グラビア アイドル 最 前線。 グラビアアイドル情報最前線

グラビアアイドル名:あ行: グラビアアイドル情報最前線

グラビア アイドル 最 前線

人気急上昇、テレビのCMや週刊誌、雑誌でのトップを飾るグラビアアイドル井川 遙。 昭和52年6月29日生まれ、血液型B型。 女性誌でモデルとして活躍しながら、平成11年東洋紡水着サマーキャンペーンガール、12年にはアサヒビールイメージガールとなり注目を集める。 アサヒビールの歴代のイメージガールとしては山口智子、藤原紀香などテレビドラマの常連が名を連ねる。 井川 遙は以前から注目のグラビアアイドルで、写真集は『遥かに愛しい君のこと』彩文館出版、『Good Vibrations』ぶんか社 、『Smiley Smile』ワニブックス、映画では2002年春公開予定の『DOG STAR』(瀬々敬久監督)、『FILAMENT』(辻 仁成監督)など複数の作品を抱え、昨年発売のカレンダーが数万円の値がつくなどアイドル株としては急上昇。 『Good vibrations』井川 遙写真集ぶんか社 遙かに愛しい君のこと…井川 遙1st. 写真集彩文館出版 一般に浸透するようになったのは、やはりアデランスのCM。 頻繁に放映される同社のCMでは、彼女のやわらかな微笑みでいっぱいだ。 お茶の間にあっという間に広がっていった。 癒し系とは名前のとおり癒されるアイドルというわけだが、優香、本上まなみも癒し系とされてきた。 癒し系とは心のやすらぎであり、本来グラビアの特徴たる男性に直感的、直線的なフェロモンではなく、ゆとり、ピュア度、安心をあたえるものとされる。 このあたりは個人差があるだろうが、井川遥を癒し系と評することにはほとんど反論もあるまい。 釈由美子や酒井若菜も癒し系に入れられることもある。 元来グラビアアイドルは男性にとって攻撃的なフェロモンを放ち、微笑みを見せないクールな存在である。 表情を殺して一点を見つめているようなグラビア独特の写真表情だ。 大人っぽいだとかエロスを感じるといったあの表情。 癒し系といわれるグラビアアイドル達にもグラビアの中ではもちろんその表情をみせてくれるが、それ以外の部分、やさしさ、人間らしさ、微笑み、が卓越しているのが癒し系である。 井川遙はその中でも抜群の癒し系に位置する。 癒し系自体、時代が求める「安心感」なのだが、癒し系の中でも正当派と胸を張っていえるのが井川遙といえよう。 飯島直子がジョージアのCMでみせた視聴者への語り掛けが「癒し系」注目の兆しであった。 微笑みから語り口調から気の配り方まで申し分の無い存在でアイドルタレント達を追い越すまでの個性を発揮していた。 井川の雰囲気は、八木亜希子アナに共通する部分がある。 そう、八木アナの後継者としての才覚があるのだ。 不況時のこの一般社会でも専門性を身につけることは常に要求されているわけだが、グラビアやアイドル、芸能界でも例外ではない。 なんでもできますよ!的なオールマイティというのは様々な仕事があふれているバブル期には有効だが、このような不況時には専門性を身につけて得意分野を作り出さなければならない。 この分野での確固たる地位を築いたならば、医療、介護、保険、などはそのままあてはまる広告塔になりうるし、環境、自動車、食品など独占的に井川 遙が指名されることもあるだろう。 これは強力な付加価値なのだ。 また、彼女はNHKのフランス語講座でレギュラーを持ち、グラビアファン層以外からの人気をも得ている。 同局の外国講座出身としてはイタリア講座を担当していた山口もえが有名だ。 山口もえがこの分野で開拓した功績は大きい。 NHKの中でも教育系しかも朝の6:30という時間にも関わらず、この講座に注目を浴びせたのは山口もえ効果といっても過言ではない。 この番組は陽気な外国人達と外国語を学んでいくのだが、外国語を学んでいこうとする実直且つ将来を見据えて学問を志す人々が見るテレビ番組で「顔を売る」ことも大きい。 SMAPの草薙 剛の韓国語の習得もその意味では強力な専門性を見せてくれた。 日本のトップスターがあそこまで流暢にしゃべることができるというのは、芸能界に画期的な展開をもたらす。 韓国との橋渡しには絶対的なポジションを確立したといえるだろう。 井川遙にも是非ともフランスとの橋渡しの代名詞になっていただきたい。 映画『WASABI』でフランス語を学んでいる広末涼子が強力なライバルになることは予想されるところではあるが。 井川遙オフィシャルサイト NHKフランス語講座 11月15日 月刊『井川 遥スペシャル』 新潮社 12月(タイトル未定) DVD(ポニーキャニオン) 11月30日~12月5日 「井川遥 展」ラフォーレ原宿.

次の

癒し系最前線 井川 遙 (全文) [アイドル・タレント] All About

グラビア アイドル 最 前線

KinKi Kids堂本光一が、1月6日放送の『KinKi Kidsどんなもんヤ!』(文化放送)に登場。 新春1発目にも関わらず「まだそんな気には全くなってないときに収録しておりますけど」とおなじみのテンションでスタートした。 1月1日に41歳の誕生日を迎えたことを報告すると、今度は「戦国時代だったらもうすぐ死んどるな、という感じ」と言いたい放題。 オープニングを「まあ、抱負などは特にございません」と締め、2020年も清々しいほど堂本光一節は絶好調のようだ。 東京オリンピックの聖火ランナー(滋賀県)に、旧知の仲である西川貴教が内定したことへ話題が移ると、1998年長野オリンピックで聖火ランナー(兵庫県)を務めた堂本光一は懐かしむどころか「当時、本当に死ぬほど忙しかったときなんですよ。 だから、正直あまり覚えてないっていうのは……はい」と、まさかの語れる思い出なし。 「今思うとすごいこと」とは言いながらも、もらった聖火も「どこやったかな。 倉庫の奥に埋もれてあると思うんですけどね……そういう意味ではどっかやったわけじゃない。 家のどっかにやった。 ハハハ」と笑ってみせる。 誰も家まで確認しに行くわけではないのだから、適当なことを言って体裁を取り繕うこともできるはず。 もちろん、そんな彼の歯に衣着せぬ言葉は、一部分だけ切り取れば誤解を招きかねない。 先日KinKi Kidsのドームコンサートのチケットがデジタル化されたことを受けて、「みんな不安やったやろ、絶対対応できてへんやろ。 世代的に。 「いや、これ最後までちゃんと書いてくれないと。 俺が本当にひどい人みたいになるやん。 これがすべてのフォローなんですから、そこまでちゃんとつけといてください(笑)」と、彼なりに言葉を補うのだが、厳密にはファンへのフォローになっているか微妙なところなのもほほえましい。 一方で「僕が思うのは、やっぱりチケットが取れました。 そこのお席を用意してお待ちしております、だと思うんですよ。 で、その席っていうのは、その時間だけはその方のために用意された席だ、というふうに僕は感じてほしいかな」と、チケットを取った人たちへの感謝の心、そして座席に込めた想いも率直に語る。 これだけ言いたいことをズバズバと言っていても彼が愛され続けるのは、そこに嘘がないからだ。 照れ隠しが見えるドS発言も、誠意を尽くした王子対応も。 いつだって、堂本光一は本音で向き合っていることがわかる。

次の

癒し系最前線 井川 遙 (全文) [アイドル・タレント] All About

グラビア アイドル 最 前線

人気急上昇、テレビのCMや週刊誌、雑誌でのトップを飾るグラビアアイドル井川 遙。 昭和52年6月29日生まれ、血液型B型。 女性誌でモデルとして活躍しながら、平成11年東洋紡水着サマーキャンペーンガール、12年にはアサヒビールイメージガールとなり注目を集める。 アサヒビールの歴代のイメージガールとしては山口智子、藤原紀香などテレビドラマの常連が名を連ねる。 井川 遙は以前から注目のグラビアアイドルで、写真集は『遥かに愛しい君のこと』彩文館出版、『Good Vibrations』ぶんか社 、『Smiley Smile』ワニブックス、映画では2002年春公開予定の『DOG STAR』(瀬々敬久監督)、『FILAMENT』(辻 仁成監督)など複数の作品を抱え、昨年発売のカレンダーが数万円の値がつくなどアイドル株としては急上昇。 『Good vibrations』井川 遙写真集ぶんか社 遙かに愛しい君のこと…井川 遙1st. 写真集彩文館出版 一般に浸透するようになったのは、やはりアデランスのCM。 頻繁に放映される同社のCMでは、彼女のやわらかな微笑みでいっぱいだ。 お茶の間にあっという間に広がっていった。 癒し系とは名前のとおり癒されるアイドルというわけだが、優香、本上まなみも癒し系とされてきた。 癒し系とは心のやすらぎであり、本来グラビアの特徴たる男性に直感的、直線的なフェロモンではなく、ゆとり、ピュア度、安心をあたえるものとされる。 このあたりは個人差があるだろうが、井川遥を癒し系と評することにはほとんど反論もあるまい。 釈由美子や酒井若菜も癒し系に入れられることもある。 元来グラビアアイドルは男性にとって攻撃的なフェロモンを放ち、微笑みを見せないクールな存在である。 表情を殺して一点を見つめているようなグラビア独特の写真表情だ。 大人っぽいだとかエロスを感じるといったあの表情。 癒し系といわれるグラビアアイドル達にもグラビアの中ではもちろんその表情をみせてくれるが、それ以外の部分、やさしさ、人間らしさ、微笑み、が卓越しているのが癒し系である。 井川遙はその中でも抜群の癒し系に位置する。 癒し系自体、時代が求める「安心感」なのだが、癒し系の中でも正当派と胸を張っていえるのが井川遙といえよう。 飯島直子がジョージアのCMでみせた視聴者への語り掛けが「癒し系」注目の兆しであった。 微笑みから語り口調から気の配り方まで申し分の無い存在でアイドルタレント達を追い越すまでの個性を発揮していた。 井川の雰囲気は、八木亜希子アナに共通する部分がある。 そう、八木アナの後継者としての才覚があるのだ。 不況時のこの一般社会でも専門性を身につけることは常に要求されているわけだが、グラビアやアイドル、芸能界でも例外ではない。 なんでもできますよ!的なオールマイティというのは様々な仕事があふれているバブル期には有効だが、このような不況時には専門性を身につけて得意分野を作り出さなければならない。 この分野での確固たる地位を築いたならば、医療、介護、保険、などはそのままあてはまる広告塔になりうるし、環境、自動車、食品など独占的に井川 遙が指名されることもあるだろう。 これは強力な付加価値なのだ。 また、彼女はNHKのフランス語講座でレギュラーを持ち、グラビアファン層以外からの人気をも得ている。 同局の外国講座出身としてはイタリア講座を担当していた山口もえが有名だ。 山口もえがこの分野で開拓した功績は大きい。 NHKの中でも教育系しかも朝の6:30という時間にも関わらず、この講座に注目を浴びせたのは山口もえ効果といっても過言ではない。 この番組は陽気な外国人達と外国語を学んでいくのだが、外国語を学んでいこうとする実直且つ将来を見据えて学問を志す人々が見るテレビ番組で「顔を売る」ことも大きい。 SMAPの草薙 剛の韓国語の習得もその意味では強力な専門性を見せてくれた。 日本のトップスターがあそこまで流暢にしゃべることができるというのは、芸能界に画期的な展開をもたらす。 韓国との橋渡しには絶対的なポジションを確立したといえるだろう。 井川遙にも是非ともフランスとの橋渡しの代名詞になっていただきたい。 映画『WASABI』でフランス語を学んでいる広末涼子が強力なライバルになることは予想されるところではあるが。 井川遙オフィシャルサイト NHKフランス語講座 11月15日 月刊『井川 遥スペシャル』 新潮社 12月(タイトル未定) DVD(ポニーキャニオン) 11月30日~12月5日 「井川遥 展」ラフォーレ原宿.

次の