フィギュア スケーター 女子。 フィギュアスケート 世界ランキング(男子・女子)2020

ロシアフィギュア女子の美人過ぎる三人娘と女王ザキトワの戦績と演技

フィギュア スケーター 女子

これはISU 国際スケート連盟 が随時発表しています。 世界ランキングには、ISU世界ランキングとISUシーズン世界ランキングの2つあります。 ここでは2020-2021最新版の世界ランキングを紹介します。 もちろん、世界選手権が一番ポイント付与の高い試合です。 しかし、ポイントの低い選手は積極的にB級試合に出場してポイントを稼いでいます。 ポイントを稼ぐことでグランプリシリーズの出場権などを獲得できるようになるからです。 そうした理由から、意外に「 実力によるランキング」とはなってなかったりします。 あれ?この選手がこんなに上位?と思う選手の場合、B級試合にたくさん出場している選手ですw この世界ランキングにジュニア選手が入ってくるのは、ジュニアの試合にもポイントが付与されるようになっているからです。 ジュニア時代にポイントを稼いでいると、シニアになってから出場できる試合が多くなり優位になります。 そんな見方も楽しかったりしますw ちなみに全日本フィギュアスケート選手権など国内限定の試合はISU認定の試合ではありませんのでポイントは稼げません。 ・・・ということを前提に世界ランキングをご覧ください! ISU世界ランキング一覧 フィギュアスケートISU世界ランキング(ワールドスタンディング)一覧です。 ポイントの比率は以下の通りです。 この理由を説明しますね。 ISUの世界ランキングのポイント表では以下が示されています。 1 世界選手権またはオリンピック・世界ジュニア・四大陸・欧州選手権の高い点数から2大会分(左側の列) 2 グランプリファイナルとグランプリシリーズの高い点数から4大会分(真ん中の列) 3 その他のISU公認国際試合の高い点数から4大会分(右側の列) しかし、世界ランキングの合計ポイントは以下で計算します。 1 は1シーズン上位1大会分のみ 2 3 は1シーズン上位2大会分のみ 1 + 2 + 3 =世界ランキングポイント となります。 大きな大会で表彰台に乗ってもポイントが増えないケースがあるのは、こういう計算によるためです。 男子シングル 2020. 見たい方は開いてご覧ください。 見たい方は開いてご覧ください。 シーズンランキングは重要なランキングではありませんので、今後はリンクのみ貼っていきます。 男子シングル 2020. シーズンランキングは重要なランキングではありませんので、今後はリンクのみ貼っていきます。 男子シングル 2019. 男子シングル 2018. 全体では5位まで、日本選手は50位まで記載しています。 男子シングル 2017. 全体では10位まで、日本選手は50位まで記載しています。 男子シングル 2016. 女子シングル 2016. いかがでしたか? フィギュアスケートの世界ランキングを見ると、へー!結構意外ー!って思いますよね? ジュニア選手もランキングに入ってくるのを見ると、期待が膨らみますね。

次の

ロシアフィギュア女子の美人過ぎる三人娘と女王ザキトワの戦績と演技

フィギュア スケーター 女子

Contents• 世界で輝く日本の「花」たちー。 シニアは美貌も混戦模様! 今まさに、世代交代を迎えている女子シニア世代。 女子は現役年齢が男子よりも若いため、少女が女性へと成長していく、まさに花のような美しさが見られることも魅力の一つかもしれません。 宮原知子(みやはら・さとこ) 可憐に氷上に舞い降りる、ミス・パーフェクト (生年月日)1998年3月26日 (出身地)京都府京都市 (所属)関西大学 2015・2016のグランプリファイナルで2年連続の銀メダル獲得、現日本女王の宮原知子選手。 大柄な選手は少ない女子フィギュアですが、宮原選手は特に小柄な150㎝。 彼女がふわっと氷上に舞い降りる姿は妖精のように可憐。 「ミス・パーフェクト」と呼ばれるほどミスのない彼女ですが、股関節の疲労骨折のため、昨シーズンは競技でなかなか姿を見られていません。 独特の世界観を持つ宮原選手のピュアなプログラムが見られるよう、回復を祈りたいですね! 本郷理華(ほんごう・りか) ダイナミックな演技と美貌で会場を魅了 (生年月日)1996年9月6日 (出身地)宮城県仙台市 (所属)邦和スポーツランド シニアクラスの有力選手で、近年、国際大会の代表選手として名前を見ることの多い本郷理華選手。 少し日本人離れしたエキゾチックな美貌の選手ですが、父親がイギリス人、母親が日本人のハーフと聞けば、納得! 2016年シーズンから得意のジャンプが不調で成績は伸び悩んでいますが、あのダイナミックな演技は彼女だからこそ。 ぜひ復活を期待しています! 個人的には、2014-2015シーズンの「カルメン」は、特に赤の衣装が似合う彼女ならではの魅力が出ていたと思います。 樋口新葉(ひぐち・わかば) 強い意志を宿した瞳!パワフル演技で世界を魅了 (生年月日)2001年1月2日 (出身地)東京都 (所属)開智日本橋学園 新世代の筆頭として、今シーズンからシニアに参戦した樋口新葉選手。 シニアに移ったばかりでまだ思うような結果が出ていなかったが、2017年初戦で自己ベストをマークし、2位発進。 間違いなく次世代エースの一人。 今後の活躍、ぜひ見てください! 三原舞衣(みはら・まい) 苦難を乗り越えたシンデレラ・ガール (生年月日)1999年8月22日 (出身地)兵庫県神戸市 (所属)神戸ポートアイランドFSC 2017年一番話題のシンデレラガール・三原舞衣選手!ジュニア時にトップの成績を収めながら、2015-2016のシーズン中に若年性突発性関節炎という、難しい病気を発症。 その苦難を乗り越え、復帰後一年足らずの今シーズン、四大陸選手権優勝など、爆発的な成績を残しています。 若手ながら落ち着いた魅力にあふれた美人選手です。 ジャンプも得意なので、これから注目してほしい選手の一人です。 シニア2シーズン目となる2017年、彼女の演技が持つ世界観をぜひ見てみたいですね! 本田真凜(ほんだ・まりん) 目指せ!世界の女王!妖艶さも身に着けた次世代の星 (生年月日)2001年8月21日 (出身地)京都府京都市 (所属)関西大学中・高スケート部 言わずとしれた、女優でフィギュア選手の本田望結ちゃんの姉、本田真凜選手。 抜群のスタイルと顔立ちに加えて、11歳で5種類の3回転ジャンプをマスターしたその技術の高さは早くからスケート界でも注目されていましたが、昨シーズン一気にその才能を開花させました。 今後の更なる成長が楽しみです! 白岩優奈(しらいわ・ゆうな) あどけない笑顔がかわいい (生年月日)2001年11月26日 (出身地)京都府京都市 (所属)関西大学KFSC 本田真凜選手と同学年の白岩優奈選手。 総合力を上げて自信をつけた白岩選手が、どんな新しい魅力を見せてくれるのか、期待しましょう!! 坂本花織(さかもと・かおり) 着々を実力を付けてきたエース選手 《データ》(生年月日)2000年4月9日 (出身地)兵庫県神戸市 (所属)神戸FSC ジュニア世代の実力を底上げしてきた立役者の一人、坂本花織選手。 演技中は大人っぽい表情も見えますが、リンクを下りると笑顔がとってもキュート。 昨年の全日本ジュニアで優勝、全日本選手権でも7位に入賞し、満を持してのシニア参戦。 一つ年上の親友・三原選手と一緒に、今後の成績次第では平昌オリンピックも見えてくるかもしれません。 高橋成美(たかはし・なるみ) 日本ペア競技をしょって立つパワフル・ウーマン (生年月日)1992年1月15日 (出身地)千葉県 (所属)木下グループ 2006年に日本人選手としては7年ぶりのペア選手として活動を始めた、日本ペア界待望の高橋成美選手。 父親の転勤で中国にわたり、そこでペア選手として活動を始めたとか。 小柄でクールな美貌の持ち主です。 日本にペアが少ないことを常々嘆いてる身としては、頑張ってほしい選手の一人。 新たなパートナーを迎えた今シーズン、また違った魅力を見せてくれるのでは?! 彼女に続いて、どんどんペア希望者が増えてくれることを願っています! 村元哉中(むらもと・かな) アイスダンス競技 期待の選手! (生年月日)1993年3月3日 (出身地)兵庫県明石市 (所属)木下グループ ペア競技からもう一人、アイスダンスの村元哉中選手。 長く日本のアイスダンス界をけん引してくれたリード姉弟の姉・キャシーさんの後を継いで、弟・クリス選手のパートナーになりました。 スポンサーリンク 美しさも成長段階!ジュニア世代注目の美少女たち! 今やジュニア時代から群雄割拠のフィギュアスケート界。 女子も将来が楽しみな美少女ぞろいです。 本田望結(ほんだ・みゆ) 大人顔負けの演技力で、姉・真凜の後に続け! (生年月日)2004年6月1日 (出身地)京都府京都市 (所属)関西大学中・高スケート部? もうテレビでもおなじみですよね!子役から活躍している女優でフィギュアスケーターの本田望結選手。 最近はテレビの企画でも滑っている姿を見る機会が増えましたね! 持ち味はもちろん、女優として磨いた表現力です。 小さかった彼女も、もう中学生。 ジュニアの選手権で今後、どんな成績を残していくのか楽しみなところ。 姉・真凜選手と同じように、世界でも活躍できる選手になってほしいですね! 紀平梨花(きひら・りか) 脅威のジャンプ娘!新時代の伊藤みどりか?! (生年月日)2002年7月21日 (出身地)兵庫県西宮市 (所属)関西大学KFSC 男子顔負けのジャンプ力で、早くもオリンピックメダルの呼び声高い紀平梨花選手。 なんと、浅田真央選手がソチオリンピックで成し遂げようとした1プログラム中に6種類8回の3回転ジャンプ、という難プログラムを成功させた、世界でただ一人の選手なんです! おまけに3トリプル+3トウループ、4回転のトウループ、サルコウといった、男子並みのジャンプ技術を披露しているという頼もしさ。 あの伊藤みどりさんを教えた山田コーチの新兵器です! 荒川静香さんのイナバウアーを見てスケートを始めたのが7歳。 ほかの選手に比べてスタートは遅いのですが、すでにこの成績。 hamaspo. アクセルジャンプこそ跳べませんが、そのほかの3ジャンプと、3ループ+3ルッツという難技を成功させています。 livedoor. html (生年月日)2002年3月13日 (出身地)大阪府 (所属)大阪スケートクラブ あの織田信成さんがコーチをしているということで話題を集めている滝野莉子選手。 この世代は本当に才能豊かでかわいい選手の宝庫ですね! もともと空手をやっていたとかで、フィギュアを始めたのは9歳ごろ。 もうトリプルのコンビネーションなども跳んでいます。 walkerplus. html (生年月日)2000年12月3日 (出身地) (所属)武蔵野学院 クールビューティな雰囲気を漂わせる松原星選手。 憧れというだけあり、丁寧で流れるようなスケーティングは鈴木選手にそっくりだ!と、成長を期待されている選手です! 竹内すい(たけうち・すい) 宮原知子似のかわいらしさ (所属)オリオンクラブ? 「ザ・アイス」で地元のジュニアスケーターとして出演経験もある竹内すい選手。 japantimes. 彼女もすでに4回転への挑戦を始めています。 これからの女子も、男子と同じく4回転時代に入っていきそうですね。 blog. fc2. html (生年月日)1990年9月25日 (出身地)愛知県名古屋市 (引退)2017年4月10日 世界選手権優勝3回、グランプリファイナル優勝4回、バンクーバーオリンピック銀メダル。 そして、今も心に残るソチオリンピックのフリースケーティングで巻き返し6位。 ノービス時代からシニアまで、どんな試合にも新しい魅力を見せてくれた浅田真央さん。 日本人離れした長い手足、努力に裏打ちされたのびやかなスケーティングとその真髄を見せてくれたジャンプ。 特に最近は大人の女性を表現したい、とさわやかな色気を感じさせる滑りに変わってきていたのが印象的でした。 シニアデビューしたてのころは、無邪気で元気いっぱいの笑顔が魅力の選手でした。 成長するにつれ、壁にぶつかることも多かったのですが、制服のおさがりをもらうほど大好きだった真央ちゃんの背中を一生懸命追いかけている姿が健気でしたね。 真央ちゃんの後を追うように引退を決めた彼女。 タレントとして活動しバラエティ出演やスポーツ解説なでテレビの世界でも活躍! あとはスケートを楽しんでいってほしいなと願います。 blog. fc2. html (生年月日)1985年3月28日 (出身地)愛知県豊橋市 (引退)2014年3月29日 摂食障害を乗り越えて、オリンピックの舞台に2度立った鈴木明子選手。 スケーターとしては遅咲きの選手でしたが、その分、大人であり、可憐な魅力を氷上に咲かせました。 しっとりと軽やかに舞う姿に癒されたという人も多いのでは。 オリンピックでメダルは成りませんでしたが、全日本選手権優勝、世界選手権でも表彰台に上がるなど、非常に円熟した選手でしたね。 個人的には、彼女といえばローリー・ニコル氏の振り付け。 ちょうどミッシェル・クワン選手が活躍したころで、プログラム曲は「くるみ割り人形」だったかなと思いますが、繊細な振り付けを軽やかに演じていた姿が印象に残っています。 女子には珍しく、30代まで現役を続けていましたが、約3年前についに引退。 彼女の引退とともに、一つ時代が終わったような気持ちがしましたね。 blog93. fc2. html (生年月日)1987年12月18日 (出身地)愛知県名古屋市 (引退)2013年12月23日 スケーターとしてもスポーツタレントとしても、常に注目されている安藤美姫選手。 日本女子では、公式試合で4回転を跳んだただ一人の選手です。 世界選手権、四大陸選手権など名だたる国際大会でもタイトルを獲得し、浅田真央選手とともに日本女子フィギュアの安定期をけん引した選手です。 ジャンプは本当に正確に跳べる選手で、エッジエラーの付かないクリーンなジャンプは印象的でした。 現在はリポーターや解説などテレビでも活躍していますが、プロスケーターとしてアイスショーにも積極的に参加しています。 exblog. トリノオリンピックのFS「トゥーランドット」、そして代名詞となったイナバウアーは、社会現象にもなりましたね! 早くから注目されつつも伸び悩むシーズンが続きましたが。 トリノの混戦を制しての金メダルの瞬間、日本女子フィギュアに新たな歴史を築いた稀代のスケーターです。 引退後も国内外多くの選手を招いてアイスショーを主催。 子どもたちに夢を与え続けています。 jiji. 現在でもリポーターや解説などでメディア露出が多いので、見たことのある人は多いと思いますが、スケーターとしても本当に美しいです! 現役のころは表現力に優れ、スピン、中でもレイバックスピンについては非常に高い評価を得ました。 blog. fc2. html (生年月日)1969年8月13日 (出身地)愛知県名古屋市 (引退)1992年8月 女子で初めて、3アクセルを公式試合で決めた大ジャンパーにしてレジェンド、伊藤みどり選手。 彼女のジャンプは対空力があり、パワフルで、見ている人に可能性をたくさん与えてくれた選手ですよね。 彼女のジャンプは高さと対空力は男子選手並みで、見ていてすっと心が晴れやかになりました。 引退後は主に解説者やリポーターとして活動しつつ、現在、北九州の方でコーチ業をしているようです。 最後に 今回はフィギュアスケート日本女子選手を紹介していきましたが、こうしてみると、実力でも美貌でも、日本の層の厚さは世界トップクラスだということが分かっていただけたのではないでしょうか! 国内でも熾烈な戦いとなるだろう「美の競演」。 お気に入りの選手を見つけて、フィギュアの世界にどっぷりはまり込んでみるのもいいかも?! スポンサーリンク•

次の

国際大会における日本人フィギュアスケート選手の成績一覧

フィギュア スケーター 女子

フィギュアスケートのグランプリファイナル(イタリア・トリノ)で、ロシアの16歳・アリョーナ・コストルナヤが世界最高得点で優勝。 2位には15歳のアンナ・シェルバコワ、3位に同じく15歳のアレクサンドラ・トルソワが入り、表彰台をロシア勢が独占。 世代交代の波を見せつけた。 日本の紀平梨花はフリーで果敢に4回転に挑むも4位に終わった。 2011年6月10日付の日本経済新聞に興味深い記事がある。 「フィギュア・体操…17歳は女子選手にとり『魔の年齢』か」というものだ。 同紙はフィギュアスケーターの安藤美姫に取材し、彼女の17〜18歳時の変化について伝えている。 全日本選手権を2連覇していた安藤は、17歳で迎えた同大会で6位に落ち込み、翌年に迎えたトリノ五輪では15位と低迷した。 安藤は不調の原因として「体の変化」を挙げている。 どんなにダイエットしても痩せなかったという。 同紙によると、17歳ごろの女子には「体型変化」が大きく現れるという。 胸、ヒップ、太腿の部分に脂肪が多く付く。 脂肪は男子より増えるのに、筋力は男子選手ほどに増えない。 これが体操やフィギュアなど、芸術性採点競技に影響をあたえるのだそうだ。 またこの年頃は、伸び盛りで単に演技が楽しい時期から、競技者として戦うプレッシャーと対峙しなければならない精神的変化もある。 トップ選手であればなおさらだ。 今回のGPファイナルで最下位に沈んだ平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワも、少女から女性らしい体に変化したことで「戦うのが大変」と指摘するOGの声もあった。 そのことは女王エフゲニア・メドベージェワにも当てはまるだろう。 底なしのポテンシャルを見せつける「ロシア3人娘」だが、彼女たちが17歳の壁をどう乗り越えるのかにも注目だ。

次の