オイル マッサージ 顔。 顔のオイルマッサージのやり方。基本の方法とおすすめオイル

マッサージオイルの人気3選!顔・ボディに使える香りのいいアイテムを厳選

オイル マッサージ 顔

クナイプが発売しているクナイプビオオイルは、@コスメベストコスメアワード2015ベストオイルで第3位を獲得した人気アイテムです。 フェイス、ボディどちらでも使用することができるので体のむくみが気になる方にもおすすめの商品です。 クナイプビオオイル 価格 1800円(税抜き)100ml 主な配合成分 サフラワー油・グレープフルーツ果皮油・オリーブオイル オーガニック国際認証NATRUE取得 マッサージオイル以外にも、ニキビ跡や傷跡にも効果がありますよ。 クナイプのマッサージオイルを使ってフェイスマッサージをすることで、小顔だけでなく肌のターンオーバーにも効果があるのでアンチエイジング効果も期待できます。 無印 ホホバオイル レメディーズアロマティックマッサージオイルは、体の芯からリラックス効果を感じることができる、フェイスマッサージオイルです。 こちらもフェイシャルからボディまで使用することができるマッサージオイルです。 レメディーズアロマティックマッサージオイル 価格 2592円(税込み)100ml 主な配合成分 ひまわり種子・アーモンド油・ラベンダー油・コムギ胚芽油 レメディーズアロマティックマッサージオイルはラベンダーやゼラニウム、ひまわりのハーブを使用しているのでフェイスマッサージ中も、香りで癒してくれるリラックス効果の高い商品です。 普段ストレスを感じやすい方におすすめのフェイスマッサージオイルです。 肌馴染みもよく、乾燥肌もしっかり潤してくれます。 マッサージを始める前に鎖骨にあるリンパをほぐす• 指で耳を挟むように耳下線リンパを押して回す• こめかみも同様に押して回す• ここで大事なことは、マッサージでほぐれた 老廃物をしっかりリンパ節に向かって流すことです。 老廃物をリンパ節に流すことで、体外への排出を促すことができます。 毎日続けることが大事なので、1日3分しっかりケアしていきましょう。 Refaは芸能人も愛用している人が多い人気の小顔ケアグッズです。 累計700万本を突破しており、エステティシャンのような手わざを自宅で簡単に再現することができます。 Refaは、エステティックメソッドに基づいたニーディングにより、深くつまみ流すことで、引き締まった肌を実現してくれます。 またマイクロカレントという微弱電流を発生させることで肌にハリを与えてくれます。 プラチナムコートになっているので、肌が敏感な方にもおすすめの商品です。 価格は28944円(税込み)と少し高めですが、エステサロンのような小顔ケアを自宅で再現することができるアイテムです。 テレビを見ながら、雑誌を見ながら、お風呂に入りながら手軽に小顔ケアすることができますよ。 テレビにも取り上げられた人気の小顔アイテム、PAO。 楽天ランキングダイエット部門で1位を獲得している商品です。 また大学や美容機関と共同開発し、医学誌にも掲載されている信頼性の高いアイテムなので安心して使用することができます。 表情筋を鍛えることで、たるみやしわ、ほうれい線を改善し、きれいなフェイスラインを実現してくれます。 1回30秒を1日2回PAOを口にくわえてトレーニングするだけで、小顔だけでなくアンチエイジングにも効果があります。 フェイスラインが引き締まることで、しっかり小顔効果を感じることができますよ。 価格は10584円(税込み)と少し高めですが、PAOはマウスピースの部分が取り外しが可能なので、マウスピースをそれぞれ購入することで家族全員で使用することができます。 1日1分のトレーニングで小顔を手に入れましょう。

次の

顔のオイルマッサージのやり方。基本の方法とおすすめオイル

オイル マッサージ 顔

— 2018年 4月月25日午前6時31分PDT アロマオイルはキャリアオイルとエッセンシャルオイルをブレンドしたものです。 エッセンシャルオイルはそのまま肌に付けると刺激が強いため、キャリアオイルとブレンドします。 マッサージにアロマオイルを使用することで、手と肌との摩擦をなくして滑りを良くします。 また、エッセンシャルオイルの香りに包まれてマッサージを行うことができます。 もちろん、市販のマッサージオイルでもかまいません。 アロマオイルが皮膚に浸透する アロマオイルは皮膚から吸収されて、表皮、真皮へと浸透していきます。 分子が小さいアロマオイルは、皮膚に浸透して血液やリンパ液にまで浸透し直接働きかけます。 皮膚から吸収されたアロマオイルは血管へ、そしてそれぞれの器官にたどり着き、天然の植物の成分が体内に吸収されるのです。 香りが嗅覚を刺激する アロマオイルの香りによって、リラックスホルモンであるセロトニンが分泌されるようになります。 アロマオイルは皮膚への刺激だけでなく、嗅覚も刺激し、リラックス効果を最大に引き出します。 香りによるリラックス効果は、気分を落ちつかせたり、各臓器が正常に動くように働きかけたりと、メリットがたくさんあります。 アロママッサージの間隔 自宅でセルフアロママッサージを行う場合は、お風呂上りに毎日行うように習慣づけてもいいですね。 毎日行ってはいけないということはありませんので、時間があるときに行ってください。 また、サロンなどでアロママッサージの施術を受ける場合は頻繁に通うわけにはいきませんよね。 最初のうちは1週間に1回を目安に、身体が慣れてきたら2週間に1度にしていきましょう。 [2]アロママッサージの効果 通常のマッサージと比べると、アロママッサージにはエッセンシャルオイルの香りや効能の効果がプラスされます。 アロママッサージにはどのような効果があるのかみていきましょう。 リンパの流れを良くする アロマオイルでマッサージを行うと、通常のマッサージよりもリンパの流れを改善することができ、体内の水分や老廃物がスムーズに排出されます。 リンパの流れを良くすることでむくみの改善にもつながります。 むくみは、血液の流れが悪くなったり水分の排出がスムーズに行われなくなると起こり、冷えの原因ともなります。 アロマオイルでマッサージを行うことで血流も良くなり、身体のすみずみまで血液が行き渡るようになるので、むくみや冷え性の改善も期待されます。 美肌効果 アロママッサージには、美肌効果もあります。 アロママッサージをすることによって、血液の流れが良くなると肌にツヤも生まれ、アロマオイルの成分が皮膚から浸透して美肌効果を高めます。 乾燥に悩んでいる肌も、血流を促進することで大きく改善するのです。 顔へのマッサージは、摩擦などで肌の負担にならないようにたっぷりとアロマオイルを使用するようにしてください。 肌の乾燥予防やシワ予防にもなりますよ。 デトックス効果 アロママッサージでリンパ液や血液の流れを良くすることで、代謝が促進されて老廃物の排出を促します。 足のむくみは血液の循環が悪くなったり、水分が溜まったりして引き起こされます。 アロママッサージで体内の老廃物や不要な水分を排出する習慣をつけることで、足のむくみを解消したり、体内のデトックス効果も高くなります。 リラックス効果 — 2018年 3月月12日午前4時16分PDT 通常のマッサージだけでも、人の手の温かさなどリラックス効果が高いのですが、マッサージオイルをプラスすることで、より施術がスムーズに行えるようになり、肩や背中のコリをスムーズにほぐすことができます。 また、アロマオイルの好きな香りに包まれる空間でマッサージができるので、それだけでも心地よく、リラックス効果も高くなります。 深いリラックス状態になると、ストレス発散にもなり。 体内の臓器を正常に動かすように働きかけます。 バストアップ効果 デコルテをアロママッサージすることで、バストアップの効果が期待できます。 同時に、リンパの流れもよくなるので、美肌効果もあります。 鎖骨の下から脇の下へ、リンパ液を流すようにマッサージをします。 毎日デコルテをアロママッサージすることで、ハリのあるバストを保つことができるようになります。 便秘解消 アロママッサージは消化器系の器官に働きかけて、便秘解消にも効果があります。 たまに、アロママッサージをしているとお腹がグルグルーと鳴ったりしませんか?実はこれ、アロママッサージの効果で胃腸の分泌が活発になり、活性化するのです。 胃腸を活発にするだけでなく、動きを整えたり、消化液を分泌して胃もたれ防止や消化不良にも効果があります。 アロママッサージを受けた後にトイレに行きたくなるのは、体内の老廃物を排出している証拠です。 マッサージの後は必ず水を飲むようにして、排出を促してください。 疲労回復・血行促進 アロママッサージで血行促進することは、疲労回復にもつながります。 普段仕事をしていたり家事をしたり、足や肩に疲れが溜まっていますよね。 足や肩などの筋肉の疲れは、乳酸という疲労物質が出ているために起こるもので、溜まっている乳酸をほぐすためにもアロママッサージは効果があるのです。 強くもみほぐすという方法もありますが、それよりも血行促進し、全身にスムーズに血液が流れるようになるだけで効果が高くなります。 生理不順の予防 生理不順はホルモンのバランスが崩れることで引き起こされます。 これは、エストロゲンとプロゲステロンの2つの卵胞ホルモンが正常に分泌されていないことが原因となって起こります。 他にも腰痛や腹痛といった生理痛や、イライラなど精神が不安定な状態にもなりやすいです。 保湿効果 アロマオイルを使用したマッサージには、肌を保湿する効果があります。 アロママッサージは、お風呂あがりに行うとより効果を得ることができるのですが、保湿効果も同様です。 お風呂あがりは肌が乾燥しやすいのですが、アロマオイルが肌から水分が蒸発するのを防ぐため、乾燥肌対策にもなります。 [3]自宅でできる!セルフアロママッサージのやり方 用意するもの• アロマオイル(キャリアオイルとエッセンシャルオイルをブレンドしたもの)• 水分補給できるもの エッセンシャルオイルの選び方 さん aroma. machimajo がシェアした投稿 — 2018年 4月月23日午前6時42分PDT• フレグランスオイルやポプリオイルなどは、合成香料が混ざっていたりとエッセンシャルオイルとは全くの別物なので注意しましょう。• 好きな香りを選ぶ エッセンシャルオイルは、本当に多くの種類がありどれを買ったらいいのか迷ってしまいますよね。 それぞれの効果を考えたりしますが、一番の基準は「自分の好きな香り」です。 どんなに効果が高くても、苦手な香りだと逆効果になってしまう場合もあるのです。 匂いを嗅いでいて、心地よく感じるものを選びましょう。• 使いきれる量を購入する エッセンシャルオイルは、1滴ずつ使ったりと大きいサイズのものを購入したとしても、なかなか使い切ることができません。 ほとんどのエッセンシャルオイルは開封後1~2年が使用期限なので、一度にたくさん買わずに使いきれる量を購入するようにしましょう。 エッセンシャルオイルの使い方• エッセンシャルオイルは濃度を薄めて使用する エッセンシャルオイルは必ずキャリアオイルとブレンドして使用します。 3mlにします。 だいたいボトル1滴が0. 05mlなので、0. 3mlだと6滴ほどとなります。• 使用期限を確認する エッセンシャルオイルには使用期限があるので、確認しておきましょう。 アロママッサージは、肌に触れるため使用期限が過ぎていると肌トラブルを招く可能性があるので注意するようにしてくださいね。 アロママッサージのポイント• 圧力をかけすぎない マッサージは強ければ強いほどいい、という人もいますがこれはやめておきましょう。 自分でマッサージを行う時に注意したいのは、圧をかけすぎないようにすることです。 強い力で押したり揉んだりすると、毛細血管を傷ついたり、血液中の血しょうが溜まり、セルライトの原因にもなってしまうことがあるので注意しましょう。• 指の腹で優しく押す アロママッサージは指の腹を使って優しく押すように行います。 指先でつまむようにマッサージを行うと、筋を痛める可能性もあるので、やめておきましょう。 また、爪は絶対にたてないようにしてくださいね。• アロママッサージの前に身体を温める アロママッサージはお風呂あがりなど、血行が良くなっている時に行うと効果が高くなります。 身体が温まっていることで、アロマオイルの吸収がよく、エッセンシャルオイルの効果をさらに高めることができます。 特にお風呂上りがおすすめです。 ただ、熱い温度のお風呂に入っていると交感神経が活発になりすぎて、リラックスできない状態になるので、お風呂の温度は40度を目安にしておきましょう。• アロママッサージは手を温めてから使う どうしても身体を温める時間がない場合には、手だけでも温めておきましょう。 アロマオイルを使う手を温めておくことで、オイルと肌との馴染みがよくなります。 手と肌との摩擦を少なくするためにも、手を温めたり、身体を温めることは重要なのです。 基本的なマッサージ方法• リンパ節をマッサージする — 2016年12月月8日午後7時37分PST 身体のマッサージを行う前に、リンパ液を流すためにリンパ節のマッサージを先に行います。 先にリンパ節のマッサージを行うことで、リンパの流れがよくなり、アロママッサージの効果も高まります。 身体の中で、一番大きなリンパ節は、太ももの付け根部分の鼠径部です。 マッサージといっても、太ももの付け根あたりをさするだけで効果はあります。 他にも、ストレッチや屈伸運動をして太ももの筋肉を動かしてみましょう。• 足の裏をマッサージする 第2の心臓とも言われる足の裏をマッサージします。 足の裏に集まっている反射区を刺激することで、内臓を活性化させて、全身の流れを促すものです。 強く押す必要はありませんが、痛気持ちいいぐらいの強さで行ってみてください。• 全身や気になる部分をマッサージする アロママッサージは、基本的にリンパ節のある部分に向かって流すようにマッサージをしていきます。 二の腕やお腹周り、太もも、ふくらはぎなどリンパを流すようにリンパ節に向かってマッサージを行います。• お腹周りは円を描くようにマッサージする お腹周りのマッサージは、おへその周りを時計回りに円を描くように優しくマッサージします。 これは腸の流れに沿ってマッサージを行っているので、便秘解消に効果があり、お腹を健康な状態へと導いてくれます。 お腹の引き締めたい場合には、軽くもむように刺激を与えると効果があります。• 鎖骨のリンパ節を流そう 鼠径部と同様、大きなリンパ節は鎖骨周りです。 鎖骨に老廃物が溜まってしまうと、鎖骨のくぼみがなくなり、顔のむくみにもつながります。 鎖骨周りのリンパを流すことで、顔の老廃物も流れやすくなります。 鎖骨は繊細な部分なので、力を入れずに優しく撫でるようにマッサージを行います。 鎖骨の下を中心にして、少しずつ刺激していきましょう。 鎖骨をマッサージした後は、脇の下のリンパ節に流れるように撫でていきます。• 手のマッサージも忘れずにしよう 最後に手のマッサージも行いましょう。 手は、手の甲の指先から手首に向かってさするように1本1本もみほぐします。 手のひらには多くのツボが存在するので、手のひら全体をもみほぐすようにマッサージをするとより効果を得ることができます。• マッサージが終わったら水分補給も忘れずに マッサージの後は、コップ1杯の水を飲むようにしましょう。 そうすることで、余分な水分や老廃物の排出を促してくれます。 — 2017年12月月20日午後7時32分PST アロマオイルはさまざまな香りを組み合わせることによって、より効果を引き出すことができます。 もちろん単体でも効果はありますし、シンプルな香りが好みの場合はキャリアオイルとエッセンシャルオイル1本でもかまいません。 ぜひブレンドする場合の参考にしてくださいね。 むくみを解消するアロマブレンド• キャリアオイル:20ml• ペパーミント:1滴• レモン:1滴• サイプレス:1滴 美肌に効果のあるアロマブレンド• キャリアオイル:20ml• ネロリ:2滴• ゼラニウム:2滴 肩コリに効果のあるアロマブレンド• キャリアオイル:20ml• クラリセージ:2滴• ラベンダー:2滴 生理痛の緩和に効果のあるアロマブレンド• キャリアオイル:20ml• クラリセージ:2滴• ベルガモット:1滴• ローズ:1滴 リラックス効果のあるアロマブレンド• キャリアオイル:20ml• ベルガモット:1滴• クラリセージ:1滴• ローズ:1滴• オリバナム:1滴 [5]アロママッサージを行う前の注意点 パッチテストをしよう 敏感肌の人や、肌が刺激に弱い人は、アロマオイルを使用する前にパッチテストを行いましょう。 腕の内側などに少量のアロマオイルを付けて、数時間から1日様子を見ます。 アロマオイルをつけた部分に、赤みや腫れといった症状がなければ安心して使用することができます。 原液のオイルを使用しない エッセンシャルオイルは、原液の場合や濃度が高すぎる場合には、肌への刺激となりかゆみや赤みといったトラブルとなる場合があります。 妊娠中は極力行わない アロマオイルはさまざまな効果を持つことから、妊娠中は控えたほうがいいアロマもあります。 特に生理不順に効果のあるアロマやホルモンバランスを整える作用のものは赤ちゃんにも影響があるものなので、使用はやめておきましょう。 妊娠中でも使用できるアロマももちろんあるので、確認してから使用するようにしましょう。 不安な場合はやめておいてくださいね。 [6]アロママッサージで心地よい時間を過ごそう アロママッサージにはさまざまな嬉しい効果があります。 身体にも心にも良い影響を与えてくれるので、積極的に取り入れたいですよね。 また、自分で自分の身体をマッサージすることで、身体の変化にも敏感になりやすくなります。 疲れた日には、良い香りに包まれながら、のんびりとアロママッサージをする時間を作っていてください。 次の日の体調にも変化がでてきますよ。

次の

【ベビーオイルでマッサージ】顔や足、脚への効果的な使い方を紹介!

オイル マッサージ 顔

椿オイル!顔への使い方とその効果 まずは椿オイルの顔への使い方と効果について見ていきましょう。 それぞれ紹介していきますので、しっかり確認しておいてくださいね。 椿オイルの顔への使い方 オイルパックとして使う ひとつめはオイルパックとして使う方法で、 お肌のもちもち感を格段にUPしてくれます。 しっかりなじんできたところで、 余分なオイルをティッシュでオフしておしまいです。 場合によっては、蒸しタオルなどを当てておくとより毛穴の奥までオイルが浸透してくれます。 またそれ以外にも、普段使っているパックに椿オイルをなじませて使ったりする方法もあります。 とくにべたつきが強くないオイルではありますが、それでも気になる場合は後者の使い方をおすすめします。 乾燥予防・改善として使う 椿オイルの 保湿能力は非常に高く、とくに乾燥している部位のケアや乾燥を予防するという使い方もできます。 方法としては実にシンプルで、気になる部位にさっと塗っておくだけでOKです。 その際、やはり テカリが出てしまいますので、化粧をした後よりは前のほうが良いでしょう。 冬場はとくに乾燥しやすい時期でもありますので、ちょっとでもかさつきやヒリヒリを感じたら、椿オイルをさっと塗っておくと良いですよ。 その際に、椿オイルをマッサージオイルとして使うこともできます。 比較的べたつきの少ない種類のオイルですし、香りも良いのでとくに女性にはおすすめです。 毛穴のケアとして使う 小鼻の角栓などのケアとしても椿オイルは使えます。 円を描くようにゆっくりと馴染ませて、ぽろぽろと汚れや角栓が取れてきたらOKです。 ティッシュオフでも良いですし、気になる場合は洗顔しても良いですよ。 基礎化粧品として使う 化粧水や乳液などに椿オイルを混ぜて使ったり、洗顔したあとそれらの前に椿オイルを使うという方法もあります。 いずれの場合も つけすぎには注意で、とくに混ぜる場合には1滴から様子見するようにしてくださいね。 椿オイルの顔への効果 保湿効果 オイルといえば保湿効果が高いことが特徴ですよね。 中でも椿オイルは、元々 人間の皮脂と似た成分であるオレイン酸が豊富なため、できるだけ自然な形で保湿することができるのです。 アンチエイジング効果 抗酸化作用のある椿オイルには、 アンチエイジング効果もあります。 健康でハリやツヤのあるお肌をキープしやすくなるので、ぜひその効果を実感してみてください。 にきびや吹き出物の予防・改善 椿オイルに含まれる サポニンという成分には、 殺菌作用があります。 そのため、にきびや吹き出物をできにくくしたり、出来てしまったものの治りを早くするような効果が期待できます。 お肌をやわらかくする効果 椿オイルに限ったことではないですが、美容効果のあるオイルは、浸透させることでお肌をやわらかくする効果があります。 ただし椿オイルは 日本を原産とするオイルなので、日本人の肌によりなじみやすいものでもあります。 美容オイルも色々ありますが、肌により合いやすい方がリスクも少ないですし、香りの面でも苦にならないことが多いです。 触ってみたり、化粧をしてみると椿オイルのパワーを実感しやすいので、ぜひ覚えておいてくださいね。 椿オイルでのクレンジング方法 様々な効果を期待できる椿オイルは、実はクレンジングとして使うこともできます。 具体的な使い方がきまっているわけではないですが、ひとつ簡単な方法を紹介しておきますね。 1:椿オイルを乾いた手にとる 手がぬれているとクレンジングとしての機能が損なわれてしまうので注意してください。 2:アイメイクを中心に円を描くようにやさしく撫でる 落ちにくいアイメイクからはじめて、顔の外側にずらしていってください。 指の腹で円を描くように回しながら優しく撫でるように落としていくことで、肌への負担をかけずにクレンジングすることができます。 3:洗顔してメイク汚れを落とす 洗顔といっても泡を使って落とす必要はありません。 ぬるま湯で顔を洗うだけでも十分なのですが、もし一度リセットした状態からケアしたいという場合には、洗顔フォームを使って油分も落としておくと良いでしょう。 4:タオルで優しく押し付けるようにドライする タオルでゴシゴシ拭いてしまっては、せっかくダメージを軽減した意味がなくなってしまいます。 清潔なタオルで軽くぽんぽんと水分を吸収させるようにドライしていきましょう。 椿オイルは日焼け止め効果もあり?使い方は? オイルといえば、 日焼けを促進するようなイメージが強いですが、椿オイルは違います! 椿オイルには 日焼け止めの効果があるだけではなく、 日焼けのケアや 日焼けによるシミやシワ・そばかす・たるみなどの予防の効果もある優れものなのです。 日焼けのメカニズムと椿オイルの関係 実は日焼けというのは、2種類の紫外線にあたることによって起こります。 それぞれ痕として残るものが異なるのですが、基本的に紫外線が当たって メラニン色素が生成され、それが定着するというのは同じです。 日常生活よりも、海などのアウトドア時のほうが日焼けになる確率が高いと思いますが、これは熱を持つことが日焼けすることと直結しているのが理由です。 お肌が熱いと感じたら、そのときもうすでに メラニンは入りこみはじめているのです。 そのため一刻も早く冷却し、ケアすることで定着を防ぐことができるのですね。 日焼け止めとして事前にも保湿ケアができるうえに、日焼けしたあとも保湿ケアしてくれて二重にケアすることができるんですよ。 椿オイルを日焼け止めとして使う方法 椿オイル自体にも日焼け止めの効果はありますが、やはり市販の日焼け止めと比べると効果としては劣ってしまいます。 そこでポイントなのが、 日焼け止めの下地として椿オイルを使う方法です。 顔だけでなく全身に使える方法ですが、椿オイルを塗ったあとに日焼け止めを塗っておくことで、日焼け止めからのダメージも防ぐことができます。 日焼け止めによるお肌へのダメージは意外と大きいもので、中には肌に合わずに炎症を起こしたり乾燥してしまったりすることもあります。 椿オイルはそれを予防するだけでなく、日焼け止めとしての効果を増幅させることができますし、そもそもお肌に良い成分を入れることもできます。 椿オイルはお肌を 若々しく、美しく、健康的に保つ効果がある• そのままで クレンジングオイルとしても使える• 私もアルガンオイルを愛用しているのですが、これを機に椿オイルも取り入れてみようと思います。 19,984件のビュー• 13,348件のビュー• 12,350件のビュー• 8,766件のビュー• 8,682件のビュー• 8,203件のビュー• 6,571件のビュー• 5,071件のビュー• 4,632件のビュー• 4,367件のビュー カテゴリー• 最近の投稿•

次の