コロナ 旅行 会社。 【コロナに勝つ!ニッポンの会社】Withコロナの旅行・観光は「近」「短」 星野リゾート「マイクロツーリズム」宣言: J

新型コロナが旅行業を直撃、7500万人の雇用危うく

コロナ 旅行 会社

新型コロナウイルスの影響が日に日に強まってきた。 帝国データバンクが3月24日10時時点でまとめた新型コロナウイルス関連の倒産は13件で、観光関連業(5件)や飲食業(3件)が厳しい状況に陥っている。 そんな中、旅行会社にも深刻な影響が現れてきた。 すでに倒産した企業があるほか、業績悪化に伴う赤字転落や希望退職の募集などが表面化してきた。 米国では新型コロナウイルス対策として、2兆ドル(約220兆円)の景気刺激策が検討されており、日本でも大規模な企業支援策が必要となりそうだ。 近畿日本ツーリストのKNT-CTが98億円の当期赤字に 大手旅行会社の近畿日本ツーリストなどを傘下に持つKNT-CTホールディングスは3月24日に、2020年3月期の当期損益が20億円の黒字予想から98億9000万円の赤字に転落する業績の下方修正を発表した。 当期損益が赤字に陥るのは2017年3月期以来3期ぶり。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、個人旅行、団体旅行ともにキャンセルや自粛が続いているほか、これに伴うソフトウエアなどの減損損失として約18億円の特別損失を計上することなどが要因という。 当期以外の損益も悪化しており、営業損益は35億円の黒字から33億円の赤字に、経常損益は36億円の黒字から33億8000万円の赤字に陥る。 売上高予想も325億円減の3900億円に引き下げた。 売上高が4000億円を下回るのも2017年3月期以来3期ぶり。 インバウンド(訪日外国人旅行)専門の旅行会社HANATOUR JAPANは3月24日に希望退職者の募集を行うことを決め、即日実施した。 日韓関係の悪化に伴い業績が悪化していたところに、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って事業環境が急激に悪化していることから全社員(2019年6月に174人)の約17%に当たる30人ほどを募集する。 募集期間は3月30日までで、退職日は4月30日。 希望退職者に対して特別加算金を支給する。 国内旅行を手がける愛トラベル(広島市)は、3月10日に広島地裁に自己破産を申請した。 帝国データバンクによると、厳しい資金繰りが続いていた中、新型コロナウイルスの影響で予定したツアーの中止が相次いだため、経営継続が不可能になったという。 政府の要請に応じた外出自粛の広まりとともに、旅行会社の経営は苦しくなる一方。 今後、倒産や希望退職、赤字転落などが急増しそうだ。 文:M&A Online編集部.

次の

コロナの影響で大手旅行会社は経営が逼迫しているのでしょうか?...

コロナ 旅行 会社

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い外出自粛の日々が続いていましたが、ようやく都道府県境を越える移動が可能になりました。 アフターコロナ(ウィズコロナ)の旅行について、各業界団体がガイドラインを制定。 感染拡大防止のために「3密」を回避することを基本として、さまざまな対策が検討されています。 本記事では、今後旅行するにあたって予想される変化を、各団体のガイドラインを基に考えてみました。 新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う、県境をまたいだ移動の自粛が2020年6月19日より解除されます。 また県境をまたぐ観光については「徐々に行い、人との間隔を確保すること」というガイドラインが政府より示されています。 各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。 (LINEトラベルjp) 提供元:Pixabay 初めての個人旅行、ネット予約の操作が苦手、行程が複雑なのでプロの意見を聞きたい……といった場合、今までであれば旅行代理店の店頭へ行くのが普通でした。 アフターコロナでは、旅行の申し込み方法にはどんな影響が出るでしょうか? 旅行代理店などが所属する日本旅行業協会は、新型コロナウイルスの感染防止に向けた取り組みとして、今後の営業についてのガイドラインを定めました。 このガイドラインには、旅行代理店で旅行を申し込むときや、旅行者がツアーに参加する場合の注意点などが盛り込まれています。 こちらをベースに変化を考えてみましょう。 ガイドラインには「店内での密集を避けること」という取り決めがあるので、旅行代理店によっては来店予約が必要になる可能性があります。 また、来店者数を減らすためにネット予約ができる旅行商品が増え、予約の操作も簡単になるかもしれません。 スタッフに直接相談して予約がしたい方には、電話だけでなくオンライン相談のような新しい選択肢が増えることも想定されます。 また、Eチケット控えや行程表など、ほとんどの必要書類がインターネット上からダウンロードできるようになり、支払いもオンライン決済がメインになるなど、来店する機会はさらに少なくなっていくでしょう。 旅行代理店の店頭にずらりと並ぶパンフレットも、感染防止のため数が減ることが考えられます。 店頭に掲示されたQRコードをスマホに読み込み、電子パンフレットにアクセスする、というような新しいシステムが誕生したら楽しいですね。 提供元:写真AC 航空分野においても、ガイドラインが制定されました。 現状の搭乗ルールでは国際線は出発2〜3時間前、国内線は30分前までに、航空会社のカウンターでチェックイン手続きを済ませることになっていますが、アフターコロナではこの時間が早まる可能性があります。 というのも、カウンターでのチェックイン手続きや保安検査、出入国審査などはガイドラインに従い、人との距離を空けて密にならないように進められるため、手続きに時間がかかることが予想されるからです。 行列を解消するため、自動チェックイン機や自動手荷物預け機がさらに普及すると助かりますね。 保安検査場入り口などではサーモグラフィによる体温測定が実施され、発熱や体調不良が見られる場合は搭乗を取りやめるよう要請されます。 航空機内の空調システムは、数分で空気が入れ替わる仕組みになっていると言われていますが、搭乗時はマスク着用を要請されます。 マスクは今や生活の必需品。 自分で持参するのはもちろんですが、機内でブランケットやイヤフォンなどと一緒に、マスクを配る航空会社が出てくることも予想されます。 乗客と客室乗務員の接触機会を減らすため、機内サービスも最小限に。 今までは好きな時にドリンクをオーダーできましたが、アフターコロナでは搭乗時にペットボトルを配布して接触機会を減らすなどの対応の変化が見込まれます。 機内で自由にお酒を飲むのが楽しみ!という方には少し辛いかも……?スムーズに配膳をするため、機内食のスタイルが変わったり、メニューが選べなくなったりする可能性もあります。 ガイドラインでは「旅客に会話をなるべく控えること」という記載もあります。 フライト中はテンションが上がって、つい同行者といろいろ話したくなりますが、感染防止のためここはグッとガマンですね。 提供元:Expedia ホテルや旅館などの宿泊施設もガイドラインに則って営業が進められるため、宿泊先での過ごし方にも変化が出てきます。 まずはチェックイン。 フロントで記帳をしてスタッフに客室まで案内してもらい、客室内の設備や館内サービスなどの説明を受けて……というのが今までの流れでしたが、今後は大きく変わります。 客室でのチェックインや、自動チェックイン機での手続きになるなど、チェックイン時にフロントが混雑しないような対策が取られます。 客室までの案内もカットされ、館内サービスなどの説明は客室のテレビで配信される動画やリーフレット等で、各自確認するようになる可能性があります。 食事は客室や個室でとることが増え、万が一食事処を利用する場合は一定のスペースを空けるため、少人数ずつで案内されます。 ビュッフェスタイルの場合は各宿泊者用のトングを使う、スタッフが取り分ける、あらかじめ料理が分けられた小皿を取るようにするなど、ガイドラインに沿った対応が取られます。 ビュッフェ自体が減ってしまう可能性もあるので、楽しみにしている方にはちょっと残念ですね。 大浴場や休憩所、ジムなど人が密集する場所も、時間制が導入されたり、人数制限が行われたりする可能性があります。 混雑が減るのは良いことですが、気軽にフラッと行けなくなるのはすこし寂しいかも。 客室露天風呂のあるお部屋に人気が集まりそうですね。 提供元:写真AC 観光施設でもガイドラインが制定されています。 日本博物館協会のガイドラインを例に考えてみましょう。 屋内施設では密集してしまうことを防ぐため、施設の規模によっては日ごとに入場者数の制限を設ける、入場を事前予約制にするなどの対応が取られます。 また、入場時にサーモグラフィなどで検温があり、発熱が見られる場合は入館を断られる可能性も。 見学・鑑賞時にも来館者が一定の距離を保つ必要があるので、静かに落ち着いて観られるようになるのはプラスと言えますね。 作品に触れることができる展示やワークショップなどのイベント、ガイドツアーは中止になりますが、その代わりとなる新しい取り組みが生まれる期待も膨らみます! 提供元:Unsplash 動物園や水族館も、暫定のガイドラインを制定しています。 動物から人、人から動物への感染がゼロとは言えない状況のため、動物と触れ合ったりエサをやったりするイベントはしばらく休止です。 また、入場時の手指の消毒の徹底、見学中も人との距離を取る必要があります。 人気の展示に人が集まってちょっとしか見えなかった!ということが減り、写真撮影しやすくなる可能性があります。 ショーが行われる場合も人との距離を空ける必要があるため、シートにギュウギュウに詰めて座ることはなくなります。 事前予約制にする施設も出てくる可能性もあるので、あらかじめ見学スケジュールを立てておくと良いでしょう。 旅行するときに気を付けること 国土交通省により、旅行者の感染防止策として「新しい旅のエチケット」が発表されました。 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぎながら楽しく旅行するために、以下の点を気を付けましょう! ・マスクの着用 ・手指の消毒、手洗いの徹底 ・体調が悪いときは絶対に行かない ・来館者の居住地を限定して入場制限を行う施設もあるため、運転免許証など住所を証明できるものを持参する ・検温、体調チェックなどスタッフの指示に必ず従う ・トイレのハンドドライヤーは使用できないため、ハンカチやティッシュを持参 ・コード決済や非接触IC決済など、現金の受け渡し不要の決済手段を用意する 利用する交通機関や宿泊する施設、訪問する観光スポットによって規定は異なります。 各公式サイトで最新情報を必ずご確認ください。 今後の旅行スタイルを確約するものではありません。

次の

コロナウイルスによる、旅行会社への影響を解説します

コロナ 旅行 会社

こんにちは。 Youtuberのシノ社長です。 話してる顔が怖い、笑顔にしたほうがよい、モゴモゴしてる、目が文章追いかけてる、声が前に出てないとかとか、本当にたくさんのありがたすぎるご意見を頂いています。 「内容は良いんだけどさ」と言ってくださる方が多いので、これはお褒め頂いているのだと前向きに捉えて爆速PDCAをまわす所存です。 今日のNoteでは、 旅行業界のアフターコロナ(=ウィズコロナ)を予測してみたいと思いますが、Youtubeではアフターコロナマーケットの全体感を話してみたので、ぜひ切り分けてご覧ください。 本Noteは有料にしようと思いきや無料にしてますので、もし面白いなと思って頂けたらYoutubeチャンネルの登録をですね、ぜひともお願いします! 旅行業界のアフターコロナはどうなるのか? これ若干評論家ぽい話しで、あまり好きではないのですが。 笑 一応は長年旅行業界に勤めていましたし、色々考えたものをアウトプットしないのはなんだかもったいないなぁと思えたので、予想を残しておきたいとおもいます。 答え合わせにも1年くらいかかる話しなので、まぁ自分のヨミが外れても当たっても面白いから残しておこうかなくらいの軽いのりです。 では早速。 まず、以下のような論理区分から考えてみました。 宿のタイプと旅行のタイプ(目的)の2軸です。 早速、1つづつ説明してみたいとおもいます。 (色にはなんの意味もないです!) 宿のタイプ(ハード的な意味合い) 1)リゾートホテル これは沖縄や北海道や舞浜などにあるような、大きめのリゾートホテルを指します。 300室以上の大型リゾートから、スモールラグジュアリー系までを含めてリゾートホテルと定義。 2)シティホテル 東京や大阪から地方都市まである、宿泊、宴会、料飲などフルサービスを提供してくれるようなホテルを指します。 3)旅館 主には地方に点在している旅館で、数室〜200室前後くらいまでが一般的なサイズ感です。 4)ビジネスホテル 宿泊特化型のホテルで、会議室や夕食の提供などはしないタイプです。 主に50〜150室くらいが幅で、都心から地方までたくさんあります。 5)その他ジャンル その他とくくってしまい申し訳ありませんが、民宿、ペンション、また民家などまで存在しています。 主に1室〜10室くらいがメジャーなサイズ感です。 以上、5つのタイプ別に予測を立てるのですが、一方で利用シーンはかなりバラバラなのでそれをクロスさせます。 旅行のタイプ(利用シーン)について こちらも5つの分類で考えてみました。 1)日本人のバケーション 国を横断しない国内旅行を指しています。 つまり日本人が日本のどこかを旅行するマーケットです。 2)海外渡航や訪日旅行 国を横断する旅行や出張を指しています。 つまり外国への渡航旅行や訪日旅行マーケットを指しています。 宿とのクロス時はつまり訪日旅行とお考えください。 3)MICE(会議、団体旅行、カンファレンスなど) 団体での会議、カンファレンスや学会。 そして社員合宿のような旅行です。 ここもホテルによっては非常にシェアが大きい重要な利用シーンです。 4)国内出張 主に法人に勤める方が、ビジネスで日本の各地へ出張に動くことです。 東京の人が大阪へ行ったり、熊本の人が東京へ行ったり、北海道の人が福岡へ行ったりと、日本国内における移動を伴うビジネストラベルです。 5)カップルユース これはあえてこのように切り分けていますが、ホテルの方なら理解頂けるはずです。 これは、都心ホテルのいわゆるラブホユースと呼ばれる巨大マーケットです。 その日のノリで泊まる人たちが、とんでもなく大きいのです。 以上、5つの区分同士をクロスしてみましょう。 アフターコロナのマーケット予測 結構、大胆めに予測をしてみましたが、こんな感じになる気がしています。 ここからは 「縦軸」をベースに左から順に説明をして、総評として 「横軸」の話しをしてみたいと思います。 1列目:日本でのバケーションについて これは実はかなり楽観的に見ていますが、宿種によっては急速な回復をするのではないかと。 今みんなはSTAY HOMEをずっと続けていてフラストレーションが溜まっているわけですが、先日気が緩んだ3連休と言われているあの時、実は国内旅行は瞬間的に爆伸びをしていました。 多くの宿が満室になり、一瞬の安堵感があったのです。 社会のムードが収束に向かい始めたり、なんらかの一時収束宣言がトリガーとなって急激に回復すると予想しています。 また、次項でも述べますが、「海外旅行へ行きたいけど行けない人たち」が大量にいますので彼らは必ず国内旅行へ向かいます。 そうすると、沖縄や北海道リゾート、首都圏シティでのエンタメ、また旅館でのんびりなどなど。 急激な回復を見せるはずです。 ただし、重要なポイントは「いつ収束宣言がされるか(またはされそうなムードになるか)」が非常に重要です。 今の状態がズルズル引きずられると、収束宣言や収束ムードがずっとダラダラ来なくなる可能性がありますので、そこは要注意です。 なお、ビジネスホテルは恩恵があまりないマーケットと言えるため、苦戦が長引いてしまう可能性が高い気がしてなりません。 次にも続きます。 2列目:海外旅行、訪日マーケット ここは全然ダメです。 相当長引くと予想しています。 理由は3つありますが、1つ目は各国の収束ムードに引っ張られること、2つ目は各国のウイルス対策ルールが異なること、3つ目は飛行機数や足回りの回復は緩やかであること。 1と2は関連しています。 各国ごとに違った対策、違った収束ルール、違ったウイルスマネジメントが行われています。 現在日本は世界から「あの国は感染者数をチートしてる」と思われているわけですが、そうなると「日本人を入国させるのはリスクではないか」という会話にならないはずがありません。 3はシンプルに足回りが無いか高いので、「それなら国内でいいか」という海外渡航好きな人達も思うはずで、それが1の国内旅行の急回復への橋渡しにもなるはずです。 3列目:MICE(社員旅行、カンファレンス系) このマーケットも当分は間違いなく全然ダメです。 考え方は簡単で、「今日みなさまはカンファレンスの企画をしますか?」ということです。 絶対にしないですよね、なぜなら収束が見えていない中で新規に企画したって、流れるリスクのほうが高いからです。 じゃー収束が見えてきたらすぐにしますか? という問いでも、しない人のほうが大勢であるはずです。 なぜかというと、ワクチンができるまではまたウイルスが拡散したら中止になる可能性を誰も否定できないからです。 そんなリスクを大手企業や医師会など学会が許容するはずがないです。 よって、ここのマーケットは徹底的にオンライン化の波が急激にくるため、むしろZoom for MICEみたいなカンファレンスに特化したZoomみたいなサービスとかも出てくる気がしてなりません。 リアルの場ではなく、バーチャルの場でのMICEが活況になるわけですね。 ネガティブなことばかりで申し訳ないですが、MICEは過去最悪の長い冬の時代が到来してしまうため、早急に宴会場の活用プランの戦略を考えたほうが良いと思っています。 宴会場は部屋に変えてしまうなどそれくらい大胆な活用をしていいのではないでしょうか。 4列目:出張マーケット これも予想しておわかりの通り、最悪になります。 これはシンプルにただ1つのポイントから考えればわかります。 それは、コロナショックによって多くの企業業績が悪化することで経費削減対象になることです。 おそらく80%超を超える業態の会社では業績が悪化しているわけですが、その状態で、 Zoomでもできちゃうことが判明したミーティングを、あえてコストもリスクもかけて国内移動しますか? という点に尽きます。 当然しないんです。 これは国家間の移動でも言えますが、別に行かなくても相当高いレベルでミーティングできることが分かってしまったので、今後は出張というモノの価値概念が根本から問われることになります。 5列目:カップルユース これはホテル業界にいない人にとって、そもそもなんでこんなMECEじゃない切り分けしとるんじゃい。 って思うかもしれないです。 でも、このマーケット甚大なのです。 大手宿泊予約サイト経由の当日予約比率が50%近く(総稼働率に対して)になるビジネスホテルやシティホテルが世の中にはたくさんあり、これのほとんどがいわゆるカップルユースです。 唯一、ちょっと読み切れておらず曖昧なのですが、 カップルユースは飲食マーケットの回復とかなり相関のある戻り方になるのではないかと予想中です。 ほとんどのカップルが、夜ご飯を外で飲み食いしながら、今日帰るの面倒だなどっか泊まるかー。 みたいな流れを背景に、 毎日22時〜24時くらいに凄まじい勢いで総予約数が増えていくからです。 現在は外出自粛によって本当にほぼゼロ近似しており、自宅で遊ぶことが今は当たり前になったと思います。 自宅でいいじゃんと気がついてしまった層、やっぱり外で飲んでたまには外泊がいいと思う層。 ホテル種別ごとの総評 最後に、ホテル種別ごとにザクっとまとめて終わりにしたいと思います。 まずリゾートホテル系と旅館系とその他種別です。 ここは、 これまでもきちんとファミリーユースやカップルの旅行などで稼働していた宿ほど、比較的すぐに戻ると思っています。 書いた通りですが、そもそものニーズがそもそも国内バケーションと限定的であり、そこは3連休の様子からぐっと回復することが予想できます。 問題は訪日旅行や団体依存が高い旅館やリゾートホテルです。 今すぐに国内客にシフトを検討し、打ち手を放ちたいところです。 続いてはシティホテル。 大変残念ながら、出張需要の低迷、MICE需要の低迷から相当苦戦が長引いてしまうと考えられます。 世の中の宿泊や会議への価値観の根幹から変わり始めているので、改めて中長期計画の策定や、大胆なスペース活用方法の検討が求められるかもしれませんし、パイオニアになれれば新たなチャンスも出てくるように思っています。 そしてビジネスホテル。 大変残念ながら、長期に渡って相当厳しいです。 そもそも訪日需要を予想して作っているため、マクロでも部屋余りが当面続きますし、さらに国内出張需要の回復も遅れるため数年はかかる気がしてなりません。 前述した、これまで以上のカップルユースの囲い込み策から、リモートワークの場の提供といったなにか新しいスペースの使い方を検討したいです。 あれって国や病院から支払いあるし、有料ですよね。 (知っている人いたら教えてください) 最後のイレギュラー変数 以上でおしまいにしたいと思いますが、 たった1つだけイレギュラーで予期できない変数があります。 それは、東京オリンピックです。 もしも来年7月に本当に開催できた場合は、もしかしたら上記のすべての前提を一発で壊してくれて回復する可能性がありますし、逆に開催しなかった場合はさらに深い沼に落ち込んで行く可能性があります。 オリンピックが開催された場合は、訪日旅行者も急速に回復してきっと世界から来ることでしょう。 選手もたくさんきますし、飲食店やホテルも盛り上がるはずです。 でも、本当にコロナウイルスが来年夏に収まっているのでしょうか? ちょっと私はまだ半信半疑で、東京オリンピックの中止報が流れる可能性も未だにある気がしてなりません。 つらいですが、そのときはそのときのシーンに合わせてまた考え直さなくてはならないダメージを受けそうです。 ただどっちにころんだとしても、 世界がまた新しい方向へ成長する大チャンスでもあるわけです。 医療現場の最前線で頑張ってくださっている方や、治療を頑張っているみんなをSTEYHOMEでできる限り応援しまくって、よりよい世界にしたいと私は強く願うばかりです。 以上、旅行業界というマニアックなネタでした。 Youtubeでは全く違う観点で説明をしているので、是非見てみてください。 笑 ちゃんちゃん。

次の