傷病 手当 社会 保険 料。 傷病手当金を受給すると厚生年金と健康保険は免除になりますか??

知らないと損する「健康保険」の落とし穴

傷病 手当 社会 保険 料

com/marchmeena29) 公的医療保険には、病気やけがをしたときの医療サービスだけでなく、現金が給付される制度があります。 ただし、自分から手続きをしなければ、もらえません。 条件を満たしていても、制度を知らないと損をするわけです。 なかでも、働き手として、ぜひとも頭に入れておくべきなのは「傷病手当金」です。 病気やけがで仕事を休んだときに、生活費をそれなりに確保できるからです。 傷病手当金は、雇われている人向けの健康保険の加入者が、病気やけがで仕事を休んだ結果、給与が出なくなるか、元の3分の2程度未満に減った場合に支給されます。 労災保険の対象となる業務災害・通勤災害以外の病気やけがで休んだときの所得保障制度です。 以下、健保組合、協会けんぽに加入している人の場合で説明します。 公務員や私学の共済組合でも、だいたい同じです。 連続して3日休んだ後の欠勤日から支給 傷病手当金は、病気やけがのために労務不能になり、連続して3日間休むと、その次の欠勤日から支給されます。 最初の連続3日の休みは「待期期間」と呼ばれ、公休日や有給休暇も含めて数えます。 早退した場合も、待期期間の1日目にカウントします。 給与がゼロになった場合の支給額は1日あたり、直前の「標準報酬日額」の3分の2です。 雇われている人向けの社会保険(健康保険、厚生年金保険)では、労働の対価の月額を等級区分にあてはめて「標準報酬月額」を決め、保険料の計算などに用いています。 傷病手当金を計算するときは、最初の支給対象日の属する月を含めた以前1年間の標準報酬月額を平均したうえで、それを30で割って「標準報酬日額」とします。 標準報酬月額の平均が30万円の人だと、標準報酬日額は1万円になり、傷病手当金はその3分の2で、1日あたり6667円が支給されます。 公休日の分も支給されます。 休んでいる期間に給与がある程度出た場合も、1日あたりの額が「標準報酬日額の3分の2」より少なければ、差額が支給されます。 その健康保険に加入する前になった病気やけがで、加入後に休んだ場合も給付対象です。

次の

休職した従業員の社会保険はどうなる?

傷病 手当 社会 保険 料

お礼いただきありがとうございます。 >…ということは「失業保険の給付日数」の決定には離職せずに傷病手当金を受給している期間(すべて欠勤で、いただくお金は傷病手当金のみ)は含まれないということでよろしいでしょうか? おおむねそういうことになりますが、前回の回答は「休職期間中の雇用保険料」に限定したものとなりますので、「雇用保険の給付金を受けるための要件」と直接の関係はありません。 「雇用保険の給付金」については、「人それぞれ、ケースバイケース」で受給要件が変わりますので、「ハローワーク」で【自分自身の場合】についてご確認ください。 ただし、延長できる期間は最長で3年間となっています。 「健康保険の傷病手当金の受給要件」については、【在職中に加入している(していた)健康保険の保険者】にご確認ください。 >…傷病手当金を受給している期間、…保険料の徴収は、…自分で支払い処理をすることになるのでしょうか? いえ、「自分で支払い処理をする」ことはありません。 ただし、「従業員負担分の保険料が免除される」わけではありません。 つまり、「健康保険料と厚生年金保険料は、もともと事業主が立て替え払いしている」ということです。 (休職などで)支払うべき賃金(給与)がない場合は、(立替分を)本人から徴収できませんので、本人から直接徴収することになります。 (徴収方法は労使間で決めることになります。 … --- (備考) 「健康保険料、厚生年金保険料」については、「標準報酬月額」によって保険料が決まるため、賃金(報酬)の支払いがなくなっても保険料の額は変わりません。 「標準報酬月額」は、原則として、年に一度見直しが行われます。 (傷病手当金の支給額も標準報酬月額をもとに決まります。 ) 『Q. 標準報酬月額は、いつどのように決まるのですか。 …(以下略) >自分で支払い処理をするのであれば…何か悪影響はありますか? 上記の通り、「自分で支払い処理をする」ことはありませんので、悪影響もありません。 ですから、【仮に】、事業主が保険料を滞納しても傷病手当金の給付には影響しません。 『傷病手当金|WEBNOTE』 >傷病手当金の受給中、所得税、住民税の徴収はどうなりますか? ・「所得税」は、【給与が支払われなければ】徴収されません。 ・「個人住民税」も、【給与が支払われなければ】【給与からは】徴収されません。 よって、「給与の支払額0円」の場合は、「給与からの所得税の源泉徴収税額」も「0円」となります。 『[PDF]平成26年分 給与所得の源泉徴収税額表(月額表)』 なお、「源泉徴収される所得税額」は【仮の税額】ですから、「年末調整」か「確定申告」で過不足を精算することになります。 つまり、「給与の支払額」にかかわらず、徴収される税額は【変わりません】。 ですから、「給与の支払いがなくなる」場合は、事業主は「特別徴収」を中止して、市町村に届け出を行う必要があります。 届け出を受けた市町村は、別途、本人宛に納付書を送付します。 必ず提出が必要です。 --- なお、「やむを得ない事情」によって納付が難しい場合は、【市町村の窓口で相談することで】「納付の猶予や減免」などを受けられること【も】あります。 「猶予や減免」については、「各市町村の条例や規則」をもとに「住民の事情(や提示された納付計画など)を考慮して」判断が行われます。 (所得税については、個人住民税よりは気をつけている事業主が多いです。 本年1月分から傷病手当金の申請を行い、 先日1・2月分が支給されました。 (主人が病気での申請です) 主人の会社より「社会保険事務局から 振込みがあったと思うので 3か月分の厚生年金と健康保険料を 振り込んでください」と連絡がありました。 もちろん、年金と保険料を支払うことには問題は ないのですが、通常会社に振り込むものなのでしょうか??その場合、明細などを頂いたほうが いいのでしょうか。 また3月・4月分の請求に必要なので決定通知書を 送付してくださいとの依頼も受けました。 主人がうつ病で直接会社と交渉出来ない為、 私が間に入っております。 受給額も6割とのことでしたが、1か月分が2割程度の 支給になっており、こちらは会社からの申請を 確認していただいています。 現在の状態では支給いただいた額以上に 年金と保険金額を会社宛振り込まなくてはなりません。 会社にはよくしていただいていると思いますので 私の勉強不足の質問で気を悪くされると、と 思うと直接確認することができません。 アドバイスいただけますと助かります。 困っております。 本年1月分から傷病手当金の申請を行い、 先日1・2月分が支給されました。 (主人が病気での申請です) 主人の会社より「社会保険事務局から 振込みがあったと思うので 3か月分の厚生年金と健康保険料を 振り込んでください」と連絡がありました。 もちろん、年金と保険料を支払うことには問題は ないのですが、通常会社に振り込むものなのでしょうか??その場合、明細などを頂いたほうが いいのでしょうか。 また3月・4月分の請求に必要なので決定通知書を 送付してくださいとの... A ベストアンサー まず、社会保険料(厚生年金保険料・健康保険料・年齢によっては介護保険料)は、社会保険事務所から会社に対して月ごとに請求されます。 社会保険料は会社と本人とで折半して支払いますので、半額分の会社負担分はもとより、本人負担分の保険料も会社宛に請求されますので、会社としては今までの本人負担分の保険料を立て替えていたことになります。 そのため、今までの本人負担分の保険料は会社に返還する必要があります。 しかも、傷病手当金が支給されるまで請求を待ってくれているので、まだ良い会社なのではないかと思われますよ。 私の知っている会社の中には、傷病手当金が支給される前でも毎月支払わせている会社もありますから。 >受給額も6割とのことでしたが、1か月分が2割程度の 支給になっており、こちらは会社からの申請を確認していただいています。 >現在の状態では支給いただいた額以上に年金と保険金額を会社宛振り込まなくてはなりません。 これはおそらく今までは給料の一部が支給されていたか、有給休暇を使用していたかのいずれかが考えられますが、それであれば傷病手当金を受給する前に、その分の給料の支給があったはずです。 ですので、いずれにしても保険料の支払いは必要になってきます。 傷病手当金よりも高い保険料と思われているようですが、数か月分の保険料なので一度に支払うと高く感じるのかもしれません。 あとは、今までの保険料を月賦にて返還する方向で会社と交渉してもらうしかありません。 まず、社会保険料(厚生年金保険料・健康保険料・年齢によっては介護保険料)は、社会保険事務所から会社に対して月ごとに請求されます。 社会保険料は会社と本人とで折半して支払いますので、半額分の会社負担分はもとより、本人負担分の保険料も会社宛に請求されますので、会社としては今までの本人負担分の保険料を立て替えていたことになります。 そのため、今までの本人負担分の保険料は会社に返還する必要があります。 しかも、傷病手当金が支給されるまで請求を待ってくれているので、まだ良い会社な... Q 私は現在肝硬変を患っており、生体肝移植を近日に受ける予定になっております。 現在体に負担を掛けないようにと医師から言われ、会社を休業しているところで傷病手当金を申請しております。 この先移植が成功したとしても最低6. ・7ヶ月は職場復帰できないと予想されます。 その間傷病手当金で妻に生活してもらわなければなりませんが、会社より厚生年金料・社会保険料・市県民税を請求されています。 当然なことだとは思っていますが、通常給料支給額が32万程度なので傷病手当金支給額が19万前後になると思います。 そこから厚生年金料・社会保険料・市県民税を支払うと14万ほどになってしまいます。 これでは現実問題として生活していけないと感じております。 当然そこから術後の治療費なども支払うわけですから・・・ やはり会社としては正当な請求なのでしょうか? またもし免除してもらえるものがあるとすれば、どれで、どんな申請をすればよいのでしょうか? 手術費用は借金で捻出する予定です。 どなたか教えてください。 本当に悩んでおります。 お願いいたします A ベストアンサー 1 今回の場合、社会保険料の免除は有りません。 よって、会社が個人負担分を請求する行為に違法性は御座いません。 2 傷病手当金の額は次の算式で日額が求められます。 kyoukaikenpo. html 3 以前は高額療養費は事後申請でしたが、現在は事前手続きによる方法も有ります。 加入している健康保険にお問い合わせ下さい。 kyoukaikenpo. 会社に到着後、2~3日うちに提出してくれていれば、概ね10日くらいで振込まれるのではないでしょうか。 ちなみに、政府管掌の都道府県健保協会へ最近請求したところです。 ただ、交通事故によるものなので通常より書類が色々と必要だったり確認が入ったりしたので おそらく通常よりも日数がかかっているものではないかと思います。 なので、質問者さんの場合はもっと早いと思います。 健保組合だと、処理速度はわかりませんが、そんなに大きくはかわらないんじゃないかと思います。 給料の支払いがなくて免除されるのは育児休業者の保険料だけです。 したがって給料の支払いがなくても会社はご主人の保険料まで負担義務はありませんから、自己負担分の保険料は今まで通り会社へ支払う必要があります。 支払方法については会社の担当者に従ってください。 しかし、雇用保険は違います。 社会保険料と違い、給料の支払いの都度、総支払額に対して保険料率を掛けて保険料が求められます。 ご主人に給料の支払いがなければ保険料は発生しません。 所得税も同じように発生しません。 給料の支払いがなくても雇用保険を喪失しない限り、雇用保険の被保険者であることには変わりません。 もし会社から雇用保険の保険料の請求があったら、それは誤りですので支払う必要はありません。 そのことを会社へ指摘されると良いです。 社会保険料の他に住民税も支払い義務があります。 おそらく会社から徴収できないので、自宅宛てに住民税の支払い通知書(普通徴収)が納付書と共に届くと思われます。 給料の支払いがなくて免除されるのは育児休業者の保険料だけです。 したがって給料の支払いがなくても会社はご主人の保険料まで負担義務はありませんから、自己負担分の保険料は今まで通り会社へ支払う必要があります。 支払方法については会社の担当... A ベストアンサー 健康保険の被扶養者についてのご質問ですね。 所得とは税法で使う用語です。 健康保険では使いません。 健康保険によって異なるといった発言もありますが傷病手当金は立派な収入です。 健康保険の被扶養者認定で収入と扱われるのは恒常的な収入は全て含まれます。 パートで出ている交通費、失業給付全てです。 一時期的に得た収入以外全てといったほうがいいですね。 現実的には「日額3,612円以上」の収入があると被扶養者とはなれません。 厳しいところだと「傷病手当金を受給している」というだけで被扶養者にはなれない可能性も十分あります。 被扶養者として認定される可能性はどちらかというと低いです。 最終的には親御さんの健康保険に確認してください。 もし被扶養者になれなければご自分で健康保険料(及び国民年金保険料)を支払う必要があります。 任意継続被保険者になるか、国民健康保険に加入するかはあなたがご自分で確認するしかありません。 何が世間一般なのかは人によって異なりますが、休職している間は次のようになるのが一般的と考えます 給料 有給休暇ではないのだから、給料は支払われない。 健康保険料、厚生年金保険料、介護保険料(40歳以上の方) 休職中であっても労働の負担分は発生する。 会社は保険料納付義務があるから、労働者負担分を労働者に請求する 雇用保険料 これは支払った賃金額に対して徴収するので、給料等が支払われない限り、発生しない。 で、通達ですが・・・2つあります。 むかしの方[番号:3.12.27保規3176]は、文体が古いので・・・簡単に書くと『内職をした場合でも支給します』とされております。 itcrengo. pdf 『被保険者がその本来の職場における労務に就くことが不可能な場合であっても、 現に職場転換その他の措置により就労可能な程度の他の比較的軽微な労務に服し、 これによって相当額の報酬を得ているような場合は、労務不能には該当しないもので あるが、本来の職場における労務に対する代替的性格をもたない副業ないし内職等の 労務に従事したり、あるいは傷病手当金の支給があるまでの間、一時的に軽微な他の 労務に服することにより、賃金を得るような場合その他これらに準ずる場合には、 通常なお労務不能に該当するものであること。 したがって、被保険者がその提供する労務に対する報酬を得ている場合に、そのことを 理由に直ちに労務不能でない旨の認定をすることなく、労務内容、労務内容との関連に おけるその報酬額等を十分検討のうえ労務不能に該当するかどうかの判断をされたいこと。 』 と言うことは、短時間(又は1週間に数日)で軽易な労働をするアルバイトであれば、必ずしも保険給付の不正取得になるとは言い切れません。 何が世間一般なのかは人によって異なりますが、休職している間は次のようになるのが一般的と考えます 給料 有給休暇ではないのだから、給料は支払われない。 健康保険料、厚生年金保険料、介護保険料(40歳以上の方) 休職中であっても労働の負担分は発生する。 Q はじめまして。 去年うつ病にかかり、休職しています。 完結にお話しすると、給料(保険等差し引きなし)より、傷病手当金(差し引きなし)の方が多いのです。 お給料を頂いていた時点で、手取りで11万程度でした。 傷病手当金が、保険料を払って13万残ります。 もちろん、保険料の減額?と思って確認しましたが、数百円の差くらいしか見当たらなくて困っています。 足りない頭で調べたのですが、給料の3分の2の受給額と書いてあったので、あれれ?と思いました。 正社員雇用で、土日休み、残業はしていましたが、残業代を頂いたことはありません・・・; また、傷病手当金を受給されていないのですが、保険料の催促がひどいです。 (会社から) 払わなければならないのは分かりますが、身寄りがないので、誰にも頼れません。 このような場合、どうすればいいか、なにかアドバイスも頂けると助かります。 もちろん、身勝手なご相談だとは分かっております。 しかし、ひとり暮らしで、3ヶ月も受給が滞っていて、家賃すらままならない状態です。 どうかよろしくお願いします。 標準報酬日額とは、現在支払っている健康保険の金額を決定する標準報酬月額を30で割ったものです。 手取りの給与と比べるのはちょっと無理がありますね。 総支給額や標準報酬月額が不明ですので一概には言えませんが、最初の給付などが月の途中から始まっているときりのいい月末までまとめて支給申請することもあると思いますので1ヶ月より多い日数になっている可能性があります。 支給時の明細とかはないんでしょうか? 保険料に関しては、確かに収入がなければ支払えませんので、傷病手当金が支給されたら必ず保険料を支払うことを会社に約束して給付の手続きを進めてもらった方がいいでしょう。 ただ、申請が通ってから支払いまでは数週間かかるようですのでご注意を。

次の

知らないと損する「健康保険」の落とし穴

傷病 手当 社会 保険 料

会社を休業して給料の支払がない場合でも保険料負担はあります。 給与明細を見ると総支給額が0円で、控除額が健康保険料と厚生年金保険料の分だけマイナスであがっていると思います。 マイナスということはその分、会社に支払わなければならないということなのですが、毎月の給与から天引きされているときには感じない保険料の負担もいざ払うとなると結構な負担感です。 会社としても、私傷病とはいえ、休業中で給与の支給がない人に、「個人負担分の保険料を払ってください」とは言いにくいので、本人に傷病手当金の受取りを会社宛にするようにしてもらい、その傷病手当金から被保険者の本人負担分の健康保険料と厚生年金保険料を控除して残りを本人に渡す方法を考えます。 これは実際に相談を受けたりするんですよ。 この回答ですが、健康保険法に規定により、事業主が被保険者に対して通貨で報酬を支払う場合には、被保険者の負担すべき前月分の保険料(退職時に限っては、前月分及び当月分の保険料)を報酬から控除することが認められています。 よって、現物給与や報酬以外のものから本人負担分の保険料を差し引くことはできませんので、報酬以外のものである傷病手当金から控除することは認められません。 法律的な模範解答はこうなります。 では、どうすればいいのかというアドバイスになるんですが、傷病手当金の支払を本人の銀行口座でなく、本人の同意により会社に委任して会社の口座に振り込んでもらい、会社がそのお金を引き出して本人に手渡しして、その場で本人負担分の保険料をもらう方法なら大丈夫です。 (控除するのではなく本人が自分の意思で会社に本人負担分を渡しているわけですからOKなんです。 ) 家族が代わりに受け取る場合は微妙です。 アウトかもしれませんので、本人のところに持参していったほうが確実です。 傷病手当金から本人負担分の保険料を控除して渡すのはダメで、一旦、現金で傷病手当金を渡しすぐ本人負担分を返してもらうのは問題ないということです。 この辺いつも説明していて「どうかな」と思うんですが・・・。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、してください。 Copyright C 2012. All Rights Reserved.

次の