37 度 が 続く。 ストレスによる高体温とは|ストレスと高体温|体温と生活リズム|テルモ体温研究所

36.9度~37.1度くらいの間の微熱が毎日続き体重が減少

37 度 が 続く

新型コロナウイルス感染者の身にいったい何が? 新型コロナウイルスの感染症による重症者は全国で51人、死者は8人にのぼっている(2月27日午後2時時点)。 患者の身にいったい何が起きているのだろうか? 「直撃LIVEグッディ!」では、実際に日本人の感染者を診察した医師を独自に取材した! 新型コロナウイルスに感染した北海道七飯町の60代男性町議を診察したA医師。 新型コロナウイルスには2つの大きな特徴がある。 その時点では 喉の軽い違和感と、それから 微熱。 微熱と言っても37度ちょうどくらいですね。 せきとたんが、その時点では全くなかった。 その症状を3日前から自覚されていて、それが何日か続いているということで、7日にいらしたということです。 通常の風邪よりも炎症反応が強かったというのがちょっと気になりましたので、一応 抗生物質と炎症を抑える薬を5日分お出しした。 それで結果を見ましょうと。 症状が出てから数日経過していたが、A医師は軽い風邪と診断。 薬を処方した。 しかし最初の診断から6日後の2月13日に患者が再び来院。 体調は改善するどころか体温が38度に上昇し、さらに せきとたんが少し出てきていると訴えたという。 A医師: 炎症反応を調べるための血液検査をやったんですけど、 ほとんど改善されていないという状況がありましたし、せきとたんが出てきていた状況でしたので、肺炎・気管支炎の合併を疑い胸部のレントゲン写真を撮りました。 A医師: 両方の肺に、肺炎と思われる影があった。 あまり両側の肺炎というのはなくて、例えばすごく免疫が低下しているとか、重症の肝臓や腎臓の病気があって抵抗力がないような方には、両方の肺炎を起こすこともあります。 けれど、その方は67歳ですし、その時点でも ふつうにお元気で。 呼吸苦とかもないですし、まさか影があるという印象では全くなかったですね。 そこでそういう影があったので、ふつうの肺炎、ふつうの病気ではないのかなと感じた。 グッディ!は、2度目の診察の前日にあたる2月12日に感染者と会議で一緒になったという知人に話をきくことができたが…「特別、具合が悪そうな感じはなかった」という。 感染が拡大する愛知県で感染者を診察したというB医師も、診断の難しさについて語っている。 B医師: 病院を訪れた 最初の日、 軽い風邪のようだということで風邪薬を出しました。 次に訪れた日は、 せきがひどく熱も出てきて、軽い肺炎という診断をしました。 新型コロナウイルス感染症の判断は難しいと思います。 B医師によると、2月8日に初めて患者を診察し、その4日後に電話で症状の確認をすると「熱は下がったけどせきは出る」という返事だったという。 B医師は新型コロナウイルス感染を疑い、保健所へ相談することを勧め、その後感染が確認された。 さらにグッディ!では、中国・武漢市で多くの患者を診察し、自身も新型コロナウイルスに感染し克服した余昌平医師にも話を聞いた。 余昌平医師: (自分は) 発症当時は発熱だけでした。 それに体温もそこまで高くありませんでした。 熱が出ただけで、 せきはありませんでした。 鼻水も出ていませんでしたし、 くしゃみなどもありませんでした。 2日間はコロナウイルスだとは気づきませんでした。 3日目も熱が続いたため検査した結果、新型コロナウイルス陽性、さらに肺炎だと診断されたという。 その後、入院した余医師。 余昌平医師: 入院3日後に、 突然体調が悪くなりました。 呼吸困難にもなりました。 数日、発熱が続くだけだった症状が一転、呼吸困難に陥る事態に…。 その後、 余医師は5日間立ち上がることができず、寝たきりの状態になったという。 なぜ、突然 呼吸困難になったのだろうか? 余昌平医師: 一般的な肺炎は片側だけ炎症することが多いのですが、 新型肺炎は両側が炎症することがほとんど。 片側だけ炎症しても、最終的には両側になります。 このようなレベルまでくると、非常にひどい病状で、 呼吸をするのすら、つらくなってくることでしょう。 余医師によると、 通常の肺炎の多くは片側の炎症のため、もう一つの肺で呼吸ができる。 しかし 新型コロナウイルスの場合、その 炎症が急激に両側に及ぶため、呼吸困難に陥りやすいのだという。 症状のとっかかりを見つけることが重要 新型肺炎の重症化は回避できるのだろうか? グッディ!のスタジオでは昭和大学医学部の二木芳人特任教授に解説してもらった。 大村正樹フィールドキャスター: 二木先生は「初期症状で入院などの処置がとられていれば、重症化のリスクを下げられる可能性はある」としています。 しかしグッディ!が話を伺ったお医者さんは皆さん、初期症状は風邪と同じで、診察で判断するのは難しいという見解を示しています。 安藤優子: まず、何をもってして重症化と言うんでしょうか?私は肺炎になったらとっくに重症じゃないかと思うんですが、どうでしょうか。 昭和大学医学部特任教授・二木芳人氏: 一つの目安として、例えば酸素投与が必要になるようなケース。 これが1つのフェーズです。 さらに酸素を投与しても肺炎の場合なかなか血液中の酸素が上がってこない。 この場合は管を入れて人工呼吸器でしっかり息をしてもらうことになる。 そんな状態になればもう1つフェーズが上がります。 安藤優子: では、基本的には酸素投与などしなければ自力の呼吸が難しい場合に重症と言えるんですね。 昭和大学医学部特任教授・二木芳人氏: しかし、今のお話を聞いていると、一番最初はほとんど風邪と変わらない症状です。 そういう人はいっぱい来るわけですから、その中から「この人だ」と見極めるのは、きわめて難しいでしょう。 田村勇人弁護士: 風邪と同じような症状のタイミングで肺を見ても、炎症は起きてないんでしょうか? 昭和大学医学部特任教授・二木芳人氏: レントゲン、あるいはCT検査があります。 CTは、より細かく肺の中を見れるんですが、最初の段階ではそれで見ても(肺炎の影が)ないケースが多いようです。 安藤優子: ある程度の症状が出てからじゃないと、こういう特徴的な所見は見られないんですね。 昭和大学医学部特任教授・二木芳人氏: そのようです。 疑うのであれば、毎日毎日様子を見て、あるとき肺炎の影が一気に出るというより、はじめは少しずつ出てくる。 そういうとっかかりを見つけて、そこから積極的に治療すれば(重症化を防げる可能性がある)…というところです。 安藤優子: とは言っても「病床が足りないから重症化の人に空けましょう」と言われていますから、それはかなわないわけですよね…。 (「直撃LIVE グッディ!」2月27日放送分より).

次の

子どもの続く微熱の原因は?中学生思春期の特徴は?|hanamaru

37 度 が 続く

今回問題にするのは、コロナウィルス罹患の疑いがある場合に労基法26条の休業手当の支払が必要かという点です。 厚生労働省の回答を見ると、37.5度程度の発熱では出社できるという前時代的な価値観に基づいていると思わざるを得ない箇所があります。 前提として労基法26条は「使用者の責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、休業期間中当該労働者に、その平均賃金の百分の六十以上の手当を支払わなければならない。 」旨を定めています。 つまり、病気などによる欠勤について 「使用者の責めに帰すべき事由」があれば給与60%相当の休業手当の支払が必要。 「使用者の責めに帰すべき事由」がなければ休業手当の支払は不要。 ということになります。 では、37.5度程度の発熱がある場合についてはどう考えるべきでしょうか。 この点、厚生労働省は 「例えば熱が37. 5度以上あることなど一定の症状があることのみをもって一律に労働者に休んでいただく措置をとる場合のように、使用者の自主的な判断で休業させる場合は、一般的には「使用者の責に帰すべき事由による休業」に当てはまり、休業手当を支払う必要があります。 」(「3」、「問4」) としています。 しかし、本稿執筆時点の状況下において「37.5度以上の発熱が4日以上続く」ことが新型コロナウィルスの相談目安とされている中で37.5度の発熱があるというのは感染発症初日である可能性があります。 その状況下においては単に使用者の自主的判断で休むレベルの話なのでしょうか。 仮に、37.5度の発熱が使用者の自主的判断レベルであるとすれば、それは自主的判断が無ければ「出勤せよ」ということを意味します。 この社会情勢でこれは正しい判断と言えるでしょうか。 そもそも、37.5度の発熱というのは使用者の自主的判断がなければ出社せよというレベルの話なのでしょうか? 平熱がそもそも低い人にとっては、37.5度は相当高熱の場合もあり、労務提供がそもそも不能といえる場合の方が多くみられます。 労務提供が不能な場合は「使用者の責」がある場合とは解されません。 そして根本は、労務提供が不能か否かの判断として、ベットの上から起き上がれないレベルの話を言うのか、通常時のパフォーマンスと比べて発熱により明らかに劣る場合も該当するのか、ということです。 37.5度の発熱があっても【気合と根性】があればパフォーマンスが変わらないということを前提に考えているとすれば、あまりにも現代と価値観がかけ離れています。 法解釈の前提となる「社会通念」をアップデートすべきでしょう。 昭和の時代であれば「そのような微熱で何を甘えたことを」となるのでしょう。 しかし、現在の新型コロナウィルス不安が蔓延する社会情勢における社会通念としては、37.5度の発熱は出社をすべきでないというのが大半の認識(=労務提供不能)ではないでしょうか。 また、周囲への感染可能性を考えれば、新型コロナだろうが、インフルエンザだろうが、風邪だろうが、出社することにより周囲の労働者へ感染する可能性は変わりません。 そのような場合は「使用者の責」任がある休業なのでしょうか。 もちろん、法的な休業手当が支給されないケースでも、労働者保護を図ることは必要です。 そのために健保組合による傷病手当金制度や就業規則の福利厚生的支給があるのです。 今回のような特殊なケースでは、特別の手当を考えるべき場面もあるでしょう。 人事として、労働者保護は考えなければなりません。 だからといって、休業手当の法的解釈は別の話です。 「とりあえず労働者に休業手当がでるようにしておけば良い」ではないのです。 以上から、厚生労働所省の上記QAは、休業手当の支給を促進したいが故に、却って「37.5度の熱程度では出社すべし」という昭和時代の価値観を推しているように読めるため、筆者としては大反対です。 一方、法的な議論は別として、実務的に休業手当が必要な線引きをどうするかは企業内の労使で検討すべきですが、基本的には37.5度というのが一つのラインにはなるでしょう。 念のため繰り返しますが、法的に休業手当の支払が要らないからと言って、企業として何もする必要がないという意味ではありません。 まず、4日以上の欠勤となる場合は傷病手当金の支給があり得ますので、そちらの手続案内も行うべきでしょう。 また、労基法上の休業手当が支払われない場合でも、これに準じて本年限りの特別休業手当(6割や健保との差額支給)を検討したり、就業規則上の(法律以上の)休業手当支給の検討、有給休暇の利用、時効に係って失効した有給の特例利用など企業人事が打てる手はあります。 このような非常時は、企業人事の労働者に対する向き合い方が問われる時です。 法律上の義務に拘泥するのではなく、何が必要かを真摯に検討すべきことは当然です。 ですが、厚労省QAにいう、37.5度の記載はその前提となる価値観が危ういので筆を執りました。

次の

なぜ?インフルエンザで微熱が続く原因|いつ下がる?高熱後のケースも

37 度 が 続く

生理前の基礎体温、37度が続く!妊娠の可能性は?妊娠以外の原因は何? 2019年6月3日 こそだてハック 「もしかして妊娠?」と気づく兆候はいろいろありますが、基礎体温の高温期が続くこともその1つ。 基礎体温がいつもよりも高く、37度を超えた場合、妊娠しているのが原因なのか、それともほかに原因があるからなのか判断がつかず、不安に思う人もいるかもしれませんね。 今回は、基礎体温が37度を超えたとき、妊娠だと考えてよいのか、それとも別の原因が考えられるのかどうか、気になる疑問についてご説明します。 基礎体温が37度を超えた!これって妊娠? 上のグラフは、正常に排卵や生理が起きている場合の基礎体温を示したものです。 通常、「低温期」を経て排卵が起こり、黄体ホルモンが分泌されることで、生理が来るまで「高温期」が続きます。 このとき、低温期の基礎体温との差は0. 3~0. なかには高温期の体温が37度を超える人もいます。 そのため、「基礎体温が37度を超えた」というだけでは妊娠しているとは言い切れません。 関連記事 妊娠していないのに基礎体温が37度を超える理由は? それでは、基礎体温が37度以上になる原因として、妊娠以外に何が考えられるでしょうか? 生理前の高温期 先述のとおり、排卵~生理開始までの間は、基礎体温が高い高温期が続きますが、基礎体温が高い人の場合、たとえ妊娠していなくても高温期に体温が37度以上になる可能性があります。 体温を高く保って子宮内を妊娠しやすい環境に整えようとしていると考えられます。 受精しない、受精卵が着床しないなどの理由で妊娠が成立しなかった場合は、黄体ホルモンの分泌量は次第に減っていき、基礎体温も下がっていきます。 関連記事 熱中症による微熱 微熱だけでなく、めまいや立ちくらみ、吐き気などを伴う場合、熱中症を起こしている可能性もあります。 基礎体温が37度を超えたとき、妊娠かどうか判断するには? 基礎体温が37度を超える原因が、妊娠なのかそうでないのかを判断する基準は、主に以下の3つです。 高温期が17日以上続くかどうか 高温期は、排卵してから10日以上続くのが正常です。 その後、妊娠が成立しなかった場合、再び生理が始まり、基礎体温は下がっていきます。 しかし、もし妊娠していた場合、生理は来ず、妊娠初期の終わりごろまで基礎体温は高いまま保たれます。 妊娠初期症状があるかどうか 妊娠初期症状があるかどうかも判断の基準になります。 「何も食べていないのに吐き気がする」「おりものの状態や色が変化する」「味覚や嗅覚が変わる」といった症状が見られる場合、妊娠初期症状の可能性もありますよ。 ただし妊娠初期症状には個人差があり、「頭痛や腹痛がする」「胸が張る」といった月経前症候群(PMS)との違いがわかりづらい症状もあるため、症状だけで一喜一憂しすぎないようにしてくださいね。

次の