ヤりたいことが見つからない 診断。 好きなことの見つけ方3つ!ホリエモンから学んだ人生を楽しむコツ!

やりたい仕事が見つからない就活生へ〜適職診断サイト7選〜

ヤりたいことが見つからない 診断

アナタだけじゃない!好きなことがわからない人は多い? 焦っても、好きなこと、やりたいことは見つからない まず最初に、好きなことがわからない、やりたいことがわからないという状況を恥ずかしいと思っていたり、残念だと思っていたりしていませんか? たしかに、使命感をもって生き生きと働いていたり、好きなことに夢中になっている人を見ると 「素敵だな」 「こんなふうになりたいな」 そう思うかもしれません。 そんなときに、慌てて自分の好きなことを探したり、もっともらしい趣味を見つけようとしても意味がありません。 まずは、 好きなことが今、見つからない自分を責めたりせず、 そのまま受け入れること が何より大切です。 そんな自分にがっかりしたり、自分を責めたりするのは逆効果。 好きなことが見つからない、やりたいことがわからない自分もオッケー。 一旦今は、それでよし。 人は肩に力が入っているときは、思考が凝り固まってしまったり、大切なことを見逃してしまったりしがち。 力がふっと抜けた時に、直感のメッセージを受け取りやすくなるのです。 「好きなことを見つけなきゃ!」 から、 「見つからなくてもいいや」 と、一旦肩の荷を下ろしてみましょう。 まずは、そこから始めてみませんか。 好きなことがわからない心理、原因は何? 好きなことがわからないとは、どのような心理状態なのでしょうか。 個人セッションに来てくださるお客様の中にも、好きなことがわからない、やりたいことが見つからない、という方が時々いらっしゃいます。 そして何を隠そう、私自身も以前はそのタイプだったのです。 何が好きなのか、何に夢中になれるのかすらもわからない・・ イキイキして、使命に燃えている人たちが羨ましい・・ そんな風に思っていました。 好きなことがわからないというのは、どんな状態なのかを考えて見ましょう。 好きなこと・やりたいこと迷子の4つの原因 好きなこと、やりたいことがわからなくなってしまっている状態には、以下のことが考えられます。 ・疲労が溜まっている、抑うつ傾向にある場合 ・思考パターンや思い込みが原因の場合 ・「好き」の捉え方が限定的になっている場合 ・考えてばかりで 感じていない場合 ・疲労が溜まっている、抑うつ傾向にある場合 人は、疲れが溜まりすぎると通常なら楽しめることも楽しめなくなってきます。 特に、以前は好きなことがあったのに、急に何にも興味をもてなくなったり、大好きだったはずのことをする元気もなくなってしまった、などの場合は 要注意。 うつ状態のサインかもしれません。 その場合は、 とにかく無理せず休むこと。 疲れがとれると活力が湧いてきますから、焦らないことです。 休んでいるのに慢性的にしんどかったり、やる気が出ない場合は鬱を疑い、診療やカウンセリングを受けることも必要かもしれません。 ・ 思考パターンや思い込みが原因の場合 幼い頃からの思考パターンや 「世の中はこういうものである」 という思い込みは、大人になってからの様々な問題に大きく関わってきます。 小さい頃に親や先生に言われたことが無意識レベルで今の自分の足かせになっていることは少なくないのです。 「こうしたい」よりも、「こうすべき」を優先していると、 人に求められていることに関しては敏感なのに、自分が求めていることには鈍感になってしまいます。 ・ 「好き」の捉え方が限定的になっている場合 アナタは「好き」「これをやりたい!」という感情は、どんなものだと思っているでしょうか? ・心がときめいて、舞い上がるような気持ち? ・これだ!、ビビビ!と電流が走るような気がする? ・「めっちゃ大好きー!」と叫びたい? 実は、この「好き」「やりたい」という感情や表現方法って人によって差があるのです。 ある人は、 「 もう、好きで好きでたまらないのよ!これが天職なの!!!!」 と声高らかに言うでしょう。 またある人は、 静かに表情は変えずとも、心の内側で情熱を燃やしている場合もあるのです。 気がついたらそれに夢中になって時間を忘れていた そんなことが、もしかしたらアナタの「好き」なのかもしれないのです。 理屈で考えすぎている場合・・考えるな!感じろ! 「好きなもの」は、案外、理由なんてないことが多いのです。 なんの役にも立たないけれど、ついつい好きでやってしまうこと。 他の人にはわからないかもしれないけれど、自分はテンションが上がること。 考えるよりも、 「快」・「不快」を感じるセンサーを、研ぎ澄ませることが大切です。 立派な夢しか認めない!症候群?! 「やりたいこと」というと、「かっこいい人生の使命」とか、職業としての目標とか、そういうものだと思っている人がいます。 違うのです。 初めから大きな夢や壮大な使命を見つけようとせず、自分の心が動く、好きなもの、やりたいことを小さなことからキャッチしていくことから始めてみましょう。 では、具体的に、どんなことをしていったらいいのでしょう? 好きなことがわからないときの対処法はコレ! 錆びついてしまっている「好き」や「やりたい」がわかる自分の羅針盤。 その羅針盤に油をさして、正常に動くように戻してしていく方法をいくつかご紹介します。 ピンときたものを意識してみてくださいね。 日常の小さな「好き」「したい」を見つける 普段何気なく、時間が来たら、選択できる範囲の中から食べるものを選ぶ。 のではなく 「あれ食べたい」「これ食べたい」 「あそこにいきたい」「あの人に会いたい」 「あの曲が聴きたい」「この香り、好きだな」 日常の小さな、好き、やしたい、を見つけてみましょう。 そして、 できることから採用して行ってあげましょう。 「好き」がわからないなら「嫌い」を見つけてみる 「好き」がわからない人の中でも「嫌い」ならわかることが多いです。 これだけは嫌、こういうのが苦手、これをしたくない! 嫌いを見つけて、言語化してみましょう。 そして、嫌いなこと、したくないことをできるだけ排除していくのです。 嫌いなこと、やりたくないことを思い切って一つずつやめてみることで、好きなことがわかりやすくなってきます。 快、不快を感じることにOKを出す そもそも、好き、嫌い、がわかりにくくなっている状態の人の中には、深層心理で、 「不快」を感じてはいけない と思い込んでいる人も少なくありません。 どんな感情を感じてもいい と自分に許可していくことがとても大切です。 考えてもわからないときは、目の前にあることをとにかくやってみる 「好きなことがわからないんです・・」 と、嘆いている人の中には、 一発で、大きな使命やライフワークに行き着こうとしている人が多い印象があります。 自分の使命や、やりたいことをやってイキイキとしている人は皆、目の前のこと、興味があることを見つけたら、 まずは「やってみた」人たちなのです。 この地球は行動の星。 行動した先に、道は繋がっていきます。 違ったらやめればいいのです。 「これは違う」とわかるだけでも、一つの成果です。 まずは、目の前の一歩を踏み出してみましょう。 高校生とアラサー・40代に多い悩み・好きなことがわからない 好きなことがわからない、やりたいことがわからない、何がしたいのかわからない・・ もちろんどの年代でも悩んでいる人もいますが、この悩みを多く持ちがちなのは、高校生と、30、40代だそうです。 高校生は、これからの進路に悩む時。 そして、30・40代は、人生でふと立ち止まるような出来事が起きがちな時。 私は本当はどうしたいのか? この先も今のまま生きていくのか? もっと本当の自分を生きたい!! そんな思いがふつふつと湧き上がって来るのもこの頃なのです。 こんな時こそ、焦らずに自分に向き合い、自分自身のソウルと深く繋がっていく大チャンスです。 好きなことがわからないときどうする? 占い?性格分析?本? 好きなことがわからない時、自分を深く知りたい時、 自分で自分に向き合う方法はここまで書いてきましたが、 より深く、客観的に自分を知る方法もいくつかあります。 ・周りの人に自分の長所を聞いてみる ・コーチングやカウンセリングを受けてみる ・占い師に占ってもらう ・自分の魂の望みを読み解いていく 色々な方法がある中で、オススメするのは数秘術のナンバーを読み解いていくことです。 特に「魂の望み」「理由なき欲求」を表す、ソウルナンバーや「才能」をあらわすライフパスナンバー、「使命」を表すディスティニーナンバー、で構成される、「内なる自分」のナンバーには、大きなヒントが隠されています! 好きなことがわからない時こそ数秘術が役に立つ! 持ってうまれたギフトがわかる!! 私たちは皆、「どんな個性を持って、どんな人生を送りたいかを自分で決めて生まれてくる」のです。 そしてそれを、数字の暗号として生年月日と名前に刻んできます。 その暗号を読み解いて行くのが、 数秘術(ヌメロロジー)です。 数秘術の暗号を読み解いていけば、自分がどんなギフトをもって生まれてきたのか知ることができます。 生年月日で個性・才能・接し方までわかる「数秘術」はただの占いではない?! 数秘術は、生年月日から算出する数字によって、その人の個性・特性・使命・社会的役割などを読み解いて行く、占術です。 かなり古い歴史があるもので、現在日本でもたくさんの占いやカウンセリングなどにも用いられており、ある意味 「統計学」だとも言われています。 実際に数秘術で自分のナンバーを知ることで、新しい視点で自分が持って生まれた個性、才能に気づくことができるのです!! では、数秘術とは、どんなものなのでしょうか? 数秘術って何?生年月日からわかる?占い?統計学?どうして当たる? 数秘術(ヌメロロジー)とは「一つ一つの数には意味がある」という考えのもと、古くは古代ギリシャの時代から伝わる占術です。 現代の日本に伝わっている数秘術は、生年月日と生まれた時の名前から算出するタイプと、生年月日だけで算出するタイプ、大きく分けると2種類の流派の数秘術があり、それぞれ多くの鑑定士によって使用されています。 生年月日と名前から算出する、主に モダンヌメロロジーと呼ばれるタイプの数秘術は、 アメリカから伝わって来たもので、 8つ以上の意味のある数字を算出することができるのです。 やりたいことのヒントがいっぱい!価値観、使命、無意識の欲求までわかるナンバー ソウルフル数秘術では、生年月日と生まれた時の名前から、以下の8つのことがわかります。 LP(ライフパスナンバー) 基本的な才能・強み・価値観・在り方 D(ディスティニーナンバー) 人生を通してやっていくこと・使命・運命・行動パターン S(ソウルナンバー) 感じていたい気持ち・潜在的な欲求・魂が喜ぶこと P(パーソナルナンバー) 人から見られた印象・オフィシャルな場面での雰囲気 M(マチュリティナンバー) 人生の成熟期に得られる果実の意味・ある時期から付け加えられる資質 B(バースデーナンバー) 意識して使うと、その人の才能や魅力がより発揮される数字 IT(インテンシティナンバー) 意識し、磨くと使うことができる補助的な自分の強み LL(ライフレッスンナンバー) 苦手意識を感じやすいところ、諦めどころ この8つのナンバーは、アナタがこれからどんな方向に向かっていくかの大きなヒントになるのです。 私の才能がわかる!生年月日で出せるLP(ライフパスナンバー) 8つの数字の中でも、もっとも簡単に役立つナンバーは LP(ライフパスナンバー)というナンバーです。 このナンバーは人生を乗りこなしていく「乗り物」という意味や「この人生はこういう存在として生きる背番号」という意味もあるナンバーです。 その人の 思考癖、勝手にできちゃう大きな強み、才能はこのナンバーから読み解けるのです。 計算して今すぐ診断!LP(ライフパスナンバー)の算出方法 LP(ライフパスナンバー)の算出方法は以下の通りです。 1・生年月日を西暦から順番に、1桁ずつ足していく。 2・最後の2桁をさらに足して1桁にする(11・22・33の場合は2桁でストップ) 3・最後の1桁がLP(ライフパスナンバー)です。 例えば・・、 <1978年7月19日生まれの場合> 1+9+7+9+7+1+9=43 更に、一桁になるまで足します。 4+3=7 LP(ライフパスナンバー)は「7」 一桁になるまで足すのですが 11、22、33になった場合は、そこでストップです。 これら11、22、33の二桁の数字は「マスターナンバー」と言って、特別な意味を持つ数字になりますので、2や4や6とは区別します。 例えば、 <1980年2月1日生まれの人の場合> 1+9+8+5+2+4=29 2+9=11 で、 LP(ライフパスナンバー)「11」となります。 使命がわかるナンバーもあるんです! ソウルフル数秘術の中には、「運命、使命」を表す、ディスティニーナンバーというナンバーがあります。 この使命の数字は、自分がこの人生で何をやっていこうと決めてきたかのヒントをくれる数字です。 何を感じたいのか!?が実は一番大事!!! 才能や使命のナンバーがわかったら、その中にもたくさんのヒントがあります。 実はこの二つの他にも、ソウルフル数秘術のナンバーの中でも特に大切にしているナンバーがあるのです。 「人生で、才能や使命を発揮している時に感じていたい気持ち」 この理由なき魂からの欲求のナンバーがわかると、「好きなことがわからない」人でも、 自分の中のどんな要素を満たしてあげると、自分にエネルギーが湧いて来るかがわかります。 数秘術を生かして、自分のギフトと望みに気づいた体験談 はじめに書きましたが、誰よりも私自身が 「何がしたいかわからない」「やりたいことがわからない」「自分が何を望んでいるのかわからない」時期を過ごしました。 「やるべきこと」「やったほうがいいこと」を中心に人の期待に応えようと生きてきたので、自分の本当の望みや欲求がわからなくなっていたのです。 数秘術で自分の生まれ持ったギフトを知ったとき、私は自分が今まで欠点だと思っていたところが、才能であったことを知りました。 そのことをきっかけに、自分の感性や感覚を無意識に否定していたことにも気がつきました。 数秘術で自分がもってうまれたギフトをしったことは、間違いなく私にとってのターニングポイントになったのです。 まとめ 何がしたいかわからない、やりたいことがわからない時は、まずはその状態である自分を責めなくていい。 焦らなくていいのです。 そんな時こそ、自分の本音に向き合うチャンスで自分と仲直りをするチャンスなのです。 ソウルフル数秘術はそんなあなたを応援しています。 よかったらぜひ自分の「魂の望み」のナンバーからのヒントをもらってみてくださいね。 無料メール講座を受講していただくと、全て無料で自分のもつギフトを出すことができます。 下記からご登録ください。 大学で教育心理学、特別支援教育を学び、小学校と特別支援学校に教師として13年間勤務。 総計300名以上の児童生徒、保護者と関わりを持つ。 教員として「子ども/親に関わる」という経験を数多くしたにも関わらず、我が子の子育てに苦労したことから、NLP心理学や子育てカウンセリングと出会った後、「数秘術(numerology)」との運命的な出会いがあり、数字を紐解く中で今までの悩みの全てが腑に落ちるという衝撃的な体験をする。 数字と人との関わり、数からのメッセージを受け取り、実生活に生かすことについて学びと実践を重ね、2015年「ソウルフルメッセンジャー」として活動開始。 個人セッションは300人以上、東京のみならず大阪、札幌などでもセッションや講座を行い、オンラインセミナーは全国各地、国外からも多数ご参加いただいている。

次の

向いている仕事診断!自分に合う仕事の見つけ方|ハタラクティブ

ヤりたいことが見つからない 診断

やりたい仕事がないのは「当たり前」 「自分のやりたい仕事がわからない」そう悩んでしまうかもしれませんが、実はやりたい仕事がないのは「当たり前」なのです。 世の中のほとんどの人が、やりたい仕事がないと感じています。 参考 「やりたい仕事がわからない人」やりたい仕事ができていない人が世の中の多数派だと言えます。 やったことないのにやりたい仕事なんて分かる訳ない! やりたい仕事がわからないのは当然のことです。 なぜならやったことがない仕事をやりたいかどうかなんて判断できないからです。 新卒就活では「何がやりたいか」「どんな仕事をうちでしたいのか」とよく聞かれます。 しかし実際の業務もわからず、やったこともないのに、やりたい仕事なんて想像の範囲でしか答えようがありません。 面接ではそれらしい答えを用意しておかなければなりませんが、実際にはやりたい仕事がわからないのは仕方がないことなのです。 やりたい仕事をしている人は実は少ない やりたい仕事をしている人は決して多くありません。 「天職」という言葉があるが、働くことに生きがいと自己実現を求めることについて、あなたはどう感じるだろうか? 今回はマイナビニュース会員のうち男女495名に、今就いている仕事は好きなことかどうか聞いてみた。 今、好きなことを仕事にしていますか? はい 39. つまり「仕事が好きだから」という理由以外で働いている人が、実はあなた以外にもたくさんいます。 \ 無料で診断 / どうしてやりたい仕事が見つからないの? 一方で、世の中に「やりたい仕事をしている」人がいるのも事実です。 ではなぜあなたにとってのやりたい仕事がなかなか見つからないのでしょうか。 続いてはやりたい仕事が見つからない時に考えられる4つの理由を紹介します。 そもそもどんな仕事があるのか分からない 世の中は無数の仕事で溢れています。 中にはあなたが想像したことがないような仕事もあり、その全てを把握することは不可能です。 そもそもどんな仕事があるのか分かっておらず、自分の知っている範囲のみでやりたい仕事を探そうとしているために、なかなかやりたい仕事が見つからないのかもしれません。 自分にどんな適性があるのか分からない 自分の適性がわかっていない可能性もあります。 就活の時には自己分析をしたり、適性診断テストを受けたりして自分の適性を探ります。 しかし自己分析や適性診断テストで自分の適性を正確に理解することはなかなか難しいことです。 適職診断 自分に合った仕事や職業を診断する適職診断についてはこちらでもご紹介しています。 参考 実際にさまざまな仕事をして、 働いてみないと本当の自分の適性はわからないものだからです。 適性がわからないとやりたい仕事もわかりません。 コツコツとルーティーンワークをこなすことに向いているのか、足で稼ぐタイプの営業が向いているのか、など自分に向いている働き方は仕事の中で見つかるものです。 とくに「新卒で就職した企業にずっと勤めている」「部署移動がない」場合には、自分の適性を把握できていない可能性が高いでしょう。 やってみたい仕事はあるけど始め方が分からない やってみたい仕事はなんとなくあるものの、始め方が分からないのかもしれません。 「プログラマーの仕事をやってみたい」「広告代理店のプランナーになってみたい」など興味はあっても、「どの仕事も経験者採用ばかりで未経験だと挑戦することもできない」という状況はめずらしくありません。 たとえば コンサルや投資銀行などの仕事は「やってみたい」と思ってもどう自分で始めればよいのか想像もつかない人も多いと思います。 やってみたいことがあっても始められないせいで「やりたい仕事がわからない」と感じていることも考えられます。 やりたいことを仕事にする方法が分からない 純粋にやりたいことはあるのに、それをどう仕事につなげればよいのかわからない可能性はありませんか。 「アニメを見ることは好きだけど、絵を描くことはできない」「人の悩み相談にのってあげられるような仕事がしたいけど、どうすればいいかわからない」など、好きなことが仕事に直結していないだけかもしれません。 他の人よりも「これが好き!」「こういうことがやりたい!」にもかかわらず、やりたい仕事ができていないのは、やりたいことを仕事にするための方法が見つかっていないことが考えられます。 やりたい仕事がないときは…まず「分析」から始めよう やりたい仕事がない時に必要なことは「分析」です。 まずは自分の希望や適性について分析してみることをおすすめします。 以下では分析の進め方について説明するので、本文に沿って分析を進めてみてください。 どんな職場で働きたいか具体的に分析してみよう まずは、 自分がどんな職場で働きたいと思っているのかを明確にしてみましょう。 職場に関する以下の4つから考えてみてください。 知名度の高い会社がいい• 企業規模にかかわらずとにかく給与が高い方がいい• 通勤の利便性が高い方がいい など自分が働く上で何を最重視するのかを明らかにしましょう。 仕事選びに伴って、譲れない雇用条件についても考えてみてください。 給与のラインや転勤の有無、福利厚生などの待遇にどれだけ求めるのか(家賃補助は絶対に欲しいのか、など)といったことを整理してみましょう。 あくまで、「譲れない」雇用条件を絞ることが大切です。 もちろん、給与が高くて転勤がなく、福利厚生が充実している企業が理想ですが、そのような企業に出会える確率はほとんどありません。 自分が絶対に譲れない雇用条件を明確にすることで、今後の仕事選びに役立ちます。 そしてもう一つ大切な要素が人間関係です。 プライベートも共に過ごし、飲み会もよくあるアットホームな人間関係の中で楽しく仕事をしたいのか、それとも「仕事は仕事」と割り切りたいのでしょうか。 人間関係は業種や職種選びの際にも大きな要素となります。 チームワーク主義の強いITや広告業、メーカーなどの場合はアットホームなことが多く、不動産や金融など個人のパフォーマンスに左右される仕事では割り切りタイプになるでしょう。 また大企業よりも中小企業やベンチャー企業の人間関係の方が密で、業務時間外も共に行動することが多くなる傾向にあります。 この4つの要素を考えて、自分の理想の仕事条件を分析してみてください。 そうすることで自分のやりたい仕事までつかめずとも、少なくとも「自分が働きたい職場像」が見えてくるはずです。 「やりたい仕事がない」なら自分に何ができるか見つめなおしてみよう やりたい仕事を見つけるためには、「自分に何ができるか」を見つめなおしておくことも必要です。 自分はどんなタイプなのでしょうか。 例えば、以下のようなタイプに分かれることが考えられます。 なぜなら多くの人にとって「やりたい仕事」は「情熱を捧げられる仕事」と言うよりも、「ストレスなく続けられる仕事」だからです。 何が「嫌」か明確にしておくことも重要 やりたい仕事を選ぶと同時に「やりたくない仕事を選ばない」ことも非常に大切です。 何が自分にとって「嫌」なのかを明確にしておいてください。 外回りが嫌なのか、会議が多いのが非効率に感じられるのか、のか、もしくは暇すぎると退屈になるのか…など、仕事をしているとストレスを感じることがあるはずです。 そのストレスとなる業務をしないでよい仕事が、「やりたい仕事」と言えるかもしれません。 自己分析から「何が譲れないか・妥協できるか」を考えよう 就活で経験した「自己分析」をもう一度してみましょう。 就活時代は実際に働いたことがなかったので、想像するしかない部分も多かったはずです。 しかし社会に出て仕事をしている現在再び自己分析することによって、当時見えなかった部分が見えてくるでしょう。 自分にとって「何が譲れないのか」「何なら妥協できるのか」を考えてみてください。 適職診断 自分に合った仕事や職業を診断する適職診断についてはこちらでもご紹介しています。 参考 \ 無料で診断 / やりたい仕事がないあなたへ…転職先選びのポイント あなたは「今の仕事が好きじゃない」「でもやりたい仕事がない」と悩んでいるかもしれません。 「今の仕事はやりたい仕事じゃない」と思うなら、思い切って転職してみることをおすすめします。 新しい仕事をすることで、やりたい仕事が見つかる可能性もあります。 またやりたくない仕事だとわかっていて続けていても消耗していくばかりで、スキルアップも見込めません。 以下で、やりたい仕事がない時の転職先選びのポイントについて説明します。 世の中にどんな職業・職種があるか調べてみる やりたい仕事がないそんなときはまずは世の中にどんな職業・職種があるか調べてみましょう。 意外な仕事が見つかったり、自分のやりたいことを仕事につなげられるような職種を見つけられたりする可能性があります。 キャリアガーデンというWEBサイトでは600の職業を紹介しています。 URL また13歳のハローワークも仕事探しに役立ちます。 URL 13歳のハローワークのWebサイトでは「絵やデザインが好き」「収集するのが好き」など、自分の「好き」な気持ちから仕事を探すことができます。 仕事内容だけでなく平均年収なども書いており、大人でも楽しむことができる充実した内容となっています。 またに相談して、世の中の職業・職種を紹介してもらうこともおすすめです。 転職エージェントについて 転職エージェントについての利用方法から探し方まで全情報を解説しています。 参考 仕事選びは「やりたいこと」より「やれそうなこと」を重視して 仕事選びで大切なのは「やりたいこと」より「やれそうなこと」です。 「やりたい仕事」は、「できる仕事」「ストレスなく続けられる仕事」であることがほとんどです。 そのため「好きなこと」にこだわりすぎず、分析した自己分析などをもとに「やれそうなこと」を重視して仕事を探してみてください。 将来役立つスキル・身につけたいスキルは何かを考えてみる 将来から逆算して「やりたい仕事」を探すのも手です。 将来役立つスキルや身につけたいスキルを獲得できる仕事を見てみましょう。 たとえば「将来は家から出ずに働きたい」と思うなら、独立できる可能性があるプログラミングやWEBデザインを学べる仕事がよいかもしれません。 「とにかくどんな時でも転職できるだけのスキルが欲しい」と思うと、経理や法務、もしくは資格のいるような専門的な職種がよいでしょう。 「自分が将来どうなりたいか」と考えると、必要なスキルが見えてきます。 そのスキルを身につけられる仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 転職エージェントについて 転職エージェントについての利用方法から探し方まで全情報を解説しています。 参考 やりたい仕事がない! まとめ 「やりたい仕事がない」という悩みはめずらしくありません。 世の中の大多数の人が「やりたい仕事をしている」とは言えないからです。 しかしやりたい仕事を見つけるために、必ずしも「好きなこと」にこだわる必要はありません。 自己分析をして「やれそうな仕事」を選んだり、譲れない条件から考えてみたりするのも方法です。 やりたい仕事は「趣味を仕事にする」ということだけでなく、「ストレスを感じない」「これからも続けたい」と思える仕事であることも考えられます。 今回の記事を参考に広い視点で職探しをしてみてください。

次の

仕事がないし見つからない!焦りや不安を解消した友人知人の体験談

ヤりたいことが見つからない 診断

<INDEX>• キャリアコンサルタント 谷所健一郎氏 「やりたい仕事が分からない」と思っている人は、大きく3つのタイプに分かれると考えています。 「器用貧乏タイプ」、「変身願望タイプ」、「慎重タイプ」です。 自分の強みが分からず、やりたい仕事が分からない「器用貧乏タイプ」 今の仕事の面白さを実感できていない人や、価値を見いだせずにいる人が多いタイプです。 仕事では、何でもそれなりに上手にできてしまうため、自分の長所や強みがうまく把握できていない。 または、ある程度の段階までいくと満足し、仕事に飽きてしまって「もっとほかに自分に合う仕事があるはずだけど、それが何の仕事か分からない」と思っているのではないでしょうか。 器用貧乏タイプの人がやるべきことは、「自分の強み」を伸ばすことです。 今、自分ができることの中から、得意だと思うことや好きなことを「何か一つ極めてみる」という視点で仕事を探してみるのです。 なぜなら、どんな仕事もプロとして極めていかなければ、いずれ評価されなくなってしまいます。 総合的にスキルを磨いていくことは良いですが、その中でも「自分の強み」を明確に持っている人のほうが人材市場では評価されます。 特に、30代、40代…… と年齢を重ねていくほど、その傾向は高くなるものです。 まずは、やりたい仕事を探すために「自分の得意分野をもっと伸ばせる仕事」あるいは、「興味・関心を深めることができる仕事」にはどんなものがあるのか、と知ることからスタートを。 その際、希望する仕事の内容や待遇面など、転職することで変えたいこと、かなえたいことを書き出し、優先順位を付け、絶対に譲れない条件を決めておくと、転職活動を進めていくなかで気持ちのブレが起こりにくくなるのでおすすめです。 器用貧乏タイプにおすすめ【方法別】やりたい仕事の探し方 別の場所なら輝けると信じている「変身願望タイプ」 「今の仕事は向いていない、だから別の仕事だったら能力を発揮できる」と考えている人に多いタイプです。 もちろん、仕事を変えることで今よりもっと能力を発揮できることはあります。 でも、その「発揮したい能力」が分からず自信が持てないでいる。 あるいは「仕事を変えることへの不安」のほうが大きいから、なかなか「これが自分のやりたい仕事だ」と言い切れずにいるのではないでしょうか? 変身願望タイプの人におすすめしたいのは、「自信のなさ」を打ち消すことです。 そのために、まずは目の前の仕事に没頭してみましょう。 没頭して実績を積み、自信のなさを打ち消すのです。 没頭していくなかで、その仕事の意外な面白さを発見したり、適性があったことに気づくこともあります。 また「やっぱり向いていなかった」と納得できるまでやってみるというのも、仕事を変えることへの不安を取り除くためには良いかもしれません。 自信を付けるためにやりたい仕事に必要な資格取得に励んだり、勉強を始めてみるのも良いでしょう。 ただし、資格や知識があるからといって必ずしもその仕事に就けるとは限りません。 転職活動のための事前準備として、仕事をしながら勉強を進めましょう。 変身願望タイプにおすすめ【方法別】やりたい仕事の探し方 失敗したくない気持ちが強すぎて、やりたい仕事が決められない「慎重タイプ」 「失敗したくない」と慎重になりすぎて、やりたい仕事を決められない人に多いタイプ。 特に初めて転職を検討する人や、社会人経験の浅い20代に多いです。 初めての転職ですから身構えてしまうのは分かります。 しかし、慎重タイプの人は「失敗したくない」という気持ちを抑えて、まずはチャレンジすることが大切。 ダメだったら「また転職しても良い」くらいの気持ちで転職活動を始めてみましょう。 応募したからといって必ず入社しなければいけないわけではありません。 まずは転職情報サイトなどを見て、どんな仕事があるのか、仕事内容や応募資格にはどのようなことが書かれているのかを調べてみる。 履歴書を書いてみたり、面接で採用担当者の話を聞いてみるなど、行動を起こしてみましょう。 転職活動をするには、自分を客観的に見つめなければなりません。 その課程で自分に合う仕事ややりたかったことを発見できることも多いのです。 また、どんな会社に転職しても、必ず「良い面」と「悪い面」はあるものです。 自分の要望をすべて満たす仕事はないということを知り、転職に過度な期待を持たないようにしましょう。 慎重タイプにおすすめ【方法別】やりたい仕事の探し方 【方法別】5人の転職のプロに聞く「やりたい仕事」の探し方 【やりたい仕事の探し方. 1】 「転職したい理由」の深堀りから、自分が本当に求めているものを見つけ出す マイナビエージェント キャリアアドバイザー 「やりたい仕事が分からない」と悩む人は、「なぜ転職したいのか」を深堀りして考えてみてはいかがでしょうか。 「今の仕事がつまらないから」であれば、「つまらないのはなぜか」を考えます。 その答えに対して、また「なぜか」という問いを繰り返し、転職したい理由の本質を探っていくのです。 もし、「つまらない」と感じている理由が、「評価されないから」なのであれば、仕事の内容を変えるのではなく、企業選びの基準を変えるべきであることも分かります。 仕事内容ではなく、給与や休日などの労働条件も含めて「転職によって何を変えたいのか、何を実現したいのか」を突き詰めて考えてみてください。 そして、自分の頭の中で考えるだけではなく、人と話すことをおすすめします。 「なぜか」という問いを投げかけてもらい、答えていく作業を繰り返してみるのです。 できれば複数の人で、それぞれ立場が違う人と話すと、一つの物事でも違った角度から考えるきっかけができるかもしれません。 ただし、とても身近な家族や友人からの意見は、客観的とは言えない可能性もあるので、客観的な立場で意見を言ってくれそうな人が望ましいですね。 心の中でなんとなく思っていたことも、言語化することで整理され、具体的に把握できるようになります。 そうすると、自分が本当に「仕事に求めているもの」が分かり、やりたい仕事のヒントが見つかるはずです。 【やりたい仕事の探し方. 2】 「自分ができること」「楽しかったこと」から考えてみる マイナビ転職 転職MYコーチ Y. 自分には何が向いているのか、何を仕事にすべきか分からないという人は、「やりたい仕事に就くべきだ」という思い込みを一度捨て、まずは「今できること」を仕事にすることです。 ささいなことでも構わないので、今までやった仕事の中で、「これなら自分でもできる」と感じることや「得意分野だ」と思うことを挙げてみてください。 それらにつながる仕事が見つかったら、積極的にチャレンジしてみましょう。 この方法の良いところは、まったく知らないことにゼロからチャレンジするのではなく、少しでも自分が経験したことや、興味・関心があることから徐々にキャリアを広げていける点にあります。 できること・得意なことを伸ばしながら、「こんなこともできるようになりたい」「あの分野もやってみたい」など、新たにチャレンジしたいことが増えるよう意識しながら仕事をすれば、働きながら更に「やりたい仕事」を模索していくことが可能です。 より明確な希望や目標が持てるようになったら、それらをかなえるために異動のチャンスをうかがったり、更に転職してキャリアアップを目指すのも悪いことではありません。 もし、「今の自分ができること」が分からない場合は、「上司や同僚から褒められたこと」から探ったり、友人に「自分が向いていること」を聞いてみるのも良いでしょう。 思ってもみなかった適性や長所に気づくことができるかもしれません。 「第三者から評価された」という点でも自信が持てるはずです。 【やりたい仕事の探し方. 3】 「職種を変えれば良い」と安易に判断せず、まずは仕事で「嫌だったこと」を書き出してみる マイナビ転職 転職MYコーチ H. 「今の仕事が嫌だ=今の職種が向いていない」とすぐに判断し、別の職種に就こうとするのは問題です。 職種を変えたからといって、自分が抱えている不満が解消できるとは限らないからです。 例えば「営業が向いていなかったから、次は事務職へ」と転職した場合。 営業が向いていないと感じた理由が、「人と話すことが苦手だから」なのであれば、事務職も向いていないかもしれません。 なぜなら事務職は、社内外問わず多くの人とコミュニケーションを取らなければいけない場合もあるからです。 このように、単に職種を変える転職では不満が解消されないこともあります。 ですから安易に職種を変えようとするのではなく、その仕事の「何が嫌だったのか」や「向いていないと感じたポイント」を書き出すことから始めてみましょう。 「自分が向いていない仕事」がどういうものか分かりやすくなります。 そのうえで未経験の仕事にチャレンジする場合は、仕事内容や特徴についてよく調べることが大切です。 イメージだけで判断してしまうと、先に挙げた例のように、同じことが原因でミスマッチを起こしてしまうかもしれません。 ただし、どんなに調べてみても実際に働いてみるまでは本当に自分に合う仕事なのかは分からないこともあります。 反対に「自分にできるか不安……」と思っていたことも、やってみると意外と自分に合うと気づくこともあります。 興味を持つ仕事があれば、まずはやってみること。 たとえ再び転職することになったとしても、仕事に対する視野が広がることで、別のやりたい仕事を見つけ出せるようになるでしょう。 【やりたい仕事の探し方. 4】 「会社・仕事」で探すのではなく、「身に付けたいスキル」で探す マイナビ転職 転職MYコーチ H. 転職を考えている人の中には、「一生働ける会社・仕事を探さなければ」と慎重になりすぎて、なかなか踏みだせない人がいます。 しかし、一生働ける会社・仕事なのかは誰にも分からないものではないでしょうか。 時と共に経済や雇用を取り巻く環境は変わるものです。 たとえ自分は「一生この会社、この仕事で働くんだ!」と決意して入社しても、経営環境の変化によって、数年後にはまったく違う事業を展開する会社になっていたり、異動によって別の業務に携わっていることもありえます。 もしかすると、合併や倒産により、転職せざるを得ない状況に陥ってしまうかもしれません。 そうなってしまった時に困らないよう、仕事や会社を軸に転職先を選ぶのではなく、「自分が身に付けるべきスキル、能力とは何か」という視点で考え、それらがかなう転職先を探してみるのはいかがでしょうか? 最近では、キャリアを考えるうえで 「ポータブルスキル」が重要視されています。 終身雇用が前提ではなくなった今、「社内で評価されるスキル」ではなく、「どんな仕事や会社でも通用する、普遍的なスキル」を高めることが大切なのです。 社内での昇進・異動に頼ったキャリアアップではなく、自分自身の力でキャリアの可能性を広げることができるようになるでしょう。 たとえ経済や雇用を取り巻く環境が大きく変わって、別の仕事や会社に移らざるを得なくなったとしても、転職で有利に働くのです。 ポータブルスキルには、「専門的な知識やテクニカルスキル」だけでなく、「仕事への取り組み方」や「人とのかかわり方」といったものも含まれます。 自分にとって必要なポータブルスキルを見極めるには、まず今の自分の強みと弱みを把握することが大切。 「伸ばしたい強み」と「克服したい弱み」に分けて考え、自らのポータブルスキルが磨ける仕事や会社、職場環境、社風を考えてみてください。 【やりたい仕事の探し方. 5】 「やりたい仕事」ではなく「自分が必要とされる仕事」を探す キャリアコンサルタント 谷所健一郎氏 「誰かに必要とされる」ということは、仕事をするうえでとても大切なことです。 「自分が必要とされる」と言うと、大げさに聞こえるかもしれませんが、身近なこと、ささいなことで構わないので、自分ができることを通じて「誰かのためになるだろう、喜ばれるだろう」と思える仕事を探すのです。 大前提として、転職を成功させるには企業に選ばれなければいけません。 自分ができることを通じて企業に貢献できる人、つまり企業の成長に必要とされる人、分かりやすく言えば、お客さんや一緒に働く仲間を喜ばせることができれば、あなたはきっと採用されるはずです。 また、あなた自身も人に喜ばれていると実感できれば、「もっと喜ばせたい」と、自然と仕事に打ち込むことができるようになるのではないでしょうか? 仕事への価値観も見いだせるはずです。 誰かのために何かしたい、喜ばれたいという気持ちは誰にでもあるもの。 その気持ちを仕事のモチベーションにできればとても幸せなことですし、長く続けることもできるはずです。 反対に、いくらやりたかった仕事でも誰にも喜ばれなかったり、評価されない仕事であれば、いずれ「やりたくない仕事」に変わってしまうかもしれません。 今までの仕事の中で、「自分の仕事が誰にどんな時に喜ばれていたのか」あるいは「どんな喜びを提供できた時に自分自身もうれしかったか」を振り返って、仕事を探す軸にしてみましょう。 思い浮かばない場合は、「自分ができること」をまずは仕事にし、働きながら「誰にどう喜ばれているのか」「どうすればもっと喜ばれるのか」と考えながら取り組むのも良いでしょう。 働きはじめは気が付かなかったとしても、やっているうちに実感が芽生えてくることも多々あります。 そもそも、どんな仕事も必ず誰かから「必要とされる仕事」であり、「喜ばれる仕事」です。 それは、お客さんから直接言われる「ありがとう」の言葉や、社内で褒められる・評価されることに限りません。 携わっている商品やサービスがエンドユーザーに支持されることや、その仕事のお陰で誰かが快適な毎日を送ることができている、といったことも当てはまります。 そう考えてみると、今の仕事もきっと、あなたが必要とされているはずです。 普段、何気なく仕事をしていると気づきにくいかもしれませんが、そういった視点で仕事をとらえてみましょう。 新たな発見がきっとあるはずです。 そのうえで、もう少し今の会社で頑張ってみようと思えるのであればそれも良いのではないでしょうか? 自分ができることや、目の前にある仕事をまずはやってみる。 それが「誰かのために役立ちたい、喜ばれたい」という気持ちに結びついた時、あなたの「やりたい仕事」になるのです。 さまざまな視点から、やりたい仕事を探してみよう いかがでしたか? 自分に合う仕事の探し方はさまざまありますが、いずれの方法も自分を見つめなおすことが必要です。 まずは自分に合うと思う方法でトライしてみたり、いくつか試してみると良いでしょう。 転職に不安はつきものですが、だからこそ焦らずに取り組んで、本当にやりたいと思える仕事を見つけてくださいね! 取材協力 あした転機になあれ。 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。 毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。

次の