転職理由 ランキング。 退職理由ランキングTOP10「建前と本音」

転職成功者の「転職理由」とは | リクルートエージェント

転職理由 ランキング

退職理由「建前ランキング」TOP10• キャリアアップしたかった(38%)• 仕事内容が面白くなかった(17%)• 労働時間・環境が不満だった(11%)• 会社の経営方針・経営状況が変化した(11%)• 給与が低かった(7%)• 雇用形態に満足できなかった(4%)• 勤務地が遠かった(4%)• 仕事に対する責任がなく物足りなかった(4%)• 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(2%)• 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(2%) 社会人のための転職サイト「リクナビNEXT」調べ(退職者100人) キャリアアップは鉄板の建前 1位の 「キャリアアップ」〜やはりこれは鉄板ですね。 これを持ち出されると、あなたもちょっと引け目を感じてしまいませんか? この職場ではキャリアアップができない、言われているようなものです。 仕方ないな、と認めざるを得ません。 仕事が面白くないは怒りと反省が含まれる 2位の 「仕事内容が面白くない」に関しては、建前で言っているかどうかが分からないため、両面の感情を抱きます。 うちの仕事をやりたくて入ったのに、「つまらない」とは何だという怒り。 その反面、確かに面白みのない仕事を与えていたな、という反省。 共通して言えるのは、仕事が面白くなる前に辞めてしまうなんて、本当にもったいないということ。 「石の上にも三年」と使い古された諺を、実感してほしいと思います。 労働時間と環境の不満には引け目を感じる 3位の 「労働時間・環境」への不満。 これも建前だとは思えませんので、やはり引け目を感じる方も多いのではないでしょうか。 そんなことを社員が思っているとはつゆ知らず、という方には、新鮮な驚きとなるかもしませんね。 退職する社員が気付かせてくれたわけです。 同率3位の「会社の経営方針・経営状態」については、致し方ない部分もあるでしょう。 経営方針と合わないのに無理に勤め続けるのは不自然ですし、経営状態の悪い会社から去って行くのはよくわかります。 バイトが辞める理由を知りたい方はこちらの記事を参照してください。 建前があれば、本音もあります。 同じく「リクナビNEXT」のデータを掲載します。 退職理由「本音ランキング」TOP10• 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)• 労働時間・環境が不満だった(14%)• 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)• 給与が低かった(12%)• 仕事内容が面白くなかった(9%)• 社長がワンマンだった(7%)• 社風が合わなかった(6%)• 会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)• キャリアアップしたかった(6%)• 昇進・評価が不満だった(4%) やっぱり、表には出せない理由が並んでいますね。 退職理由の本音の鉄板は上司批判 1位の 「上司や経営者の仕事の仕方」は、もろに上司批判となりますから、なかなか口に出して言うことはできません。 退職を告げる時に議論となるかもしれませんので。 そうは思っていない会社側にとっては「まさか」となる理由でしょう。 でも、 本音では堂々たる1位なんです。 労働時間・環境の不満は本音も建前も一緒 2位の 「労働時間・環境」は、タテマエと同じく上位に来ています。 しかもパーセンテージはほぼ同等ですので、これは建前が言えない方の本音なのでしょう。 今まで思っていなくても、あるいはかすかにそんな兆候を感じていても、いざ面と向かって言われるとショックなものです。 退職する側もそれはわかっていて、この理由ではない、もう少し口当たりのいい理由を言ってくるのでしょう。 人間関係の悩みには考えさせられる 3位、「同僚・先輩・後輩と……」には考えさせられます。 適材適所の配置をしたと思っても、 人間関係まで読み切るのは至難の業。 でも、性格が合う合わないの判断は前もってやっておいてもよかった。 そんなことを思い、反省させられますね。 人間は感情の動物であるゆえんです。 本音を引き出せる職場に改善するためには? 退職理由の建前に納得してしまわずに、本音を探ってみると、上記のようにいろいろな理由が発掘されてきます。 もちろん中には 身勝手と感じる理由もあるでしょうし、これは 絶対嘘を言っているなと見破れたり、 理解不可能な理由を並べられた経験もお持ちでしょう。 しかし、集約すると上の項目(本音も建前も合わせて)が、退職理由の主流です。 これらを見て、何か感じませんか? 言いたいこと言ってるな〜という感想はこの際封じてください。 これらの理由は、 あなたの会社に対する要望だということです。 改善点がずらっと並んでいるのにお気づきですね。 キャリアアップを改善 社内人材の育成に目を向けること。 従業員から意見を汲み上げ、どんなキャリアを求めているかの把握ができる。 仕事内容を面白く改善 いかに興味を持って仕事に取り組むことができるかを見直し、アイデアを盛り込む。 内容、やり方、インセンティブ等があるでしょう。 労働時間や環境改善 勤怠記録を洗い直して実質労働時間や残業時間を正確に把握、長時間労働や安全環境の改善策を練る。 生産性向上に結びつけば、サービス残業の撤廃にも繋がります。 人間関係の改善 人間は感情の生き物ですから、性格の合う合わないは必ず存在します。 上司が部下の性格を把握しておくために、頻繁な会話やコミュニケーションを取ることが重要です。 もちろん、血液型占いのような非科学的な判断基準は論外ですよ。 風通しのよい社風に改善 一部の経営者ファミリーや幹部、古参社員による閉塞感は、仕事のモチベーションを低下させます。 蚊帳の外に置かれた従業員は疎外感を味わい、マイナスの感情を抱きがちです。 体制改革はすぐには困難かもしれませんが、まずはあなたの周囲から何でも言い合える雰囲気を作っていったらいかがでしょうか。 そんな時、「辞めさせないプロ」が書いた本を読んでみるのも、打開策の一つと言えます。 行動科学マネジメントを基本とした、すぐに使えてどんな相手にも効果のある方法を知りたくありませんか? 下記のリンクをクリックしてみてください。 山本 猛 (株)スタッフソリューション 代表取締役 1978年茨城県水戸市生まれ。 求人専門のネット広告コンサルタント。 リスティング広告を求人に利用して、費用対効果の高い成果につなげる専門家。 クライアントの中には、求人媒体を使っていた頃と比べて、 5倍や10倍どころか…36倍の費用対効果が出ている会社もある。 1人採用するのに360万円もかかっていた会社が10万円で安定的に採用できるようになっているということ。 また、もうindeedやはたらいくなどの求人サイトも、タウンワークや求人ジャーナルなどの求人誌も一切使わずに、 目標の採用人数を達成できているクライアントは多数。 今の求人広告業界は、広告主の成果にフォーカスして取り組んでいる業者がほとんどいない状態。 最も効果的な方法は巧妙に隠され、 多額のお金を使うように情報操作されている。 真実の情報を1人でも多くの人に届けるために、業界の人間が決して教えない情報を発信している。

次の

転職理由の「本音と建前」ランキング、それぞれ1位だったのは……?

転職理由 ランキング

「いまの会社・業界の将来性に不安がある」 「新しいことにチャレンジしたい」 「雇用環境が整った会社で働きたい」 昨今、終身雇用という言葉はあまり耳にしなくなりました。 一方で、数年単位で働き先を変えるジョブホッパーと呼ばれる人たちが増えています。 そうした働き方をしたいと思いつつも、実際に転職をしようと思うと不安になる方は多いのではないでしょうか。 失敗することへの恐怖から、自身を正当化するために転職しない理由を探してしまいがちですが、 うまくいった人たちに転職時の話を聞いてみると、 皆、同じ悩みを抱えていたようです。 この記事では、2018年最新の転職理由ランキングと、面接官に伝わる転職理由の作り方・回答例などを紹介します。 悩みはみんな同じ?転職理由ランキング2018年最新版 転職理由ランキングは毎年発表されていますが、多少順位の前後がある程度で、その内容はほとんど変わっていません。 多くの方が同じような悩みや不安を抱えながら転職活動をしているのです。 引用元: DODAが発表しているデータを参考に、世間の人々がどういったきっかけで転職を考えたのか確認していきましょう。 【1位】ほかにやりたい仕事がある 就職活動の際に、なかなか内定がもらえないことへの不安や焦りから、妥協をしてしまった方も多いでしょう。 また希望の会社に入社はできたものの、実際にはやりたい仕事ができなかったなど、理想と現実のギャップにがっかりされた方もいるでしょう。 給料や待遇ではなく、仕事に やりがいを求める方も多くいます。 興味がない・つまらない仕事をするより、多少給料は下がってもやりたい仕事をしたほうが、充実したビジネスライフを送ることができるでしょう。 とはいえ、いまだに上位となる理由としては、時代の変化に対応しきれていない会社が多いためでしょう。 現在は大企業といえども安心できない時代です。 ベンチャー企業やスタートアップ企業が話題を集めるのは、 成長が期待できるからでしょう。 なぜ転職しようとしているのか?この会社の将来性が不安だから。 会社の業績UPに貢献しても、それに見合った形で報酬に反映されないと納得はできませんよね。 また同僚や友人が 転職によって年収がアップしたと聞いたことで、転職活動を始める人も多いようです。 転職したいと思ったのは単純に給与の不満もあるけど、 自分が環境に合わせないといけない、客先常駐で働くことに凄いストレスを感じてるんだなと振り返ってて思う いろんなプロジェクトに関わってきたという点ではプラスだけど。 残業が多く、休日が少ない会社で働いていると、自分の時間が削られてしまうため、仕事自体が嫌になってしまうこともしばしば。 仕事とプライベートを両立させたい人にとっては、十分な転職理由といえるでしょう。 2年も仕事やってボーナスなし残業多い月だと100時間越えそれでやっと30万くらい稼げるその代わり自由の時間が限られてしまう、、、金にはなるかも知れんけどここまでやって来て頑張らないとボーナスなしはさすがにねぇよ💢💢💢 — Ryo-RX8 SE3P horiuchispring 【5位】専門知識・技術を習得したい エンジニアやプログラマーのような専門職は需要が高いため、未経験でも挑戦したいと考える人は多いでしょう。 万が一、会社が倒産した場合でも、専門知識・技術を持っていれば、 転職先に困る可能性は低くなります。 生きる為 働く為 に使えるカードは多い方がいいとつくづく思うので、 今持っているカード第2カ国語X今の職場で身につけた専門知識 プラスもう一個強いカードが欲しいです。 他の会社に転職することで、これまでと 違った経験・知識を得られるため、自身の成長につながります。 でも今の会社そこまで経験積めないんですよね。 大学進学や就職を機に上京したものの、さまざまな事情により、地元へ戻ることを考える人も多いようです。 過ごしやすい環境で働くのも選択肢のひとつです。 また地方では過疎化が深刻な問題となっており、地方を盛り上げるためにU・Iターン転職する方もいるでしょう。 田舎にUターン、転職した理由の一つです。 — 見果てぬ夢 myquest024 【8位】土日祝日休みたい 飲食店やレジャー施設などのサービス業に勤めていると、稼ぎ時の土日、祝日の出勤は当たり前となります。 土日、祝日に休めないと、友人や恋人と予定を合わせるのが大変だったり、世間が連休を楽しんでいるなか、働いていると思うと虚しくなりますよね。 また、そうした業種ではシフト制のことが多いため、休日が不定期なことも理由となっているでしょう。 元サービス業、いまオフィスワーカーなわたし、サービス業を選んだ以上は人が休んでるときに働くのは致し方ないと思ってた!(やっぱり土日休みたい!という気持ちを抑えきれずに転職したけど) でもバイトだとどうなんだろね。 むずかしいね。 — ここてぃす LotusLotusTea 【9位】市場価値を上げたい ひと昔前までは、同じ会社でキャリアアップを図っていくのが主流でしたが、最近は 転職によって市場価値を高めていく人たちも増えてきました。 人手不足とはいえ、企業は誰かれ構わず採用するわけではありません。 自社に合う人材を求めているのです。 転職で市場価値を高めるためには、自身が持つ経験や知識が、会社が欲しい人材とマッチしていることが大切になります。 男、女、企業など、類似したものが無数に存在して、価値がそれぞれ上下するものは、基本的に価値が低かったり下がったときに買って、上がったら売る。 人事評価の基準はほとんど明確になっておらず、上司の判断で決まってしまうことも少なくありません。 業務を簡単に数値化できないことも評価基準が明確にならない一因でしょう。 自身が納得して仕事をするためにも、評価制度の整った会社に転職したいと思うのは当然のことかもしれません。 不満はあるが、 長い休みあるし、人間関係もそこまで悪くないので、仕事もそこそこやりがいあるので転職は躊躇する。 会社も名があり、世間体も気にならない。 評価基準と年収に不満があるというか、他なら同じことしても多く貰えるのではないかと思ってる。 転職サイトに登録だけしてみようか考えてる — ASAKURA kabuasabc 採用担当は転職理由で何を判断しているのか? 面接で採用担当者に転職理由を聞かれた際、どう答えればよいか迷いますよね。 採用担当者はあなたの転職理由が、• 納得できるものであるか• 本音ではどう思っているか の2点でチェックしています。 例えば、「プログラミングの知識を活かしたい」と転職理由を述べていた人に、どんなポジションで働きたいかと尋ねたとき、「どこでもよい」と答えたら信用できません。 面接では、転職者がどんなストーリーを持って応募してきたのか、企業に対して何を期待しているのかを知りたいのです。 面接の際には、受け答えの一貫性はもちろん、 本音をうまく伝えることが重要になります。 伝わる転職理由を作成するための4つの手順 サイトの例文にちょっと修正を加えた転職理由を使用している人も多いのではないでしょうか。 悪いわけではありませんが、 ありきたりな文言は印象に残りにくく、しっかりアピールをするという点ではおすすめできません。 少しでも印象に残るような転職理由にして、ライバルに差をつけましょう。 自己分析 まずは自分自身をしっかり見つめ直しましょう。 なぜ会社を辞めようと思ったのか、新しい職場に何を期待しているのかなど、転職を思い立った 理由を掘り下げることが大切です。 仕事をしていれば不満に思うことがいくつもあって当然ですが、そのなかでも納得できなかったことがあるはずです。 次の職場は、最も納得できなかった不満を解消できるかどうかで選びましょう。 また、今の自分が持つスキルや経験についても洗い出しておきましょう。 【関連記事】 2. 応募業界・企業についての情報収集 転職先選びの際、給与額や労働条件など目先の情報に流されてしまうのはよくありません。 応募する業界・企業について情報収集を行い、自己分析の結果と照らし合わせてみましょう。 情報収集を行う際には以下の点を押さえておくと効率的に行えます。 何を生業として、どんな製品・サービスを扱っている企業なのか• 将来性がある業界なのか• どういった目的で求人を出しているのか• 「」などの口コミサイトでの評判はどうか• 転職エージェントに確認してみる 情報収集をおざなりにしてしまうと、転職後のミスマッチにつながりかねないので注意しましょう。 紙に書き出してみる 自己分析が終わり、応募先の企業にめどがついたら、転職理由を紙に書きだしてみましょう。 客観視することで、内容をより伝わる形にブラッシュアップできます。 紙に書く際は、今の職場で抱える不満や問題が、転職でどう変わるのか、どのような働き方をしていきたいのかを意識するとよいでしょう。 また志望動機や退職理由との関連性を意識して書くことが大切です。 誰かに聞いてもらう・読んでもらう 可能であれば、書き出した転職理由を誰かにチェックしてもらうとよいでしょう。 自分では伝わると思っていても内容がわかりづらいこともありますし、第三者が どういった印象を受けるのか、意見を聞くことができます。 人事経験者や管理職であれば、より具体的なアドバイスをもらえるでしょう。 また、転職エージェントにチェックしてもらうこともできます。 転職エージェントは採用に関するプロであり、サービスの一環で履歴書の添削や面接対策をおこなっているので、頼りになります。 詳しくは『』をご覧下さい。 転職理由の回答例 この項目では、転職理由の回答例を紹介します。 そのまま使用することはおすすめできませんが、転職理由を考える際に参考にしていただければ幸いです。 キャリアチャンジしたい場合 私が御社のマーケティング職に応募したのは、より多くの方に良い商品・サービスを届ける仕事がしたいと思ったからです。 前職では法人向けサービスの営業を行っていました。 元々人と関わることが好きということもありましたが、サービスを通して、顧客が抱える課題の解決に尽力・貢献する営業の仕事には非常にやりがいがありました。 クライアントのニーズを探り、より納得いただける提案をするために自分なりに分析し、独自の提案をしていく過程に特にやりがいを感じていました。 一方で、より多くのユーザーに直接、自社のサービス・商品を届けていくための戦略や分析を行い、会社の成長に貢献していく仕事にも挑戦してみたいという気持ちも強くなりました。 前職にはマーケティング部がなく、法人向けサービスであったため、今回、マーケティング職を募集している御社に応募した次第でございます。 会社の将来性に不安があって転職する場合 中規模の出版社で5年間編集者として働いていました。 良い上司や同僚に恵まれ、残業等も少なく働きやすい環境ではあったのですが、出版不況の影響で右肩下がりの業績が続いていました。 業績が悪化した影響で担当していた雑誌が廃刊することになったことをきっかけに、私自身の今後のキャリアを改めて見つめなおした結果、今後衰退が加速していくであろう紙媒体の編集ではなく、WEB媒体に携わり、新たな知見を得ることでより成長していきたいと考え、転職することを決意いたしました。 なかでも御社が運営するWEBメディアは、他の会社とは違った視点で記事が作られており、その内容の面白さから私自身よく拝見させていただいております。 5年間出版社で編集者として働いた経験を御社のWEBメディアでも活かしていきたいと思っております。 会社の方針・待遇に不満がある場合 以前働いていた会社は、トップダウン型の経営で若手社員の発言や提案が受け入れられることは、ほとんどありませんでした。 実績がないから発言を取りいれてもらえないのかと思い、成果を出すことに努め、社内では上位に入る業績を出し、新規サービスや業務改善について上長への提案を実施しましたが、明確な理由がないまま受け入れられず、その体制が変わることはありませんでした。 加えて評価・昇給等の体制も不明確なままであり、モチベーションを維持することが難しく、このまま続けていても会社と自身、双方にとってプラスにならないと思い、転職することを決めました。 御社は年齢や性別に関係なく、社員全員が主体的に考え・動くという方針の元成果を出し続けています。 そのような、より厳しい環境に身を置き、前職での経験を活かして、御社の発展に貢献できるのではないかと思い、応募いたしました。 転職エージェントは、サービス登録者に対してさまざまな転職サポート行っており、履歴書の添削や面接対策はその一部です。 多くの転職者のサポートを行っているため、転職活動を円滑に進めるのに役立つノウハウや経験を豊富に持っています。 また紹介先の企業がどんな人材を求めているのかを把握しているので、採用担当者がグッとくるような転職理由作りの手助けをしてくれるでしょう。 以下は、面接対策や親身なサポートに定評がある転職エージェントです。 エージェント名 特徴 年収交渉に強く、女性利用者からの評判が高い 親身な面談で理想のキャリア設計をサポート 業界最大手。 豊富な求人数が魅力 まとめ 毎年、さまざまな転職サイトで公表される転職理由ランキングは、極端に順位が変わるということはありません。 多くの方が同じような不満や悩みをきっかけに、転職を考えているのでしょう。 面接のために、特別な転職理由を考える必要はありません。 採用担当者が転職理由を聞くのは、あなたを知りたいからです。 自身の本音を活かした転職理由を述べたほうが、好印象となるでしょう。 もし、いまの会社を辞めたいと考えているのであれば、まずは情報収集や自己分析から始めてみてはいかがでしょうか。 転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。 厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。 (出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)• 残業代が支払われない• 正当な理由なく解雇を言い渡された など もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると 着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。 弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。 そんな方々を守るために生まれたのが 弁護士費用保険メルシーです。 弁護士費用保険メルシーに加入すると 月額2,500円の保険料で、この先 ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。 なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。 (補償対象トラブルの範囲はからご確認下さい。 ) ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

次の

パートの辞める理由ランキングTOP5~嘘でも大丈夫?ほか

転職理由 ランキング

仕事の人間関係相談ホットラインの【中澤健次(なかざわけんじ)】です。 今の仕事・働き方に不満・不安を持ち、人間関係をどうしたら良いか分からないあなたが、 職場の悩みを解消して、本当にやりたいことを発見し、 それができるようになる方法をお伝えするワークショップを提供しています。 今回のブログは、 転職したい40代・50代の方に向けて書いています。 「やってられないよ」 「こんな会社、やめてしまいたい」 仕事でイヤなことがあって、転職したいと思ったことは誰にでもあるでしょう。 転職の理由。 例えば、不本意な人事異動、未経験の仕事への配転、あるいは、リストラ予備軍。 ところが、転職をするとなると、どんな仕事を探したらよいかわからないことも。 今までつちかった技術力や専門知識などのキャリアを生かせたらとか、転職サービスを通じて転職希望者に対するキャリアアドバイスを受けたりなどと、迷われることも多いでしょうね。 そんなときに役立つのが、転職理由によるランキング調査です。 「転職なら、求人情報・転職サイトDODA」の「転職理由ランキング」 2016年4月~9月に転職活動を行った約3万人の転職理由ランキングトップ3は、 2012年上半期(2012年4〜9月)から8回連続で 「ほかにやりたい仕事がある」(13. 次いでランキング2位が 「会社の将来性が不安」(9. それでは、転職理由の背景と、それに基づいてどのような選択をしたらよいかを考えていきましょう。 1.視点1:会社を辞めたい理由を問い直す 2.視点2:雇われる自分を、外の視点で見つめ直す 3.視点3:悔いのない人生をすごすために 特に、40代・50代にとっては大きな転機になるかもしれません。 この3つの視点によって、ホントに悔いのない選択をしていきましょう。 1.視点1:会社を辞めたい理由を問い直す: 時代背景、競争社会、承認 転職理由ランキング第1位「ほかにやりたい仕事がある」の背景にあるもの。 それは、雇用環境が改善して、求人数が増加し、 「もっとよい仕事を選びたい」という思いが増えているということもあるようです。 「もっとよい仕事」とは、自分の専門知識や技術力などの様々な知識・キャリアを磨き上げて、 自分を成長させてくれる転職先を見つけたいという思いなのかもしれません。 しかし、その一方で、「今の仕事が不満である」 「もう少しやりがいのある仕事を探してみたい」と思って、 仕事を探し始める人も増えているのでしょう。 「自分に合う仕事がよくわからない。 」 「よくわからない」から、転職サービスを通じてそれを知りたいという気持ちもあるかもしれませんね。 実際に、転職サービスサイトでは、コミュニケーション力や性格診断などの「転職診断」によって、転職希望者の技術力や知識を調べるツールがたくさんあります。 ですから、 「自分に合う仕事」を明確に持っている人は、案外少ないという事実が浮かび上がります。 では、「自分に合う仕事」は、何なのか? 会社を辞めたいと思う機会に、そのことを真剣に考えることが、実は最も大切だといえるでしょう。 なぜなら、今いる会社だって入社するときには、最もよい選択として自ら選んだのでしょうから。 もし、また深く考えないで転職してしまったら、同じことの繰り返しをすることになるかもしれませんね。 まして、転職すればするほど、採用条件が悪くなる傾向があるのですから。 このさい、「自分に合う仕事」を深く考えてみましょう。 次に、転職理由ランキング第2位「会社の将来性が不安」の背景について考察しましょう。 1990年代のバブル経済崩壊以来、日本経済は縮小の道をたどってきています。 しかも、少子高齢化による人口の減少とともに、経済のパイは縮小傾向。 当然ですね。 人数が減れば、食べる量も必要なものも減って当たり前。 そのような限られた市場をねらって、同業他社同士の競争が激化しています。 さらには、同業を超え、インターネットの普及により、楽天やアマゾンなのどネット通販が成長しています。 もちろん、世界レベルでみても、競争は激しくなっています。 そんななかで、シャープやサンヨーなどの例のように、家電業界の大企業といえども倒産する時代です。 このようか熾烈な環境のなかで、 各企業は生き残りのために、合併・吸収・身売り、あるいは従業員のリストラを断行することも、当たり前になってしまいました。 しかも、希望退職制度、役職定年制など、40代・50代をターゲットにした制度は、企業全体の約半数において施行されています。 厚生労働省の「平成27年度雇用動向調査の概況」を見ると・・・。 転職理由 40代 50代 1位 職場の人間関係が悪い 11. 転職の理由が本人の意志であるよりも、5人から6人にひとりは、会社都合・契約上の理由で転職しているということです。 このような環境の中では、変化に対応できる会社だけが生き残るのでしょう。 時代が大きく変化しているなかでは、安定よりも、時代の変化の波にのる方が安全だからです。 会社は航海する船のようなもの。 船が泥船だったら、すぐに沈んでしまいます。 しかも、 船の舵取りを自分でできないということが、もっと危険だといえるのかもしれません。 ですから、自ら舵取りをするつもりで、次の選択を考えましょう。 そして、その環境の変化に敏感に反応するから、 「会社の将来性が不安」が転職理由ランキングの第2位だということも、うなずけますよね。 最後に、転職理由ランキング第3位「給与に不満がある」 給与は少ないより、多い方が良いに決まっていますよね。 同じ働くならいっぱい給与をもらって、安定した生活をおくりたいのは当然のこと。 しかし、現在社会問題にもなっている経済格差。 1990年代のバブル経済崩壊以降、就職氷河期とも呼ばれ、多数の失業者が生まれた背景を打開するために 小泉政権のもとで、非正規雇用制度を制定したことも、その要因のひとつでしょう。 2007年には、「ハケンの品格」というテレビドラマも話題になりました。 実際に、年収が150万円程度では、一人で生活することも大変でしょう。 では、 給与の額は何によって決まるのでしょうか。 給与が高い会社とはどんな会社なのでしょうか。 例えば、転職する際のの初任給が高い会社に見られる傾向。 初任給が高い会社ほど離職率が高いという傾向があります。 離職率が高いということは、仕事そのものがキツかったり、労働条件が劣悪だったり。 逆に、働きやすい職場の場合なら、初任給を高くする必要がありませんよね。 ですから、 給与が高いという意味をよく考える必要があります。 まとめると、転職理由ランキングからわかることは以下のとおりでしょう。 転職するにしても「自分に合う仕事」をわかっている人は意外に少なく、「とにかく今の仕事がイヤだという」現実からの逃避の傾向があること。 環境の変化が激しい中で、自分の会社が大丈夫かという不安や、リストラなどの会社都合で転職せざるをえないという事情。 そして、給与に対する不満。 いずれにしても、上位にランキングされた転職理由の背景にあるものは、変化の激しい環境のなかで、 生活に不安を抱え、仕事に対するやりがいが見いだせないということなのでしょう。 2.視点2:雇われる自分を、外の視点で見つめ直す 今まで転職したい理由について考えてきました。 結局、会社という組織の枠にとらわれていると、自分の可能性が有限であるということに気づきます。 それでは、転職理由ランキングから読み取れる 転職希望者のホントの願いとはどんなことなのでしょうか? 先ほどのまとめのように、「生活に不安を抱えている」を裏返せば、安心できる収入が欲しいということ。 そして、「仕事に対するやりがいが見いだせない」に対しては、自分に合うやりがいのある仕事を見つけたいということ。 つまり、 やりがいのある仕事、好きなこと、楽しいことををやって、収入も十分に得られるという願いなのでしょう。 しかし、現在のような社会の仕組のなかで、そんな夢のようなことが可能なのでしょうか? そんなことを考えるだけで行き詰まっていまうのでは? ところが、そのように考える背景にあるもの。 それは、私たち日本社会で育ってきた生活環境にその原因があるようです。 具体的には、私たちは幼い頃から、両親や学校の先生などから「いい大学に入れば」「いい会社に就職できれば」と言われて育ってきました。 確かに、1990年代にバブル経済が崩壊するまでは、「終身雇用制度」という日本独特の文化がありました。 ですから、「いい会社に就職できれば、一生安泰」というものの見方は一面正しかったのでしょう。 しかし、バブル経済の崩壊以降、日本経済は縮小の時代を迎え、それ以来現在まで、リストラという名のもとに従業員の解雇が当たり前のようにされてきました。 リストラは、大企業といえども例外ではありません。 むしろ、世界的な大企業までに成長した企業ほど、経営不振に陥っている時代です。 シャープ、サンヨー、東芝・・・と例を上げるまでもありません。 ですから、「いい会社に入れば」と思って就職したけれど、その会社に幻滅したら、「他にいい会社はないかな?」と転職を考えるのは当然のことでしょう。 逆に言えば、転職しか選択肢がないという考え方の限界が、そこにはあるということになります。 私たちのその思考の限界を突破するには、「会社を選ぶ」という枠から一歩出てみるしかないようですね。 では、会社という枠から一歩出てみるにはどうしたらよいでしょうか。 その前に、そうするためのポイントは、今の会社を安易にやめないことです。 会社を辞めてしまうと収入源がなくなります。 収入が途絶えると不安におそわれて、落ち着いて考えることもできなくなってしまいます。 ところが、「やめたい」という感情に押し流されてしまって、衝動的に退職する人もなかにはいらっしゃいます。 ですが、その場合には、たいていアルバイト生活が待っています。 ですから、苦しくても辛くても、今の会社を辞めることには慎重になりましょう。 では、会社の外に出てみるにはどうしたらよいか。 長年、自分の会社にいるとそれが当り前になってしまいます。 会社の取引先の方々は外部の人間ですが、自分の会社の中からその人たちを見ているので、外を見ているつもりでも、それを理解することはなかなかできないものです。 会社の外にでて「会社を辞めたいと思っている理由」を自ら問い直してみる。 会社以外の人たちも「辞めたい理由」を抱いているのか聞いてみる。 その人たちが「今の仕事をやっている理由」を質問してみる。 このように会社外の人からの視点で、もう一度「転職理由ランキング」を振り返ってみましょう。 ランキング第1位の「ほかにやりたい仕事がある」という「ほかの仕事」をやっている人たちに出会うでしょう。 「ほかの仕事」を実際にやっている人たちが、それをどのように受け止めているのか学んでみましょう。 すると、転職活動をするよりも、実際の生の声を聞くことができ、将来の自分を想定できるでしょう。 では、会社外に出るにはどうしたらよいでしょうか? 会社外に出て、外から自分を見つめるには、会社外のコミュニティに参加することをおすすめします。 例えば、ボランティア団体、セミナー、起業塾、異業種交流会・・・。 そのような場所には、さまざまな技術力、専門知識、キャリア、知識を持っている人たちがいます。 中には、転職サービスを受けている転職希望者もいたり。 そして、大切なことは、その人たちと日常的に関わるなかで、そこに居場所を作ることです。 会社内では得られない人間関係を知ることが出来るようになります。 すると、そのコミュニティから見た会社にいる自分を客観的にみることができるようになるでしょう。 会社にいる自分を一歩離れてみることができると、不思議なことに違う生き方、今まで気づかなかった世界に触れることができます。 そうすることで、これからの自分をもう一度見つめ直す機会になることでしょう。 3.視点3:悔いのない人生をすごすために アップルの共同創始者、スティーブジョブズの名言。 「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?」 もし、今日が人生最後の日だとしたら・・・? あなたは、今日何をしますか? 愛する家族と過ごしますか? 友人と過ごしますか? やりたいことは何ですか? それでも、毎日いく会社での仕事ですか? この問いかけは、私たち自身が、何を大切にしているかという自分の価値に対する問いかけとなるでしょう。 この質問に対して、じっとこころの内側から沸き起こるものを待ってみましょう。 すると、自分自身が大切にすることがフッと沸き起こる瞬間があるかもしれません。 それが、悔いのない人生を生きるためのヒントを与えてくれることでしょう。 About 中澤健次 仕事の人間関係相談ホットラインの中澤健次と申します。 私は人間関係相談コーチとして、円滑な人間関係を創るお手伝いをしています。 職場の悩みを、上司や同僚に相談しても曖昧にされてしまう。 相談相手さえみつからない方をたくさん見てきました。 なので、自然に人間関係が築かれ、快適さの先にある豊かな人生を大切にしたい、いつもそんな風に思っています。 でも、聞き上手、話し上手になれとか、相手に合わせろとか、そんな難しいお話はできません。 私のメソッドはシンプルそのもの。 飲み会なんかで、友人等に教えていたのですが、皆元気になって円滑な人間関係を築くようになるんです。 そんな話をある知人にしたら、「それ、もっとたくさんの人に教えてあげたらいいのに。 社会貢献にもなるよ」と言われました。 で、試しに勉強会を開催したんです。 そうしたら・・・ 「これはすごい!」 「これなら変わるって、納得」 そんなことばかり言われるようになりました汗 私には難しいことはわかりません。 ですが、相談者さんは次々と安らぎを得ています。

次の