ポケモン 怖い 話。 【ポケモン都市伝説】怖い話?ユクシー・アグノム・エムリットとオウムとの関係について|ゲームメインのサブカル総括シティ

【ポケモンサンムーン】今作の怖い話ってどんなのがあるの? モーテルのヌイコグマ、メガやすのミミッキュなど

ポケモン 怖い 話

スポンサーリンク モンジャラとは? モンジャラとは、 草タイプのポケモンで 初代ポケモンから登場します。 体に絡まったツルと 赤い長靴が特徴的。 初代ポケモンでは、 マサラタウンの南の草原 ( 21番すいどう)で出現。 また、ポケモン第4世代(ダイヤモンド、パール)になると、 モジャンボというポケモンに進化が可能になる。 モンジャラといえば、 マサラタウンの南の21番水道で出現。 しかし、 現在は柵があるため、なみのりを覚えている ポケモンがいないとモンジャラに会うことが出来ません。 けれど、昔はマサラタウンの南には柵が無かったのです。 そのため、 昔はマサラタウンの 子供たちが 遊びに行く場所だったようです。 そんな中、ある事件が起きた・・・ スポンサーリンク 草むらで遊んでいた 小さな女の子が 足を滑らして川に落ちてしまいました。 回りに誰もいなかったため、 誰も助けに来ることはありませんでした。 女の子は川の中にあったツルが足に絡まり、 溺れてしまいました。 そして、 その女の子は、足に絡まったツルと共に モンジャラというポケモンになってしまいました。 モンジャラに生まれ変わった女の子は、 一人が寂しいため生まれ育った マサラタウンに行きました。 そして、 町の子供を川に連れて行こうとしましたが、 子供は大声で叫んだため親が助けにました。 この事件があって以降、 マサラタウンの南には柵が出来たのです。 そして、 今でもその草むらにはモンジャラが出現します。 モンジャラというポケモンが 長靴を履いているのは、 元々が人間だったからです。 以上がモンジャラに関する都市伝説です。 この怖い都市伝説を聞いたら マサラタウンの南でしか現れない理由もうなずけます。 しかし、 モンジャラの中身が 小さな女の子だったなんて怖い話ですね。 スポンサーリンク.

次の

ポケモンの都市伝説【モンジャラの怖い話】~マサラタウンと21番水道~

ポケモン 怖い 話

そんなシオンタウンでの出来事。 主人公の肩に白い手が置かれている? シオンタウンにいるとある人に話しかけることでこのようなシーンに遭遇することができます。 「あなた ゆうれいは いると おもう?」 そう問われる主人公。 すると次は 「…あはは そうよね! あなたの みぎかたに しろい てが おかれてる なんて ・・・あたしの みまちがいよね」 どうやらこの人物(少女)には主人公の右肩に白い手が見えているらしい。。 しかも白いゴーストタイプのポケモンなんて存在しないのです。 つまりポケモンとは違うなにかがそこにはいたということになりますね。 ライバルのポケモン「ラッタ」の行方 このシオンタウンではポケモンタワーという場所でのイベントがあります。 ポケモンタワー内はこの世を去ったポケモンたちのお墓がいくつも存在し、たくさんのポケモンが眠っています。 そのタワーの頂上を目指す主人公なのですが、その途中でライバルと出会うことになります。 そしてこの質問。 naver. しかもタワーの頂上ではロケット団が悪いことをしているというのにそれに気づかずにタワーを降りてきます。 それどころではない何かがあったということなのでしょうか。 そしてこの日を境にライバルのとあるポケモンが勝負に出てこなくなるのです。 そのポケモンはラッタ。 今まではライバルとの勝負のときに登場していたラッタなのですが、これ以降はなぜか出てきません。 少し悲しい考察ですが、ポケモンタワーで眠らせてあげるためにここに来ていたのではないでしょうか。 なにかに憑りつかれている祈祷師 ポケモンタワーにいる「きとうし」は全員が何かおかしい。。 話しかけても意味不明な言葉を発しポケモン勝負を仕掛けてきます。 勝負に勝つと解放されたように意識を取り戻すのであります。 [ad ad-1] もりのようかんのお話 ポケモンダイヤモンド、パール、プラチナで入ることができる「もりのようかん」という場所もかなりのホラースポット。 ここではBGMの不気味さはもちろん、描写も怖いもの満載になっています。 いったいここは何なのか。。 何かおかしい少女とおじさんが住んでいる・・? 個人的に最もゾクっとしたのは誰もいるはずの無いもりのようかんに人らしきものを見た時。 たまーに、洋館内の部屋を出入りしていると少女がいたりおじさんがいたりします。 しかし話しかけることはできず、すぐに逃げるように?いなくなってしまいます。 そして少女やおじさんには足がない? 逃げるように画面から消えていくとき、歩いているようには見えません。 スーッと移動しているような。。 あの少女とおじさんはいったい何者なのでしょうか? こんなウワサもあるみたいです。 その昔、おじいさんと孫の少女が仲良く暮らしていたの。 ある日、少女がポケモンを追いかけて、もりのようかんに入ってしまい、帰って来なくなってしまった……。 おじいさんは孫を心配して、1人で探しに行ったんだけど……おじいさんも姿を消してしまうの。 それから、しばらくたってからよ。 もりのようかん近くで、人かげが見られるようになったのは……。 ……ネットのオカルト仲間からは、そんな話を聞いているわ。 まぁ、ただのウワサなんだけどね。 ウフフフフ……。 pokemon. とある一室にある絵画なのですが、主人公が絵から視線を外すと絵画の視線がずっと追ってきます。 それは隣の部屋にいようとこっちを見てきます。 あの絵にはどんな秘密がかくされているのでしょうか。 謎のメモ もりのようかんのとある部屋にはナゾのメモのようなものを発見することができます。 その内容は、 「あんな えたいのしれ・・ ・・に モ・・ ・・をもっていかれる とは・・」 いったい何を持っていかれたのでしょうか。 「モ」とはモンスターボール? 得体のしれない何かに大切なポケモンを奪われてしまったのかもしれません。。 まとめ シオンタウンともりのようかんにおける怖いエピソードを紹介しましたがいかがでしたでしょうか? ポケモンの世界にはこれらの他にもまだまだ不気味なエピソードが隠れています。 シオンタウン、もりのようかん以外のことも別の記事にして後日紹介していこうと思いますでお楽しみに! ではでは、こんな怖い部分も全部ひっくるめて今後もポケモンを楽しんでいきましょう!!.

次の

【ポケモン都市伝説】ダイパの怖い話?森の洋館の怖い話について考察するよ|ゲームメインのサブカル総括シティ

ポケモン 怖い 話

アグノム・ユクシー・エムリットは、第4世代のダイヤモンド・パール・プラチナで初登場した準伝説ポケモンです。 アグノムは意思、ユクシーは知恵、エムリットは感情を人間に与えたとされる 神であり、図鑑にもそのような説明文が掲載されています。 アグノムの図鑑説明 ポケットモンスターダイヤモンド いしのかみと よばれている。 みずうみの そこで ねむりつづけ せかいの バランスを とっている。 ポケットモンスターパール ユクシー エムリット アグノムは おなじ タマゴから うまれた ポケモンと かんがえられている。 ポケットモンスタープラチナ アグノムが とびまわったことで ひとびとに なにかを するための けついと いうものが うまれた。 ユクシーの図鑑説明 ポケットモンスターダイヤモンド ちしきのかみ と よばれている。 めを あわせた ものの きおくを けしてしまう ちからを もつという。 ポケットモンスターパール ユクシーの たんじょうにより ひとびとの せいかつを ゆたかにする ちえが うまれたと いわれている。 ポケットモンスタープラチナ ユクシーが とびまわったことで ひとびとに ものごとを かいけつする ちえと いうものが うまれた。 エムリットの図鑑説明 ポケットモンスターダイヤモンド かなしみの くるしさと よろこびの とうとさを ひとびとに おしえた。 かんじょうのかみ と よばれている。 ポケットモンスターパール みずうみの そこで ねむっているが たましいが ぬけだして すいめんを とびまわると いわれている。 ポケットモンスタープラチナ エムリットが とびまわったことで ひとびとに いきるときの よろこび かなしみと いうものが うまれた。 意志、記憶、感情。 これらはどれをとっても、人間が生きるためには不可欠な要素です。 彼らがいなければ、ポケモンの世界で生きる人達の生活は成り立たなかったことでしょう。 そのような良いモノを与えた【アグノム・ユクシー・エムリット】ですが、実はとある怖い話があることを御存じでしょうか? 今回のブログでは、そんな 怖い話や都市伝説を紹介していきます。 なお、 リッシ湖、シンジ湖、エイチ湖の3つの湖にそれぞれが一体ずつ住んでいるため、これらのポケモンは合わせて【3湖】と呼ばれています。 なので、このブログでも【 アグノム・ユクシー・エムリット】の3体の神を、まとめて【 3湖】と呼称します。 怖い話? 前述の通り3湖は、人間が人間らしく生きていくための様々な要素を与えたポケモンであるとされています。 このことから、3湖は人間に対して好意的であり、決して危害を加えることはないように思えるでしょう。 しかしながら、善意のみの存在ではないという証拠が、 ゲーム内の施設にて確認出来ます。 それは、はとばのやどで有名な ミオシティと呼ばれる街の図書館です。 その施設の本棚に入っている本を読むことで、3湖の側面について知ることが出来ます。 以下が、その説明文です。 「そのポケモンの目を見た者 一瞬にして記憶がなくなり帰ることが出来なくなる」 「そのポケモンに触れた者 三日にして感情がなくなる」 「そのポケモンに傷を付けた者 七日にして動けなくなりなにも出来なくなる」 記憶はユクシー、意志はアグノム、感情はエムリットが司っているとされているため、奪う内容もそれに対応していると考えられます。 例えばユクシーは、知恵を与える神である反面、目を合わせた者の記憶を抹消することが出来るようです。 記憶を奪い、意志を奪い、感情を奪う。 1つでも消されたら人間として生きていくことは難しそうですが、仮に全てを奪われた人間は、果たしてどうなってしまうのでしょうね。 ある意味「〇ぬ」よりも怖い話です。 最も、 魂以外の何もかもを抜き取られた人間は恐ろしさや悲しさなんて一切感じることなく、何かを覚えることすらなく、誰かに一生介助されながら黙々と歳を重ねていくのでしょうが。 そう考えると、命を奪うことだけを目的としている「ダークライ」や「フワンテ」の方が随分と優しいように思えてきます。 なお、3湖は自分達に危害を加える恐れのある者に対して容赦がありません。 アニメ版のポケモンでは、 3湖の姿を見たいという身の程知らずの欲に塗れた人間が乗っている船が、3湖によって海の底に沈められるという 至極当然の報いを受ける描写がありました。 このように、悪意を持った者や、礼儀を知らずに馴れ馴れしく近づいた人間には、躊躇うことなく危害を加えます。 人間の傲慢さや、身の程を弁えずに近づいてくる者に対して堂々と制裁を加える姿からは、まさに 神たる威厳を感じられますね。 とはいえ、 容姿の可愛らしさとは裏腹に人間を攻撃するという点においては怖いですね。 能力通りに凶悪な見た目をしていれば、見た目と合致してある程度はその恐ろしさを納得出来るでしょうが、非常に可愛らしい見た目をしておきながら近づく者の命を躊躇うことなく奪う、もしくは「生き地獄」を味合わせるというギャップが恐ろしいです。 オウムについて ここで言うオウムとは、あの宗教団体のことを表していると考えられます。 この団体が起こした様々な悪行の中で最たるものは、 平成7年にて地下鉄に毒物をばら撒いた事件でしょう。 その事件によってたくさんの命が奪われて、今も尚その後遺症に苦しんでいる人が大勢います。 事件を起こした張本人、もとい宗教の創始者はもうこの世にはいませんが、依然としてその団体は残存しており、どこかで今も活動を続けているらしいです。 人類の負の遺産とも言える宗教団体と、ポケモンの3湖はどのような関係があるのか? それは、3湖の側面に関係していると考えられられます。 繰り返しにはなりますが、ミオシティ図書館の本にはこのようなことが書かれていました。 「そのポケモンの目を見た者 一瞬にして記憶がなくなり帰ることが出来なくなる」 「そのポケモンに触れた者 三日にして感情がなくなる」 「そのポケモンに傷を付けた者 七日にして動けなくなりなにも出来なくなる」 3湖には、自分達が与えたそれらを人間から奪って、行動を不能にしてしまうという能力があります。 アグノムは動く意志を奪う。 ユクシーは記憶を奪う。 エムリットは感情を奪う。 これらとオウムとの関連性を考えると、以下のようになると考えられます。 動けなくなるというのは「サ〇〇」によって体が動かなくなる。 記憶がなくなり帰れなくなるというのは、オウムに囚われて家に帰ることが出来なくなってしまう。 感情がなくなるというのは、洗脳されて感情を奪われてしまうこと。 と、考えられます。 これらは、オウムがもたらした凄惨な事件を忘れてはいけないという 公式からのメッセージであり、ポケモンを遊ぶ子供たちに届けたい思いから考案された設定であると、投稿者は思っています。

次の