野菜ダイエット。 ダイエットに効果的な食べ物、NGな食べ物!成功させる秘訣をご紹介

温野菜のダイエット効果は絶大!口コミは?味付けは?やり方を紹介!

野菜ダイエット

私もそうでした。 この野菜スープに出会うまで…。 あるテレビ番組で知ったダイエット法で、1週間、その野菜スープを食べ続けるというものです。 空腹を我慢することもなく、お腹いっぱい食べているのに、1週間で4キロもの減量に成功したのです!この野菜スープの効果と共にレシピもご紹介します。 私が野菜スープで痩せられた理由 野菜スープダイエットに使われる野菜には、ダイエットにいいと言われる栄養素が多く含まれています。 これらの野菜は「マイナスカロリー食品」と呼ばれる食品です。 食材の摂取カロリーが、消化するために必要なカロリーよりも少ないことを意味します。 例えばセロリは、1本15キロカロリーですが、消化するのに必要なカロリーは50キロカロリーだそうです。 つまり、食べれば食べるほど痩せるというわけなんです。 野菜スープダイエットで使う野菜の効果についてまとめました。 玉ねぎ• 甘味料の入った飲み物も禁止です。 水かお茶、自家製の100パーセントフレッシュジュースにしましょう。 肉類を食べる場合は、茹でるか焼くなどしてください。 また肉の脂身の部分は取るようにしましょう。 7日間の進め方と感想 例として、次のようなスケジュールで進めるとより効果が上がります。 参考にどうぞ。 上のルールを守り、スケジュール通りに進めれば、お腹が空いたらいつでもお腹いっぱい食べても大丈夫です。 1日目 野菜スープと果物(バナナ以外) バナナ以外ならばどの果物を食べても大丈夫です。 ジュースにする場合は砂糖は入れないでおきましょう。 初日ですから、美味しくて何杯でもスープを飲めそうな気がしました。 朝はスープ1杯・昼は2杯・夜は2杯と桃、オレンジを食べました。 食事制限と言っても満腹になるまで食べていいのでさほど苦にはなりませんでした。 私はフルーツが苦手なのであまり摂りませんでしたが、もっと摂った方がお通じをよくするのには効果的だと思います。 2日目 野菜スープと野菜 豆やスイートコーン以外ならばどの野菜を食べても大丈夫です。 好きな野菜をスープに加えて食べてもOKです。 ただし、油や砂糖を使わない調理法にしましょう。 1日目で5杯もスープを飲んだので少し飽きてきた私は、野菜でちょっと味を変えようと思いお浸し、温野菜、野菜スティックなど3食それぞれバリエーションを変えてみました。 ちょっと箸休めがあると野菜スープも飽きずに飲めました。 温野菜や野菜スティックはドレッシングがないと食べにくいので、ポン酢などさっぱりしたものをかけて食べました。 3日目 野菜スープと果物と野菜 1日目と2日目で食べたものは全て食べて大丈夫です。 このダイエットで挫折してしまう人の多くはこの3日目を乗り越えられない人が多いようです。 私も、3日目を迎え心が折れそうでした。 私は炭水化物や揚げ物などが大好きなので、ただ同じスープを飲み続けるのは本当に苦痛でした。 このダイエットでは最低でも1日1杯このスープを飲まなければいけないので、いかに飽きないように工夫するかが鍵になります。 飽きないように、スープの味を変えてみました。 カットトマト缶をたくさんいれて、ニンニクとコンソメでミネストローネ風のスープにしました。 そこに野菜をゴロゴロいれて、スープというより野菜のトマト煮込みのようにしました。 果物は桃とオレンジ、キウイをデザートとして夜に食べました。 甘いものが欲しくなるので、フルーツをたくさん摂ると満足感が得られます。 4日目 野菜スープとバナナとスキムミルク(500ml) バナナには、炭水化物や食物繊維、タンパク質が豊富に含まれています。 糖分や炭水化物を欲する頃ですが、バナナをとることでその欲求を抑えることができます。 この日が私にとって1番ツラい日でした。 なぜなら、バナナとスキムミルクが苦手だからです。 しかも、野菜スープも飽き飽きしてしまい朝から食が進みませんでした。 そこで私が考えたのは、嫌いなものは流しこもう作戦です。 バナナを1本食べることはどうしてもできなかったので、ミキサーにかけて流しこもうと考えたのです。 ミキサーに氷を半分くらい入れ、バナナとスキムミルクを加えミキサーにかけました。 どちらも嫌いなので決して美味しいとは言えませんでしたが、何とか飲み干せるレベルでした。 スキムミルクが苦手な方にはスープに入れることをオススメします。 スキムミルクを入れてコンソメをいれて塩胡椒で味を整えれば、クラムチャウダー風になり、スープのアレンジにもなりますよ。 5日目 野菜スープと肉とトマト 5日目にはお肉を摂ることができます。 牛肉なら赤身肉で、鶏肉なら皮を省いたものにしましょう。 350~700グラムならば摂っても大丈夫です。 トマトも6個までなら摂っても大丈夫です。 ここでお肉を摂れるのはかなりありがたいです。 私は鶏肉が好きなので、鶏胸肉150グラムを一口大に切って1度湯がいたものをスープの中に入れました。 1度湯がくことで余計な油分を落とせます。 お肉が入るだけでスープの味も全然違います。 お肉の甘みが出るまでじっくり煮込むとより美味しくなります。 もう1食は鶏胸肉100グラムをグリルして、湯むきしたトマトを潰してから塩とコンソメを少し加えてトマトソースにしました。 かなり満足出来るご飯でした。 ここまでくると野菜スープは1日1杯が限界です。 それ以外の食事でお腹を満たすようにして、頑張って1杯は食べましょう。 6日目 野菜スープと牛肉と野菜 6日目には好きなだけ牛肉を食べて大丈夫です。 ダイエット中に好きなだけ?と思いますが、このダイエットはバランスよく栄養を摂り効率よく痩せることが目的なので、6日目にはタンパク質をたっぷり摂るために牛肉が最適なのです。 赤身肉は脂身が少なくて、焼くだけだと少しパサついて苦手なので、じっくりコトコト煮込んでスープに入れました。 フライパンで炙って焦げ目をつけた後とにかく半日以上かけて煮込みます。 ほろほろになるくらい煮込むと、飽き飽きしていたスープも大変身です。 夜にはこのスープと野菜サラダを食べました。 昼にはアルミホイルにお肉を包んでブロッコリーや人参、ほうれん草などたくさんの野菜を入れて包んでオーブン焼きに。 お肉から出る油が野菜のドレッシング代わりになるほど甘いです。 この頃になると、限られた食材をいかに満足のいくように調理するかを楽しめるようになりました。 時間をかけて料理をして、その工程を楽しめれば、苦痛ばかりの食事制限ではないですよ。 7日目 野菜スープと玄米と果物ジュース やっとお米が食べられるのでガッついてしまいそうですが、朝昼晩と三食に分けて量を徐々に増やしましょう。 白米ではなく玄米であることがポイントです。 玄米は食物繊維が豊富なので便秘解消にも効果的。 白米よりも硬いので、よく噛むことになり、満腹感を得ることができます。 玄米って病人食…というイメージがありましたが、食べてみるとそんなことはありません。 かなり歯ごたえがあり、風味も白米より強いのでそれだけでも食べられます。 とは言ってもおかずがなければご飯も進まないので、私は思い切ってスープに入れてリゾット風にしました。 チーズが欲しくなるところですがそこは我慢して、トマト風味に味付けしたスープにご飯を入れて煮詰めます。 残りのスープにはカレーパウダーをいれて味を変えてスープとして飲みました。 果物ジュースはオレンジとキウイにしました。 甘みは少ないですが、すっきりした味わいなので、食後に飲むととてもさっぱりします。 野菜スープで期待できる効果 減量効果 だいたい3日目くらいには2〜3キロの減量が期待できます。 私は2日目の時点でお通じがかなり良くなったのを感じました。 3日目に体重を計ると、初日から3キロの減量に成功しました。 こまめに体重を計って、効果が少しでも見られればやる気につながります。 基礎代謝の向上 基礎代謝とは、特に運動などをしていない状態でも内臓や筋肉の働きによってエネルギーを消費することをいいます。 このスープに使われている野菜には基礎代謝を向上させる効果があります。 基礎代謝の悪い人は、摂取した栄養素を体にため込みやすくエネルギーとして消費しにくくなります。 基礎代謝をあげることで、効率よくカロリーを消費し、痩せやすい体を作ることができるのです。 デトックス効果 この野菜スープはデトックススープとも言われているほど、体内の毒素を排出する効果があります。 普通、体の毒素は便とともに体外に排出されますが、便秘などが原因で毒素を排出できなくなると、腸内に溜まってしまいます。 排出されない便を宿便と言います。 宿便はだいたい3キロほどあると言われています。 野菜スープダイエットを始めるとだいたい2日ほどで便通に変化が見られます。 溜まっていた宿便がドサっと出て、一気に体重が落ちます。 美肌効果 代謝が良くなり、体内の毒素が排出されることで、肌の調子もとても良くなります。 普通ダイエットをすると、栄養素が不足しがちなので肌が荒れたり、免疫力が低下したりすることがあります。 この野菜スープダイエットは効率よく栄養素を取り入れて痩せやすく健康的な体を作るので、美肌に繋がるのです。 野菜スープダイエットのデメリット 最低1キロはリバウンドする 普段の食事とは全く違う食生活を送るので、普通の食事に戻した時にはどうしてもリバウンドしてしまいます。 私は普通の食事に戻してたった1日で1キロリバウンドしてしまいました。 しかし、そこからは増えることはなく、お通じもかなり改善されたように感じました。 燃焼野菜スープのおかげでデトックス効果と、代謝アップ効果で、元々摂っていた食事に戻しても太りにくい体になりました。 恐らく誰でも最低でも1キロはリバウンドすると思いますが、それ以上のリバウンドはしないと思いますし、そうならないために食生活に少し気を使うことで健康な体もキープできます。 7日間の食事制限はツラい このダイエットは、決められたものならば満腹になるまで食べてもいいというメリットがある一方、食べるものがかなり制限されるので好きなものを食べたい人には過酷なダイエットだと言えます。 私も3日目4日目あたりには本当にツラくて、スープを見ると戻してしまいそうでした。 スープを食べ続けるのはしんどいので、スープ以外の食事でなるべく満腹になるように工夫が必要です。 料理に時間をかけて、少しでも食べることが苦痛にならないようにしましょう。 手をかければそれだけ食べるのも楽しみになります。 最後に どんなダイエットも、楽に痩せられるなんていうことはありません。 でも、どうせ過酷なダイエットに挑戦するなら、ただ痩せるだけでなく健康的で美しい体を手に入れたいですよね。 確かに過酷な食事制限に思えますが、食材をどのように調理するか、味付けはどうするか、など工夫すれば楽しく食べることができるのではないでしょうか。 栄養たっぷりの野菜スープをうまく使って、あなたも健康的でスリムな体を手に入れましょう。

次の

野菜だけダイエットは痩せない?【効果を出すやり方は夜のみ!】

野菜ダイエット

よく「ダイエットのために野菜を食べている」という方がいますが、野菜なら何でもよいというわけではなく、しっかりと痩せる野菜を選ぶ必要があります。 でも、野菜を見た目だけで痩せるものとそうではないものに区別できる人なんて、殆どいないですよね・・。 そこで今回は、 ダイエットにお勧めの痩せる野菜と、 ダイエット中は摂取を控えたい太る野菜に分けてご紹介したいと思います。 もし、ダイエットのために野菜を食べようと思った時、「この野菜は痩せるんだっけ?太るんだっけ?」と悩んでしまったら、この記事を思い出して参考にして頂ければと思います。 ダイエットに野菜が効果的な理由 ダイエットに野菜がよい、ということは昔からよく聞く話です。 私達の意識の中にも、何となく「野菜を食べていたら痩せる」というイメージがあるのではないでしょうか。 では、どうして野菜を食べると痩せられるのか、その理由はご存知でしょうか。 野菜には、食物繊維が多く含まれています。 食物繊維は一昔前までは「何の栄養もないもの」として重要視されていませんでしたが、現在は腸内の老廃物や血中のコレステロールを排出する作用に優れていることから、健康維持のためには欠かせない成分と言われています。 特に便秘でお悩みの方は、食物繊維を多く摂りなさいと言われますが、これは食物繊維によって便のかさを増したり、便をやわらかくすることで排出を促す効果があるからと言われています。 便を腸に溜めこんでいると、血液循環が低下し新陳代謝が悪くなると言われていることから、食物繊維が多く含まれている野菜を摂ることでダイエットに効果があると考えられています。 また、 食物繊維は血糖値の上昇を抑える働きがあることから、インスリンの分泌を抑えて余分な脂肪がつくのを防いでくれます。 逆に、糖質が多く含まれるなど血糖値を上げやすい食物を摂ると、インスリンの過剰分泌が起こり、余った糖を脂肪として溜めこみやすくなってしまいます。 ダイエットに向いている野菜の特徴は? ダイエット中は、意識して野菜を食べる方が多いと思います。 しかし、私達は潜在的に「野菜はダイエットによいもの」としていますが、どうして野菜がダイエットに向いているのかご存知の方はどれくらいいるでしょうか。 ただし、野菜のすべてがこの条件に合うかと言われたらそうではありません。 具体的には、葉物野菜は食物繊維が豊富ですし、きゅうりやトマト、大根、白菜などは水分が多いので食べるとお腹が膨れやすいと言われています。 なお、根菜類にも食物繊維が多く含まれていますが、糖質も比較的多いため、撮り過ぎてしまうとカロリーオーバーになる可能性があるので注意しましょう。 ダイエット中に野菜はどれくらいの量を食べるといいの? ダイエット中は、野菜を上手に取り入れて食事の摂取カロリーを減らしたり、カロリーは抑えても食べ応えのある献立で満足感を高めたいものです。 しかし、ダイエットによいからと言って、大量の野菜を食べてしまうと食物繊維の働きが過剰になって、腹痛や下痢、便利などの原因になってしまいますし、逆に少量を摂ったどころではあまり意味がありません。 では、ダイエットで野菜を食べるにはどれくらいの量を摂るのがよいのでしょうか。 厚生労働省では、一日に摂る野菜の摂取量の目安を1日350g以上としています。 そのうち、緑黄色野菜を120gとしているので、内訳は緑黄色野菜が120g、淡色野菜が230gとなります。 緑黄色野菜とは、ほうれん草やかぼちゃ、ニンジン、トマトなど色の濃い野菜のことを言い、淡色野菜とはその名の通り色の薄い野菜でレタスやキャベツ、大根、白菜などがあります。 厚生労働省の推奨する350g以上という数字は、あくまでも栄養の摂取の観点からということになりますが、ダイエットのためにどれくらい摂ったらいいのかわからない時には、目安にするとよいでしょう。 野菜ダイエットのやり方 野菜ダイエットとは、 野菜を食べるダイエットになります。 特に食前や食事の最初に食べることで、その後の食事の量を自然に減らすことができると言われています。 ちなみに、推奨されている野菜の量は大きめのボウル一杯ほど。 これにノンオイルドレッシングなどカロリーの低いドレッシングをかけて、よく噛んで食べるようにします。 サラダなどの生野菜であれば、しっかり噛まないと飲み込めないことから咀嚼回数が増え、満腹中枢を刺激しやすくなりますし、温野菜は体を温め血液の流れをよくしてくれます。 野菜ダイエットの注意点 野菜には、ビタミンやミネラルなどの栄養が多く含まれているため、他の食品に比べて栄養の偏りは生じにくいものの、決定的に足りなくなるのがたんぱく質だと言われています。 そのため、野菜だけを食べるダイエットを行うと、たんぱく質不足から疲れやすくなったり、筋肉が落ちて逆に太りやすくなるなどの弊害が起こりやすくなります。 野菜ダイエットを行う場合は、あくまでも食前に野菜を多めに摂ることを心掛けるようにし、食事の量を極端にセーブすることのないようにしましょう。 特に 肉類や大豆製品などに含まれるたんぱく質は、意識して摂取することが大切です。 ダイエット中に積極的に取りたいおすすめの野菜15選! 野菜を食べてダイエット!と思ったら、積極的に以下に挙げる野菜を摂取するようにしましょう。 ここでは、ダイエットにお勧めの野菜を15種類ほどご紹介したいと思います。 キャベツ キャベツは食物繊維が豊富なため、ダイエットにとても向いている野菜の一つになります。 キャベツは火を通すと食感がやわらかくなるため、ダイエット目的なら生のまま食べるのがよいでしょう。 レタス レタスには食物繊維の他、糖質の代謝を促進するビタミンB1が豊富に含まれています。 トマト トマトには、食物繊維やビタミンの他に、リコピンという成分が多く含まれており、リコピンには血中のコレステロールの酸化を防ぐ抗酸化作用があることから、脂肪の燃えやすい体質を作る効果があると言われています。 もやし もやしは一袋食べてもカロリーがとても低い上に、食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富のためダイエットに役立つ野菜と言われています。 きゅうり 栄養がない野菜と言われるきゅうりですが、きゅうりに含まれるホスホリパーゼという酵素に脂肪を分解する作用があることからダイエットによい野菜と言われています。 セロリ 好き嫌いが分かれやすいセロリですが、カリウムを多く含んでおり、体内に溜まった余分な水分を排出して血液の循環をスムーズにする働きがあります。 ブロッコリー ブロッコリーには、たんぱく質の代謝を高めてくれるビタミンB群が多く含まれているため、脂肪がつきにくい体を作る効果があると言われています。 アスパラガス アスパラガスには、新陳代謝を活発にするアスパラギン酸が多く含まれているため、ダイエットによい野菜と言われています。 白菜 白菜には体内の水分の排出を促すカリウムの他、脂肪細胞の分化を防ぐ効果があると言われています。 アボカド アボカドは、森のバターと称されるように脂肪分が多い野菜ですが、アボカドに含まれる脂肪は不飽和脂肪酸といって、体内に脂肪が溜まりにくくする働きがあるもの。 また、食物繊維も豊富なためお通じの改善効果も期待できます。 きのこ類 野菜の中でも食物繊維が特に多く含まれているのがきのこ類です。 さらに、きのこ類はどれも低カロリーのため、ダイエット中は積極的に摂取したい食品と言えます。 大根 大根には、消化酵素のアミラーゼが多く含まれており、食べたものの消化を促し、便秘を解消する効果が期待できます。 なお、アミラーゼは熱に弱いため、食べる時は生のまま食べるのがよいでしょう。 玉ねぎ 玉ねぎに含まれるケルセチンという成分には、体内の有害物質の排出を促す作用があり、新陳代謝を高めて脂肪が燃えやすい体に変化させる効果があると言われています。 オクラ オクラのネバネバの元は、ペクチンと呼ばれる水溶性食物繊維です。 水溶性食物繊維は、日本人女性が不足しがちと言われているため、意識して摂取したいものです。 ゴボウ 食物繊維の王様と言われるゴボウには、水溶性・不溶性両方の食物繊維が豊富に含まれています。 太る野菜はどういうのがあるの?その特徴は? 太る野菜の特徴としては、イモ類であることが挙げられます。 イモ類には炭水化物(糖質)が多く含まれることから、カロリーが高く、脂肪として蓄積しやすいと言われています。 イモ類には、じゃがいもを始め、さつまいも、さといもなどがありますが、この他にもかぼちゃやにんじん、とうもろこしなども糖質を多く含むので、野菜だと思って食べ過ぎてしまうと肥満の原因になることがあります。 痩せる野菜おすすめ15選!ダイエット中にキレイに効果的に痩せる!のまとめ 野菜でダイエットを行う時は、野菜であれば何でもよいと決め付けず、ダイエット効果の高いものを選ぶことがとても大切です。 また、野菜だけ食べても体に必要な栄養が補えないため、その他の栄養もバランスよく摂るように心掛けましょう。

次の

野菜サラダダイエットは痩せない?7キロ減に成功した簡単な方法を紹介

野菜ダイエット

【目次】• ダイエット中の食べ物、気にしてる? ダイエットをするとき、多くの女性が真っ先にすることと言えば、食事の見直しですよね。 食事はどうしても自分の好きなものに偏りがち。 一人暮らしの場合は、パパッと済ませられるお惣菜にしたり、野菜不足でお肉ばかりになったり、おやつをついたくさん食べてしまったり。 美味しいものを好きなだけ食べている、なんて方も多いのではないでしょうか。 ですが、「ダイエットをしよう!」と決まると、まずは野菜中心の食事にしたり、低カロリーの食材を選ぶようにしたりしませんか?ダイエットに成功した方や痩せている人の多くは、食生活に気をつけていると言いますよね。 しかし、知識がないと栄養が偏ったり、続かなかったりでダイエットに失敗してしまう女性も少なくないようです。 ダイエットだからと言って、極端に食べる量を減らしたり、1日のうちの食事を2回にするなど、食べなければいいというわけではありません。 たとえ一時的に食事をカットした生活を続けて体重が減ったとしても、しばらくすればストレスになり過食し、リバウンドしてしまった、なんて体験談はよく耳にしますよね。 そこで今回ご紹介するのは、健康的なダイエットに効果的な食べ物や、食べると逆効果になってしまう可能性がある食べ物です。 ダイエットにいいと積極的に食べていたものが、逆効果だったらショックですよね。 まずは食事を見直してダイエットをしようとしている女性は、ぜひ参考にしてください。 ダイエットに効果的な食べ物 まずはダイエットに効果的な食べ物から見ていきましょう。 野菜類の中でも特にいいのが、色の濃いトマトやパプリカ、ほうれん草などの緑黄色野菜です。 ビタミン類も豊富なので、美肌効果も期待できます。 また、しいたけやエリンギなどのキノコ類も低カロリーで食物繊維を多く含むものが多いのでおすすめです。 また、ダイエットでお馴染みのささ身も低カロリーでタンパク質が豊富なので、蒸し鶏にして生野菜と一緒に食べることがおすすめです。 また、イカにはタウリンという成分が含まれており、脂肪を燃焼させる効果があると言われているので、お肉を食べないときはお刺身や焼き魚にして食べてみてください。 低カロリーで消化もよく、女性ホルモンに似た働きもしてくれるので、美容効果も期待できます。 このフコイダンには、脂肪の吸収をブロックする働きがあると言われているので、とろろ昆布のスープやぶっかけご飯、煮物などにしてサラッと食べることがおすすめです。 海藻類はお味噌汁に入れて食べるのが手軽です。 いちごには血糖値の上昇を抑えたり、コレステロール値を下げたりする効果があると言われており、グレープフルーツには脂肪の分解を促す作働きがあると言われています。 また、グレープフルーツの香りで、食欲を抑える効果も期待できます。 夜遅くなど、変な時間に小腹が空いてしまった時には、グレープフルーツを食べるなどして、食欲を抑える方法が良いでしょう。 ランチにあと1品を選ぶのであれば、コンビニでも売っているゆで卵がベスト! 便秘やぽっこりお腹にお悩みであれば、まずが毎日ヨーグルトを食べる習慣をつけてみましょう。 ナッツ類であればおやつ代わりにできますし、ショウガであればお湯や紅茶に混ぜて、起床後や就寝前に飲むと身体を温めることができます。 冷え性の方は積極的にショウガを食べるように意識すると良いですよ。 ダイエットにNGな食べ物 反対にダイエットにNGな食べ物を見ていきましょう。 糖質も脂質も太る原因になりますが、スイーツには思っている以上にたくさんの砂糖や脂質の多い乳製品が使われています。 食べることを我慢するとよくないのですが食べすぎはもちろんよくないので、たまのご褒美として食べるのに留めて、食べるときは少量にしましょう。 また、メロンパンやクリームパンのように甘い菓子パンや、デニッシュやクロワッサンのようにバターをたっぷり使ったパンもカロリーが高めです。 糖質と脂質がたっぷりな上、ダイエット中に摂りたいタンパク質や食物繊維はあまり含まれていません。 どんなに忙しい時でも、これらのパンだけで食事を済ませるようなことは避けましょう。 甘い物が食べたい場合は、脂肪分の多い洋菓子ではなく、和菓子がおすすめ。 生クリームやバターが使われることが少ない分、カロリーが控えめです。 しかもあんこに使われる小豆は、体を温める効果があり食物繊維も豊富ですよ。 脂肪の摂取が過剰だと、太る原因となってしまいます。 中でも大量の油を使う揚げ物は、カロリーが高くなるので食べすぎには注意しましょう。 しかし、完全に揚げ物を禁止してしまうと、そのストレスがかえってリバウンドの原因にもなるので、時々食べるのはかまいませんが、食べる量には気を付けてください。 ただし、食べ方で太りにくくすることは可能です。 まず、副菜には野菜やきのこ、海草などの食物繊維が豊富なものを選びましょう。 食物繊維が脂肪の吸収を抑制してくれます。 また、夕食で食べるのではなく、昼食で食べるようにすると、摂取したカロリーを日中の活動で消費できて体脂肪に変わりにくくなりますよ。 仕事の日のランチに、唐揚げ定食などを食べると良いですね。 また、味が濃く含まれている塩分量も多いので、むくみの原因にもなってしまいます。 にも拘わらず、ビタミンや食物繊維などは摂りにくいので、日常的に利用するのは避けて、たまの楽しみにするようにしましょう。 また、ファーストフードを食べる前後の食事では野菜を多めに、油脂は少なめにすることを心がけましょう。 どうしてもハンバーガーやポテトが食べたくなったら、サイドメニューのサラダを必ず注文し、ハンバーガーを食べる前に野菜を食べるようにしましょう。 しかし、麺は糖質が高く、またスープには塩分が多く含まれています。 ラーメン自体に具材に野菜があまり使われていないだけでなく、サイドメニューにも野菜を摂れるものが少ないのもダイエットにはマイナスなポイント。 もしラーメンを食べるなら、野菜がたっぷりのタンメンがおすすめ。 タンパク質が摂れるように煮卵やチャーシューが乗ったラーメンを選ぶのもよいでしょう。 また、お酒の〆に食べることも多いですが、夜遅くに食べると太りやすくなるので、ダイエット中は〆でラーメンを食べることを避けましょう。 スープも全部飲み干さずに残すようにすると、塩分や脂肪分の過剰な摂取を防げますよ。 しかし、ご飯の量が多いので糖質が高めです。 しかも、牛丼や親子丼などは野菜を取れるのは玉ねぎくらいです。 また、天丼やカツ丼など揚げ物を乗せた丼物は、カロリーも高めになっています。 丼物を食べるなら、野菜を多く摂れる中華丼が良いでしょう。 また、親子丼は卵と鶏肉で良質なタンパク質が摂れるので、副菜に野菜がたくさん入った豚汁やほうれん草の胡麻和え等の小鉢を追加するとダイエット向きの献立になります。 お店では、可能であれば注文するときにご飯を少なめにするように頼むと、糖質の摂取を抑えられます。 食物繊維やビタミンも豊富でダイエットには効果的に思えますが、根菜類は糖質が多く、太りやすいという面もあります。 美容やダイエットによい栄養素が含まれているからといって、安心して食べ過ぎないように注意しましょう。 中でもサツマイモやジャガイモ、サトイモなどのイモ類は特に糖質が高めです。 また、かぼちゃやトウモロコシなどは根菜類ではありませんが、糖質が高い野菜です。 一つひとつ覚えておくのは大変ですが、甘みのある野菜は糖質が高い、ということは押さえておきましょう。 ただし、果糖は糖質の中でも血糖値が緩やかに上がるのが特徴。 積極的に摂るべきものではありませんが、「甘いものが食べたい!」というときにスイーツを食べるよりもいいですよ。 特にバナナは手軽に食べられる上、カロリーもごはん1杯や6枚切りの食パン1枚の半分以下なので、間食として食べるくらいでは太りにくい果物です。 ダイエットに効果的な食べ物でも選び方や食べ方が重要! ダイエットに効果的な食べ物でも、食べ方を間違えてしまうと太ってしまうことがあります。 そこで気を付けたいのは、下記の4つのポイントです。 どれか一つの食べ物に偏ってしまうと、必要な栄養も偏ってしまうので、ヨーグルトダイエットやフルーツダイエットなど、一品ダイエットは控えましょう。 また、ダイエットだからと夜ごはんを抜くなどすることもNGです。 適量をしっかり3食、できることなら毎日決まった時間に食事を摂ることができるように心がけましょう。 身体が冷えると代謝が低下してしまうので、温野菜やスープなどで食べるように工夫してみてください。 お鍋の季節では野菜をたっぷり入れて食べましょう。 ですので添加物の少ないものを選ぶようにしてください。 食事のカロリーも気にしながら、バランス良く食べるようにしてみてください。 そもそもの太る原因は? まずはダイエットを開始する前に、太る原因をチェックしてみましょう。 当てはまるものが多い方は注意が必要です。 ダイエットを成功させたい方は、太る原因を無くすことから始めてくださいね。 太る原因【1】消費より摂取エネルギーが多い これは基本になりますが、1日の摂取エネルギーよりも消費するエネルギーが優っている場合は、太りやすい状態です。 例えば、1日中家にいるのに高カロリーな食事を摂る。 こんな日々が続いていれば、太ってしまうのは当たり前ですよね。 食べたり飲んだりした分、活動する量 消費エネルギー を増やすようにしましょう。 デスクワークの人は、ひと駅分を歩いてみたり、早く帰れた日にはジョギングをするなど、運動習慣を身につけられるといいですね。 運動の習慣がなかなかつけられない人は、毎日使うエスカレーターを階段に変えたり、マンションやアパートに住んでいる人はエレベーターを使わずに階段を使うなど、日々の生活の中でも改善できることはあるはずです。 太る原因【2】糖質の摂りすぎ こちらもダイエットでは常識ですが、糖質の摂りすぎも太る原因の1つです。 糖質とは甘いお菓子だけではありません。 毎日食事で摂る炭水化物も糖質です。 スナック菓子やファストフードを減らすのはもちろん、普段ごはんをお代わりしている人は茶碗一杯の少なめにしたり、ラーメンやパスタを意識的に減らすことも大切です。 太る原因【3】脂質の摂りすぎ ダイエットをするときには、糖質だけでなく脂質を見直すことも大切です。 脂質とは簡単に言えば「油」。 油を摂りすぎると、皮下脂肪になってしまいます。 油を見直すのであれば、オメガ3やオレイン酸などの良い油に変えると良いでしょう。 太る原因【4】栄養不足 ダイエットだからといって極端に食事を減らす人がいますが、それでは必要な栄養がとれずに栄養不足になってしまいます。 ビタミンやミネラルが不足すると、私たちの身体は摂取したものを代謝しにくくなってしまうのです。 肉や魚、卵は重要なタンパク源。 また、ビタミンやミネラルも豊富に含まれているので、炭水化物を減らしたら肉や魚、卵料理はしっかり食べるようにすると良いですよ。 ダイエットに効果的な食べ物の太りにくい食べ方、時間帯を覚えよう ダイエット効果を高めるなら、食べ物だけでなく食べ方や食べる時間帯も意識することがおすすめです。 また、お米を食べる前に満腹感を得ることもできるので、カロリーを抑えたり食べすぎを防止することも期待できますよ。 空腹感に耐えられなくなったら、この時間帯を狙って少しだけ食べるようにしてみてください。 また、眠るだけになる夜は消費カロリーが減るので脂肪が燃焼されにくく、蓄積されやすくなります。 18時までに食べて消化をしっかりした状態で眠れるようにすると蓄積されにくいですし、胃腸を休めることができるので明日もまた活発に働いてもらうことができますよ。 遅い時間になってしまう場合は、スープなど消化のいいものを選びましょう。 ダイエット中に選びたいコンビニメニューは? ダイエット中におすすめのコンビニメニュー【1】野菜サラダ - 2019年 3月月21日午後12時59分PDT ダイエット中でもサラダだけでは満腹感は得られないし、タンパク質も不足してしまいます。 タンパク質はきれいな肌や髪を作るのに不可欠なので、カロリーを抑えるのに夢中になってタンパク質の摂取をおろそかにすると、せっかく痩せても肌も髪もツヤが無くなってしまい、不健康な印象に。 そこでサラダにプラスしたいのが、ヨーグルト。 タンパク質の他、ダイエット中に不足しがちなカルシウムも摂取できます。 また、乳酸菌の効果で腸内環境も整えられますよ。 ただし、加糖のものではなく無糖のものを選ぶなど、低糖質になるように気を配りましょう。 ダイエット中におすすめのコンビニメニュー【4】サラダチキン ダイエットに効果的な飲み物 ダイエット中は飲み物にも気を配りたいもの。 ダイエット中におすすめなのは、以下の飲み物です。 特にミネラルが豊富に含まれた硬水のミネラルウォーターがおすすめです。 1日に飲む水の理想は1. 5~2リットル。 水分は体の代謝のために必要なので、不足すると老廃物がたまりやすくなってしまいます。 また、ダイエット中は便秘になりがちですが、水分をしっかり摂ることで、お通じがスムーズになる効果があります。 しかも、緑茶に含まれるカテキンは脂質の吸収を穏やかにする効果があるので、食事と一緒に飲むなら緑茶がおすすめ。 また、脂質の代謝を促進する効果もあります。 緑茶の中には、特保 特定保健機能食品 に指定された高濃度茶カテキンが含まれている商品があり、これは特にカテキンの効果が高められています。 クロロゲン酸には食後の血糖値の上昇を緩やかにする効果もありますよ。 カフェインは紅茶にも含まれていますが、クロロゲン酸という成分はコーヒーのみに含まれていますので、紅茶とコーヒーで迷ったときはコーヒーを選ぶとよいでしょう。 ただし、砂糖やミルクを入れるとカロリーがアップしてしまい、逆効果になりかねません。 特に無糖や微糖以外の缶コーヒーにはたくさん糖分が含まれているので注意しましょう。 ダイエットにNGな飲み物 反対にダイエットにNGなのは、以下の飲み物です。 また、カロリーゼロのジュースには糖分の代わりに人工甘味料が使用されていて、人工甘味料は中毒性や体への負担などが危惧されています。 市販のジュースはできる限り避けましょう。 ジュースが飲みたい場合は、新鮮なフルーツを絞ったフレッシュジュースを選ぶとよいでしょう。 ダイエット中に不足しがちなビタミンや食物繊維も手軽に補給できますが、中には糖質が高いものがあるため選んで飲むことが必要です。 糖質が高いのはにんじんやかぼちゃが入っているものや、飲みやすいようにフルーツを加えているもの。 野菜ジュースを選ぶときは原材料や栄養成分表示を確認して、糖質が高くないか注意しましょう。 しかし、糖分が多く含まれているためダイエット中には不適切です。 栄養が豊富なので、甘いものが欲しくなったときにたまに飲むのはかまいませんが、積極的に飲むのはやめましょう。 なお、基本的に冷たい飲み物は内臓を冷やして代謝を低くしてしまうので、ダイエット中にはNGです。 ダイエットにおすすめの飲み物についても常温、またはホットで飲むようにしましょう。 ダイエット中の便秘対策 ダイエット中には便秘になりやすいもの。 その原因別に、改善方法をご紹介します。 そのため、その結果便秘になることがあります。 また、人気の糖質制限ダイエットですが、炭水化物には食物繊維も含まれているので、炭水化物の摂取を減らすことで食物繊維が不足することがあります。 きのこや海草はカロリーがゼロなのに食物繊維が豊富なので、これらを積極的に摂るようにしましょう。 しかし、油分は便が腸を通るときの潤滑油のような役目も果たしています。 そのため、油分が不足することで便秘になることもあります。 基本的には控えたい油分ですが、オリーブオイルやグレープシードオイルなどにはオレイン酸という血糖値の上昇を抑える効果がある成分が含まれています。 これらの良質な油分を適度に摂るようにしましょう。 運動をすることで腸が刺激されて動きが活発になります。 食事制限だけでなく、運動も取り入れるようにしましょう。 運動が苦手な場合は、エスカレーターではなく階段を使ったり、一駅分歩いたりなど通勤・通学時に自然に運動できるようにするのがおすすめです。 ダイエット中に食べても良いお菓子のポイント4つ ダイエット中に食べても良いお菓子のポイント【1】食べるものを選べばOK - 2020年 3月月10日午前5時53分PDT ダイエット中はもちろん、食事制限が大切。 摂取カロリーが消費カロリーを上回ると、脂肪が付いてしまうので、食べ物を制限しなければなりません。 そのため、「ダイエット中は絶対にお菓子を食べてはいけない」と考えている人も多いです。 しかし、お菓子を我慢しすぎると、ストレスが溜まります。 ストレスが蓄積すると、ダイエットが続かなくなったり、食事制限の反動で暴飲暴食に走ったりすることも少なくありません。 今は、ダイエットに適した低カロリーや低糖質のお菓子もたくさん出ているので、上手く選んで無理なくダイエットを続けましょう。 ダイエット中に食べても良いお菓子のポイント【2】糖質が少ないものを食べる - 2020年 5月月2日午後9時23分PDT 糖質は、脳や体のエネルギー源ですが、摂りすぎると脂肪として蓄積されます。 反対に、糖質が不足すると、エネルギーを生み出すために、体内の脂肪が燃焼されます。 そのため、ダイエット中は、食べ物から摂取する糖質の量を減らすことが大切です。 食事と同じようにお菓子も、糖質の量を考えて選びましょう。 成分表示のはじめの方に砂糖が書かれているお菓子はかなり糖質が多いと考えられているため、ダイエット中は避けた方が無難です。 特に、依存性が高いと言われる人工甘味料や脂肪を増やすと考えられている果糖ブドウ糖液糖が多いお菓子を食べるのは、我慢することをおすすめします。 一方、砂糖などの糖分が添加されていないドライフルーツやナッツ、糖分が少ないハイカカオのチョコレートは、ダイエット中に食べてもOKです。 ダイエット中に食べても良いお菓子のポイント【3】よく噛むもので満腹感を得る - 2020年 2月月22日午前1時01分PST ダイエット中でも、糖質が少ないものやよく噛んで食べるものなら、お菓子を食べても大丈夫です。 しかし、食べる時間や量には気を付けましょう。 糖質が少ないお菓子でも夜遅い時間に食べたり、一日中だらだらと食べ続けたりすると、太る可能性が高いです。 また、低カロリーのヘルシーなお菓子でも、全く我慢せずに思う存分食べると、脂肪が付いてしまうでしょう。 ダイエット中なら、脂肪が付きにくいと言われる16時までに間食を済ませるのがポイント。 お菓子の摂取カロリーは一日の摂取カロリーの1割を目安にしましょう。 カロリーの高いお菓子は小分けしておくと、量を調節しやすいです。 また、お菓子と一緒に楽しむ飲み物にも注意が必要です。 砂糖やミルクをたっぷりと入れたコーヒーや紅茶、甘いジュースなどは高カロリーなので、なるべくお茶や水、白湯などを選んでください。 ダイエット中に食べても良いお菓子【1】LOTTE ロッテ ゼロ シュガーフリーケーキ.

次の