かち 上げ。 白鵬 横綱相撲が酷い!張り手や張り差し、かちあげ、ヒジ打ちなど

白鵬に対し、全員白鵬と同じかち上げや張り手で応戦すれば、良いと思い...

かち 上げ

スポンサーリンク こんにちは、くまごろうです! 日馬富士の暴力事件があってから 相撲に興味を持ち、今まで興味のなかった 相撲の取り組みも見るようになりました(笑) というのも、目下対立している 横綱白鵬と 貴乃花親方なんですが、 貴乃花親方も優勝22回の名横綱なのは ご承知のとおりと思います。 そこで、 かつての横綱貴乃花の取り組みと 最近の白鵬の取り組みを見てみたんです! いつから相撲がプロレスになったの? というほど 横綱白鵬が格下力士に エルボー食らわす場面がこれでもかってくらい Youtubeに上がってます(笑) これは、はっきり言って 異常ですよ(汗) こちらでは、横綱白鵬について• かち上げ エルボー は卑怯でしょ!• 対策はないの?• 横綱貴乃花との動画比較 について調査していきます! また、この記事の後半では、 日馬富士暴行事件から書いてきた 関連記事を多数掲載しています! ぜひ合わせてご覧になってください! ページコンテンツ 目次• かち上げ エルボー は卑怯でしょ! さて、早速ですが、 大横綱白鵬の取り組み動画を 見ながら問題の場面を確認していきましょう。  見ていただきましたか? これは、 完全にエルボーですよね。 それ以外にも 猫騙しをしたり、 勝負がついた後のダメ押しをしたり、 横綱としての品格が全く無いんじゃない? と素人目にも思えてしまいますよね。 今回、相撲協会から減給処分が白鵬と 鶴竜に課されましたが、 処分も甘いように感じますね。 だからネットでは 相撲協会や横綱審議委員会は 非難の的になるわけですよ。 厳しい決断をしないんで。 少なくとも刑事事件でいう 犯罪が行われている場面で止もせず 一部報道では コップ1杯分も血が出るまで 日馬富士を止めなかった という 白鵬や 鶴竜に 日本文化や横綱の品格を託して良いのかな? と国民としても思えますよね。 少なくとも僕達の血税が彼らに 充当されているってことでしょうから それは一言言いたくなりますよね。 どうして未だに横綱になっても 反則ギリギリの卑怯なエルボーを 繰り出しているのでしょうか? 優勝回数を積み上げていくしか 自分の証明ができないと思っている 白鵬もカワイそうに感じるのは 僕だけではないはずです。 今となっては 白鵬の優勝回数40回というのが 色んな意味で正当な数字なのか わからなくなってきましたね。 日馬富士は引退し、 鶴竜も怪我で思わしくなく 同じモンゴル勢の援護が受けられない状態で 白鵬の成績が落ちていくんじゃないかと 来年の初場所から注目していきたいです。 また、 稀勢の里や 若手のガチンコ力士が 成長してくれば、もっと楽しい大相撲に なってくれると思いますので、 それも期待して見ていきたいですね! 対策はないの? さて、しかし、 この 白鵬のエルボー(自称かち上げ) を反則に認定するとか 対策はないのでしょうか? 結論からすると 相撲協会として 反則と認定することはできないそうですが、 12月20日の横綱審議委員会でも、 白鵬の取り組みも強く避難しています。 これを真摯に受け止めるのか、 また繰り返すのか初場所は注目ですね。 ただ、 「カチアゲなんかで負けるほうが悪い」 とおっしゃるのが 貴乃花親方の兄である 花田虎上(はなだ・まさる)さんですね! かち上げは大技だが大きなスキができるので 勝ちにつながりやすい、ということです。 たしかに、白鵬の取り組みが 張り手からかち上げのワンパターン化 されているのであれば、 逆に利用して金星を奪取することも 元若乃花レベルでは可能なんでしょうね。 そういった力士がポコポコ出て カチアゲが目立たないように してほしいです!(笑) スポンサーリンク 横綱貴乃花との動画比較 さて、ここまで 現横綱の白鵬の取り組みについて 見てきたわけですが、 対称的に「平成の大横綱」と呼ばれた 貴乃花の取り組みはどうだったんでしょうか。 こちらの動画をみていただければ なんとなく分かるかと思います!(笑)  最後の22回目の優勝を飾った 「鬼の形相」で有名になった場所の取り組みです。 当時29歳とベテランと なっていたにも関わらず その取組内容はとても堂々としているのが分かります。

次の

白鵬のかちあげ(エルボー)は卑怯!対策は?貴乃花親方と動画比較!

かち 上げ

特定の方向に吹き飛ばされながら空高く打ち上げられ、 そのまま地面に叩きつけられ、何故か仰向けに体勢を直してから、 その直後に何事も無かったかの如く立ち上がる。 この間は一切操作不能だが、立ち上がるまで一切の攻撃は無効になる。 そのため咆哮や麻痺で動けなくなった仲間に敢えてこれらの攻撃を叩き込んで救出する事も出来る。 しかしそれ以外でやってしまうとただの迷惑行為である。 大剣の斬り上げ、ハンマーの抜刀攻撃やタメ2振り上げ等にこの効果がある。 上記のような救出劇が出来るのは技の出が速いハンマーだろう。 大剣の斬り上げは単体では出が遅く仲間の迷惑になりやすいので、PTでは少し控えた方が良い。 意外な所では、の最後の一発がこの効果を持つ。 上記2つより更に出が遅いので、クエスト終了後の戯れくらいにしか使えないが。 MH3G以前はを発動させても受け身は取れなかったが、 「」を発動させることで受け身を取れるようになる。 またMH4ではネコの受け身術でも受け身を取れるようになった。 ただし、被弾した際のダメージそのものを減少させることはできない上、 本来なら宙を舞っている間の無敵時間を利用して避けられるはずの攻撃が 避けきれなくなるということも起こってくるので、それらの点には注意しよう。 ちなみに、MH4のダレン・モーラン戦でうまい具合に味方をかち上げれば、 本来背中に乗ることができないタイミングでも乗せられるとか。 モンスターの攻撃にはこの類の技が多い。 多くのモンスターに見られるやなど 如何にもハンターを打ち上げそうな印象を受ける攻撃で発生する。 いずれも高威力で、起き攻めされるとそのままBC行きになりかねない危険な状況に陥る。 モンスターにかち上げられた仲間がいたら、しっかり粉塵で救出してあげよう。 また巨大モンスターが繰り出す威力の極めて高い攻撃 いわゆる即死技 にも付随しており、 ヤマツカミの吸い込み、ジエン・モーランの大砂塵ブレス、ダラ・アマデュラの突進噛みつきなど 食らえばただでは済まない技がズラリと並ぶ 食らった時点で即死する可能性も高いので、見られる機会はあまりないが。 MHFにはこの手のかち上げを行ってくるモンスターが多い。 その中でも特に危険なのはエスピナスの突進で、 ただでさえダメージが大きいのに毒の効果が付いている。 しかも立ち上がるまで自力では解毒できない。 特に高難易度の辿異種では超凶悪な猛毒により、冗談抜きで即死攻撃となりうる。 これとは別に 垂直にかち上げる攻撃が存在する。 剛種デュラガウア、オオナズチ特異個体、UNKNNOWN、剛種アビオルグを始め、 空中で追撃する、多段構えの必殺技のキーとなっている事が多い。 先述したように本来かち上げには無敵時間があるのだが、 垂直かち上げは 無敵時間が存在しないため、 余程のことがない限り 必ず追撃を受けることになる。 また、無敵時間が無いということは 吸引の判定も受けるということであり、 極み駆けるナルガクルガの最大技「巨大かまいたち」の初手の真空波は垂直かち上げで拘束し、 そのまま攻撃判定が発生し続けている中心部に吸引させてハメるという手法が採られている。 MHF-Gでも「受け身」が導入されたが、発動条件は「一定ダメージ以下」である。 つまり味方からのかち上げ攻撃は必ず受け身の対象となる。 この場合、ハンターが高く宙を舞ったかと思ったら華麗に いつものように受け身を取りつつ着地する。 鮮やかな着地だが、ギャグっぽくも見えてしまう。 ダメージが少ないとラージャンのデンプシーですら受け身を取れるので必見である。 などでダメージを無効化した場合は確実に受け身が取れる。 なお極ノ型の全武器種、及びスタイルを問わない穿龍棍、天ノ型のスラッシュアックスFは、 上記のものと異なる任意受け身を取ることが可能だが、 空中で立て直せる穿龍棍を除き、打ち上げでは受け身を取ることができない。 かち上げからのジャンプ攻撃 MH4G以降• 4月21日に公開されたMH4GのPVには、 味方ハンターにかち上げられたハンターがジャンプ攻撃を繰り出しているシーンが存在する。 つまり、 かち上げ状態からそのままジャンプ攻撃に移れるようになった。 これにより、今まではPTで使いにくかった斬り上げ系の技の評価が変わってくるだろう。 なお、ハンターによる攻撃でのみこの動作に移行することが可能であり、 モンスターの攻撃によるかち上げでは使用不可能だという。 上記のインタビューによると、かち上げからの乗りはかなり早い段階で決まっていたという。 ただ、「 お前、吹き飛ばしたな 笑 」という恒例のやりとりは絶対残したかったため、 放物線の軌道は変更できなかったようだ。 ただし吹っ飛ばした相手が敵か味方かでアクションに差を付けることで、 吹っ飛ばされてプラスの展開になるのではないかと藤岡Dは述べている。 間違えてかち上げられても かち上げてしまっても 攻撃チャンスに繋がる可能性はあるのだが、 野良のオンラインという基本的に味方の行動が予期不能な場では、 結局まともな攻撃につなげることが出来ないのがほとんどであるからだ。 尤も、上記した通り、今作のかち上げは従来とは異なり完全なマイナス要素ではない。 むしろ 従来からかち上げを行って狩猟を妨害する輩は相当数いたことを考えると、 これを(あくまで仕方ないことと割りきって)攻撃に活かせるようになっている点では救済要素とも言える。 かち上げを搭載しているのが他ならぬモンハンシリーズの開発である以上、どうしても文句を付けたいのであればそちらの方に入れるべきである。 オンラインですべてが自分の望むように進むことはありえないし、一緒に遊んでいるプレイヤーに感情をぶつけても 自分が損をすることもある。 (自分の主張が正当か如何に限らず)それでも嫌ならソロで遊ぶしか無いのだ。 MHXXでは微妙に調整が入った。 これまでは空中でかち上げを喰らうと普通に吹っ飛んでいたが、 さらにかち上げが入るようになった。 地衝斬を受けたときXを連打していると分かりやすい。 ゲームソフトに先立ち発売されたのが 一部プレイヤーに混乱をもたらした。 具体的にはの説明で後方攻撃にかち上げが付与されるとの誤った記述があった。 狩猟笛にとっての攻撃アクションは戦闘用だけでなく旋律を構成する要素でもある為、 そのひとつが自由に使えなくなるというのは他の武器種よりも遥かに影響が大きい。 MHP3以降の狩猟笛において後方攻撃が上級者の証とも言える重要なアクションだったこともあり、 多くのを動揺させることになった。 実際には後方攻撃と後方演奏の混同による誤植だった訳だが。 ニュートラルで演奏の重ね掛け 追加演奏 を行うのが「後方演奏」で、 こちらにかち上げ効果があるのはシリーズ恒例である。 後方演奏に巻き込まれたプレイヤーが明後日の方向にすっ飛んで行くネタ動画もまた定番。

次の

白鵬の張り手やかち上げは卑怯なのか元大物力士が答えた!黒幕説が2chでも大反響その内容

かち 上げ

「お客さんは先場所の相撲も記憶しているから... 」 昨年の九州場所では、立ち合いで白鵬が右からかち上げ、右肘が遠藤の顎に直撃。 さらに張り手を顔面に食らわせ、遠藤は鼻から出血。 場所後に横綱審議委員会から立ち合いに関して苦言を呈された。 このような経緯を踏まえ、この日、NHKのテレビ解説を務めた舞の海秀平氏(51)は「白鵬本人も批判の声が上がっているのは分かっていると思う。 なぜ批判されるかということも白鵬は考えてほしいです」と反省を促すような発言をした。 注目の立ち合いは、呼吸が合わず白鵬の待ったで始まった。 2度目の立ち合い、白鵬が左から張って出た。 先場所同様、右からかち上げようとするも遠藤に外される形で不発に終わった。 右上手をつかみ、2度3度、投げを打ったが遠藤がこれをこらえ、最後は遠藤が切り返し。 白鵬は背中から土俵に落ちた。 遠藤のリベンジに館内は「遠藤コール」で応えた。 舞の海氏は「おそらくお客さんは先場所の相撲も記憶しているから。 そこからの今日の勝利ですから喜びもひとしおなんでしょうね」とファンの心理を解説し、殊勲の遠藤に対して「先場所、ああいう負け方しながらよく怖がらずに踏み込みましたね」と称賛した。 「どういう気持ちで相撲を見守ってきたか」 横審から苦言を呈されながらも「かち上げ」は「禁じ手」ではなく、今後も自身の流儀を貫くことを公言している白鵬。 一方で白鵬の「かち上げ」は「肘打ち」とみる関係者、ファンがいることも事実で、「かち上げ」の際に顎を直撃する白鵬の右肘のサポーターも物議をかもしている。 舞の海氏はこれまでも白鵬の立ち合いに苦言を呈しており、先場所も「過去の横綱はこういう立ち合いはしなかった」と批判的なコメントをしていた。 また、この日のテレビ解説では「日本人が昔からどういう気持ちで相撲を見守ってきたか」と白鵬に問いかけるように話した。

次の