よしこ ジーニー。 ガンバレルーヤ

ジーニー (ディズニーキャラクター)

よしこ ジーニー

メンバー まひる((5年)(26歳) - )• 本名:岡田 まひる。 「真昼のように明るく照らす子になってほしい」としてこのように名付けられた。 身長:166、体重:65。 母親が19歳のときの子で、3歳上の兄と7歳下の弟がいる。 弟は高校球児。 ファンの祖父と一緒にを見ているうち、自分もやってみたいと思い、小3の時に地元の少年野球チームに入る。 それから中3までだった。 入学した中学のソフトボール部は、まひるの入学の時に廃部になったため、男子野球部に入部、この時女子部員はまひるだけだった。 ポジションは。 高校時代はで活動、全国大会でベスト16に入ったことがある。 小学6年生頃から胸が大きくなり始め、走りにくくなったため、を付け始めるまでを着て学校に通っていた。 中学時代Fカップ、現在はHカップである。 現在もスポーツブラを愛用している。 土曜と日曜には家族全員でリビングに集まって寝る前に『』を見るのが日課で(8年間続いた)、今でも同作の台詞を暗唱している。 が短く、これが短いことがだと話していたことがある。 毛は切ったり抜いたりしたら濃くなるので、まつ毛もそうなると思い、中学生の時にまつ毛を全部切ったという。 お笑い界に入ったのは、自分が野球で挫折しそうになった時にお笑いを見て、そこで元気をもらっていることに気付いたことで、自分もこのように人を笑わせてあげたいと思ったことだったと言う。 『』に出演したいがためという思いもあった。 そして実際に『バカ殿』出演が実現している。 まひるの実家は(鳥取県西伯郡(現在の)出身)の実家とも近く、イモトはまひるの中学時代の先生の教え子でもあった。 その先生から度々イモトの話を聞いていたこともあってお笑いを身近に感じ、お笑い界に入ったきっかけはイモトの存在も大きかったと話している。 夢で見て肩こりが治ったことをきっかけに、のファンになった。 よしこ((平成2年)(29歳) - )• 本名:永田 淑子。 清らかな女性になるよう願ってこのように名付けられた。 身長:158、体重:67。 血液型:A型。 4人きょうだいの末っ子で、兄弟の一番年上とは10歳離れている。 実家は水道屋。 中学生時代はに憧れていたということがあった。 かつてはで、高校生時代にに入っていた。 高校卒業後3年間老人ホームにて介護の仕事をしていたが、このままでは未来が無いと思い、一度夢にチャレンジしようと思って退職し、この世界に入った。 そのきっかけは、子供の頃から恥ずかしがり屋で、引っ込み思案を直そうと思ったことから。 志望でNSCに入学したとも話している。 元々『』()や『シリーズ』()を視るなどお笑いは好きな方だった。 まひるとけんかをすると手を出すことがある。 炊事はよしこの担当だが、クセのある物が多く、「」()でポテトサラダ、ナス炒め、ナスの姿焼きが登場し試食した時にはとに酷評された。 キレると「クソが!!」と暴言を吐くことがある。 の顔真似をすることがある。 ・に放送されたでは、24時間駅伝の第2区走者として32. 195kmを完走。 NSC入学前にで同じマンションに住んでいたことで (当時二人ともNSCに入学する準備を進めていた時だった)、まひるがエレベーターの中でやに襲われてうずくまっていた所をよしこに声をかけられ、よしこがまひるの部屋に「を摂らなきゃ」と心配してを届けてごちそうしたことが縁で知り合う。 この時は、二人ともお互いにNSCに入ることは隠していたが、NSCの入学式で再び会う。 この時既に、まひるはよしこの才能に気付き「この人が私の相方だったらいいのにな」と思ったという。 その後大阪時代は同居しており 、東京に進出後も二人で住んでいる。 大阪時代は船に乗って川を清掃するというアルバイトをしていた。 他にやっていた同僚芸人として杉岡勇治()、らぶおじさん(絶対アイシテルズ)などを挙げている。 大阪NSC時代の、「」にそれぞれ本名で出場していた。 よしこは入学式後すぐに他の人に誘われてトリオを結成、まひるも別の人とコンビを結成し、NSC時代の最初は別々に活動。 しかしそれから約1か月後、よしこのトリオはメンバーの一人がになりたいと言い出して解散、まひるのコンビも相方がになりたいという理由で解散。 お互いのユニットが解散したのを機に、まひるから誘ってコンビを結成した。 2月放送の『』(日本テレビ)にて大阪発のおすすめ芸人としてに紹介される。 2017年5月に東京進出すると同時に、『内村てらす』のレギュラーになる。 2017年、東京・ルミネtheよしもとでNSC東京校18期から22期(扱いを含む)で芸歴5年目以下、「よしもと若手ユニットライブ公開大オーディション」が開催され、観客審査によって58組の中から15組が選抜された。• 、よしこがと診断され、手術のため一時休養することが、所属事務所よしもとクリエイティブ・エージェンシーから発表された。 同年の『』(日本テレビ系)では決勝進出を決めていたがこれにより決勝戦出場を辞退した(この結果、準決勝で次点だったが繰り上げで決勝戦出場となった)。 、『2019』(TBS系)の収録で仕事復帰。 芸風 主にだが、に作り変えることもある。 互いに「まーちゃん」「よっちゃん」と呼び合う。 お母さんがよしこ、子供がまひるのネタが多い。 結成当時のネタは主に漫才で、ボケとツッコミのポジションが今と逆だった。 しかし、当時ツッコミ役だったよしこが「まーちゃんの話の感じが段々ボケているのか本気かわからなくなって来て、このままだと気が狂うと思った」などと限界を感じたことから、ポジションを逆にしてコントを始めるようになった。 元々「ネタが書けない同士」で組んだということから、最初はネタ作りに苦労していたという。 代表的なネタの一つにアイドルの追っかけのコント(チケット譲渡を求めるプラカードを掲げているが、その腋の下は腋毛が濃く、「だって〇〇くん(好きなアイドル)腋毛生やしているから! 」となって「本当に好きなら、腋毛生やしてみなさいよ! 」という決めのセリフに至るという流れになるもの)がある。 濃いめのメイクが特徴的だが、これは最初数少なかったテレビ出演の中で目立つように、もっともっとと気合いを入れてメイクして行ったらこうなったのを今でも続けるようになったという。 評価 田舎娘を思わせる素朴なルックスや、ダサい印象を思わせるから「イモっぽいが癒される」「笑顔に和む」などテレビ視聴者からの好感も多く、調べ『2017 ブレイク芸人ランキング』の女性芸人部門でも4位にランクインしている。 ()ではに高評価されている(ガンバレルーヤの二人も内村のことを「東京のお父さん」として慕っている)他、()に出演した際にもに「今一番かわいい」と絶賛されている。 よしこのルックスは「リアル卑弥呼様」としてのを彷彿とさせる、とも言われている。 出演 テレビ• (、2017年 - 2018年)• (、2017年)• - (、2017年) - ネクストブレイクGP• (テレビ朝日)• (テレビ朝日)• 」回にゲスト初出演• (、2017年12月9日)• (テレビ朝日、2018年1月1日) - 大予選会に出場• ( - 2018年1月17日・24日) - 2週連続出演• (日本テレビ、2018年2月4日 - )• (フジテレビ、不定期出演)• (日本テレビ、2018年2月5日)• (日本テレビ、2018年3月25日)• (2019年4月7日 、TBS)• (、2019年4月1日 - ) - リポーター テレビドラマ• 「ナニワ心霊道」(フジテレビ、2018年8月18日)• (フジテレビ、2019年10月 -) - 周防ひろ美 役(よしこ) 映画• (2019年3月15日公開、配給:KATSU-do) - 香澄 役(よしこ) ラジオ• (、2018年1月8日 - )月曜リポーター CM• Money Forward ME 脚注• 99『今月のコンテンツガイド』• gooテレビ 2018年3月25日. 2018年6月20日閲覧。 2018年6月14日. 2019年1月18日閲覧。 2019年8月1日. 2019年8月2日閲覧。 gooテレビ 2017年2月10日. 2017年6月11日閲覧。 2016年4月25日. 2017年6月11日閲覧。 2018年8月17日. 2018年8月17日閲覧。 よしもとニュースセンター 2016年5月2日. 2017年6月11日閲覧。 お笑いSpecial2018(ムック)p。 59 - 61(ガンバレルーヤ記事)• お笑いナタリー 2019年6月14日. 2019年6月15日閲覧。 よんぱち. 2018年3月16日. 2018年4月13日閲覧。 TVでた蔵. 2017年11月5日. 2018年4月13日閲覧。 お笑いナタリー 2018年2月5日. 2018年4月13日閲覧。 Yomerumo News. 2018年4月27日. 2018年6月15日閲覧。 公式サイト 2013年1月7日. 2018年6月20日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2018年11月17日. 2018年11月17日閲覧。 2018年11月21日. 2018年12月13日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2018年12月15日. 2018年12月15日閲覧。 2017年12月15日. 2017年12月20日閲覧。 Inc, Natasha. お笑いナタリー. 2019年4月10日閲覧。 お笑いナタリー. 2019年2月13日閲覧。 外部リンク• - 吉本坂46公式サイト• - 吉本坂46公式サイト• BNY1024 -• ganbareruyaym -• ganbareruyam -• 池田直人()• 岩橋良昌()• 上西ときヲ()• 鰻和弘()• 大迫マミ• 大地洋輔()• 岡畑雛生(Re:Complex)• 小川暖奈()• おたけ()• おばらよしお()• 樺澤まどか• 木原実優• こいで()• キャプテン• 坂本純一()• 佐竹正史()• ソウタヤマモト(五臓六腑)• たかし()• TAK(Ooops! 多田智佑()• タナカシングル()• てつじ()• 渡口和志(Ooops! 戸島りぴーと()• 原浩大()• 比嘉琉々香• 藤森蓮華• マサルコ• まちゃあき()• 松浦志穂()• まひる()• まるいるい()• 箕迫かな• よしこ()• () 元メンバー.

次の

ガンバレルーヤよしこ、衝撃の『アラジン』コスプレ 「元気出ました」の声 (2019年8月20日)

よしこ ジーニー

概要 [ ] 万能のの(ランプの精)。 魔法のランプをこすると現れ、ランプの持ち主のどんな願いでも3つ叶えることのできる力を持つ。 ただし、「殺生」・「恋愛の(心理操作を含めた)成就」・「死者の蘇生」・「叶える願いの数を増やす」・「願いを取り消す(返却・交換)」の5つは叶えられない(ただし恋愛については「お膳立て」程度なら主人が願わなくても可能な模様)。 願いを叶え果たすとランプの中に戻らなくてはならず、次にランプの外に出られるのは何百年後になるかわからない。 おまけにランプの持ち主には逆らえないため、主人によって善悪が決定する中立的な運命にある(実際、ジャファーの手にランプが渡った際には「ご主人が変わった」と言い、前の持ち主となるアラジンを助けられなかった)。 そのため自由の身になることを何よりも望んでいるが、自分の願いはランプの主人に願ってもらわないと叶えることができないため、ランプの魔人であり続けることを余儀なくされている。 また、これらの設定は第一作ラストでレッド・ジーニーとなったジャファーにも適用される(『ジャファーの逆襲』では、主人の願いで解放される前に「ランプを破壊するとその魔人は滅びる」というルールがジーニーの口から語られており、それがジャファーを倒す鍵となった)。 劇中ではアラジンと主従関係を超えた友情を育み、劇場版第一作のラストでアラジンが最後の願いでジーニーを自由にした際、拘束を表す金の腕輪が消滅し、ランプに入る必要がなくなった(加えて小説版、実写版では普通の人間となった)が、その後の作品では気に入っていたのか復活している。 拘束の効果がないため、装飾としてつけている可能性が高い。 (本人曰く狭いらしいが)ランプも盗まれると激しく動揺し、世界中を探す勢いで探すほど。 アラジンの願いによって晴れて自由の身となり、念願だった世界旅行へ出かけた(小説版では魔法の絨毯も同行した)。 旅行から帰って来た後はアグラバーの宮廷でアラジンたちと共に暮らしている。 自身が様々な姿に変身できるのみならず、他人を(その本人の意思に関係なく)変身させることも可能。 ランプの拘束から解き放たれて自由になった後は魔法を無制限に使えるようになったが、その分ランプの魔人だった頃と比べ魔力が少し弱まった模様 本人曰く「ちょっぴり脅威の小宇宙パワー」、「最近腕が落ちている」などとのこと。 家事なども魔法でそつなくこなしている。 TVシリーズ『』では、ランプから自由に出入りすることもあった。 三部作、TVシリーズを含め『アラジン』シリーズには他のディズニーキャラクターとのリンクが度々あるが、そのほとんどはジーニーの魔法によるものが多い。 主な例として、第一作では頭だけに変身したりエンディング直前にの帽子を被っている。 『ジャファーの逆襲』ではのアリエルに扮したりに変身するシーンが存在する。 『盗賊王の伝説』では飛行機から飛び降りる多数のジーニーの分身の中に(ジーニー似)が混じっている。 TVシリーズではの愛犬・に変身したり、くまのプーさんの、本人やクリスマスキャロルでの墓を出現させたりもした。 WII ディズニー・シンク 早押しクイズでは名司会者として登場しており、ミッキーや仲間達にクイズを出題した。 他にもお馴染みの変化自在な変身や山寺によりアドリブやトークなどで番組を盛り上げた。 声優 [ ] オリジナルの英語版を演じているのは。 元々ジーニーはそれほどハイテンションではなかったが、ウィリアムズがアフレコ時に卓越したトークセンスによるアドリブを連発し、今のような喋り方のキャラクターになったという。 ウィリアムズは子供に喜んで貰えるならばと、7万5千ドルという半ば友情出演の様なギャラ 当時のウィリアムスのギャランディの相場は800万ドルだった でオファーを承諾し、宣伝活動においてジーニーやロビンのネームバリューを強調しない旨をディズニー側と約束したものの、ディズニー側が反故にした為トラブルになり、続編作品『』ではが代演し 、次の作品『』で再びウィリアムズが登板するまで 、ウィリアムズはディズニー作品への出演依頼を断り続けた。 日本語吹き替え版では全てが務め、ウィリアムズに負けず劣らずの超ハイテンションな演技を見せている。 また、ジーニーは頻繁にジョークを口にするコメディキャラクターでもあるため、吹き替えの際には大幅なアレンジがなされているケースもある。 ジーニーが登場し自己紹介する際、「」というのギャグを引用している。 第一作で空飛ぶ絨毯とチェスで勝負して負けた際、吹き替え版では「絨毯に負けるなんてジュウタンじゃないよ! 」という絨毯と冗談をかけた洒落を口にしているが、このシーンは実際は有名なコメディアンであるの物真似である。 同作で、セニョール・ウェンセス、、ウィリアム・F・バックリー、、の真似もしている。 ミュージカル版 [ ]• - 「」でジーニーが活躍している。 また、「」にジーニーを模したライドがある。 - で2011年と2012年に行われたイベント「サマーオアシス・スプラッシュ」でジーニーが活躍している。 - ワールド「アグラバー」に登場。 また、召喚キャラとしても力を貸してくれる。 映画の再現として3つの願いを叶えるシーンがあるが、最後の願い以外はオリジナルのものとなり、2つ目の願いは達成されていないにも関わらず消化済みと扱っていた。 - 原型でもある、アラブにおける精霊や妖怪、魔人などの総称。 外部リンク [ ]• (英語) - のページ。

次の

ガンバレルーヤよしこ、衝撃の『アラジン』コスプレ 「元気出ました」の声 (2019年8月20日)

よしこ ジーニー

きっと地元で有名になってりしてるので、結構はやくわかりそうですが… 笑 なかなか女優だったら大変ですけど、ガンバレルーヤよしこは芸人ですからね 笑 そしたらやっぱりありました!! ガンバレルーヤよしこの出身中学校は、愛知県の豊田市にある藤岡中学校なんだとか。 ほぼ間違いない情報で…、というのもテレビで母校に訪問する企画がありました。 こうやって芸人たちの出身中学校はどこなのかバレてくんですね。 それにしても、これで藤岡中学校も公にガンバレルーヤよしこの母校だとアピールできますね 笑 そしてガンバレルーヤよしこは中学校受験とかはしてないことが分かりました。 なので、今流行りのインテリ芸人ではないのは確かですね 笑 以上、ガンバレルーヤよしこの出身中学校の情報でした! ガンバレルーヤよしこの出身高校と大学どこ? ガンバレルーヤよしこの出身高校と大学どこ?なのでしょうか!! 調べてみましたが、現在はまだはっきりとわかる情報はありませんでした。 相方のまひるは、高校時代にソフトボールをしていたようで、しかも全国レベルだったこともあり、その情報をもとに米子松蔭高校ではないかと言われています。 ガンバレルーヤよしこもそのうち出てくることを期待して、今のところは推測として 5つの高校が挙げられています。 やはり「よしこ」は本名なんでしょうかね、それとも全てが芸名なんでしょうか。 そんなガンバレルーヤよしこの本名は「永田淑子 ながた よしこ 」でした。 これはテレビで公開していたので間違いないです。 芸名の「よしこ」は、やっぱり本名でもあったんですね。 それにしても名字の「永田」はわかるんですけど、名前の「淑子」があまり見ないですよね。 一見、読めませんもんね 笑 なんでも「淑子」の「淑」には「うつくしく、やさしい。 清らか」という意味があるらしく、そんな風な女性になってほしいという願いが込められてるんだとか。 たしかに淑女とか言いますもんね。 現在のガンバレルーヤよしこが淑女であるかどうかは別として 笑 ガンバレルーヤよしこの本名は、古き良き時代のいい名前ですよね。 名前の由来とはちょっと逆流してますが、ガンバレルーヤよしこの本名はステキですね! 今回は、ガンバレルーヤよしこについて記載しました。 ガンバレルーヤよしこの出身高校や大学などの学歴ははっきりしませんが、おそらく豊田の地元なんでしょうね!また、実家は愛知県で場所は豊田市にあるのは可能性が高そうですね!いつか地元凱旋の時に、いろいろとガンバレルーヤよしこの学歴や実家について情報が公開されそうですね! こんな記事も書いています。

次の