ポケモン カバ。 【ポケモンGO】カバルドンのおすすめ技と最大CP&弱点

【ポケモン剣盾】カバルドンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン カバ

カバルドン対策は必須! カバルドンの強さをご存知ですか? ポケットモンスターダイヤモンドパールで初登場したポケモン「カバルドン」 「ぼうぎょ」「とうぼう」両方面に恵まれた耐久力を持ち、沢山のパーティの起点作り兼クッション枠として淡々と役割をこなし続けてきた。 カバルドンを軸に組み込んだ構成は、いつの時代も無限にありました。 そしてポケモン剣盾にも、カバルドンの脅威が迫っています。 「カバルドン」を知り、その強さも弱さも理解する事はポケモンバトルの強さに直結します。 今回はカバルドンについて書いていきます。 過去活躍してきたカバルドンの構成 「カバドリュ」 「すなかきドリュウズ」を自身の特性「すなおこし」でサポートする型。 「ステルスロック」「あくび」「じしん」が確定で入っており、あと1枠は「なまける」「ふきとばし」「がんせきふうじ」などから選択。 「カバルカイリュー」 積みエースの「ルカリオ」「カイリュー」を動かしやすくする為に採用。 「あくび」「ステルスロック」起点を作りながら立ち回り、積みエースで崩していく相性補完がとても良い。 「カバルミミッキュ」 「カバルカイリュー」がSMで「カイリュー」が「ミミッキュ」に変化した構成。 大体カバルドンのやることは変わらない。 「カバマンダガルド」 USUM中期から結論パと呼ばれる最強構成がこのカバマンダガルドという構成。 「ボーマンダ」も「ギルガルド」も物理特殊、どちらも採用されており、型が読みにくい。 またこの「カバマンダガルド」対策に「こおりのキバ」を搭載したカバルドンが多く見られた。 カバルドンの揺るぎない戦術 「あくび」「ステロ」戦術 「あくび」の恐怖 「あくび」をうけたポケモンは、交代せず居座るとその次のターンの最後に眠り状態になる。 交代を強制し、眠ってしまった場合は起点にされてしまう。 「ステルスロック」で体力を削る 一度場に撒くと、出てきたポケモンに最大HPの8分の1のダメージを与える技。 「いわ」タイプの技なので、「いわ」技が抜群の「ほのお」「ひこう」「むし」「こおり」タイプのポケモンには2倍ダメージを与える。 凶悪なコンボ 「あくび」で起点にされるのを嫌がり交代すると、「ステルスロック」のダメージが蓄積され、 「ステルスロック」の蓄積ダメージを嫌がると、「あくび」で眠り状態になってしまう。 「あくび」「ステロ」戦術対策 「みがわり」 カバルドンの上から「あくび」を無効化する「みがわり」を打つことで、眠り状態になるのを防ぐ。 ただし、「みがわり」を対策する為にカバルドン側が「ふきとばし」や「ほえる」を搭載していることもある。 「エレキ・ミストフィールド」 「エレキ・ミストフィールド」どちらかが既に展開されていると、地面についているポケモンは眠らない。 今作は「ダイマックス」技で全てのポケモンがこのフィールドを展開することができる為、特にカバルドンと対面でミストフィールドを展開できる「ダイフェアリー」はカバルドン対策に有効な手段である。 ラムのみ・カゴのみ 眠り状態を含め、1番多く状態異常の対策として用いられるのが「ラムのみ」である。 相手も発動までラムのみを持っていることがわからない為、虚をつけるという意味でもかなり有効な対策である。 主にダイマックス前提の「抜きエース」に持たせてあることが多い。 カバルドン側の立ち回り 初手のカバルドンの役割 「ステロ」「あくび」戦法で起点を作る。 初手ではないカバルドンの役割 相手の抜きエースやダイマックス中のポケモンに「あくび」を入れて止める。 相手のラスト1匹にあくびをいれて「ねむり」状態にする。 他の採用技 持ち前の耐久から放つ「あくび」と「ステルスロック」だけで、かなりの活躍を見込めるカバルドンですが、他の採用技は何でしょうか? 「じしん」 威力100 命中100 意外と「こうげき」の数値も112と高いカバルドンのメインウエポン、 ほぼ間違いなく採用されている。 「がんせきふうじ」 威力65 命中95 相手の素早さランクを1段階下げる。 相手いる相手に打つ岩技。 「ストーンエッジ」も覚えるが、どちらかと言うと起点作りの為に採用される事が多い為、あまりそちらは採用されていない。 「ほえる」or「ふきとばし」 強制交代技。 必ず後攻になる。 積みエースや「みがわり」を流す用に使われる。 ダイマックスの相手には効かない為注意が必要。 「なまける」 自分の最大HPの半分回復する。 物理ポケモンを自分だけで処理する型のカバルドンに採用される。 「どくどく」が使えない今シーズンの採用率はあまり多くない。 剣盾環境でのカバルドン 弱い?強い? 剣盾発売当初は「ドラパルト」や「ミミッキュ」などのゴーストタイプが流行し、「ダイホロウ」によるぼうぎょダウンの効果で、カバルドンが物理受けとして機能しない為、全くと言って良いほど顔を見ることはなかった。 また流行り始めた「カバルドン」 しかし「あくび」でダイマックスポケモンを流せる点が評価され、持ち前の耐久から以前のような基本的な「ステロ」「あくび」型が流行している。 カバルドンの種族値 種族値 HP 108 攻撃 112 防御 118 特攻 68 特防 72 素早さ 47 合計種族値 525 「HP」と「ぼうぎょ」の値が特に高く、物理に厚く努力値を振って物理受けに使われることが多い、 「とくぼう」の数値もそこそこあるため「こおり」「みず」「くさ」タイプのサブウエポン程度では落ちる事はほとんどない。 一撃耐えて「あくび」を入れる事でどんなに不利な対面でも流すか、眠り状態にすることができる為、起点作成ではきっちり仕事をする仕事人ポケモン。 それが「カバルドン」です。 あなたの6匹で、カバルドン対策は出来ていますか??.

次の

カバルドン

ポケモン カバ

DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 フィールドリサーチでの入手方法 過去に登場をしていたタスクも含みます。 なし カバルドンの進化系統.

次の

カバルドン

ポケモン カバ

カバルドン対策は必須! カバルドンの強さをご存知ですか? ポケットモンスターダイヤモンドパールで初登場したポケモン「カバルドン」 「ぼうぎょ」「とうぼう」両方面に恵まれた耐久力を持ち、沢山のパーティの起点作り兼クッション枠として淡々と役割をこなし続けてきた。 カバルドンを軸に組み込んだ構成は、いつの時代も無限にありました。 そしてポケモン剣盾にも、カバルドンの脅威が迫っています。 「カバルドン」を知り、その強さも弱さも理解する事はポケモンバトルの強さに直結します。 今回はカバルドンについて書いていきます。 過去活躍してきたカバルドンの構成 「カバドリュ」 「すなかきドリュウズ」を自身の特性「すなおこし」でサポートする型。 「ステルスロック」「あくび」「じしん」が確定で入っており、あと1枠は「なまける」「ふきとばし」「がんせきふうじ」などから選択。 「カバルカイリュー」 積みエースの「ルカリオ」「カイリュー」を動かしやすくする為に採用。 「あくび」「ステルスロック」起点を作りながら立ち回り、積みエースで崩していく相性補完がとても良い。 「カバルミミッキュ」 「カバルカイリュー」がSMで「カイリュー」が「ミミッキュ」に変化した構成。 大体カバルドンのやることは変わらない。 「カバマンダガルド」 USUM中期から結論パと呼ばれる最強構成がこのカバマンダガルドという構成。 「ボーマンダ」も「ギルガルド」も物理特殊、どちらも採用されており、型が読みにくい。 またこの「カバマンダガルド」対策に「こおりのキバ」を搭載したカバルドンが多く見られた。 カバルドンの揺るぎない戦術 「あくび」「ステロ」戦術 「あくび」の恐怖 「あくび」をうけたポケモンは、交代せず居座るとその次のターンの最後に眠り状態になる。 交代を強制し、眠ってしまった場合は起点にされてしまう。 「ステルスロック」で体力を削る 一度場に撒くと、出てきたポケモンに最大HPの8分の1のダメージを与える技。 「いわ」タイプの技なので、「いわ」技が抜群の「ほのお」「ひこう」「むし」「こおり」タイプのポケモンには2倍ダメージを与える。 凶悪なコンボ 「あくび」で起点にされるのを嫌がり交代すると、「ステルスロック」のダメージが蓄積され、 「ステルスロック」の蓄積ダメージを嫌がると、「あくび」で眠り状態になってしまう。 「あくび」「ステロ」戦術対策 「みがわり」 カバルドンの上から「あくび」を無効化する「みがわり」を打つことで、眠り状態になるのを防ぐ。 ただし、「みがわり」を対策する為にカバルドン側が「ふきとばし」や「ほえる」を搭載していることもある。 「エレキ・ミストフィールド」 「エレキ・ミストフィールド」どちらかが既に展開されていると、地面についているポケモンは眠らない。 今作は「ダイマックス」技で全てのポケモンがこのフィールドを展開することができる為、特にカバルドンと対面でミストフィールドを展開できる「ダイフェアリー」はカバルドン対策に有効な手段である。 ラムのみ・カゴのみ 眠り状態を含め、1番多く状態異常の対策として用いられるのが「ラムのみ」である。 相手も発動までラムのみを持っていることがわからない為、虚をつけるという意味でもかなり有効な対策である。 主にダイマックス前提の「抜きエース」に持たせてあることが多い。 カバルドン側の立ち回り 初手のカバルドンの役割 「ステロ」「あくび」戦法で起点を作る。 初手ではないカバルドンの役割 相手の抜きエースやダイマックス中のポケモンに「あくび」を入れて止める。 相手のラスト1匹にあくびをいれて「ねむり」状態にする。 他の採用技 持ち前の耐久から放つ「あくび」と「ステルスロック」だけで、かなりの活躍を見込めるカバルドンですが、他の採用技は何でしょうか? 「じしん」 威力100 命中100 意外と「こうげき」の数値も112と高いカバルドンのメインウエポン、 ほぼ間違いなく採用されている。 「がんせきふうじ」 威力65 命中95 相手の素早さランクを1段階下げる。 相手いる相手に打つ岩技。 「ストーンエッジ」も覚えるが、どちらかと言うと起点作りの為に採用される事が多い為、あまりそちらは採用されていない。 「ほえる」or「ふきとばし」 強制交代技。 必ず後攻になる。 積みエースや「みがわり」を流す用に使われる。 ダイマックスの相手には効かない為注意が必要。 「なまける」 自分の最大HPの半分回復する。 物理ポケモンを自分だけで処理する型のカバルドンに採用される。 「どくどく」が使えない今シーズンの採用率はあまり多くない。 剣盾環境でのカバルドン 弱い?強い? 剣盾発売当初は「ドラパルト」や「ミミッキュ」などのゴーストタイプが流行し、「ダイホロウ」によるぼうぎょダウンの効果で、カバルドンが物理受けとして機能しない為、全くと言って良いほど顔を見ることはなかった。 また流行り始めた「カバルドン」 しかし「あくび」でダイマックスポケモンを流せる点が評価され、持ち前の耐久から以前のような基本的な「ステロ」「あくび」型が流行している。 カバルドンの種族値 種族値 HP 108 攻撃 112 防御 118 特攻 68 特防 72 素早さ 47 合計種族値 525 「HP」と「ぼうぎょ」の値が特に高く、物理に厚く努力値を振って物理受けに使われることが多い、 「とくぼう」の数値もそこそこあるため「こおり」「みず」「くさ」タイプのサブウエポン程度では落ちる事はほとんどない。 一撃耐えて「あくび」を入れる事でどんなに不利な対面でも流すか、眠り状態にすることができる為、起点作成ではきっちり仕事をする仕事人ポケモン。 それが「カバルドン」です。 あなたの6匹で、カバルドン対策は出来ていますか??.

次の