財布 年収。 財布の値段で年収がわかる!200倍の法則に乗ってみる話!

年収は財布の値段の200倍なんて話をしてたらGANZOの長財布をいただきました

財布 年収

【この記事の目次】• 金持ちでも財布のブランドにこだわらない人も 一方で、持っている財布の値段と年収には何の関係もない、というケースもあります。 最近の社会の傾向として、節約が趣味という人が増えています。 30年ほど前と比較して、見栄を張ろうとせずできるだけ安いもので工夫して生活を楽しむ、という傾向が強くなっています。 そんな風潮で過ごしてきた若者たちは、社会人になって高年収の仕事についても、使いやすさを重視したリーズナブルな財布を持っていることが多いのです。 年収の200分の1の値段の財布を持つといい? 興味深い説があります。 それは、金持ちになるためには年収の200分の1の値段の財布を持つといい、という説です。 それは、税理士の亀田潤一郎さんが執筆した、「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか」という書籍が発端になります。 その説によれば、年収400万を目指すなら20,000円の財布を、年収600万円を目指すなら30,000円の財布を購入するように、というわけです。 それがつまり、 お金持ちになれる財布。 どうして「年収の200分の1」の財布がいいのか、その理由は分からないのですが、ともかくその本を読んで財布を買い替える人が急増しているとのこと。 よっぽど説得力があるのでしょう。 そもそも、この本を執筆した税理士の亀田潤一郎さんとは、学生時代にお父様の会社が倒産し、経済的に苦しい時期を過ごされたそうです。 でも、今では税理士さんとして高年収を得ておられます。 そういう筆者の背景も説得力を増しますね。 高年収を狙うためにまずは財布から始める、というのはおもしろい考え方です。 まずは、 お金を大切に扱う心を育てましょう、ということなのかもしれません。 【関連記事】 お金を大切にする心が大事 高いお財布を使うことでお金を大切に扱う気持ちが強くなれば、たしかにムダ使いが減って貯金が貯まりやすくなるのかもしれませんね。 貯金が貯まることが稼ぐことにもつながって、年収アップにつながるとも考えられます。 二つ折りの財布がダメで長財布が良いという説はよく聞きますが、これには残念ながら科学的な根拠は今のところありません。 しかし、お金持ちの人で長財布を愛用している人の話を聞いてみると「二つ折りの財布はお金が可哀想だから」と言っていたのが印象的でした。 これはあながちバカにできない話かもしれません。 それに、お金を大切に扱い、管理している人は「税理などの仕事を任せても大丈夫」という安心感を持たれやすいのです。 それで、思いがけず昇進できたり仕事を任せられたりすることもあるかもしれません。 持っている財布の特徴と年収との関係は? 結論ですが、持っている財布の特徴と年収との関係をまとめると以下になります。 高年収の人は財布も高級なものを買う傾向にある。 でも、高級財布を持っているからといって高収入だとは限らない。 サラリーマンの平均年収が400万円代だということを考えると、財布はだいたい年収の200分の1というのは当たっているのかもしれません。 ただし、「そういう傾向がある」、ということであり、あくまでも「高い財布を買えば必然的に収入がアップする」ということではないですよ。 やみくもに高い財布を購入するのは危険なのでやめましょう。 (文/河原まり).

次の

財布ボロボロの男・女とは付き合うな!貯金なし/低年収/金運・運気なしの貧乏人の特徴とその理由を総まとめ

財布 年収

Contents• 財布にまつわるエトセトラ お財布、それはお金を入れる大事な大事な場所。 いつもお金が入っていない人や、その逆でパンパンにお札が詰まっている人、100人いれば100通りのお財布の在り方があります。 ただ、これだけ多種多様なお財布ですが、お金持ちのお財布にはルールが存在するようです。 お金持ちは長財布を使っている とある本が原因で、お金持ちは長財布を使っているという噂が独り歩きしています。 ぶっちゃけると、長財布ではなくラウンドファスナーが主流のような気がしますが、それも現金主義のお金持ちだけですね。 カード派のお金持ちは二つ折り財布が多いような気がします。 もちろん、私の周りに限って言えば・・・と、桁外れな人間は私の周りにはいませんから、一般的なお金持ちくらいしか分かりませんけど。 財布を購入した金額の200倍が年収 これはどうでしょうか。 3万円の財布を買えば、3x200で600万が年収になる・・・、んなわけないですよね。 常識的に考えて、財布の値段で年収が決まるのならエルメスやクロムハーツの様な高額な財布だけが売れていくはずです。 ドンドン財布だけが値上がりしていってしまって、資本主義と真っ向から対立してしまいますから。 私は、これを高い財布を売りたいだけの業界人の仕業だと思っています。 正直、財布なんて普段使う分のお金とカードを収められればそれで良いんじゃないでしょうか。 お札の向きは決めて入れる いやー、これはついクセでやっちゃいますね。 ATMから引き出すときなんて、ピタッと揃っていると気持ちいいですもんね。 一万円札を崩す時も、レジでグチャグチャの状態で渡されたらちゃんと直してお財布に入れています。 一応、o型なんですけどね。 お金なので、そこそこ神経質に扱うようにしています。 小銭の管理 お札で思い出しましたけど、小銭の管理ってどうしていますか? お財布とコインケースを別々に用意するような人もいれば、一つの財布だけで全部終わらせる人もいます。 どっちかというと、私の周りの経営者の人はコインケースを別に用意している人が多いですね。 私は一つだけの財布で全てを賄う派の人間なので、前からすごく疑問に思っていたんですよ。 財布を分けるのには、なにか理由でもあるんでしょうか。 レシートを整理する よくいるのが、お財布の中にレシートをグチャグチャに突っ込んでいる人ですね。 ピタッと決まればカッコイイんですけど、やはりそこはレシート。 綺麗に収めていても、知らないうちにグチャグチャになってしまいます。 一日の終わりにレシートを全て取り出して、家計簿を付けるクセを身に付けましょう。 まぁ、私も中々出来ないんですけどね(汗)。 人に見られるお財布を意識するのも大事だと思います。 まとめ このお財布を使っていればお金持ちになれる! というよりも、お金持ちだからこそ、そのお財布を使っているという証言だと思います。 財布で年収が決まる• 長財布を使わなければいけない ここに関しては話半分だと思いますが、• お札の向きを揃える• レシートなどでグチャグチャにしない こういった綺麗に使う意識は自己管理の上でも大事なのでは無いでしょうか。 たまに、今のお財布の中身がいくら入っているのか全く分かっていない人もいますけど、それくらいは管理しておきましょう。 使い切れないくらいお金を持っている人なら別ですが、1円、2円の世界で節約を頑張っている人が財布の中身を把握していないなんて、本末転倒ですからね(笑)。

次の

「財布の値段×200=年収」の噂は本当か?謎の金運アップ法則!

財布 年収

お金持ちは長財布を使わない、財布と年収の関係性 ページランクなど飾りです、コンテンツの充実が最重要 グーグルのページランクを上げると検索順位が上がる。 そう思っていた時期が私にもありました。 そんなことよりコンテンツを充実させよう!ページランクなんて自己満足だったんや! 内部リンク Contents:RUU61Y6891O1019S 長財布と年収の関係 長財布を使っている人は2つ折りなどを使っている人と比べて高所得の方が多い。 これが現実です。 高級な長財布なんて、金に余裕がある人しか買いませんからね。 持っている人は高所得の可能性が高いです。 ただ、お金持ちが長財布を例外なく使っているかというと話が別。 当然ですが、長財布を買っても収入が上がったるすることはありません。 長財布についての誤解とデマ 1. お金に窮屈な思いをさせない 2. 社長が使う財布は長財布 3. 社会人で使う財布として 4. 年収は使う財布に比例する 5. 風水的に…… 6. 2つ折り派の意見 7. 長財布派の意見 1. お金に窮屈な思いをさせない 現在はクレジットカードなどを使えますが、昔は財布に札を詰め込んでいました。 札束が厚くなってしまうと2つ折りなんかしたらただでさえ分厚いのが倍以上に……、 お金というよりもポケットが窮屈、見てくれも悪くなっちゃいますからね。 お金はただの信用や権利がある紙切れに過ぎない。 現金のために居心地のいい空間を作るなんて馬鹿げている。 半分、拝金主義的な話になってしまうが、 自分が金のために接待するんじゃなくて、金の方から寄ってくるようじゃないと…… 投資のように自分が働くよりも金に働かせるといった感じで、 金は馬車馬のように扱うくらいでちょうどいい。 社長が使う財布は長財布 社長の奥様などが使う財布に長財布が多いですね。 中小企業の社長などが長財布を使うと言うのはあまりないというのが現実。 工場などを経営する場合、社長自身も普通にブルーカラーの仕事をします。 見てくれは工事のおっちゃんでも社長というのは珍しくもない。 高級ブランドの財布なんて当然使いませんよ…… 女性の他、ホワイトカラーの仕事で一部の人が使うくらいですね。 社会人で使う財布として 上司や同僚の財布で長財布使っている人いますか? 社会人云々を気にするのでしたら職場に合わせればよろしいかと 4. 年収は使う財布に比例する 高級財布で検索してもらえば判ると思いますが、 高級財布は2万円〜、物によっては1万円〜という水準です。 財布の200倍が年収…… 1万円の財布を使っている人の年収は200万円…… これはないですね。 ホステスとかの職業ならブランド物を使うのは判るし 実力によって、どこまで金をかけられるかもありますが、 一般の人にとって年収と財布の値段は無関係です。 風水的に…… 論外、お金をコントロール出来る人のところに金が集まってくるというのはない。 中古の財布だからダメということもない。 金を集めることが出来るのは元本割れなんて分散投資しておけばどうでもいいといったように、 投資などリスクを許容できる人のところ。 コントロールや経験はあったほうがいいが、なくても可能。 挑戦や冒険をしないと失敗はしないが大成することもない。 長財布派の意見 長財布にしたら回りの目が変わりました! 長財布を買えない2つ折りの皆さん、そんなに悔しいの? 2つ折りのパンパンに膨らんだ財布は非常識。 2つ折りの財布を使う人間は整理整頓すらまともに出来ない。 薄型の2つ折り使う人って、同じくらい薄っぺらな人生を送っていそう。 財布は自分のパートナー、財布にお金をかけられない人は人間関係もまともに築けない。 財布の選び方 重要なのは見てくれと機能性、薄さなど 見てくれについては、それなりのものだったら何でも構いません。 2つ折りが普通、マジックテープ式などは職業によってはあり。 機能性については取り出しやすさのほか、邪魔にならないというのが重要。 スーツを着ているなら長財布もいいのですが、 夏、クールビズなどの際には長財布は邪魔でしかありません。 後ろのポケットから長財布がはみ出ているというのはちょっと……、あれでしょう。 落としたり、盗難の危険もありますよ。 私個人としては、2つ折りの極薄財布がおススメ。 ワイシャツのポケットにすら楽に収まります。 最低限の手許現金のほか、限度額の低いクレジットカード、 スイカ、テレホンカード、メインバンクのキャッシュカード(貯蓄用でない銀行)、株主優待のQuoカード これだけ入れても物凄く薄い。 無駄なカードや使用頻度の低いカード、印鑑証明カードなどの落としたら困るカードを携帯していても意味がない。 こういったものはカード入れに入れて、自宅や銀行の貸金庫にでも保管しておきましょう。 小銭については最低限だけ残して、定期的にメインバンクに入れるか、神社の賽銭箱にでも放り込んでおけばいい。 財布はブランドなど特にこだわりがないなら、 5000〜10,000円程度のそこそこ廉価で自分が気に入ったものを選んでおけばいい、 こだわるなら10万円、20万円かけるのも悪くない選択です。 :トップページに戻ります。 ページランク関連 : 私が購入した商品など…… 正直に申し上げます、おすすめできる商品はありません。 理由としましては、有料リンクなどの販売などのやり方はGoogleから村八分にされる可能性がありますし、 助言などを受けられるサービスでも、ありきたりな答えばかり……、コンテンツの制作は最終的に自分でやらなきゃいけない。 とりあえず、実践して覚えたほうが速いと思いますが、 初心者向けのhtml、cssの本くらいのものでしょうか……、初心者向けならどれを選んでも内容は大差はないと思います。 オールドドメインやページランクを上げても、全く人が来ないです。

次の