メルカリ コメント の 消し方。 メルカリの全取引で使えるコメント例文を公開!これで迷うことなし!

メルカリ購入者からのコメント削除依頼の理由と削除方法

メルカリ コメント の 消し方

ユーザー同士が気軽にメッセージを送り合えるのが、メルカリのいいところでもある フリマアプリのメルカリでは、ユーザー同士が自由にメッセージのやり取りをすることができます。 購入前であれば値下げや取り置きのお願いなどが多くなりますが、他にも写真の追加や商品に対する細かい質問などもあります。 メッセージはコメント欄を通すので、他のユーザーも見ることができます。 そのため 名前や住所、メールアドレス、電話番号などの個人情報は絶対に書いてはいけません。 またメルカリのルールにもありますが、相手を罵るような言葉など気分を害するようなメッセージや外部サイズに誘導するような内容のメッセージを送るのは禁止されています。 メルカリ取引メッセージ:出品者側のコメント注意点 出品者がコメントについて気をつけたいのは、まずはコメントをチェックすることです。 コメントがあったときのお知らせする機能をONにしていれば、その都度確認ができるのですが、そうでない場合には気づかないこともあります。 お知らせ機能がONになっているかどうかは、以下の手順で確認や変更ができます。 メルカリは、スマホがメインということもあり、すぐに返信がくると思っているユーザーが多いのです。 そのため返信が遅いと不安になってしまうこともあるからです。 当然ながら、出品者も個人情報やメルカリの禁止行為になっているようなことは書いてはいけません。 コメントの掲載期間と削除のタイミング コメントがあっても購入されるとは限らないので、そのまま掲載され続けることもあります。 商品についての質問であれば、他のユーザーが購入するときの情報になるので残しておいてもいいと思います。 商品説明に追記したのであれば、削除してしまってもいいでしょう。 コメントが多くなると見にくくなってしまうので、必要な情報だけ残すのも手です。 値下げ交渉の途中でコメントがこなくなったら、期間を決めて最終的には削除してしまいましょう。 そうしないと、他のユーザーが購入できなくなり、売るチャンスを逃してしまいます。 削除するためには、交渉しているときに専用出品や値引きに加えて、「2日以内に購入されない場合には専用出品を解除して、コメントも削除します」と書いておくとトラブル防止になります。 値下げ交渉のコメントは早めに削除 先ほど、値下げ交渉のコメントは期間を決めて削除すると書いたのですが、決裂した場合でも早めに削除しておきましょう。 コメントの中に具体的な金額があると、他のユーザーがそれを見て交渉をしてきます。 たとえば現在2,500円で出品している商品を、交渉の末に2,200円まで下げると書いたけれど、結局購入されなかったとします。 他のユーザーがこれを見たら「2,200円までは下げてもらえるな」と思うはずです。 本来なら2,500円で売れるのがベストなのだから、2,200円を残してしまうと不利になることもあります。 そのため、交渉したコメントはすぐに削除してしまいましょう。 メルカリ取引メッセージ:購入者が使うフレーズ例 実際にコメントの返信をするときのやり方は、コメント欄に入力すればOKです。 特に難しいことはありませんが、どんな文面にすればいいのかはけっこう悩むかもしれません。 そこで、例文を挙げていきたいと思います。 はじめまして。 この靴を300円値下げしていたくことはできますか?値段を下げて専用出品にしていただければ、購入させていただきます。 これに対して出品者からOKの連絡が来て、値下げした価格での専用出品になったら、購入手続を進めます。 値下げをしてくれたことについては、購入した後のメッセージでお礼などを伝えれば大丈夫です。 もし出品者が300円の値下げができないときには、200円ではどうかというメッセージが来くるかもしれません。 そのときには、その値段で購入するしないに関わらず、返信をします。 これを無視して購入手続をしてしまうとキャンセルになることもあるので、注意が必要です。 (ただし、これは出品者独自のルールであって、メルカリの公式なルールではありません)コメントをするときには はじめまして。 購入希望です。 よろしくお願いします。 という内容で問題ありません。 これに対して出品者からコメントがあれば、そのまま購入手続を進めていきます。 値下げをしてもらった場合には、お礼を兼ねてメッセージを送りましょう。 値下げしていただきありがとうございます。 早速購入させていただきました。 よろしくお願いします。 値下げをしていない場合には以下のようなメッセージになります。 購入させていただきました。 よろしくお願いします。 配達時間帯の指定が可能な方法で発送してくれる場合には、要望があればここで連絡をしておきます。 到着を楽しみにしています。 という内容の返信でOKです。 商品が届いたら中を確認して、受取評価をします。 特に問題がなければ以下の内容で評価をします。 商品が届きました。 スムーズな対応ありがとうございました。 これに対して出品者からの評価を受けて、取引は完了ということになります。 メルカリ取引メッセージ:商品に問題ありの場合 もし届いた商品に問題があったときには、受取評価をせずに出品者にメッセージを送ります。 たとえば、動くはずの家電が動かない場合には 本日商品が届いたのですが、スイッチを入れても動きません。 商品説明には、動かないと書かれていませんでした。 返品をお願いします。 と連絡をしてみます。 ここで大切なのは、商品説明や商品名などに、動かない、壊れているという言葉がないと確認することです。 万が一見落としがあったら購入者に非があることになり、返品などは受け付けてもらえません。 メルカリ取引メッセージ:出品者が使うフレーズ 次は出品者が使うフレーズを紹介します。 受ける場合には コメントありがとうございます。 では、1200円に値下げをして専用出品にしますので、ご購入お願いします。 となります。 ここでは「購入してくださいね」と念押しするのがポイントです。 値下げができないときには、断りのメッセージを送ります。 コメントありがとうございます。 せっかくメッセージをいただいたのですが、送料を考えると、今のところ値下げは考えていません。 すみません。 値下げを断る理由として、出品したばかりの商品であることも考えられます。 その場合、「出品したばかりで」と書いてしまうと、このまま売れなければ値段が下がると思われてしまうので、書かない方が無難です。 この場合も、「送料を考えると」という理由で断るといいと思います。 このとき、発送のタイミングを書いておくと、購入者も安心します。 ご購入ありがとうございました。 明後日までには発送したいと思いますので、もう少々おまちください。 よろしくお願いいたします。 これだけでも、購入者には発送したことが伝わるので、メッセージは必要ないかもしれません。 でも、ここで一言 先ほど発送いたしました。 到着までもうしばらくお待ちください。 とあると丁寧な取引になります。 また、ゆうパックやレターパック、ヤマトの宅急便など、自動的に問い合わせ番号が伝わる方法でない場合には、購入者にメッセージを送る必要があります。 追跡ができるように問い合わせ番号を伝えておきます。 これによって取引が完了して、売上金が出品者に入ります。 評価のコメントはなしでもいいのですが、やはり何らかの返信があると購入者も安心すると思います。 お取引ありがとうございました。 またご縁がありましたら、どうぞよろしくお願いします。 という内容でいいでしょう。 もし何かトラブルがあれば、そのことを書いておきます。 評価は他のユーザーも見るので、取引をするかどうかの大事な判断材料になるからです。 購入者からのクレーム対応例 購入者から商品についての問い合わせがきたら、内容を確認してどちらに非があるかをはっきりさせます。 もし商品説明と違ったりしたら出品者に非があることになります。 そのときには、素直に謝り、返品に応じることを伝えましょう。 誠実に対応をすれば、トラブルは大きくなりません。 逆に、イメージと違った、サイズが合わないなど、購入者の都合のクレームの場合には、返品に応じなくてもいいと思います。 「サイズは商品説明に書いてありましたので、返品には応じることができません」ときっぱり断りましょう。 これによって受取評価がされなくても、メルカリ事務局に受取評価の依頼ができるようになります。 取引メッセージをする上では、相手の気持ちを考えた内容を送ることが大切です。 顔が見えない相手といっても、気分を害するような内容では取引もうまくいきません。 また、相手からの返信がこなくても、慌てずに待つことも必要です。 常にスマホやタブレットを見られる環境にいるとは限らないので、1日~2日くらいは待ってもいいかもしれません。 それでも返信がないときには、もう一度メッセージを送ってみます。 万が一、それでもダメならば、取引はしない方が無難といえそうです。 関連記事•

次の

メルカリでコメントを削除する方法と、コメントが削除される3つの理由

メルカリ コメント の 消し方

『メルカリを使ってみたものの、評価コメントのつけ方が分からない…』 『誤解を与えてトラブルに巻き込まれてたくない…』 『どんな評価コメントにすればいいの?』 メルカリを使っていると、悩んでしまうのが評価コメントですよね? 出品者側も購入者側も、できることならスムーズに取引を終わらせたいところです。 でも、ときには ちょっとした言い回しの問題で思わぬトラブルに発展してしまう…なんてケースもあるようです。 そこで今回は、 『メルカリの評価コメントの例文』 を、出品者側、購入者側それぞれご紹介します。 また、『やってはいけない評価コメントの書き方』もあわせてご紹介します。 余計なトラブルに発展しないためにも、 『正しい評価コメントの書き方』を学びましょう。 メルカリの評価コメントは書かなければダメ? メルカリの評価コメントは、 必ずしも必要というわけではありません。 ただし、メルカリでは購入者が受け取り評価をし、出品者が評価をしてはじめて取引が完了する仕組みになっていますので、評価は必須です。 また、メルカリの評価やコメントはずっと残るものなので、気持ちよく取引が完了した場合などはなるべくコメントを送ってあげた方が、相手にも喜ばれますし、次回の取引もしやすくなるというメリットもあります。 評価コメントは必須というわけではありませんが、お互いが気持ちよく取引を終わらせるためにも送った方が良いです。 もちろん、 『悪い』と感じた場合も、他の人が同じような嫌な気持ちにならないために、そっと指摘してあげた方が良いでしょう。 ただし、 『やってはいけない評価コメントの書き方』をしてしまうと、もめ事になってしまう可能性もありますので、絶対にやめましょう。 購入者の評価コメントの例文 それでは、あなたが購入者、すなわち『受け取り側』の場合の例文です。 「良い」の場合 『とてもスムーズに取引が出来ました。 ありがとうございます!』 『気持ちよく取引が出来ました。 ありがとうございました。 』 『商品の状態も良く、取引もスムーズでとても良かったです。 またよろしくお願いします。 』 『質問にも気持ちよく答えていただき、とても良い取引でした』 『お値段も良く、商品の状態もとても良かったです。 ありがとうございました。 』 『問題なく取引ができました。 商品の状態も良く、大変満足です。 ありがとうございました。 』 『商品を受け取りました。 迅速に対応していただき、感謝しております。 ご縁がありましたらまたお取引させていただきます』 『商品を受け取りました。 梱包も丁寧で、商品の状態もとても良かったです。 ありがとうございました。 』 『商品を受け取りました。 お値段以上の商品が届いて、嬉しかったです。 あまり長くならずに、 当たり障りのない言葉で感謝を伝えるようにすれば、トラブルになる心配はありません。 「普通」の場合 『商品の到着が予定よりも少し遅れたのが残念でしたが、商品の状態は良かったです』 『梱包が雑なのが気になりましたが、速やかに発送していただけました』 『連絡を取ろうとしても返信が遅く、不安になることがありましたが、無事に商品を発送していただけたので安心しました』 『未使用品とのことでしたが、やや汚れが目立ちました。 あまり長くせず、 『少しだけ改善して欲しい点があります』というニュアンスを込めましょう。 「悪い」の場合 『商品の説明とまったく違う者が届きました。 ガッカリです…』 『対応が遅く、梱包も雑でガッカリでした』 『何度連絡しても返事がなく、送られてきた商品も写真とまったく違うものでした』 『非常に雑な梱包で、商品に傷がついていました。 ただし、あとで説明する 『やってはいけない評価コメント』でも説明しているように、感情にまかせて相手を攻撃したり、中傷するような書き方をすると、どんなトラブルに発展するか分かりません。 不満点をしっかりと伝えたなら、それ以上エスカレートするのはやめましょう。 出品者の書き方 次に、 出品者の場合の例文です。 「良い」の場合 『とてもスムーズに取引ができたので、良かったです』 『気持ちよく取引することができ、とても満足です。 またよろしくお願いします』 『このたびはご購入していただき、ありがとうございました!気持ちよく取引させていただけました』 『無理な値段交渉などもなく、気持ちよく取引を終了することができました。 あまり長文にせず、一言二言で済ませましょう。 あまり強く言いすぎるとどんな報復をされるか分かりませんので、やめましょう。 「悪い」の場合 『値段交渉には応じないと説明していたのに、しつこく交渉されました』 『発送期日以内に発送したのに、遅いと催促されました。 ただし、その場合もキツ過ぎる言い方や、相手を中傷するような書き方はNGです。 やってはいけないコメントの書き方 最後に、 『やってはいけないコメントの書き方』をご紹介します。 相手に嫌な思いをさせたり、余計なトラブルに発展しないためにも、以下の点に気を付けてコメントしましょう。 中傷的なコメント 相手の人格を否定するようなコメントは論外です。 相手をバカにしたり傷つけるコメントは、メルカリの使い方以前に人としての人格を疑われてしまいますので、絶対にやめましょう。 場合によってはメルカリからの ペナルティを受ける可能性もあります。 ペナルティを受けると最悪、 強制退会になる可能性もあります。 攻撃的なコメント 中傷とまではいかなくても、 『発送が遅いんだよ!』などの攻撃的なコメントもやめましょう。 「悪い」評価をつけた相手に対しても同じです。 商品に不満があったりする場合、ついつい攻撃的になってしまう人もいますが、 こちらが被害者だからといって攻撃的なコメントを送って良いわけではありません。 あくまでも大人の対応として、 『〇〇がとても残念でした』 と、コメントするだけにして、以後そのひととは取引しないようにしましょう。 上から目線のコメント 悪気があるわけじゃないけど、 礼儀を忘れた上から目線コメントをする人もいますが、これもやめましょう。 『まあ、悪くない取引だったかな』 『商品は問題なかったよ』 『また買ってもいいかな』 などなど。 上から目線のコメントをする人がたまにいますが、相手を不快にさせるだけなので絶対にやめましょう。 ネット取引とはいえ、取引をしているのはあくまでも 『人』ですので、常識と礼儀をもってコメントしましょう。 友達のノリでコメント これは若い人に多いようですが、 『また買ってねー!』 などの、軽いノリのコメントもよくないです。 ネットは顔が見えないので、人によってはついつい 『仲が良い友達に送るノリ』でコメントをしてしまう人もいますが、相手は見ず知らずの人間です。 自分よりもずっと年上かもしれませんし、無礼な対応が大嫌いな人かもしれません。 誰が読んでも嫌な気持ちにならない言葉でコメントをしましょう。 まとめ 基本は「良い」で当たり障りのないお礼を書こう! 結論からいうと、メルカリは基本的には 「良い」評価をつけ、 当たり障りのないお礼コメントを送るのが一番です。 どうしても気に入らない点がある場合のみ、 「普通」や 「悪い」の評価をつけて、その点をやんわり指摘しましょう。 ただし、 「悪い」の評価をつけた場合、ひとによっては過剰に反応するかもしれません。 ですので、不満がある場合もなるべくソフトに指摘することが大事です。 それ以外は、今回ご紹介した例文をそのままコピペして使っても良いでしょう。 あまり難しく考えず、 「気持ちよく取引できました。 ありがとうございます」だけでも良いので、お互いが気持ちよく取引を終了できるコメントを送りましょう。

次の

【メルカリ】コメントの返信の仕方と確認方法!ポイント・コツも紹介!

メルカリ コメント の 消し方

メルカリ購入者から値下げや質問コメントを削除してもらいたいと言われ、疑問に感じるものの無視してしまう出品者もいますが、依頼されたら削除するのがオススメ。 コメント削除依頼の理由や、知らない方のために削除方法も合わせて紹介していきます。 コメント削除依頼理由は? 購入者から削除依頼が来る理由の1番は、余計な通知が来て邪魔だからです。 コメントを一度してしまうと、他の購入者が質問した場合にも通知が来てしまいます。 値下げ不可と書かれていない需要の高いミルクやオムツなどの子供用品や、単品販売の希望者が多い人気化粧品のまとめ売り。 配送料を事前に聞くことの多い送料別の商品や、オーダー方式のハンドメイドページなど、コメントのやり取りが多い商品だと通知の件数が増え、大事な通知を探し出すのが大変になってしまいます。 そのため、コメントやり取りが少ない商品であっても、対策としてコメント削除を依頼する人がいるというわけなのです。 他には、商品説明欄に記載ある内容を重複して聞いてしまい悪いと感じ削除依頼を望む方などいますが、依頼した本人にしか分からない事情もあると思います。 消すのも消さないのも出品者次第ですが、値下げ交渉の場合は出品者にとってもメリットになる場合があるので、依頼が来たら消す方式ではなく、やり取りが終わったら消していくのがオススメ。 ただし、依頼がないのに早く消してしまうと、「私と取引したくないのかな?」「失礼だったかな?」と誤解を与えてしまうので、個人的には1日経過削除がオススメですよ。 相手の自己都合だから消す必要ないと思ってしまう方もいるかもしれませんが、販売者としてのサービスの一つと捉え、消去依頼を受けた時には消してあげましょう。

次の