかったり、抽出されるE. Oの能力がALEPH級であったりするため、プレイヤーからは「ZEYINの顔したALEPH」「リスクレベル詐欺」などと揶揄される。 Ppodae(D-02-107、キュートちゃん)は、白い子犬の姿をしたアブノーマリティである。 リスクレベルはTETH。 収容選択時のフレーバーテキストは「いや、その天使が今まさに、同僚を食べてるんだけど…」 キュートちゃんというのは職員によって名付けられた名前。 あまりにも可愛らしいため、職員はその愛らしさに魅了され盲愛するようになる。 エンサイクロペディアに記載されているレポートでもまさに親馬鹿と言わんばかりにかわいがっている職員の様子が書かれている。 だが、キュートちゃんは無害なものでもなんでもなく、その正体は人を食べる獰猛なアブノーマリティである。 しかし盲愛している職員たちはキュートちゃんが可愛いあまりに人間を餌として差し出すことに何の躊躇もなくなる。 収容選択時のフレーバーテキストはキュートちゃんが「おやつ(として差し出された人間)」を食べているところを見た正気の職員が呟いた一言。 キュートちゃんを盲愛する職員に「この天使のような目を見ろ!動物に罪は無い!そうだろ?」と言われて「いや、その天使が今まさに、同僚を食べてるんだけど…」と返したことがエンサイクロペディアのレポートに書かれている。 Parasyte Tree(寄生樹) Parasyte Tree(D-04-108、寄生樹)は緑色の樹木の姿をしたアブノーマリティである。 リスクレベルはWAW。 収容選択時のフレーバーテキストは「安心してください、祝福が必要でしょう?」 寄生樹は世話をしてくれた職員に対して贈り物を与え、贈り物を受け取った職員は心が休まり心身ともにリフレッシュする。 その時に「私はただ、あなたを助けたいだけです」「あなたの仲間の中に苦しんでいる子がいたら、私のところに連れてきてください。 私はその子を助けることができるでしょう」と寄生樹の声が聞こえる。 その声に従い、寄生樹の元へ誰かを連れて行くと、「あなたは良い子だから、贈り物をあげましょう」と寄生樹はその者たちを自らの中に取り込む。 寄生樹が寄生するのは身体ではなく心であり、獲物の心に寄生した寄生樹は優しい声で祝福を騙って獲物をおびき寄せ、体内に同化して取り込むのである。 Melting Love(D-03-109、溶ける愛)は、少女の姿をしたピンク色の粘液のアブノーマリティである。 リスクレベルはALEPH。 収容選択時のフレーバーテキストは「そして私の愛する職員の皆さん。 先ほどここに入る時に、支給されたマスクは着用しましたか?」 溶ける愛は気に入った人間に自分の一部を埋め込む性質を持っている。 溶ける愛に感染した人間は溶ける愛を愛するようになり、保護するように働き始める。 そしてやがて突如として身体が粘液に変化し、溶ける愛へと同化していく。 スライム状の粘液に変化してしまった後は、まるで愛に殉じるかのように周囲の人間を攻撃し始める。 Heroic Monk(風雲僧) Heroic Monk(D-01-110、風雲僧)は、黒い三度笠を被った修行僧のような姿をしたアブノーマリティである。 リスクレベルはWAW。 収容選択時のフレーバーテキストは「しかし天下が驚くほどの舎利が出たならば、そなたの名は後世に残ることだろう」 風雲僧は元は人間であり、修行僧であった。 僧は旅の途中、近隣の村で名のある高僧の荼毘(火葬)があるという噂を聞いた。 僧は荼毘を見物しようとその村に行ったが、村の人々は鬼気迫る顔で念仏を唱えていた。 それは高僧を偲ぶための念仏というより、何かを待望するかのようなものであった。 すべてが燃え尽きた後、高僧から出てきた仏舎利の量を見て、村の人々は失望を隠せなかった。 僧もまた「高僧ならば相応の量の仏舎利が出てくるはずだ」と考えていたため、少ない仏舎利の量に衝撃を受けていた。 そんな僧に何処からか現れた老人は「そなたの遺骨から何も出なければ、あらゆる功徳も無為になるだろう、しかし天下が驚くほどの仏舎利が出たならば、そなたの名は後世に残ることだろう」と言い、近くの仏塔に忘れられた仏舎利が眠っていることを教え「それを食えば、死んだ時により多くの仏舎利が残るのではないか?」と言い残す。 仏舎利の量=名誉欲に駆られた僧は仏塔へと向かい、そして欲のあまり悪鬼と化した。 以後、仏塔の周りでは悪鬼が出没するという噂が流れるようになった。

次の

ロボトミーコーポレーションプレイ日記5

ロボトミーコーポレーション アブノーマリティ

2007年あたりに海外掲示板発生した「怖い画像」に「怖い設定」を設定していくという遊びが発端でできた人智を超えた「 異常存在」。 それらを、 Secure(確保)・ Contain(収容)・ Protect(保護)するのが「 SCP財団」というこれまた架空の団体。 「異常存在」は見るからに恐ろしいモンスターから、目に見えない現象、童話に出てくるアイテム、無害だけどワープするアヒルのおもちゃなどまで様々で現在3000近くの存在 ? します。 ちょっとXファイルを彷彿とさせる感じですね。 SCPは「SCP Containment Breach」というフリーゲームにもなっていたりしてオカルト・UMAが好きな人には結構人気です。 (怖いもの見たさで手を出すといろんな意味で痛い目をみると思いますが) そしてこのSCPネタにインスパイアを受けたのがこのゲームで、「異常存在」を「 アブノーマリティ」と呼び、施設で厳重管理した上で 彼らが発生させるエネルギーを抽出するゲーム上の企業が「Lobotomy Corporation」というわけです。 ゲームプレイとしてはFallout Shelterのような横視点で施設全体を見て、人の移動指示をだしたりするシミュレーションタイプのゲームになっています。 (ですが今のところマップを自由で拡張したりはできません) 結局のことろ長時間作業させてると暴走はほぼほぼ避けられません。 さっさと必要なノルマになっているエネルギーを集め、ヤバい状況に陥ったら画面上に「業務完了」と出たら押して仕事を切り上げます。 なお、一般職員が殺されそうになっていてもかわいそうですが盾になってもらってでも自分直属の職員を死守しましょう。 ほぼ操作としては特定の方向に逃げさせるということができないのでルート上にいると鎮圧しかできない上に、職員もよっぽど強くないと制圧できません。 ただ自分直属の職員の精神がパニックの状態では次のステージで死んだことなってしまうのでそれだけ注意が必要です。 なのでプレイヤーの仕事が終わった後、施設内がどうなったとか考えない方がいいかもしれません。 () ステージクリアすると次のアブノーマリティを選ぶ プレイ自体は1ステージ=1日として進んでいき、1日1つづつ管理する「アブノーマリティ」を選ばされるので、これらがどんどん増えていってそのうちてんやわんやになります。 エージェントが全滅したらゲームオーバーでその日をリトライと言う感じになりますが、どの「アブノーマリティ」をどう管理するのか、かなりの覚えゲーになっています。 難しそうだけどクリアした時点の情報は再スタート時に引き継げる 初見では絶望的な状況ですのでたぶん10日目になるまでに必ず詰みます。 ただ、クリアした時点までに得た「アブノーマリティ」の情報、作ったアイテム、研究提案書でアンロックしたものは、再び1日目からはじめたときに引き継げるので段々楽になっていきます。 なので限界かなと思ったら再び最初からか少し戻ってプレイしましょう。 ある意味ローグライクっぽいです。 アブノーマリティの情報 ステージを進む際にアブノーマリティを選びますが、一度基本情報をアンロックしてあるとその名称が表示されるので地雷を回避しやすくなります。 アブノーマリティの情報はアブノーマリティに接触成功した際に得られるグリーンポイントを元にアンロックできます。 アンロックするとアブノーマリィに対する情報や、観測レベルに応じて作業効率が上がったり、武器・防具を作ることが出来るようになります。 また「アブノーマリティ記録」ではバックグラウンドも見れるのでそれもまた楽しいです。 武器・防具の制作 職員の初期装備は警棒&スーツです。 ほぼ意味のない装備なので、アブノーマリティ情報をアンロックしたらグリーンポイントが余ってくるので、それで武器・装備を作っておきましょう。 初見ではエージェントはハッキリ言って捨て駒でしかありませんでしたが、これでようやく多少戦えるようになります。 (なるべく避けたいところですが) 研究提案書 再生速度、ダメージの可視化、精神ダメージ軽減、全員集合など進めていくと様々な便利機能がアンロックされていきます。 新版と旧版について.

次の

Lobotomy Corporation(ロボトミーコーポレーション)のアブノーマリティまとめ

ロボトミーコーポレーション アブノーマリティ

今回紹介するのは Lobotomy Corporation です。 あなたは者の管理人に選ばれました。 アブノーマリティを管理し、エネルギーを生産しましょう このゲームはアブノーマリティと呼ばれる収容施設に入れられた怪異な生物たちからとある「作業」をすることでエネルギーを獲得し、 そのエネルギーを1日に決まった数値以上集めて管理していく…といったマネージメント要素もあり、シミュレーションでもあり、若干のな要素もあるゲームです。 あなたは管理人「X」となり、この社で多くのアブノーマリティを管理し、エネルギーを集めて1日を切り抜けていきます。 基本はマウスとキーボードのみ、それもクリックが大半なのでそこまで難しい操作もございません。 作業の中身でしょうか?ではその前に職員についてお話ししましょう。 職員は勇気 赤 、慎重 白 、自制 紫 、正義 青 という4つのパラメータを持っています。 また、このパラメータはアブノーマリティの攻撃や職員の持つ装備の属性ともなります。 作業をしたいだけなら自制を上げるだけでよいかもしれないのでは、と思うかもしれません。 しかし、作業中にアブノーマリティはちょっかいを出してきて、HPが減ったりMPが減ったりするときがあります。 また、時にアブノーマリティは脱走をするため、職員による鎮圧が必要です。 なので、自制以外にもあげる必要が出てくるのでそこは気を付けましょう。 いざとなったら、SPACEキーを押して一時停止を押すと、時間が止められます。 そこでじっくり考え、アブノーマリティに対処しましょう。 さて、話がそれてしまいましたが、アブノーマリティの作業は、それを行うことで各職員のパラメータを上げることが可能です。 ただし、アブノーマリティによっては作業結果がその作業ではエネルギーが貯まりにくいものなどもあります。 気を付けましょう。 ここまできて説明が難しくてわからない?大丈夫です。 あなただけでなく、どこか不穏な感じを出すアンジェラというAIや、各層ごとにいる「セフィラ」という部門管理者などがあなたのサポートをしてくれるでしょう。 なにも心配はいりません。 なども始める前に行えますので、安心です。 個性豊かなアブノーマリティたち この社では、各日付の始まりごとに、基本的にはランダムに選ばれた3つの中から選択いたします。 色んなアブノーマリティがいます。 なかには一見かわいらしい子だったり逆に友好的に見えるアブノーマリティもいるかもしれません。 しかし、管理人であるあなたは気を抜いてはいけません。 いかに好感を抱こうと、相手はアブノーマリティなのです。 油断せず管理することが第一となります。 ときには、作業が上手くいかず、はたまたなにかしら条件を満たしてしまってアブノーマリティは脱走することもあります。 そんなときこそ落ち着きましょう。 正しく落ち着いた行動をとることで、鎮圧は可能です。 しかし、どんな管理人でもミスはつきものです。 脱走させ、職員のほぼ全てが死んでしまった、といったこともあるでしょう。 そういった場合は、1日をやり直すことも可能です。 安心しましょう。 職員を使い、犠牲にしてアブノーマリティに関して情報を得ましょう。 「管理情報」を見ることで、どう対処し、どんなことに気を付ければいいか大体わかるはずです。 クリフォト暴走と試練 このゲームには、各フェーズごとに「クリフォト暴走」というものと、「試練」というものがございます。 そのフェーズに移行するには、アブノーマリティの作業を何回やると次のフェーズへ~といった風になっております。 クリフォト暴走 クリフォト暴走は、アブノーマリティが不安定な状態になる…みたいなものでしょうか。 各アブノーマリティの収容室がこの暴走に時々なることがあります。 これを放置すると、アブノーマリティによっては脱走したりするので注意が必要です。 また、脱走しないアブノーマリティでも暴走を放置すると、その日貯めたエネルギーを幾ばくか持っていったりします。 注意しましょう。 試練 試練は、アブノーマリティ以外のこの施設を脅かす存在となります。 「初見殺し」な試練もありますが、基本的には鎮圧させることでエネルギーを貰うことができます。 これのためにも職員の装備は充実させましょう。 試行錯誤して管理しましょう。 トライ&エラーはこの社では基本です。 上でも挙げたように、一日をやり直したり、あえて職員を犠牲にすることでアブノーマリティについて学んでいくことは多いです。 やるうえで職員はパニックになったり、死んでしまうこともあるでしょう。 ですが管理人、あくまで目的はアブノーマリティの管理によるエネルギーの獲得です。 ときには、収容したアブノーマリティに手が付けられなくなり、その周まるごとリセットもあり得るかもしれません。 ですが安心してください。 職員が亡くなった際装備していた、などといった場合でないなら、装備やアブノーマリティの情報は引き継ぐことも可能です。 ある意味、そういうデザイン前提でもあるのがこのコーポレーションです。 安心して無理だと感じたらリセットをいたしましょう。 最後に管理人へ このコーポレーションは、シミュレーションとしても楽しく、ストーリーも興味深く、また時間がとても吸われていく恐ろしいゲームです。 リセット前提、周回前提というのが賛否分かれるかもしれませんが、とても楽しくできたゲームです。 アブノーマリティはときにゲームシステムにも関与し…おっと、これは実際にやって確かめた方がよいかもしれませんね。 管理人のひとりである私も、リセットを駆使しまだDAY32ではありますが、楽しんでおります。 クリアしてないため、今回はファーストインプレッションとしましたが さあ、あなたもこのコーポレーションで、アブノーマリティを管理し、よりこの会社を発展させましょう。 pado2donpan.

次の