コーポレート カード と は。 ETCコーポレートカード徹底解説!高速料金割引の仕組みから作り方まで

コーポレートカードとは?今更聞けないカードの基本 ~カード連携1000社以上!コンカーのカードビジネス担当者が語る~

コーポレート カード と は

「コーポレートカード」と「パーチェスカード」の違い コーポレートカードとパーチェスカードは、どちらも 「大企業向けの法人カード」です。 大規模企業向けソリューションとして提供されているのが特徴であり、個人事業主や中小企業を対象とした法人カードとは区別されています。 基本的にコーポレートカードは通常のクレジットカードと同じ使い方であり、無制限(または制限はあるものの多数)に社員用のカードを発行できるというのが特徴。 法人の経費的な支払い・精算を楽にするためのツールです。 パーチェスカードはカードレス(カード番号等必要最低限の機能のみ)で発行可能で、部署単位でカードを発行しながら請求書は一本化できるという柔軟な使い方ができるのが特徴です。 特定の加盟店のみでカードを使用できる• カードレスで発行できる• 法人や部署単位で発行できる• 支払先を一本化できる 主なメリットとされているのは上記の4つ。 コーポレートカードと比較すると 「特定の加盟店のみでカードを使用できる」というのが大きな違いです。 「クラウド利用料」や「光熱費」など、特定の経費専用の法人カードになっているため、 社員が自由にカードを使うことができません。 これによって 無駄な経費が発生しないというのも、コーポレートカードとは違ったパーチェスカードのメリットです。 コーポレートカードは社員に持参させることができるので、出張費や交際費の経費管理に向いています。 パーチェスカードはコーポレートカードの経費管理と区別して、法人や部署単位でクラウド利用料等の特定経費だけを管理したい場合に向いています。 家庭にたとえると、コーポレートカードは通常のクレジットカード。 パーチェスカードは「家賃」や「水道代」など、固定費の支払い用に持つカードです。 コーポレートカード・パーチェスカード両方のメリットをうまく汲み取ってサービス化されているカードもあります。 2019年12月に登場した「」は、企業の小口現金・立替払いの最効率化を目指す新しい法人キャッシュレスサービス。 一般的に言われている「法人カード」とは、 個人事業主や法人を対象に発行されているクレジットカードの総称です。 審査対象も法人ではなく、法人代表者・個人事業主となっています。 オススメのビジネスカードを知りたい方は当サイトの「」をご覧ください。 メリット 法人カードのメリットは、経費管理が楽になることです。 たとえば、 個人事業主の場合は通常のクレジットカードでも経費管理できますが、プライベート費と経費を分ける作業が面倒ですね。 個人用クレジットカードと法人カードを2枚持ちすると、 カード明細から簡単に経費管理できるようになるわけです。 デメリット 法人カードは「個人事業主」や「法人代表者」など、各カードによって申込対象者が指定されています。 また、 カードによっては法人向けに審査基準が高くなっていることもありますし、法人そのものではなく法人代表者が審査対象となるため、個人のクレヒスが悪い場合は審査に悪影響が生じます。 通常のクレジットカードのように多くの選択肢があるわけでもなく、クレジット業界全体で見ても法人カードの総数が少ないことも1つの理由です。 コーポレートカードとは? コーポレートカードとは、 大企業を対象とした法人カード。 これに対して、個人事業主や中小企業を対象としたカードを 「ビジネスカード」と呼んでいるカード会社が多いです。 こうした呼び方の違いは特に気にする必要はなく、 「自社が申し込めるかどうか?」に注目しておけば自然と最適なカードを見つけられます。 ビジネスカードやコーポレートカードの呼び方は、本当に単なる呼び方です。 「三井住友ビジネスカード」は法人対象ですが、使用者は20名以下が目安となっています。 「三井住友コーポレートカード」も法人対象ですが、使用者は20名以上が目安となっています。 結局は、「申込対象者」や「決済口座」に注目してカードを選ぶことがもっとも大切です。 メリット ビジネスカードは個人事業主を含めて中小企業を想定して作られているため、 社員用に発行できるカード枚数に制限が設けられているカードが多いです。 一方、コーポレートカードは大企業を想定しているため、 社員用に発行できるカードに制限がないカードが多く、これがコーポレートカードのメリットです。 選び方としては、 社員用カードの発行枚数に注目しておくのがおすすめですよ。 デメリット コーポレートカードのデメリットは、還元率などの特典が弱い(場合によっては無い)ところ。 とはいえ、カードによってスペックの損得はありますが、 デメリットを探したところで代案がないんですね。 多くの社員に経費用としてクレジットカードを持たせることが用途なので、これを実現できるだけで希望は叶います。 パーチェスカードとは? パーチェスカードは、 特定の支払い用として持てるコーポレートカードです。 法人カードの大企業向けソリューションとして提供しているカード会社が多く、 「カードレスで発行可能」や 「法人や部署単位で発行可能」といった特徴があります。 メリット パーチェスカードのメリットは、 「クラウド利用料」や「光熱費」といった特定の支払い用として使えることです。 法人や部署単位でカードレスから発行できるのも魅力。 一部の決済用としてカードを発行できるため、 社員が無駄な経費を発生させることがないのもメリットです。 決済口座は法人口座のみとなっているカード会社がほとんど。 支払い方法は「口座振替」と「銀行振込」が用意されており、この点はコーポレートカードと変わりません。 つまり、パーチェスカードの代案としてコーポレートカードを使うことも可能なので、自社経費やコスト削減をどのように考えるのかでメリットが変わります。 デメリット パーチェスカードは経費管理の考え方や目的によってメリットが変わるのがデメリットです。 使う幅に制限があるのがメリットでもありデメリットにもなります。 簡単に説明すると、コーポレートカードは加盟店を対象に自由に決済可能なため、 パーチェスカードでやろうとしていることをコーポレートカードで実行することもできます。 Webのシステム利用料のように毎月の固定費でクレジットカードを使えれば良いという企業にとっては便利ですが、 出張や接待でカードを使う機会が多い企業には完全に不向きです。 「カードレスで発行できる」や 「特定の支払い専用として使える」という特徴からも、目に見えない決済専用で法人カードを持ちたい企業に最適でしょう。 一番使い勝手が良さそうなのは、 外出用にコーポレートカードを発行しておき、固定費や企業間取引用にパーチェスカードを持つことです。 この使い方だと、それぞれの特徴を最大限に活かすことができます。 まとめ 法人カードは事業用として使うクレジットカードの総称で、細分化すると4つの種類に分けられます。 コーポレートカードやパーチェスカードは大企業向けなのが特徴ですが、実際のところは 「三井住友パーチェスカード」のように 中小企業も対象となっているカードもあります。 法人カードは 「申込対象者」や 「決済口座」に注目しておき、 申込条件を満たせることができるカードを選ぶのが基本です。 こうした条件は名称ごとに決まっているのではなく、各カードごとに決められています。 今回紹介した 「コーポレートカードとパーチェスカードの違い」や 「それらと法人カードの違い」などは、 大雑把に捉えておく程度で問題ありません。 各カードの詳細を比較しながら、自社に最適な法人カードを探してみてくださいね。

次の

ETCコーポレートカード徹底解説!高速料金割引の仕組みから作り方まで

コーポレート カード と は

ETCコーポレートカードとは? ETCコーポレートカードとは、会社や自営業者 個人事業主 向けのETCカードのことです。 通常のETCカードと同様に利用する車に取りつけ、高速道路のETCレーンで利用できます。 会社や自営業者向けということで、仕事などで頻繁に高速道路を利用する方には、高速料金が非常にお得になる大口・多頻度割引制度を持つETCカードです。 もちろん通常のETCカード同様に平日朝夕割引などの割引制度も適用されます。 通常のETCカードはクレジットカード会社が発行していますが、ETCコーポレートカードは高速道路会社 NEXCO が発行しています。 なお、コーポレートカードとあるとおり法人専用と思われがちですが、実は個人でも申し込むことができます。 ETCコーポレートカードの特徴 ETCコーポレートカードの特徴をまとめると下記のようになります。 必要枚数発行するができます。 ・車の使用者名義は事業者と一致している必要がある。 ・他の車へのカードの使い回しはできない。 クレジット機能・審査はなし ETCコーポレートカードは高速道路会社 NEXCO が発行するETC専用カードで、クレジットカード会社が発行する通常のETCカードのようなクレジット機能はありません。 クレジットカード機能がないため、クレジットカード発行時のような審査もありません。 ETCコーポレートカードの手数料 ETCコーポレートカードの発行にあたっては、 1枚毎に 発行手数料617円 税込 と 取扱手数料年617円 税込 が必要となります。 ただ、利用時に手数料がかかることはありません。 ETCコーポレートカードの割引制度や利便性を考慮すると大変お得であると言えます。 東日本高速道路• 中日本高速道路• 西日本高速道路 の3社の総称です。 Nippon EXpressway COmpany Limitedの頭文字の一部をとってNEXCO ネクスコ と呼びます。 それぞれ、• NEXCO東日本• NEXCO中日本• NEXCO西日本 という名でテレビCMなどでおなじみかと思います。 なお、高速道路会社は管轄エリア毎に6つの会社が存在します。 ETCコーポレートカードのメリット・デメリット 月に数万円を高速道路料金に支払っているようないわゆる大口の会社や自営業者 個人事業主 であれば、大口割引・他頻度割引制度をもつETCコーポレートカードは非常にお得なETCカードといえます。 そんな便利でお得なETCコーポレートカードですが、この世に完璧なモノがないように利用者によってはやはり メリット・デメリットが存在します。。。 ここでは、ETCコーポレートカードの メリット・デメリットを徹底解説していきます。 その前にETCコーポレートカードは高速道路会社 NEXCO が発行していると書きましたが、 実は申込み方法が2種類あります。 ただし、こちらの組合費は 脱退時に返金されます。 ETCコーポレートカードのメリット ETCコーポレートカードのメリットをまとめる以下のようになります。 車両の管理、経費の管理が向上する• 申し込み時に業務にあわせて必要な枚数を作成できる• ETCコーポレートカード独自の割引である 大口・多頻度割引は 最大のメリットと言ってもいいでしょう。 自動車1台ごとの1ヶ月の高速ご利用額 割引 割引 ETC2. また通常のETCカードの割引である 平日朝夕、 深夜、 休日割引も受けることができます。 車両の管理、経費の管理が向上する ETCコーポレートカードを利用すると車両別に利用日、区間毎の利用明細が発行されるため、車両毎の高速道路の利用状況が簡単に把握でき管理・経理業務を効率化することができます。 ETCカードの本来の機能である、通行料金をその都度支払う必要がなくノンストップで通過できるため業務自体の効率化も図ることができます。 これらの効果によりETCコーポレートカードの割引制度とあわせて全体の経費を削減することもできます。 申し込み時に業務にあわせて必要な枚数を作成できる ETCコーポレートカードは事業者向けのETCカードなので、車両数に応じて必要な枚数を制限なく作成することができます。 また追加発行にも枚数制限がありません。 クレジット審査が不要なので起業したての会社や赤字の会社でも作る事ができる ETCコーポレートカードは高速道路会社 NEXCO が発行するETC専用カードであるため、クレジットカード会社が発行する通常のETCカードが持っている買い物などで利用できるいわゆるクレジット機能はありません。 会社などで社員に持たせた場合、高速料金のETC利用でしか使用できないので、社員の不正利用等を防止できます。 クレジットカード機能がないため、当然ですがクレジットカード発行時のような審査もありません。 起業したての会社や事業歴の短い会社• 過去にクレジット等の返済遅延がある などの事業者には 利点となります。 ETCコーポレートカードのデメリット ETCコーポレートカードのデメリットをまとめると以下のようになります。 申し込みの手続きのハードルが高い• ETCマイレージサービスが利用できない• 登録した車両以外では利用できない• NEXCOが指定する高速道路でないと割引が適用されない• 利用金額が多くないと割引が適用されない 申し込みの手続きのハードルが高い ETCコーポレートカードは、クレジット審査が不要のため、起業したての会社や赤字の会社でも作る事ができるのですが、申込みの手続きのハードルが意外に高く、これがETCコーポレートカードの 最大のデメリットとなっています。 ETCコーポレートカードの利用約款には、契約できない要件として 「支払いの保証をいただけない場合」という一文があります。 これは支払いの保証をしなくては申し込めないということです。 具体的には次のいずれかの方法となります。 これは起業したての会社にはハードルが高いのではないでしょうか。 ・申込者の法人登記簿 個人は不要 ・申込者の印鑑証明 ・保証人の印鑑証明 保証書で支払い保証をする場合) ・自動車検査証の写し ・事業免許証の写し、運行経路、回数、停留所等を明らかにした書類 個人は不要 ・その他必要書類 ETCマイレージサービスが利用できない ETCマイレージサービスとは高速道路を利用するとポイントが貯まるサービスです。 このポイントは翌月以降の無料通行分として還元することができます。 ETCマイレージサービスを利用するには事前登録が必要となりますが、 ETCコーポレートカードではそもそも登録すること自体ができません。 登録した車両以外では利用できない ETCコーポレートカードは 車両1台につき1枚発行されます。 そのため登録した車両以外で使うことはできません。 自家用車や レンタカーを使う場合に 差し替えて使用するという使い方はできません。 登録する車両が多数ある場合は、その台数だけ発行手続きをする必要があり、都度経費がかかることになります。 NEXCOが指定する高速道路でないと割引が適用されない ETCコーポレートカードの最大の特徴である大口・多頻度割引は、高速道路会社 NEXCO が指定する高速道路及び一般有料道路でのみ適用されます。 それ以外の高速道路及び一般有料道路を利用する場合はあまりメリットがありません。 利用金額が多くないと割引が適用されない ETCコーポレートカードは月に数万円を高速料金に使うような 大口の事業者向けのETCカードです。 最大メリットである 大口・多頻度割引は 月3万円以上の支払いがないと 割引対象にならないため利用が少ない事業者については、割引が適用されず無駄になるケースがありその点は デメリットとなります。 ETCコーポレートカードの割引制度 ETCコーポレートカードの割引制度を利用することによって、高速道路料金を大幅に割引してお得に利用することができます。 ETCコーポレートカード 通常のETCカード 大口・多頻度割引 有 無 平日朝夕割引 有 有 深夜割引 有 有 休日割引 有 有 一般向け割引 無 有 ETCコーポレートカードの割引制度を受けるための大前提とは ETCコーポレートカードの割引制度の適用を受けるためには、利用金額、時間帯、利用回数など各割引制度の適用条件を満たす必要があります。 しかしそれ以前に割引制度を受けるための大前提がありますので、当たり前のことと思われがちですが、下記にまとめておきます。 ・高速道路会社 NEXCO が発行するETCコーポレートカードを登録車両に正しく設置する ・ETCコーポレートカードに記載された車両番号と一致した車両を利用する ・ETC利用規程を遵守しETCシステムを利用する 大口・多頻度割引 ETCコーポレートカードが独自にもつ大口利用者向けの割引制度です。 高速料金を月に数万円も払っている会社や自営業者 個人事業主 であれば、大変お得で是非利用したい制度となっています。 大口・多頻度割引には割引方法が2種類あります。 ETC2. 0とは、今までのETCがもつ高速道路利用料金収受機能だけでなく、渋滞回避、安全運転支援、災害時支援などドライバーに有益な情報を提供する次世代ETCサービスの総称です。 自動車1台ごとの1ヶ月の高速ご利用額 割引 割引 ETC2. 下記の2つの条件をクリアした場合に割引が適用されます。 契約者の登録した全車両の月間利用額の合計が規定金額を超えた場合• 平日 土・日・祝除く 6時~9時、17時~20時の間• 割引適用区間である高速道路・有料自動車道を利用した場合 に割引が適用される割引制度です。 通常のETCカードにもある平日朝夕割引ですが、ETCコーポレートカードでも適用されます。 ・大口・多頻度割引とあわせての割引はできない 平日朝夕割引は 大口・多頻度割引とあわせての割引はできません。 5回以上の利用で100km相当分までは平日朝夕割引が適用され、 100kmを超える分から大口・多頻度割引が適用されます。 ・還元方法が違う 通常のETCカードでは、平日朝夕割引の還元は利用月の翌月20日に無料通行分として還元されます。 しかし、ETCコーポレートカードでは請求時に割引分がそのまま値引きされます。 深夜割引 深夜割引は、• 深夜時間帯0時~4時の間• 平日朝夕割引のように利用回数、曜日、走行距離の制限はありません。 また大口・多頻度割引とあわせての割引が適用されます。 休日割引 休日割引は、• 休日の土曜日・日曜日・祝日(終日)の間• 平日朝夕割引のように利用回数、曜日、走行距離の制限はありません。 また大口・多頻度割引とあわせての割引が適用されます。 ただし割引の対象となる車種は 普通車・軽自動車等(二輪車)に限定されます。 これは休日割引の本来の目的が、観光による地域活性化を図るために作られた割引制度であるためです。 なお平日朝夕割引とは平日と休日に分かれるため、そもそも適用条件が重複することはありません。 一般向け割引 一般向け割引は、全国各地で期間限定で行われる乗り放題プランや周遊割引です。 一般観光向けの割引であるためETCコーポレートカードでの割引適用はありません。 各法人カードの特徴を一覧にまとめました。 発行はクレジット会社ですが、申し込みは協同組合で受け付けています。 また協同組合に加入するための 組合費が10000円かかります。 組合費は組合の 脱退する場合に返金されます。 ETCの割引制度 平日朝夕・深夜・休日割日 が利用できる• ETCマイレージサービスにに登録することができる• クレジット審査が不要なので起業したての会社や赤字の会社でも作る事ができる• 車両限定がないので、どの車でも利用できる。 大口・多頻度割引に対応していない• どちらも申込みは比較的簡単で設立したての会社でも問題なく発行できます。 それぞれの利用状況に応じて使い分けるといいでしょう。 設立したての会社• 月の高速利用料金が高額• 設立したての会社• 月の高速利用料金が少額• クレジットカード申込み時にETCカードも申し込み、クレジットカードとそれに紐づくETCカードが別々に発行されます。 法人用のクレジットカードですので、通常の法人用クレジットカードと同じく、事業歴の長さや売上状況などある程度の実績がないと審査に通りません。 通常は、 1枚の法人カードにつき 1枚のETCカードが発行されます。 複数のETCカードを持ちたい場合は、追加で法人カードを申し込む必要がありますが、 JCB法人カードや 三井住友ビジネスカードのように 1枚の法人カードで複数のETCカードを発行できるカードもあります。 ETCの割引制度 平日朝夕・深夜・休日割日 が利用できる• ETCマイレージサービスにに登録することができる• クレジットカードのポイント・マイル還元がある• 旅行傷害保険や国内・海外航空機遅延保険などカードに付帯するサービスがある• 車両限定がないので、どの車でも利用できる。 大口・多頻度割引に対応していない• 新会社・新規個人事業者だと審査に通りにくい• カードによっては発行枚数に制限がある• ただ、審査が厳しい点が最大のネックとなります。 またカードの年会費や複数枚発行時の手数料など 経費がかかる点がデメリットとなっています。 設立したての会社• 月の高速利用料金が高額• 既に実績のある会社• 月の高速利用料金が高額• ETCマイレージが適用されるNEXCO指定の高速道路や本州四国連絡橋を主に利用する事業者 ETCコーポレートカードの作り方 ETCコーポレートカードを作る方法は、下記の2通りの方法があります。 協同組合からの申込はできませんので注意が必要です。 不明点などはこちらで確認するといいでしょう。 ETCコーポレートカードの明細 ETCコーポレートカード利用明細では利用車両での区間毎の明細及び割引額がわかります。 これをもとに運搬ルートの見直し、業務の効率化、経費削減を検討することが可能となります。 主な項目 日付 ETCを利用した日。 日付をまたいで料金所を通過した場合などは実際の日付と違う場合があります。 車種 大型車、普通車など利用車種 通行区間 利用した高速の入口、出口のIC(インターチェンジ)名 割引前料金 割引が適用される前の高速道路料金 ご利用金額 割引が適用された後の高速道路料金 ETC割引額 ETC利用での割引額 高速料金 高速国道の利用料金 一般有料料金 一般有料道路の利用料金 公社料金 高速道路会社 NEXCO 3社が管理する以外の道路利用料金 大口多頻度対象額 大口・多頻度割引の対象となる金額 割引 大口・多頻度割引の適用外となった場合の理由表示 車両不一致など 備考 平日朝夕割日や休日割日など他の割引が適用された場合にその割引を番号で表示 ETCコーポレートカードのセットアップ方法・料金 ETCコーポレートカードはカードだけでは利用することはできません。 ETCコーポレートカードを利用するには、 下記の手順でETCコーポレートカードを車両に取りつける必要があります。 ETCコーポレートカードの 表面、右下に有効期限が記載されています。 ETCコーポレートカードは通常のクレジットカードと同様、基本的には自動更新となります。 有効期限が近くなると新しいETCコーポレートカードが送付されてきますので、必ず交換するようにしましょう。 ETCコーポレートカードの再発行 ETCコーポレートカードを再発行したい場合、再発行の理由によって手続き方法が変わってきます。 紛失届を提出した日から一か月以内に限りカードの再発行手続きが可能になります。 ETCコーポレートカードの再発行にあたっては、 1枚毎に 再発行手数料617円 税込 が必要となります。 申込時の支払い保証によって手続き方法が変わってきます。

次の

コーナン コーポレートカード

コーポレート カード と は

「コーポレートカード」と「パーチェスカード」の違い コーポレートカードとパーチェスカードは、どちらも 「大企業向けの法人カード」です。 大規模企業向けソリューションとして提供されているのが特徴であり、個人事業主や中小企業を対象とした法人カードとは区別されています。 基本的にコーポレートカードは通常のクレジットカードと同じ使い方であり、無制限(または制限はあるものの多数)に社員用のカードを発行できるというのが特徴。 法人の経費的な支払い・精算を楽にするためのツールです。 パーチェスカードはカードレス(カード番号等必要最低限の機能のみ)で発行可能で、部署単位でカードを発行しながら請求書は一本化できるという柔軟な使い方ができるのが特徴です。 特定の加盟店のみでカードを使用できる• カードレスで発行できる• 法人や部署単位で発行できる• 支払先を一本化できる 主なメリットとされているのは上記の4つ。 コーポレートカードと比較すると 「特定の加盟店のみでカードを使用できる」というのが大きな違いです。 「クラウド利用料」や「光熱費」など、特定の経費専用の法人カードになっているため、 社員が自由にカードを使うことができません。 これによって 無駄な経費が発生しないというのも、コーポレートカードとは違ったパーチェスカードのメリットです。 コーポレートカードは社員に持参させることができるので、出張費や交際費の経費管理に向いています。 パーチェスカードはコーポレートカードの経費管理と区別して、法人や部署単位でクラウド利用料等の特定経費だけを管理したい場合に向いています。 家庭にたとえると、コーポレートカードは通常のクレジットカード。 パーチェスカードは「家賃」や「水道代」など、固定費の支払い用に持つカードです。 コーポレートカード・パーチェスカード両方のメリットをうまく汲み取ってサービス化されているカードもあります。 2019年12月に登場した「」は、企業の小口現金・立替払いの最効率化を目指す新しい法人キャッシュレスサービス。 一般的に言われている「法人カード」とは、 個人事業主や法人を対象に発行されているクレジットカードの総称です。 審査対象も法人ではなく、法人代表者・個人事業主となっています。 オススメのビジネスカードを知りたい方は当サイトの「」をご覧ください。 メリット 法人カードのメリットは、経費管理が楽になることです。 たとえば、 個人事業主の場合は通常のクレジットカードでも経費管理できますが、プライベート費と経費を分ける作業が面倒ですね。 個人用クレジットカードと法人カードを2枚持ちすると、 カード明細から簡単に経費管理できるようになるわけです。 デメリット 法人カードは「個人事業主」や「法人代表者」など、各カードによって申込対象者が指定されています。 また、 カードによっては法人向けに審査基準が高くなっていることもありますし、法人そのものではなく法人代表者が審査対象となるため、個人のクレヒスが悪い場合は審査に悪影響が生じます。 通常のクレジットカードのように多くの選択肢があるわけでもなく、クレジット業界全体で見ても法人カードの総数が少ないことも1つの理由です。 コーポレートカードとは? コーポレートカードとは、 大企業を対象とした法人カード。 これに対して、個人事業主や中小企業を対象としたカードを 「ビジネスカード」と呼んでいるカード会社が多いです。 こうした呼び方の違いは特に気にする必要はなく、 「自社が申し込めるかどうか?」に注目しておけば自然と最適なカードを見つけられます。 ビジネスカードやコーポレートカードの呼び方は、本当に単なる呼び方です。 「三井住友ビジネスカード」は法人対象ですが、使用者は20名以下が目安となっています。 「三井住友コーポレートカード」も法人対象ですが、使用者は20名以上が目安となっています。 結局は、「申込対象者」や「決済口座」に注目してカードを選ぶことがもっとも大切です。 メリット ビジネスカードは個人事業主を含めて中小企業を想定して作られているため、 社員用に発行できるカード枚数に制限が設けられているカードが多いです。 一方、コーポレートカードは大企業を想定しているため、 社員用に発行できるカードに制限がないカードが多く、これがコーポレートカードのメリットです。 選び方としては、 社員用カードの発行枚数に注目しておくのがおすすめですよ。 デメリット コーポレートカードのデメリットは、還元率などの特典が弱い(場合によっては無い)ところ。 とはいえ、カードによってスペックの損得はありますが、 デメリットを探したところで代案がないんですね。 多くの社員に経費用としてクレジットカードを持たせることが用途なので、これを実現できるだけで希望は叶います。 パーチェスカードとは? パーチェスカードは、 特定の支払い用として持てるコーポレートカードです。 法人カードの大企業向けソリューションとして提供しているカード会社が多く、 「カードレスで発行可能」や 「法人や部署単位で発行可能」といった特徴があります。 メリット パーチェスカードのメリットは、 「クラウド利用料」や「光熱費」といった特定の支払い用として使えることです。 法人や部署単位でカードレスから発行できるのも魅力。 一部の決済用としてカードを発行できるため、 社員が無駄な経費を発生させることがないのもメリットです。 決済口座は法人口座のみとなっているカード会社がほとんど。 支払い方法は「口座振替」と「銀行振込」が用意されており、この点はコーポレートカードと変わりません。 つまり、パーチェスカードの代案としてコーポレートカードを使うことも可能なので、自社経費やコスト削減をどのように考えるのかでメリットが変わります。 デメリット パーチェスカードは経費管理の考え方や目的によってメリットが変わるのがデメリットです。 使う幅に制限があるのがメリットでもありデメリットにもなります。 簡単に説明すると、コーポレートカードは加盟店を対象に自由に決済可能なため、 パーチェスカードでやろうとしていることをコーポレートカードで実行することもできます。 Webのシステム利用料のように毎月の固定費でクレジットカードを使えれば良いという企業にとっては便利ですが、 出張や接待でカードを使う機会が多い企業には完全に不向きです。 「カードレスで発行できる」や 「特定の支払い専用として使える」という特徴からも、目に見えない決済専用で法人カードを持ちたい企業に最適でしょう。 一番使い勝手が良さそうなのは、 外出用にコーポレートカードを発行しておき、固定費や企業間取引用にパーチェスカードを持つことです。 この使い方だと、それぞれの特徴を最大限に活かすことができます。 まとめ 法人カードは事業用として使うクレジットカードの総称で、細分化すると4つの種類に分けられます。 コーポレートカードやパーチェスカードは大企業向けなのが特徴ですが、実際のところは 「三井住友パーチェスカード」のように 中小企業も対象となっているカードもあります。 法人カードは 「申込対象者」や 「決済口座」に注目しておき、 申込条件を満たせることができるカードを選ぶのが基本です。 こうした条件は名称ごとに決まっているのではなく、各カードごとに決められています。 今回紹介した 「コーポレートカードとパーチェスカードの違い」や 「それらと法人カードの違い」などは、 大雑把に捉えておく程度で問題ありません。 各カードの詳細を比較しながら、自社に最適な法人カードを探してみてくださいね。

次の