とりむね。 【保存版】早い!鶏胸肉料理の人気簡単37選まとめ!つくれぽ1000越えクックパッドとりむね肉レシピ!お弁当にも!

【保存版】早い!鶏胸肉料理の人気簡単37選まとめ!つくれぽ1000越えクックパッドとりむね肉レシピ!お弁当にも!

とりむね

しっとりやわらかくて、美味しい鶏ハム! 安価な鶏胸肉がごちそうに大変身すると、話題沸騰中の料理です。 でもいざ作ってみると、なんだかパサパサ。 全然しっとりじゃない! ということで本日は、パサパサしない美味しい「鶏ハム」の作り方を科学的にご紹介したいと思います。 鶏胸肉で簡単にできる! しっとり美味しい「鶏ハム」を作るための科学 《材料 1人分》• 鶏むね肉 2枚(400 g )• 塩 4 g• 砂糖 4 g 科学1: 塩分濃度は1%!? そして砂糖を使用する 理由とは 人間の体内の塩分濃度は 0. 8~ 0. 9%に保たれているそうです。 つまりここで塩の量は1%というのは、 人間が本能的に美味しいと感じる塩分濃度の目安としているからです。 そして、 砂糖を使用することで、保水効果につながり旨味を逃がさない役割を果たしてくれるのです。 《作り方》 1. 鶏むね肉の皮は剥ぐ。 後で巻きやすいように長さを揃えて切り、観音開きにしてフォークで数ヶ所穴を空ける。 ボールなどに入れ、塩と砂糖を手でもみ込んで馴染ませたら、密封袋へ。 空気を完全に抜き、密封した状態で24時間冷蔵庫で寝かせる。 科学2:熟成時間は 24時間 調味料を揉み込んだ鶏胸肉を、24時間ほどを目安として冷蔵庫で寝かせることで、中まで熟成が進み、しっとりと柔らかくなります。 24時間目安の熟成の過程で、肉のたんぱく質の変化により水分や臭味が抜け、旨みやしっとり感、保存効果が増します。 をラップでキャンディー状に巻き付けて両端を輪ゴムでしばり、お湯の中に入れて30分間茹でたら取り出し、粗熱が取れたら冷蔵庫で完全に冷めるまで(約2時間)冷やし固める。 温度計を持っていない方は沸騰したお湯の中に入れ蓋をしてお湯が冷めるまで茹でてあげると近い効果が生まれます。 冷えて固まった2. を食べたい分だけ切り分ける。 科学まとめ• 塩分濃度は1%• 熟成時間は24時間を目安に• 明治11年創業の老舗ホテル、富士屋ホテルでの修行を積み退社後、ドラマ、映画、舞台などで俳優活動をしながら調理師免許、 フードコーディネーター認定書を取得。 様々な媒体、 フードイベントで活動しているwebコラムでも話題の次世代料理男子。

次の

あさイチしっとり鶏むね肉のレシピ2通り。電子レンジと煮る作り方。

とりむね

おうちでしっとりサラダチキンを作ろう! 家で調理する場合、どうしても、「ゆでるとパサついて食べづらい・・・」という声が上がる鶏ムネ肉。 しかし、近頃では、コンビニで「サラダチキン」という商品名で店頭に置かれ、「うまい・ヘルシー!ダイエットにいい!」とネット上で口コミが広がるほどのブームとなっています。 お家でも「しっとりやわらかサラダチキン」を作りたい!ということで、どうしたら柔らかく茹でられるか実際に検証してみました! いろいろ、試してみた結果。。。 (1)ゆでる前に砂糖をお肉に揉みこむ (2)沸騰したお湯でサッと茹で、最後は余熱で火を通す が、しっとりと仕上げるコツです。 具体的には、ムネ肉300gに対して、砂糖大さじ1を揉み込み、 沸騰したお湯で一分茹でた後、火を止めて余熱で火を通してください。 なぜ砂糖を揉み込むの? 水によく溶ける砂糖には、水の分子を抱え込む「親水性」と、一度抱え込んだ水分をなかなか離さない「保水性」があるため、やわらかくなったのではないかと思われました。 また、お肉の成分であるたんぱく質とくっつきやすく、そのため、お肉から出ようとする水分を引き止めてくれます。 なぜ沸騰したお湯から? 沸騰したお湯からだと、肉の表面の身が締まるため、肉の内部の水分を逃さないためと考えられます。 水からゆでると浸透圧の関係で旨みや肉汁が流れ出てしまいます。 ただし、ゆですぎは硬くなるので、表面にある程度熱を加えたら、後は余熱で済ませることで、肉が固くなるのを抑えます。 実際にお肉の水分量を計測し、実食をして確かめてみたところ。。。 5g、エネルギーとなる炭水化物 糖質 はなんと0gで、カロリーはわずか108kcal。 低カロリー(脂質や糖質を抑え)て、高たんぱく(筋肉を作るたんぱく質を多く摂取できる)な、まさにダイエットにぴったりの食材です。 鶏肉はプリッとジューシーなモモ肉に需要が集まりがちですが、ムネ肉にも上記のような良さもありますので、ぜひ美味しさでもお楽しみください。

次の

ロバート馬場さんのニラソースのレシピ。鶏ハムのたれにおすすめ。

とりむね

おうちでしっとりサラダチキンを作ろう! 家で調理する場合、どうしても、「ゆでるとパサついて食べづらい・・・」という声が上がる鶏ムネ肉。 しかし、近頃では、コンビニで「サラダチキン」という商品名で店頭に置かれ、「うまい・ヘルシー!ダイエットにいい!」とネット上で口コミが広がるほどのブームとなっています。 お家でも「しっとりやわらかサラダチキン」を作りたい!ということで、どうしたら柔らかく茹でられるか実際に検証してみました! いろいろ、試してみた結果。。。 (1)ゆでる前に砂糖をお肉に揉みこむ (2)沸騰したお湯でサッと茹で、最後は余熱で火を通す が、しっとりと仕上げるコツです。 具体的には、ムネ肉300gに対して、砂糖大さじ1を揉み込み、 沸騰したお湯で一分茹でた後、火を止めて余熱で火を通してください。 なぜ砂糖を揉み込むの? 水によく溶ける砂糖には、水の分子を抱え込む「親水性」と、一度抱え込んだ水分をなかなか離さない「保水性」があるため、やわらかくなったのではないかと思われました。 また、お肉の成分であるたんぱく質とくっつきやすく、そのため、お肉から出ようとする水分を引き止めてくれます。 なぜ沸騰したお湯から? 沸騰したお湯からだと、肉の表面の身が締まるため、肉の内部の水分を逃さないためと考えられます。 水からゆでると浸透圧の関係で旨みや肉汁が流れ出てしまいます。 ただし、ゆですぎは硬くなるので、表面にある程度熱を加えたら、後は余熱で済ませることで、肉が固くなるのを抑えます。 実際にお肉の水分量を計測し、実食をして確かめてみたところ。。。 5g、エネルギーとなる炭水化物 糖質 はなんと0gで、カロリーはわずか108kcal。 低カロリー(脂質や糖質を抑え)て、高たんぱく(筋肉を作るたんぱく質を多く摂取できる)な、まさにダイエットにぴったりの食材です。 鶏肉はプリッとジューシーなモモ肉に需要が集まりがちですが、ムネ肉にも上記のような良さもありますので、ぜひ美味しさでもお楽しみください。

次の