コンビニ おつまみ おすすめ。 太らないおつまみを大公開!スーパーやコンビニのおすすめなど紹介

家飲みにおすすめ!コンビニおつまみ21選。女子会やひとり晩酌に

コンビニ おつまみ おすすめ

みんなで飲む飲み会って、自分の好きなモノが食べられなかったり飲めなかったりで、楽しめないことがありますよね。 取り分けられてない料理がこようものなら、取り分け合戦の始まり。 気を使ってばかりで、全然お酒が楽しめません。 かといって、1人で居酒屋に行くのも勇気がいるものです。 そんな方にオススメなのが『宅飲み』です。 自分の家なら好きなお酒を飲めますし、好きなつまみを食べることができます。 でも、安心してください。 そこで、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソーンに的を絞り、独断と偏見でおつまみランキングを付けてみます! 宅飲みコンビ二おつまみランキング コンビニのおつまみ市場は、すごいことになっています。 こんな商品あったっけ?というようなモノが、所狭しと並べられているんですから。 しかも、各社オリジナル商品をバンバン開発しており、差別化に力を入れています。 大手3社のおつまみを実際に購入して比較してみると、ある傾向が見えてきました・・・ お酒を飲む前に肝臓をいたわりましょう 仕事終わりの1杯はたまりませんよね。 あの美味しいお酒のことを考えると、休肝日を設けるのもなかなか難しいモノです。 そんな時は、普段から肝臓をいたわってあげましょう! 最近では肝臓のケアを目的とした商品がたくさん販売されています。 いつまでも美味しくお酒を飲むためにも、しっかりと肝臓を守ってください。 セブン・ファミマ・ローソン番付 さぁ、大手コンビニ3社のおつまみには、どのようなモノがあるのでしょうか? ワインや洋酒に合う『チーズ系』おつまみランキング それでは、チーズ系のランキングです! 第3位!セブン『まろやか6Pチーズ』• 価格(税込み):203円• カロリー:1Pで56kcal もはや定番中の定番である『6P』チーズです。 6個に個包装されているので、食べきれなかったときの保存にも便利。 価格も203円で、一個あたり約34円と非常にリーズナブルです。 価格(税込み):175円• カロリー:3粒で51kcal プロセスチーズに飽きてしまった方にオススメなのが、キャンディーチーズです。 しかも、普通のではなく、ブラックペッパー入りです。 胡椒のピリッとした風味が、ワインの良いアクセントになります。 ファミリーマートにも同様のキャンディーチーズが売っていました。 第1位!ファミマ『ドライソーセージ&スモークチーズ』• 価格(税込み):240円• カロリー:1パックでソーセージ83kcal、チーズ61kcal スモークチーズとドライソーセージは、ワインに合わないわけがないですね。 しかも、チーズはこだわりの3種類ブレンド!• チェダーチーズ:89%• クリームチーズ:6%• カマンベールチーズパウダー:3% それぞれを単独で食べても良し、一緒に食べたらなおのこと良し。 ワインや洋酒に合う『肉系』おつまみランキング それでは、肉系のランキングです! 第3位!セブン『レンジでパリッと食感|チョリソーソーセージ』• 価格(税込み):300円• カロリー:307kcal トレーをそのまま使えるのが便利なソーセージです。 食後の食器洗いは不要です。 レンジで1分ほど暖めれば、アツアツでジューシー、皮がパリッとしたピリ辛ソーセージの出来上がり! 大きめのウインナーが4本も入っているので、結構なボリュームです。 商品名の通り、辛いので酒にはよく合います。 肉もギッシリ詰まっており、噛みごたえがありました。 ただ、ボリュームのがあだとなり味が単調なので順位は3位としています。 第2位!ファミマ『お母さん食堂|燻製チーズソーセージ入りおつまみセット』• 価格(税込み):398円• カロリー:232kcal ファミマの『お母さん食堂』シリーズのソーセージです。 チーズソーセージをメインに、スモークチキン、ボンレスハムも入っているバラエティパック! チーズウインナーは小ぶりですが、チーズが濃厚なので逆に良かったです。 スモークチキンは周りに胡椒がかけられており、味の変化を楽しめます。 肉はホロホロとしており、やわらかいです。 ハムは小さく見えるのですが、実はけっこう大きいです。 普通のスライスハムよりも厚さがあり、食べごたえがありました。 バランスの良さから2位としています。 第1位!ローソン『パリッとジューシー|4種のソーセージ』• 価格(税込み):380円• カロリー:433kcal ソーセージのみならず、ポテトやパスタまで入っていて、ファミマよりも安いのが『ローソン|4種のソーセージ』です。 マスタードまで付いているのは嬉しい限りです。 4種のソーセージは以下の通り。 ソーセージ• フランクフルト• ハバネロ• バジル かさ上げと思われるパスタですが、温めることで発生するソーセージの余計な脂を程よく落としてくれます。 温めは自宅がオススメ。 マスタードを取り出してから温めたほうが、美味しくいただけます。 ハバネロはけっこう辛いので、マスタードなしの方が辛さを楽しめます。 フランクフルトは大きくて、豚の甘みが強いです。 ソーセージの皮はパリッとしています。 ポテトは味が薄いので、ケチャップやマヨネーズがあったほうがいいかもしれません。 なければ、マスタードでも美味しいですけどね。 価格(税込み):132円• カロリー:138kcal 食べきりサイズの、手頃なジャイアントコーンです。 口に入れた瞬間、ツンとくる辛さが鼻に通ってクセになります。 価格(税込み):129円• カロリー:350kcal コチラは、焙煎にこだわり抜いた落花生です。 手が止まらない旨さがあります。 そして、なんといっても価格が安いです。 価格(税込み):388円• カロリー:521kcal 一度に4種類ものナッツを食べられる、超お得なパックのミックスナッツです。 入っているナッツは以下の通り。 アーモンド• カシューナッツ• クルミ• マカダミアナッツ それぞれの美味しさを損なわないために、個別にローストするという手間をかけた商品です。 第1位!ローソン『オイルローストで仕上げたアーモンド|わさび醤油味』• 価格(税込み):216円• カロリー:321kcal お手頃サイズで食べきりにちょうどいいのがローソンの『アーモンド|わさび醤油味』です。 日本人なら、みんな大好きですよね。 わさび醤油。 オイルローストで香ばしく、ピリッとしたわさびがアクセントになっています。 お手軽なのに個性派揃い『スナック系』おつまみランキング それでは、スナック系のランキングです! 第3位!ファミマ『ゴールデンバナナチップス』• 価格(税込み):198円• カロリー:208kcal 薄くて軽くて、食感の良いバナナチップスです。 バナナの甘さはあまりありませんが、風味はしっかりしており、塩味が美味しいチップスです。 価格(税込み):306円• カロリー:261kcal 4種類のおつまみがセットになっているお得なパックです。 イカフライ|ブラックペッパー• レーズン• ピーナッツあられ• 価格(税込み):150円• カロリー:266kcal 6種類のチーズをブレンドした、贅沢なフライドポテトです。 チェダーチーズ• パスカルポーネチーズ• モッツァレラチーズ• エメンタールチーズ• カマンベールチーズ• 価格(税込み):408円• カロリー:95kcal トバは漢字で書くと『冬葉』です。 価格(税込み):138円• カロリー:64kcal 貝ひもとは、貝の内側についているヒダの部分です。 とはいっても元は帆立。 その風味はしっかりと味わうことができます。 価格(税込み):308円• カロリー:105kcal 乾き系の帆立というと硬いイメージがありますが、コチラは柔らかいのが特徴です。 北海道産の帆立を直火で炙っているので、香ばしさがたまりません! ピリッと辛さはありますが、5歳の息子でも食べることができました。 というか半分持っていかれました。 子供は正直です。 価格(税込み):306円• カロリー:123kcal 熟成仕込み、ファミマお母さん食堂の『ほっけの塩焼き』です。 身がふっくらしており、脂がのっています。 塩味は少し少な目でした。 おつまみ用に、塩気を抑えているようですね。 ご飯のおかず目的なら、醤油があったほうが美味しくいただけます。 表面だけですが、骨を取るのがちょっと面倒。 第2位!セブン『ふっくら香ばしく焼いた|子持ち焼ししゃも』• 価格(税込み):198円• カロリー:118kcal 魚系はカロリーが低いので、体重の気になる酒飲みにはサイコーです。 ししゃもはお腹がぷっくり膨らんでおり、プチプチの卵がギッシリ詰まっていました。 卵は甘く、頭は苦いので、バランスが絶妙です! チルドなので乾燥しているところはなく、尻尾までしっとり柔らかでした。 5匹入っているのでマヨネーズや一味でアクセントをつけると、より美味しく食べることができます。 第1位!ローソン『柔らかく炊き上げ、しっかり染み込んだ|赤魚の煮付』• 価格(税込み):298円• カロリー:127kcal ずっしりと重みのあるパック。 開封すると、醤油ベースの甘めの良い匂いが食欲をそそります。 砂糖とみりんでツヤと甘みを出していますが、ショウガが入っているので味はしまっています。 魚の身はホロリとしており、とろみをつけたタレに絡ませば絶品! 骨もなく、皮まで柔らかいので子供でも美味しく食べることができます。 酒の肴用のためか、味は薄味です。 価格(税込み):130円• カロリー:84kcal ファミマのお母さん食堂シリーズです。 残念ながら、ファミマはセブンほど海鮮系のおつまみが多くはありませんでした。 こちらは手を汚さずに食べられるのがいいですね。 カニカマは肉厚で、食べ応えがあります。 中央に博多明太マヨが入っていますが、それほど辛くはありませんでした。 価格(税込み):298円• カロリー:106kcal 蓋を開けるとイカの良い匂いがしてきます。 レンジで温めるとさらに美味しいです。 柔らかすぎず、歯ごたえがしっかりとしたイカ。 七味唐辛子はけっこう効いており、口の中にピリ辛の風味が広がります。 価格(税込み):397円• カロリー:50kcal 値段は高いですが、カロリーが低いのが魅力的です。 醤油とわさび付きの、食べきりパック! そのまま器になっているので、洗い物もありません。 価格(税込み):300円• カロリー:130kcal イカは腹の部分がぷりぷりで、とても柔らかいです。 逆にゲソの部分はコリコリとした食感。 バランスよく入っているので、両方を楽しむことができます。 嬉しいのがマヨネーズと七味が付いている点です。 マヨネーズは定番ですが、七味までこだわってくれるのはさすがですね。 わざわざ調味料を用意する必要がないので、面倒くさがりやさんにピッタリ! ホットスナックのお惣菜であったか家飲み! コンビニは、ホットスナックも進化しています。 第4位!セブン『新ななチキ』• 価格(税込み):198円• カロリー:201kcal ファミチキの競合商品のななチキです。 表面はカリカリ、中はしっとり、ブラックペッパーのアクセントが程よい美味しさ。 一緒に買ったおにぎりのおかずにするのもありですね。 ただ、ジューシーさはファミチキに軍配が上がります。 第3位!セブン『ほくじゃが牛肉コロッケ』• 価格(税込み):90円• カロリー:246kcal 安くてボリュームのある『ほくじゃが牛肉コロッケ』です。 外はさっくり、中はホクホク。 甘みのあるジャガイモです。 価格(税込み):216円• カロリー:221kcal ローソンといえば『からあげクン』ですね! 自立する容器に、楊枝付き。 一口サイズ唐揚げでとにかく食べやすさを追求しています。 国産チキンを使用しており、味のバリエーションも豊富です! 第1位!ローソン『でか焼鳥もも|塩&タレ』• 価格(税込み):127円• カロリー:125kcal ホットスナックでひと際目を引くのが『でか焼鳥』です。 そのネーミングの通り、一般的な焼鳥の倍はあります。 タレも塩もやわらかい鶏肉で、しっとりジューシーでした。 ご飯の代わりにもなるくらいのボリュームで、酒の肴にするには2本もあれば大満足です! 単品勝負!酒に欠かせないにコンビニおつまみ ココからは、お酒に定番のおつまみを紹介していきます。 セブン『枝豆|藻塩使用』• 価格(税込み):170円• カロリー:99kcal 価格・カロリーともに低いのがセブンの枝豆です。 三角のパッケージも印象的ですね。 袋を切ると、そのまま皿の代わりになるので非常に便利です。 中身はけっこう入っており、ボリューム満点! 水で戻す手間も不要、塩気が流れてしまうこともありません。 酒には定番の枝豆です。 ファミマ『お母さん食堂|鶏の黒胡椒焼き』• 価格(税込み):298円• カロリー:204kcal 袋のままレンジでチンできて、開封すればそのまま皿になるのでとても便利です。 鶏肉はやわらかくて、とてもジューシー! 黒胡椒の風味はありますが、それほど辛くはありませんでした。 軽いアクセントくらいです。 価格(税込み):409円• カロリー:249kcal 3種類のおつまみがセットになったバラエティパックです。 チーズとサラミなので、ワインや洋酒によく合います。 粗挽きサラミ• カマンベールチーズ鱈• スライスサラミ サラミにはデンマークポークを使用し、肉と相性の良いサラミスパイスでじっくり低温で寝かせています。 チーズは濃厚なチェダーチーズと、風味豊かなカマンベールチーズをブレンド。 価格(税込み):248円• カロリー:127kcal キュウリ、ニンジン、大根、キャベツの生野菜が入ったスティックセットです。 野菜がみずみずしく、パリッとしていました! 味噌マヨには唐辛子とゴマがブレンドされており、いいアクセントになっています。 価格(税込み):399円• カロリー:198kcal 保存料、合成着色料不使用で、ローソンらしい健康志向の商品です。 価格は約400円なので、チョットお高め。 しかし、しらたき、豚肉、ニンジン、焼き豆腐、玉ねぎ、ゴボウなど、贅沢なほどの具材が入っています。 深酒をした次の日に気になるのが『お酒の臭い』です。 電車の中、オフィスの隣など、あの独特の嫌なにおいを発していると、周りの方から避けられてしまいます。 相手が女性の場合、注意するのも難しいものです。 そうならないために、酒臭さの原因と臭いの除去方法を知っておきましょう! コンビニおつまみセレクト|宅飲みの実例! ココからは、実際にどのような組み合わせが良いかを紹介していきます。 セブンイレブン|815円 枝豆、ししゃも、イカをセレクトしてみました。 夕食としてのボリュームが欲しかったので、枝豆をチョイス。 ししゃもといかで、魚介系を攻めてみました。 この後運転があるので、残念ながらノンアルコールビールです。 総額:815円• ファミマ|887円 肉とチーズ、魚介をセレクトして、リンゴのスパークリングワインを合わせてみました。 スパークリングワインが200mLしか入っていないので、ちょっとボリューム感に欠けます。 総額:887円• 総カロリー:534kcal 家にロールパンがあったので、軽くトーストしてサラミとチーズを挟んでボリュームをカバーしました。 ローソン|1,233円 男梅サワーを中心に和食で揃えてみました。 チュウハイは量があるので、つまみ4品はちょっと多かったです。 総額:1. 233円• でか焼鳥のボリュームがかなりあって満足です。 総額:1. 001円• 総カロリー:726kcal やはり、おつまみは3品くらいで、あとは家の残り物で調整するのがちょうどいいですね。 その缶ビール、宅飲みだとすぐにぬるくなりませんか? 居酒屋だとグラスをキンキンに冷やした生ビールが出てきます。 ちょっと時間が経ったくらいじゃぬるくなりません。 しかし、宅飲みの缶ビールはどうしてもすぐにぬるくなってしまいます。 これじゃ、せっかくの宅飲みが台無しです。 本当にぬるくならないのか、実際に試してみました!.

次の

セブンイレブンおつまみおすすめ人気11選!家飲みにもピッタリの最強ビールのお供を厳選紹介

コンビニ おつまみ おすすめ

種類豊富なコンビニおつまみ、管理栄養士の視点で選ぶなら? その日に飲む分だけのお酒、食べる分だけのおつまみが買えるコンビニは、健康的な家飲みライフのツールとして役立ちます。 仕事帰りに飲みたいと思っても一人でお店に入るのはちょっと…と気後れする時も、自宅でゆっくりテレビを見ながら晩酌したい時も、コンビニは非常に便利ですね。 今はお惣菜から乾き物まで取り扱う商品の種類もバラエティ豊か。 その日の気分でおつまみやお酒を選ぶのも楽しいひとときですが、今回は健康維持を考えて気になる症状別にどんなおつまみを選んだらよいか管理栄養士の視点からアドバイスさせていただきます。 ふだんから糖質摂取量の多い方は中性脂肪が心配です。 動物性食品を好む方はLDL-コレステロールが、夜遅くまで飲酒している方は空腹時血糖値が高まる心配があり、味の濃いものを好む方は塩分の摂り過ぎにより血圧が高まる可能性があります。 また飲酒量が多い方は脂肪肝、カルシウム不足の懸念もあります。 では順番におつまみの選び方についてご紹介していきましょう。 「中性脂肪が高い方」におすすめのコンビニおつまみ おすすめ食品 シメ鯖、サバ缶など青魚を使ったおつまみは、中性脂肪を下げる作用をもつ良質な油であるEPA(エイコサペンタエンサン)を摂ることができるのでおすすめです。 食べ方アドバイス 中性脂肪高値は、糖質の摂りすぎが原因の一つにあります。 ポテトサラダ、チャーハンなど糖質の高いものを複数選ばないようにしましょう。 「LDL- コレステロールが高い方」におすすめのコンビニおつまみ おすすめ食品 納豆をはじめ大豆製品のおつまみがおすすめです。 大豆由来のたんぱく質や植物ステロールは食事からのコレステロールを外へ排出する働きがあります。 またタウリンが豊富な貝類、ほたて、アカニシ貝、ツブ貝、スルメなどもコレステロールを外へ排出する作用があるのでおすすめです。 食べ方アドバイス トランス脂肪酸や飽和脂肪酸が多い食品は摂りすぎるとLDL-コレステロール値が上がります。 トランス脂肪酸はお菓子類など加工食品、飽和脂肪酸は、肉の脂、鶏皮、チョコレート、チーズ、ミックスナッツ、肉加工品などに含まれています。 ですが飽和脂肪酸は大事な体の成分にもなりますので、おつまみは、少なすぎず多すぎず、食べ切りサイズ、小袋にとどめ、多い場合は明日の晩に残りの分をまわすなど、食べ過ぎないように気を付けましょう。 「血糖値が高い方」におすすめのコンビニおつまみ おすすめ食品 食物繊維が豊富な野菜、海藻、きのこを使ったもの、モズク、めかぶ、きのこサラダや脂質やたんぱく質が多い料理、肉野菜サラダ、ゴーヤチャンプル、サラダチキンなど主菜、副菜が含まれるようなおつまみを選んでください。 食べ方アドバイス おにぎり、手巻きずし、うどん、サンドイッチ、焼きそば、ポテトサラダ、マカロニサラダなど糖質の高いものは1度に複数食べないようにし、1種類1品程度に留めるのが無難です。 お酒やおつまみの味がわからなくなりはじめたら飲酒終了とするなどダラダラ飲食しないようにしましょう。 ある程度の目安時間を決めるとよいですね。 「血圧が高い方」におすすめのコンビニおつまみ おすすめの食品 カリウム豊富な食品を意識的に摂るのがおすすめです。 カリウムは塩であるナトリウムを外に排出する作用があります。 カリウムが豊富な食品は、生野菜、ヒジキ、切干大根、ノリ、ワカメなどがあります。 食べ方アドバイス いうまでもなく味が濃い料理は控えましょう。 特に調味料の使用量を控えると節塩できます。 商品に付いている調味料は全て使わないようにし、できればレモンあるいはレモン果汁や七味唐辛子、胡椒を使い、塩、しょうゆは、なるべく控えましょう。 「脂肪肝予防」におすすめのコンビニおつまみ おすすめの食品 イノシトールという成分が脂肪肝予防に効果があるという報告があります。 イノシトールは、ビタミンB群の仲間で、豆類、穀類、ナッツ類、おくら、鶏肉、オレンジ、グレープフルーツ、マスクメロンなどに含まれます。 主菜1品、副菜2品の組み合わせで栄養バランスを考えながら、できるだけ多くの食品を摂るよう心がけましょう。 食べ方アドバイス 一番は食べ過ぎ、飲み過ぎがよくありません。 寝る直前まで飲食しないなど食事時間も気を付けないといけません。 「カルシウム不足」におすすめのコンビニおつまみ 国民健康栄養調査によると日本人がどの世代においても不足している栄養素がカルシウムです。 骨粗しょう症の原因の一つに多量飲酒があります。 アルコールは脱水作用があるためカルシウムも外へ排出されやすくなるのです。 カルシウムを積極的に摂りながらお酒を飲みましょう。 おすすめ食品 カルシウムはビタミンDが豊富な食品と一緒に摂ると吸収が高まります。 丸ごと食べられる小魚、シシャモは、どちらも含まれています。 カルシウムは牛乳・乳製品、ビタミンDは、魚、きのこ、卵に豊富です。 食べ方アドバイス カルシウムは夕方から夜にかけて吸収が高くなります。 お酒を飲む前にチーズ、飲酒中にししゃも、飲酒後にヨーグルトなどカルシウムを意識的に摂ることをお勧めします。 **** いかがでしたか。 ご自身の体調を意識しながら摂るべきおつまみを選んで、2020年も健やかな家飲みライフを過ごしましょう。

次の

元コンビニ店員がガチでおすすめ!お酒に合うおつまみ10選!【ファミマ編】

コンビニ おつまみ おすすめ

コンビニの始まりは、1972年にアメリカ、テキサス州の氷販売店の経営者が、利用者に氷以外の商品も取り扱って欲しいという要望に対応し、要望のあった商品も取り扱うようになったことが、コンビニの原型と言われています。 この氷販売店が後に名称変更し、セブンイレブンとなります。 日本では、1973年にコンビニ第1号にのちのファミマになる「西友ストアの小型店」が開店します。 続いて1974年に「セブンイレブン」、1975年に「ローソン」と次々に開店されていきました。 日本のコンビニの定義としては、「飲食料品を取り扱う」「売り場面積が30平方メートル以上、250平方メートル未満」「営業時間が1日14時間以上」「セルフサービスの販売店」など細かく定めがあります。 コンビニは駅の近くや、家の近くなど外に出かけると必ず目にします。 コンビニの店舗数はデイリーヤマザキで1293店舗、ミニストップで2002店舗、ローソンで14600店舗、ファミマで16556店舗、セブンイレブンで20876店舗(2020年1月30日現在)ほどの店舗が日本に展開されているそうです。 また、小さなコンビニも合わせると、日本には60000店舗に上る程のコンビニが展開されています。 コンビニは24時間開いている場所が多く、夜遅くても利用できるコンビニが多くあります。 コンビニは、仕事帰りに家でちょっと飲みたい気分の時や、居酒屋で飲んで2次会で宅飲みすることになった時など気軽に買いに行くことができます。 そんなコンビニで、お酒と一緒にお酒のお供であるおつまみを買う方は多くいらっしゃるのではないのでしょうか。 コンビニのおつまみを多くの方が購入するのには、それだけの魅力があるのです。 コンビニのおつまみをご紹介する前に、その魅力をまず、ご紹介します。

次の