牡蠣 効能 男性。 牡蠣(カキ)と栄養価・効果効能

牡蠣の効能 男性編 疲労回復と男性ホルモン増強に !

牡蠣 効能 男性

牡蠣は、亜鉛を多く含む食品で知られています。 亜鉛を多く含む食品を見ますと、 牡蠣の亜鉛含有量が全食品中トップとなっていることが分かります。 からすみやレバー、赤身肉よりも豊富に含んでいることが分かりますね。 亜鉛は、ミネラルに分類され、カラダの酵素の成分となり、新陳代謝を促す効能があります。 さらに、味覚を正常に保つ効能や、遺伝子情報の伝達をスムーズに行う働きがあります。 また、 亜鉛は別名「セックスミネラル」とも呼ばれる栄養で、生殖機能や性欲を正常に保つ効果もあります。 このような働きから、亜鉛は精力剤の成分としても利用されています。 年齢による性機能の衰えを感じる方は、含有量No. 1の牡蠣を摂取することをおすすめします。 鉄分、銅、ビタミンB12などの栄養が豊富に - 女性に重要!貧血予防 牡蠣は鉄分、銅、ビタミンB12のミネラル類、ビタミン類などの栄養を豊富に含みます。 鉄分はヘモグロビンの構成成分となり、貧血を予防する効能が期待できます。 銅はこれら鉄分の吸収を助ける働きをします。 また、ビタミンB12はヘモグロビンが合成されるのを助ける補酵素となるため、こちらも貧血の予防に適した栄養です。 鉄分、銅、ビタミンB12はいずれも貧血を予防する効能があり、それぞれの栄養の相乗効果も期待できます。 月経のある女性には特に重要な栄養素です。 牡蠣のように、これらの栄養素がバランスよく配合された食材はあまりありませんね。 なお、 鉄分はビタミンCと合わせると吸収力が高まります。 生で食べる際には、や、などをかけて食べると良いでしょう。 牡蠣にはグリコーゲンという物質がたっぷりと含まれています。 グリコーゲンとは、多糖類の一種で、 体内でエネルギーを貯蔵しておくための物質です。 厳密には、栄養と言うよりかは、貯蓄タンクのようなイメージですね。 通常、グリコーゲンは肝臓や骨格筋などに蓄えられており、運動などの際にエネルギー源として活用されます。 そのため、牡蠣などグリコーゲンを含む食品を定期的に摂取することで、エネルギーを貯えるため、疲れにくいカラダを作ったり、運動時のパフォーマンスが向上したり、血糖値を調整するなどの効能があります。 重要なポイントですが、牡蠣のグリコーゲン含有量は 冬の方が夏よりも10倍ほど多いと言われています。 できるだけ、旬である冬の時期の牡蠣を摂取するようにしましょう。 アスリートや運動で高いパフォーマンスを発揮したい方は、冬の牡蠣はおすすめですよ。 タウリンも多く含まれる - 血圧やコレステロールを下げる効能.

次の

亜鉛の効果・効能。男性にも女性にもメリットがたくさん!

牡蠣 効能 男性

牡蠣は 「海のミルク」と呼ばれているのをご存知でしょうか? 見た目も食感もクリーミーであることに加え、牛乳と同じように 多くの栄養素を含んでいることから、このように呼ばれているようです。 ではどんな栄養素を含んでいるのでしょうか? その種類たるや多すぎて挙げきれないので重要なものだけピックアップしてみます。 「亜鉛」 「鉄」 「銅」 「ビタミンB12」 「グリコーゲン」 「タウリン」 この中でも「亜鉛」と「鉄」は非常に重要です。 あまりにも重要なので説明を次章に譲ります。 ここでは「亜鉛」「鉄」以外の効能について考えていきます。 ー銅は鉄と組んで力を発揮ー 銅は鉄から赤血球が作られるのを助ける栄養素です。 銅が鉄を必要な場所に運ぶんですね。 つまり、銅と鉄は相棒なんですね。 ービタミンB12は赤血球中のヘモグロビン生成を助けるー またまた赤血球に関連します。 悪性の貧血などに有効なビタミンです。 つまり、銅もビタミンB12も鉄の相棒なんですね。 ーグリコーゲンはパワーの源ー グリコーゲンはエネルギーの素になります。 分かりやすく言うとエネルギーの貯蓄タンクといったところでしょうか。 血糖を維持するために使われ、空腹時など糖質を供給する役割もあります。 ータウリンは細胞を正常に保つ効能があるー タウリンは細胞の正常に保ちます。 肝臓機能を正常にする効果やコレステロールを下げる効果もあり。 血圧を下げる効果などがあります。 お酒を飲む人にもおすすめです。 驚きなのは栄養満点すぎるのに、カロリーも 1個あたり 12キロカロリーしかないということです。 つまり、栄養は欲しいけど、カロリーは欲しくないっていう ダイエット中の方にはピッタリな食品でもあったりします。 巷では牡蠣ダイエットなるものもあるそうですよ! そんなに常に食べられる食品ではないので、「継続的なダイエット方法としてはどうかな…」というところはありますが、積極的に取り入れようという意味では重要なポイントかもしれませんね! 2. 亜鉛の力がすごい ー牡蠣はまさに亜鉛の王様ー 牡蠣は全食品のうち、亜鉛の含有量が断トツでトップです。 100g (約5個) 当たり13. 2g含まれています。 亜鉛の1日の推奨摂取量は、成人男性で約 10gがとされているので、100gも食べればクリアということになります。 一方耐用上限量は45gなので、よっぽどサプリメントなどで過剰摂取しない限り、大丈夫でしょう。 過剰摂取した場合は、めまい、吐き気のほかに、銅欠乏や鉄欠乏になる恐れがありますので摂りすぎには注意しましょう。 ー亜鉛欠乏の日本人ー 日本で特に欠乏していると言われている栄養素はいろいろあるのですが、「亜鉛」はその中のひとつです。 以下の症状に当てはまる人は亜鉛が欠乏している可能性があります。 チェックしてみましょう。 気を付けたい牡蠣の食あたり 亜鉛も鉄も、他の栄養素もたっぷりの牡蠣の魅力、おわかりいただけたでしょうか。 「こんなに良いことづくめなら!」 どんどん牡蠣を食べたいところですよね。 しかし注意しなければならないのは、牡蠣による食あたり。 これには主に4つの原因が考えられます。 ・ノロウイルス ・貝毒 ・腸炎ビブリオ ・アレルギー この中で一番多いのはノロウイルスによるものです。 生牡蠣や加熱処理が不十分な牡蠣を食べると生じやすいようです。 食あたりにかかると、下痢や嘔吐、腹痛、発熱などの症状におかされます。 ー牡蠣にあたらないように気をつけることー 【なるべく加熱調理する】 85~90度以上の熱で90秒間以上加熱すると大抵の菌は死滅するので、食あたりが怖い人は、しっかり加熱調理するようにしましょう。 カキフライなど一見高温に見えても中心部までは十分に加熱されていない場合もありますので、注意が必要です。 【体調が悪いときは食べない】 免疫力が落ちていると、あたりやすくなります。 体調が悪いときには牡蠣にあたる可能性が高くなりますので食べるのを控えましょう。 【生で食べたければ必ず「生食用」を!】 牡蠣には「生食用」と「加熱用」があります。 「生食用」であれば、生で食べても安全なのか?と思いがちですが、残念ながら必ずしもそうではないようです。 例えば、100個に1個だけ、ウイルスが存在するなんてこともあるようで、もはや確率の問題でもあります。 ウイルスが存在した場合でも、個人の免疫力などによってあたる人とあたらない人に分かれます。 一方、「加熱用」を生で食べるのはNGだと心得ておきましょう。

次の

カキの栄養・牡蠣の健康効果(効能)|食品の栄養成分

牡蠣 効能 男性

亜鉛を多く含む食べ物 亜鉛は肉類から穀物,野菜と色々な食品に含まれています。 中でも亜鉛を多く含む食材は牡蠣や牛肉,鶏肉,豚肉,卵,ごま,ココア,のり,ワカメ,昆布,カニ,スルメ,白米,納豆,ブロッコリー,レバーなど。 特に牡蠣には亜鉛が多く含まれていますが、毎日は食べられません。 日常的に食べる食材で亜鉛の含有量が多いのは「海苔(のり)」です。 食品からの亜鉛の吸収率は約30%程度です。 亜鉛はビタミンCと同時に食べると吸収率が良くなる性質があるので食べ合わせを工夫してみてください。 牡蠣にレモンを絞ってかけると、酸味の味と合いおいしく、吸収率もアップするので、最高の組み合わせです。 エンドウ豆や空豆も亜鉛を多く含む食材ですが、豆類に含まれるフィチン酸がカルシウムと一緒に摂ると亜鉛の吸収を妨げてしまいます。 亜鉛をサプリメントで補うには 亜鉛不足が気になるときには食べ物からだけにこだわらず、サプリメントからの摂取を検討してください。 今まで不足してきた分を補う必要があるため食べ物からだけでは限界があります。 サプリメントを数ヶ月間使用すると亜鉛不足が解消されてきますので、その段階になったらサプリをやめて食べ物に気をつけるようにしてください。 そのため効果・効能も多義にわたります。 酵素の活性化 約300種類の酵素を活性化します 細胞分裂や新陳代謝 細胞分裂する際に亜鉛が不足していると、DNAが正しく分裂できなくなります 活性酸素の消去 亜鉛はSODという抗酸化酵素の材料になります 胎児の健康な成長 細胞が爆発的に分裂する妊娠中は大量に亜鉛が必要なります。 精子を作る アメリカでは亜鉛のことをセックスミネラルと呼び、精子の生成や運動,女性の卵巣にも働きかけます。 アルコールを分解する アルコール脱水酵素がアルコールを分解するときに亜鉛が必要なります 免疫力を高める 免疫細胞を活性化する働きがあります。 亜鉛をたくさん摂っていると風邪を引きにくくなるというデータがあります 味覚 亜鉛は味覚細胞の形成にかかわっています。 そのため亜鉛不足になると味覚異常になります。 穏やかな気持ちにする 脳内にも亜鉛は多く存在し、記憶や精神の安定に関わっています。 血糖値を下げる 亜鉛は糖の代謝に必要なインスリンを作るために必要になります。 子供の健康な成長 細胞分裂が活発な成長期の子供には亜鉛は不可欠。 亜鉛が不足すると身長,体重が正常に増加しない成長遅滞になってしまいます。 亜鉛がインスリン様成長因子 IGF の働きを補助し骨の成長を束示威しているという研究があります。 もっと詳しく: 男性が亜鉛を摂る効果やメリット 男性の場合、亜鉛の摂取から期待できる主な効果は、 性機能の向上です。 これは亜鉛がタンパク質の合成や細胞の新生、前立腺の機能維持にかかわっているためです。 その結果、次のような効能につながります。 減少しがちな精子の数を保つ• 精子の運動率が上がり、受精しやすくなる• 精力を増強し、性欲を維持する• 前立腺の障害()を防ぐ• 毛髪の細胞分裂・タンパク質の形成を助け、する その他にも、味覚・嗅覚を正常に保つ、粘膜や皮膚を健康に保ち免疫力を上げる、記憶力を高めうつを緩和するといった効果もあります。 亜鉛の効果を得るためには、 成人男性の場合は毎日約10mgを目安にサプリメントを選び、摂取します。 もっと詳しく: 女性が亜鉛を摂る効果やメリット 女性の場合も男性同様に、亜鉛の摂取によって 性機能を維持・向上が期待できます。 女性においては、適量の亜鉛の摂取によって卵胞刺激ホルモン(エストロゲン)・黄体形成ホルモン(プロゲステロン)の分泌が促され、次のような効果につながります。 月経の乱れ(生理不順)や無排卵を防ぐ• 月経周期の安定にともない、妊娠しやすい体づくりがスムーズになる• 亜鉛の抗酸化作用により、卵子の老化を予防する 亜鉛というと男性の精力増強のイメージが強いですが、女性のにおいても亜鉛は重要な役割を果たしています。 亜鉛の効果を得るためには、 成人女性の場合は毎日約7mgを目安にサプリメントを選び、摂取します。 もっと詳しく: 亜鉛欠乏症について 亜鉛は細胞分裂に深く関わっているミネラルです。 亜鉛が不足してしまうと細胞分裂が正常に行われなくなるためいろいろな欠乏症が現れます。 世界ではじめて亜鉛不足の症状が確認されたのは中東で発見された成長障害の男性の例です。 実年齢は20歳なのに亜鉛不足で細胞分裂が行われず成長が止まってしまい10歳程度にしか見えなかったそうです。 現在の日本では成長障害が起きてしまうほど亜鉛不足になってしまう例は考えにくいですが、 軽度の亜鉛不足,潜在的な亜鉛欠乏は起きています。 成人が亜鉛不足になった場合最初に現れる欠乏症が「味覚障害」です。 味覚障害の半数以上が亜鉛不足が関連しているといわれています。 その他亜鉛が不足してしまうと、• 肌の乾燥や,シワなど• 脱毛,,髪の毛が細くなる• 爪の異常• 精子欠乏,勃起不全• 胎児の成長不全• 抗酸化力の低下• 免疫力低下• 気分がふさぎ込む などいろいろな症状が現れます。 【亜鉛欠乏による味覚障害が急増】 亜鉛が不足すると、味覚障害を引き起こします。 味蕾は新陳代謝が表皮並みに早く約30日で細胞が生まれ変わります。 亜鉛不足で細胞の新陳代謝が遅れると味蕾が壊れるため味覚がくるってしまいます。 現在、味覚障害や味覚異常に悩んでいる人が増え、味覚異常外来を訪れた患者数は20万人以上にも上ります。 参照: 味覚障害になると味を感じないため、より濃い味付けの食事をとるようになり、結果として肥満や脳梗塞のリスクが高まります。 亜鉛不足の原因のひとつは食品自体に含まれる亜鉛が減少したことによるもの。 また食品添加物の中に含まれる成分が、キレート化合物を作りだし亜鉛の吸収を抑制し、尿と一緒に排出してしまうためといわれています。 亜鉛は最も不足していまいがちなミネラルとも言われています。 つまりどんなにサプリメントで亜鉛を摂取しても、外食や加工食品によって食品添加物を多く含んだものを食べていると、亜鉛は吸収されず体外に排出されてしまうのです。 バランスのとれた食事をとりつつ、亜鉛サプリメントをプラスすることで、より効果的に亜鉛を吸収することができます。 亜鉛の推奨量と摂取量 亜鉛の推奨量は18-69歳の男性で1日10mg、同年代の女性で8mgです。 国立衛生試験所が行った亜鉛摂取量調査では平均男性10. 7mg、女性8. 1mgとなっています。 経口摂取で1日50mgを1週間以上続けると嘔吐,イライラ,不安感などの副作用が発症しやすくなるというデータがあります。 また、2,000mg以上で急性中毒の危険があります。 亜鉛の副作用は銅とのバランスにより起きてしまいます。 亜鉛は銅の吸収を妨げたり、銅を排出させるような働きがあり大量の亜鉛を長期間摂ってしまうと体内が銅不足になってしまいさまざまな副作用が起きてしまいます。 亜鉛は抗生物質 テトラサイクリン,フルオロキノロン などの吸収を妨げてしまいます。 薬を使っている場合は必ず医師,専門家に相談してください。

次の