ケノン ヒゲ 痛 さ。 ケノン 痛さ│ケノンで脱毛すると痛みはどれくらい?「例えるなら」│VIMENS

ケノンで髭|ヒゲの照射は毎日する必要ある?毎日使う方が効果ある?│VIMENS

ケノン ヒゲ 痛 さ

毎朝の髭剃りにうんざりしている方も多いかと思います。 私もその1人です。 さらに悪いことに私はとても敏感肌なので、毎日ヒゲを剃ると、3〜4日目にはヒリヒリした痛みが止まらなくなり、赤く炎症も起こしてしまいます。 見た目的にもはよろしくないので、なんとかせねばと家庭用脱毛器「ケノン」を購入して3ヶ月間実際に試してみました。 ちなみに私のヒゲは超剛毛です。 あらかじめ言っておきますが、ネット検索でよく出てくる、 「ケノンをヒゲに使ったら2〜3日でスルッと全部抜けました〜 嬉 」 なんて結果には当然なりませんでした。 が、一定の効果はありました! 超剛毛なヒゲをなんとかしたい方、ぜひ必見です!! 剛毛なヒゲにノーマルカートリッジは無力 ケノンを購入して早速使ってみました。 最初は付属のノーマルカートリッジで。 本体でも強さをLv1〜10に調節できるので、ビビリな私は最初はLv1で。 笑 「バチッ」 全然痛くない 笑 何度やっても全く痛みも感じない。 長年の髭剃りにより私のヒゲ周辺の皮膚はこんなにも逞しくなっていたのか… 思い切ってLv10まで上げてトライ。 自分で押すボタンの手が震える。 「バチッ」 痛くない 笑 まぁ何も感じないわけではないが、「痛み」とは程遠い。 つまようじで押された位の感覚。 色々ネット検索をして体験談を見ると、やはり剛毛なヒゲに付属のノーマルタイプのカートリッジは効果が薄いらしい。 ストロングカートリッジで剛毛なヒゲに挑む ストロングカートリッジは購入先サイトにレビューを投稿すると無料でプレゼントしてもらえる特典があったため、早速適当にレビューを書いて、数日後、ストロングカートリッジが届き、実践してみた。 またしても恐る恐るLv1から 笑 「バチッ」 おっ! ちょっと痛い! 少なくともノーマルカートリッジのLv10より痛みがある!これは期待できる!! いざ勝負!と言わんばかりに最大値Lv10に設定を合わす。 カートリッジ、Lv設定共に、これが今のケノンが出せる最高のパフォーマンス。 ロシアンルーレットの引き金を引くような覚悟で、ケノンのボタンを押した。 「ババチッッ!!!」 痛ぇ。 かなり痛ぇ。 でも効いてる気がする! アイシングをしながら照射すると痛みが和らぐとネットで見たため、アイシング、バチッ!、アイシング、バチッ!を繰り返す。 アイシングしながらだとそんなに痛みも気にならない。 輪ゴムでピシッと打たれているような感覚。 それでヒゲ全体で10分程度で終わるし、やっぱりケノンは使い勝手が良いなぁと実感。

次の

【痛い!】家庭用脱毛器でヒゲをセルフ→濃い剛毛ならまた生える?トリアVSケノン

ケノン ヒゲ 痛 さ

効果はありますが、部位にもよります。 私は男ですが、やった部分を上げると、足全体・腕全体・眉・腹・ひげです。 脇と陰部周りはやってません。 足や腕は脱毛したいとは思っていなくて、面白半分で試しにやっただけなのですが、明らかに生えるのが遅くなったのを実感しました。 ただ一回しかやってないので今はもう元に戻ってます。 継続的やるとにかなり薄くなると思います。 眉は太すぎて青くなるのが嫌だったので、眉の上部を日をわけて数回照射したら、細めることができました。 青みもなくなったので満足です。 ただ目の周りは危険なのでやるなら自己責任です。 眉は今でも元に戻らないようにやってます。 腹はよくわかりません。 というのもいちいち腹をだして照射するのが面倒くさいので継続的にやってないからわからないだけです。 いわゆるギャランドゥといった濃い毛はなくなりにくいですが、体中の産毛のようなものはわからないくらい薄くなります。 次にヒゲですが、これはまちまちといったところです。 私の一番の目的がヒゲだったのですが、照射のレベルを一番上まで上げると、濃いせいでかなり痛いです。 輪ゴムでパチンとやったような痛さで、あまりの痛さに笑ってしまうほどです。 ただこれも冷やせばかなり痛みを抑えられるのですが、腹を出すのが面倒な私には冷やす動作も相当面倒で長続きしませんでした笑。 レベル下げろとは言わないでください 効果なのですが、鼻と口の間のヒゲは綺麗さっぱりなくなりました もともとそんなに濃くなかった。 ですが顎周辺は少しなくなりますが、ほとんど変わりません。 続かないからかもしれませんが。 あとやってませんが陰部周りと脇の脱毛は少し時間がかかると思います。 見た目が明らかに腕や足より濃いので痛いだろうし、大変でしょう。 ただ薄いひとのレビューでは完全になくなっているのもありました 脇だけ。 あと照射するうえで少し面倒なことがあります。 それは毛が焦げた匂いが部屋に充満する・体に匂いがつくことです。 照射後の換気は必須で、照射後は必ずシャワーを浴びたほうがいいです。 照射後敏感になっている肌にシャワーなど当てていいのかそこらへんはわかりませんが、臭くなるので仕方ありません。 匂いがしなければ楽なのになーと思いました。 最初にも言いましたが私は男です。 身の回りの人たちを見る限り毛は濃いほうだと思います。 超薄い男の人を1として頬まで全体的にヒゲが濃い人を10とするなら私は7当たりかな。 質問者さんが女性ならだいぶ効果はあっていいものだと思います。

次の

ケノンで男性のヒゲ脱毛ができない2つの理由!効果がないって本当?

ケノン ヒゲ 痛 さ

同じ部分に何度も照射する「重ね打ち」 ケノンは公式には同じ場所に照射せず、できるだけ重ならないようにズラして照射するように説明書に記載していますが、ヒゲ脱毛に関しては正しいとは言えません。 ケノンでヒゲ脱毛の効果を最大限得るには同じ箇所に何回も照射する「重ね打ち」が必須となります。 1回の照射だけではまずヒゲが自然と抜け落ちていく状態にはほぼならないでしょう。 重ね打ちする理由 重ね打ちする理由は、ケノンが一般的な医療レーザー脱毛器具と比べて照射レベルが低いからです。 そのため1回の照射でヒゲの毛根に十分なダメージを与えることができないのです。 ではどうするか、というと1箇所に3発以上打ち込みます。 これを重ね打ちと言います。 例えば医療レーザー脱毛が10の威力があり一発で毛根を死滅させられるとしてケノンは1程度。 ですからケノンは10倍打ち込まないと医療レーザー脱毛の1回分の照射のダメージを毛根に与えられないということです。 何度も重ね打ちをして、毛根へ少しずつダメージを蓄積させていき、最終的に毛根に大きなダメージを与えることができればヒゲが生えてこなくなり脱毛が実現するというわけです。 自動連射ではなく手動で重ね打ちする ケノンには自動3連射や自動6連射ができる機能がありますが、実はこれ1回分の威力を3回にわけて時間差で打ち込みます。 正直ケノンの1発の照射威力ではヒゲにように太く濃く毛根が奥に埋まっているような毛には効果がかなり出にくいと思っていて、そのため毎日ケノンを使い、毎回重ね打ちするわけです。 ケノンでヒゲ脱毛の効果を高めるには普通に使っていては厳しいです。 少しずつ試行錯誤し、またそれを継続することで永久脱毛に近い状態にしていきましょう。

次の