ムカデコロリ。 最強のムカデ殺虫剤を教えます!駆除をしたら次は侵入を防止しよう。|生活110番ニュース

ムカデコロリ(毒餌剤)容器タイプ

ムカデコロリ

製品名 ムカデコロリ 粉剤 550g 内容量 550g 生産国 中国 有効成分 シフルトリン(ピレスロイド系)、プロポクスル(カーバメート系)、樟脳、ローズマリー精油 効果持続期間 約1ヵ月(使用環境により異なります。 ) 対象害虫 ムカデ、ヤスデ、ゲジゲジ(ダンゴムシ、ワラジムシ、クロアリ、シロアリ、アカアリ、アルゼンチンアリ、ケムシ、カメムシ、シバンムシ、アリガタバチ、クモにも効果があります。 ) 特長 7つの効果! ムカデを殺虫&侵入防止!! 1)2ライン効果 薬剤を2本線で帯状に散布できるから、高い殺虫&侵入防止効果を発揮! 2・3)速効駆除効果&持続効果 4種類の有効成分配合でムカデを速効駆除&効果持続! 4)効力増強効果 効力増強剤配合でムカデに対する殺虫効果UP! 5)Uターン効果 天然由来成分の樟脳とローズマリー精油を配合した青つぶでムカデを侵入させない! 6)追い出し効果 隠れたムカデもしっかり追い出す! 7)撥水効果 シリコーンオイルコーティングで雨水をはじく!だから長持ち! 使用方法• 使用前に必ず製品表示を読み、十分に理解した上で使用してください。 定められた使用方法を守ってください。 環境を汚染しないように乱用はさけてください。 また、井戸、地下水等の水質を汚染するおそれのある場所、蜜蜂、蚕、魚や水産動物等に被害を及ぼすおそれのある場所では使用しないでください。 風向きなどを考え、薬剤が周辺の人家、通行人、ペット、ペットの餌、洗濯物、玩具、観賞魚、食べもの、食用作物にかからないよう注意してください。 アレルギーやかぶれなどを起こしやすい体質の人、喘息の症状のある人は、薬剤を吸い込んだり、触れたりしないようにしてください。 散布するときは、薬剤がかからないようにするとともに吸い込まないように注意してください。 散布中は喫煙、飲食等はしないでください。 薬剤が皮膚についたときは、石けんを用いてよく洗ってください。 また眼に入ったときは、直ちに水でよく洗い流してください。 万一身体に異常が起きた場合は、直ちに本品がピレスロイド系殺虫剤とカーバメート系殺虫剤の混合剤であることを医師に告げて、診療を受けてください。 使用後はフタを閉め、食品、飼料と区別し、子供の手の届かないところに保管してください。 残った薬剤を他の容器に入れ替えないでください。 直射日光を避け、湿気の少ない涼しいところに保管してください。 よくあるご質問.

次の

【ムカデコロリ】設置して2週間、そして効果やいかに?

ムカデコロリ

製品名 ムカデコロリ 粉剤 550g 内容量 550g 生産国 中国 有効成分 シフルトリン(ピレスロイド系)、プロポクスル(カーバメート系)、樟脳、ローズマリー精油 効果持続期間 約1ヵ月(使用環境により異なります。 ) 対象害虫 ムカデ、ヤスデ、ゲジゲジ(ダンゴムシ、ワラジムシ、クロアリ、シロアリ、アカアリ、アルゼンチンアリ、ケムシ、カメムシ、シバンムシ、アリガタバチ、クモにも効果があります。 ) 特長 7つの効果! ムカデを殺虫&侵入防止!! 1)2ライン効果 薬剤を2本線で帯状に散布できるから、高い殺虫&侵入防止効果を発揮! 2・3)速効駆除効果&持続効果 4種類の有効成分配合でムカデを速効駆除&効果持続! 4)効力増強効果 効力増強剤配合でムカデに対する殺虫効果UP! 5)Uターン効果 天然由来成分の樟脳とローズマリー精油を配合した青つぶでムカデを侵入させない! 6)追い出し効果 隠れたムカデもしっかり追い出す! 7)撥水効果 シリコーンオイルコーティングで雨水をはじく!だから長持ち! 使用方法• 使用前に必ず製品表示を読み、十分に理解した上で使用してください。 定められた使用方法を守ってください。 環境を汚染しないように乱用はさけてください。 また、井戸、地下水等の水質を汚染するおそれのある場所、蜜蜂、蚕、魚や水産動物等に被害を及ぼすおそれのある場所では使用しないでください。 風向きなどを考え、薬剤が周辺の人家、通行人、ペット、ペットの餌、洗濯物、玩具、観賞魚、食べもの、食用作物にかからないよう注意してください。 アレルギーやかぶれなどを起こしやすい体質の人、喘息の症状のある人は、薬剤を吸い込んだり、触れたりしないようにしてください。 散布するときは、薬剤がかからないようにするとともに吸い込まないように注意してください。 散布中は喫煙、飲食等はしないでください。 薬剤が皮膚についたときは、石けんを用いてよく洗ってください。 また眼に入ったときは、直ちに水でよく洗い流してください。 万一身体に異常が起きた場合は、直ちに本品がピレスロイド系殺虫剤とカーバメート系殺虫剤の混合剤であることを医師に告げて、診療を受けてください。 使用後はフタを閉め、食品、飼料と区別し、子供の手の届かないところに保管してください。 残った薬剤を他の容器に入れ替えないでください。 直射日光を避け、湿気の少ない涼しいところに保管してください。 よくあるご質問.

次の

ムカデ対策 室内侵入を防ぐオススメグッズ7選!最も効果がある方法は?

ムカデコロリ

ムカデ対策グッズ1 粉剤 ムカデの室内出現に頭を悩ませている方は、粉剤を常備しておくことをオススメします。 粉剤はムカデが侵入しそうな場所に予め敷いておくことで、忌避効果によりムカデの侵入を防止することが出来ます。 (直接粉剤をムカデにかけると殺虫もできる物が多いです) 値段も1kgで1,000円以下のため、コストパフォーマンスも悪くありません。 しかし、雨や散水があると粉ですので少なからず流れてしまいます。 また、強風が吹く場所であれば粉が舞ってしまって洗濯物などに付く可能性もあるため注意が必要です。 併せて、小さな子供や乳幼児、赤ちゃん、犬や猫のペットがいる家庭は、誤って粉剤を口に含まないように注意が必要となるでしょう。 【粉剤のメリット】• 1kg 1,000円以下と安価• 直接ムカデにかけることで退治も行える• 粉剤を撒くだけなので非常にお手軽 【粉剤のデメリット】• 風に飛ばされる• 水に流される• 子供やペットが口にしてしまう ムカデ対策グッズ2 蚊取り線香 夏の風物詩のひとつでもある蚊取り線香は、ムカデ対策にも一役買ってくれます。 ムカデを殺すほどの効果はありませんが、寄せ付けないことは可能です。 ただ、他のグッズに比べてムカデに対しては効果が小さいかな?と言うのが個人的な意見です。 蚊取り線香は名前の通り、本来は蚊に向けて作られた商品ですので仕方の無い部分ではありますが、ムカデ対策に使用する場合には室内または室外のムカデが侵入経路に使いそうな部分に置くと良いでしょう。 火を使うのでカーテンなどに燃え移りしないように注意が必要です。 ちなみに、私は室外の網戸の前で蚊取り線香を炊いていますが、先に紹介した粉剤などと併せて蚊取り線香を取り入れた方が良いと思います。 ムカデの対策グッズ3 ハーブ ムカデ対策にはハーブも有効です。 100均などで売っているスプレーボトルに水とハーブのエキスを数滴垂らし、ムカデが侵入しそうな戸や窓の隙間に散布すると良いでしょう。 蚊取り線香のように煙で対策を行う訳ではありませんので、風が強く吹くベランダなどの侵入口にも便利なアイテムです。 粉剤を撒くわけにもいかないし、蚊取り線香の設置も難しいような場所にオススメです。 また、アロマとして楽しむことも出来るので一石二鳥ですね。 ハーブはミント系の物を選ぶと防虫効果が高くなっています。 しかし、虫全般の対策にハーブが有効とされていますが、本来の用途ではありませんので大きな効果は期待できません。 【防虫スプレーのメリット】• 高い効果が期待できる• 蛾やカメムシなどの虫にも効果が期待できる 【防虫スプレーのデメリット】• 防虫剤特有の匂いがする• 網戸全体+網戸の隙間全てに散布するとすぐに1缶無くなる ムカデ対策グッズ5 ヒノキスプレー ヒノキエキスのスプレーを侵入経路になりそうなところに散布することで、ムカデを家の中に寄せ付けないようにすることが可能です。 もともとは、旅館で出した料理の匂いがお部屋から取れないと言う問題を解消するために作られた製品ですので、匂いもヒノキのとても良い香りです。 ただ、製品自体の価格が高めで散布期間が他のグッズに比べて短いため、コストパフォーマンスは良くありません。 ヒノキグッズのムカデ対策については、こちらで詳しく紹介しています。 【樟脳のメリット】• 30粒以上入って1,000以下と安価• 高い効果が期待できる• 蚊やゴキブリなどの虫にも効果が期待できる• 余ってしまった場合には本来の用途である衣服に使える 【樟脳のデメリット】• 水濡れする場所には不向き• 本来はタンスの中で使用するためのものなので屋外では使えない(使えたとしても、高頻度での交換が必要) ムカデの対策グッズ7 防虫ネット ムカデの侵入口が分かっている場合には、防虫ネットで根本的に侵入不可能にすることも有効な対策方法です。 私の家にも頻繁にムカデが出ていたのは先にお伝えした通りですが、そもそもムカデが侵入できる道があったんですよね。 それはエアコンのダクトで、経年劣化によるものなのかダクトのネット及び、壁とダクトの間に隙間が空いており、そこから侵入できるようになっていました。 実際にはムカデが出てくる回数よりもゴキブリが出てくる回数のほうが多かったのですが、そちらを防虫ネットで塞ぐことで侵入できないように対策を行いました。 私の家の場合はエアコンのダクト部分でしたが、お家によっては床下から畳の隙間を這って出てきたり、押し入れの隙間から出てくることもあるようですので、侵入経路となりそうな部分を探して防虫ネットで塞ぐことも有効な対策となるでしょう。 赤ちゃんムカデ(幼虫)を防ぐためにも、ネットの網目は細かい物がオススメです。 ムカデ対策 まとめ いかがだったでしょうか?ムカデ対策にはお金が少なからず必要となりますが、噛まれて痛い思いをすることを考えれば安いものでしょう。 日本に生息するムカデの中には、体長が20cmを超える大きさの種類も存在するため油断はできません。 ちなみに、今回紹介した方法はムカデによく似たヤスデやゲジゲジにも効果があります。 全ての対策グッズを用意する必要はありませんが、家の周りに敷く粉剤と、侵入経路を断つ防虫スプレー、家の中に入られた際に使う殺虫スプレーは常備しておくことをオススメします。 また、対策を充分に行っていても、ムカデが侵入してきて噛まれる可能性はゼロではありません。 万が一に備えて、噛まれた際の対処法やムカデの殺し方を知っておくと良いでしょう。

次の