なかのたいが 虫コナーズ。 虫コナーズCM俳優は仲野太賀で長澤まさみの弟役!プロフと経歴も|ViViVi★Life

虫コナーズは本当に効果がないのか検証してみた

なかのたいが 虫コナーズ

網戸の種類にはどんなものがあるの? 虫除け対策についてお話しする前に、網戸の種類から見ていきましょう。 アルミや樹脂などの素材の枠に網が張ってあるもので、見た目はシンプルであるものの使いやすく、見慣れたタイプだといえるでしょう。 蛇腹のような形をしているので、網戸を使用しているときは広がり、使用しないときは蛇腹が折りたたまれてコンパクトに収納される製品です。 タテに引っ張って使用する形のものと、ヨコに引っ張って使用する形のものの2種類があります。 虫除けできない?賃貸物件に網戸がないこともある? 虫除け対策に重要な網戸ですが、賃貸物件によっては網戸が設置されていないところもあり、そういった物件で暮らしていて「不便な思いをしている」という方も多いようです。 網戸の役割は、虫除けをしつつも風を部屋に取り込めるものであるため、それがないとなれば常に窓を閉め切りにしておくか、虫が入るのを覚悟して窓を開ける必要があります。 網戸がない賃貸物件に入居したとなれば「後で網戸を付ければいい」と考える方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、物件によっては網戸の取り付けを許可していないところもあるといいます。 そのため、気に入った物件に網戸がない場合は、入居する前に物件の管理会社か大家さんに網戸の取り付けをしてもよいかを尋ねておくといいですね。 もしも、管理会社や大家さんが網戸の取り付けを渋るのであれば、退去時に原状回復を行うということを約束するとよいかもしれません。 虫除け対策!網戸の網目の大きさに注意 いざ、賃貸物件に網戸を付けるとなると、管理会社や大家さんが指定した網戸を設置しなければならないこともあるかもしれません。 しかし、網戸の種類を自分で選べる場合は、メッシュの大きさをよく考えましょう。 メッシュというのは、25.4mm四方のなかにどのくらいの量の網目があるかを示すもので、一般的には18・20・24・30・40とサイズがあり、数字が大きくなればなるほど網目が細かくなります。 網戸を選ぶ際ですが、小さなコバエのような虫の全長は1~2mm程度であることが多いので、それよりも細かい網目のものを選んでいただくと安心です。 上記のことを踏まえて考えると、大体24メッシュがお勧めだといえますが「どんな虫も通したくない!」という方は一番網目の細かい40メッシュを選んでいただくのもいいかもしれませんね。 ただし、網戸の網目が細かくなればなるほど虫の侵入は防げるといえますが、網戸にホコリが付きやすくなるのと風通しが悪くなることもあります。 また、網戸の網目が細かくなったとしても、虫は窓の枠と網戸の間からは入ることが可能です。 そのため、網戸の網目を細かくしてみるのと一緒に、虫除けアイテムを使用してみるのはいかがでしょうか。 窓や網戸にかける虫除けスプレーもある! 虫除けスプレーはいろいろなメーカーで販売されていますが、窓や網戸にかけて使用するものもあるのでこういったものを活用してみるのもいいでしょう。 【KINCHO 虫コナーズ 窓ガラス・アミ戸用スプレー】 窓や網戸にスプレーするだけで虫を寄せ付けなくしてくれるスプレーで、虫除けとしてだけでなく、殺虫剤としても使用することができる優れものです。 またスプレーを噴射させる際はワイドに広がるので、網戸や窓に塗布する際の効率も高まり、ムラなく均等にかけやすいです。 【KINCHO 虫コナーズ アミ戸用スプレー】 こちらは、網戸にスプレーするタイプの虫除けです。 窓ガラス・アミ戸用スプレーはガス管タイプなのに対して、こちらは液体ボトルのタイプになっていています。 スプレーの先端の調整ができ、広く噴射したいときはワイドに切り替えて、スポット噴射をしたいときは狭めて使用できます。 窓や網戸の虫除けスプレーによる変色が心配な場合 網戸や窓にできる虫除け対策として2種類のスプレーをご紹介しましたが、どちらにも含まれている成分によって、網戸が変色してしまう可能性もあるといいます。 戸建の窓や網戸に使用して変色を起こしてしまったとしたら、気分のいいものではありませんし、賃貸物件となれば、場合によっては退去時に原状回復を求められることもあるので注意が必要です。 そこで、窓のすぐ表側にすだれをかけ、そこに先ほどご紹介した窓ガラス・アミ戸用スプレーや、アミ戸用スプレーをかけてみてはいかがでしょうか。 すだれであれば、もしも変色してしまったとしても建物にダメージを与えてしまうわけではないので、退去するときも安心ですね。 また、すだれは取り外しができるので、取り付けるサイズによっては引っ越し先で再利用することもできるでしょう。 窓や網戸以外にできる対策!カーテンに吊るだけの虫除け 網戸や窓・すだれなどにスプレーするタイプの虫除けもいいですが、カーテンに吊って使用するタイプの虫除けなら取り付け方も簡単です。 【KINCHO カーテンに吊るタイプ】 見た目は樹脂でできた薄型の四角いメッシュですが、樹脂に虫除けの薬剤が練り込まれたものが使われています。 樹脂に練り込まれた液剤が、ゆっくりと揮散することで効果を発揮してくれる虫除けアイテムです。 四角いメッシュの上には、輪っかとフックが取り付けられています。 輪っかをカーテンレールに通して使用することもできますし、フックをカーテンレールのランナーにかけて使用することも可能です。 見た目はとてもコンパクトなので「部屋の雰囲気を壊さずに簡単に使える虫除けアイテムがいい!」という方にもお勧めです。 住まいに応じた虫除け対策をしよう! 虫除け対策として、網戸の網目が細かいものを選んでみると虫が侵入しにくくなるのでよいといえますが、網目にホコリなどが詰まりやすくなるので風通しが悪くなることもあります。 他にも、すだれや網戸などに虫よけスプレーをかけたり塗ったりすると効果が期待できますが、網戸が変色してしまう可能性がゼロとはいい切れません。 賃貸物件の場合、網戸が変色してしまえば原状回復が必要になることもあるので、すだれを窓付近につり下げてそこにスプレーするとよいでしょう。

次の

【質問回答】インナーガレージって虫とか入ってこない?

なかのたいが 虫コナーズ

夏場で何がイヤかっていうと、暑さよりも、寝苦しさよりも、紫外線よりも、虫。 とにかく虫が大の苦手で、特に夜にコンビニなどに行こうと玄関を開けたとき、蛾だとか蚊などの害虫はもちろんですが、大きなトンボだとかがいても、もう出かける気が失せるほど虫が苦手です。 家の中には、キンチョールをはじめとして、ゴキブリ用、蚊用、アリ用、ハチ用、クモ用と、メジャーどころのありとあらゆる殺虫剤を常備してないと気が気でない夏の夜ですよ。 この「マイ殺虫剤ボックス」の中に多種多様な殺虫剤が常備されていてこそ、今日も安心して寝られるってわけです。 でも、そこまで虫が嫌いという人でなくても絶対におすすめなのが、この「虫こないアース」の玄関灯・外壁用のスプレーなのです。 ブルーの網戸用と、イエローの外壁用の2タイプがありますが、おすすめなのはイエロー缶の玄関灯・外壁用のタイプ。 このスプレーは、殺虫剤としても使えますが、メインの用途としては、害虫を寄せ付けないようにするためのもの。 つまり、防虫剤です。 でも、ベランダや玄関ドアにぶらさげて使う吊り下げタイプの防虫剤や、ゲル状の芳香剤のようなものを置いておく据え置きタイプの防虫剤などもありますが、正直あまり効果があるように思いませんでした。 じっさい、2015年の2月には、消費者庁が「表示に根拠がない」として、空間用虫よけ剤を販売している4社に措置命令を出しています。 おまけに、周りに自然が色濃く残っているようなエリアだと、そうした防虫剤を使ったとしても、虫が逃げ入る隙があまりに大きく、ほとんど役目を果たしてくれないからではないかと思っています。 で、ホームセンターで見つけたこの「虫来ないアース」なのですが、昨年から使っていて、その効果があまりにも強力なので、今年もガンガン使っています。 使い方は簡単で、玄関の壁や、虫が集まりやすい玄関灯にシューっとスプレーをしておくだけ。 いわば、殺虫コーティングしておくって感じです。 そうすると、翌朝になってみると、ものすごい数の極小虫が床一面に死んでいるのです。 これ、写真だと分かりにくいのですが、黒いツブツブみたいなのは、全部虫です。 ブヨみたいな小さくて軽い虫が大量に死んでます。 蛍光灯のシーリングライトの中に入っているような、小さな虫です。 あいにく風のない日だったので、玄関の前で死んだままになっていますが、少し風が吹けば全部飛び去ってしまうような軽量の虫がメインに死んでいますので、特に掃除に困るってこともありません。 初めて使ったときには、その殺虫効果に思わずガッツポーズが出たくらいです。 これはまぁ、わたしがちょっと余分にスプレーしすぎなせいもあって、本来なら「やばい。 ここは息苦しいぞ。 逃げよう」という具合のものが、あまりに濃くスプレーされてあるために、そのまま虫の墓場になっちゃっているのだと思います(苦笑) ただ、その効果はかなりの間持続していて、スプレーした当日・翌日こそ床一面に虫の死骸がわんさかですが、だんだんと効果が薄れてきたころには、ちょうどいい防虫効果を発揮してバリアになってくれ、ほとんど虫が近づかない安全地帯を作ってくれます。 もうこのスプレーがないと夏は迎えられないというくらいに必需品になっていますので、玄関やら街灯やらで虫が集まってしまって困っている方には、超おすすめしたい逸品です。 ちなみに、網戸に使うタイプもあります。 どちらも使っていますので、用途や効能は全く同じだと思っているのですが、決定的な違いはスプレーの噴射形状なのだと思います。 玄関灯・外壁用のタイプは、高い場所に噴射する必要もあるためか、スプレーが勢いよく噴射されるのですが、網戸用のタイプは、霧吹きで噴射するようなミストタイプになっています。 これは、おそらく網戸の網への吸着力を目指したものなのだと思いますが、どちらも手放せない存在となっています。 壁に吹き付ける黄色いタイプも、網戸に吹き付ける青いタイプも、どちらも超おすすめしますので、まだ使ってみたことがないという方や、赤ちゃんなどがいるご家庭には、特におすすめですよ。 噴射すると霧状に出てきます。 ヘアスプレーみたいな感じですが、噴射圧が高いため、そのまま殺虫剤としても強力です。 あと、すんごく売れているらしく、青い缶の「あみ戸・窓ガラスに」の今年のバージョンは、シリコンも入ったみたいです。 シリコンってのは、カー用品のガラコのように、耐水性をもつワックスみたいなものなので、雨が降ってもよりはがれにくくなったというわけですね。 一方の外壁用の黄色い缶「玄関灯・外壁に」は相変わらずの強力な防虫・殺虫能力で、今年も5月から早くも大活躍。 私の持論としては、防虫より殺虫。 積極的に攻める防虫対策こそが、虫から身を守る手段だと大げさに考えております隊長。 ちなみに、クモの巣用もあり、こちらもよく使っていました。 虫こないアースシリーズとは違うのですが、とてもよく効きます。 フェンスや街路灯など、クモが頻繁に現れる場所や、すぐに巣をはられがちな個所がある場合は、こちらをスプレーしておくだけでクモが来なくなります。 めちゃよく効きますので、おすすめです。 もちろん今年も買いました。 なぜか知らないですが、とくに黄色の方が激安になっててビックリ。 5本注文してしまいましたよ。 そのまま殺虫剤としても機能してくれますので、オールシーズン役立ってくれますが、もう夏場は必携品です。 追伸4: 2015年の夏も、2016年の夏も、2017年の夏も、2018年の夏ももちろん買ってますよ。 害虫は先手先手が必勝ルール。 そもそも害虫に「うわっ、ここ住みづれー」「ぜってーこんなとこ、もう2度とこねーよ」と思わせないとダメなんですよ。 今6月ですが、もうこんなにゴッソリです。 写真だとどうしても見えにくいので、ゴッソリ撃退できている様子を動画にしてみました。 一見するとコンクリートの柄や汚れに見える黒い物体が、息をフーッと吹きかけるとさーっと移動するのが分かると思います。 これ全部、虫の死骸です。 朝になると毎日この状態なんですよね。 ちなみに写真だと小虫ばっかり映ってますが、結構なサイズのハエも死んでました・・・。 強力すぎて今年もワロタです。 ちなみに、青い方の網戸用は水っぽいタイプなので噴射の勢いはないのですが、この黄色い方の外壁用ボトルは噴射の勢いが強く、これ自体が殺虫剤の役割も果たします。 1本で壁一面くらいですので、玄関の周辺や天井・玄関扉・ベランダなど広範囲に使う場合は、3本くらい買っておくほうがいいです。 また、殺虫剤としても常用できますので、ゴキブリ以外の虫ならほとんどコレだけで事足ります。 わたしは毎年夏が近づくと5本買っておくのですが、最初の4本で家にバリアを貼り、残りの1本が攻撃用ってな感じです(苦笑) 虫が大嫌いなあなたには救世主になるはずですので、ぜひ一家に1本、いや5本ですよ!.

次の

虫を殺す威力のある殺虫剤は、人間にとっては安全なの?

なかのたいが 虫コナーズ

もくじ• いただいたご質問の概要 まずは、いただいたご質問の概要を、簡単にご紹介させていただきます😊• インナーガレージを造りたいと考えている• しかし虫とかが苦手なので外空間にしておいたほうがイイという家庭内の意見もある• 実際に虫や生き物などが入ってきてしまうのか、そうならないために講じている対策など教えて欲しい 最近、梅雨の時期から夏にかけてなので、不安視されている方もいるみたい💦 確かに、インナーガレージってシャッターがあるから、車はキレイに保管できるんですけど・・・虫が入った状態でシャッター閉めたら、その虫まで家の中に入り込む可能性が😨 上図は、まさにわたしたちのインナーガレージの様子ですけどね。 シャッターは常に閉めていますけど、車を出し入れするときや、ガレージ内で車を前に出して、後方で作業するときなんか、どうしてもシャッターを開けっぱなしにするわけです😨 ともなると・・・明かりのあるほうに虫が流れ込んでくるってわけで💦 虫は普通に入ってきます残念ながら 残念ながら・・・虫は入ってきますよそりゃあ・・・😨 上図のように、車を半分前に出して、後方でロードバイクのメンテナンスをしたりするんです。 シャッターは開けっ放しになってるわけですから、当然虫もたくさん?ではないのかもしれませんけど、入ってきます。 気が付くとクモとか蚊とかが、家のなかに侵入してたり😢 こればっかりはどうしようもないでしょ・・・💦 この間なんて・・・とんでもなく大きいウシガエル?がガレージのなかに侵入してて、さすがにビックリしましたよ😰 車の保管庫だけでなく、ゴミの一時的な保管場所などにもかなり役立つインナーガレージですが、まさか虫問題があるとは・・・ 間取り作成段階では、全然気づかなかった。 玄関とつながってるとなおさら虫が入りやすい もし虫がどうしてもイヤなのあれば、 玄関とガレージをつなげないほうがイイかも💦 って、わたしたちは上図のように、つなげちゃってるんですけどね。 だってこのほうが、圧倒的に便利なんですもん。 でもねえ、ドアの下にわずかなスキマがあって、ガレージの空気や虫さんらが、室内側に流れ込んでくるっていう・・・😨 それに、 ガレージと室内を掃き出し窓でつなぐと、開けたときに虫が入ってくるかもね💦 って・・・これまたわたしたち、車をディスプレイしたいもんだから、掃き出し窓でつないじゃってますが😢 開かないように、つながらないように間取りを工夫してあげればば、虫問題に対する心配も、多少はやわらぐのかなあって今は感じます。 でも・・・空間がつながってたほうが、やっぱり便利なんですけどね👍.

次の