ベーコン エピ 意味。 ちぎってシェアできる「エピ」の魅力

バジルソースのベーコンエピ🥓🍷🥂🍴

ベーコン エピ 意味

フランスパンの中でも有名な バゲットという名前のパンがありますが、エピはバゲットと ほとんど同じ生地、同じ発酵方法です。 エピはフランスパンの中の一つで、細長いのが特徴です。 フランスパンは、他のパンと比べて外側が固く中が柔らかいですが、これにもきちんとした意味があります。 1920年代のフランスは労働法で午前4時から午後10時までパンを焼くことを禁止されていました。 そこで、短時間でパンが作れないか考えた結果、細くて固いフランスパンが出来上がったそうです。 フランスパンにはこのほかにも様々な種類があり、バケットより短い パリジャンやラグビーボールの形をしていて生地の中央に1本の切れ目が入った クッペ、中のモチモチ感が味わえる フィセルなどがあります。 A強力粉240g• A薄力粉60g• Aドライイースト小さじ1• A砂糖大さじ1• A塩小さじ0. Aぬるま湯180ml~200ml• Aオリーブオイル小さじ1• ベーコン3枚• 粒マスタード適量• ボウルに Aを加えへらで混ぜ、固まってきたら手で混ぜ15分~20分ほど捏ねる。 生地を引っ張り伸びるようになったら、ボウルに入れふたをして30度の室温で40分~50分 一次発酵する。 一次発酵後、ガス抜きをして生地を3等分し丸めた後に濡れ布巾を敷き、 ベンチタイムを10分ほど取る。 生地を長方形に伸ばし、ベーコン・粒マスタードを置く。 そのあと生地を三つ折りするイメージで生地を細長く巻く。 キッチンバサミで生地を鋭角に切り、稲の形にした後左右に生地をずらす。 生地を切るときは生地の底をくっついた状態にする。 オーブンの天板に生地をのせ、濡れ布巾を敷いて30度の室温に30分~40分おいて 二次発酵させる。 230度のオーブンで15分~18分焼いて完成。 A準強力粉200g• Aイースト小さじ1• A砂糖小さじ1• A無塩バター5g• A牛乳150cc~160cc• ウインナー約5本• ピザ用チーズ適量• Aの材料をしっかり捏ねて一次発酵させる。 丸めなおして濡れ布巾をかけてベンチタイムを10分取る。 棒で優しく伸ばし、約30cmくらいまで伸ばしたら、ウインナーとチーズを真ん中に並べる。 優しく巻いたら綴じ目をしっかりつまみ、綴じ目を下にする。 くるっとわっかにして綴じ目をしっかりつまむ。 キッチンバサミをなるべく寝かした状態で切りこみを入れる。 一回り大きくなるまで二次発酵する。 卵を表面に塗り、ごまをまく。 180度で約15分焼いたら完成。

次の

ベーコンの旨みを効かせたベーコンエピ【ファミリーマート】

ベーコン エピ 意味

返品・交換 万が一当社の発送ミスや不良品(賞味期限切れ、破損等) がありましたら返品・交換をさせていただきます。 お電話またはお問い合わせフォームにて商品到着後 1週間以内にご連絡ください。 お客様のご都合による返品についてはをご覧ください。 *食品につきましては返品をお受けできません。 *お客様のご都合による交換は承っておりません。 ご注文後の変更・キャンセル ご注文後の変更・キャンセル 追加・一部変更はご利用になれません。 一度ご注文をキャンセルしていただき、改めてご注文をお願いいたします。 キャンセルはマイページのご注文履歴で【未配送】の場合のみ可能です。 ご利用環境について TOMIZオンラインショップを安心してご利用いただく為に、ご購入の前にCookie、JavaScript、SSLの設定が有効になっていることをご確認ください。 お問い合わせはこちら(一般・法人).

次の

ちぎってシェアできる「エピ」の魅力

ベーコン エピ 意味

バゲット(フランスパン)の生地では、いろいろな種類のパンがあります。 その中で「エピ」というパンがありますが、食べたことはありますか? ハード系がどちらかというと好まない人でもエピは、好まれて食べられています。 エピとは!? エピは独特な形をしています。 ハサミで交互に左右に開いていますが、あの形は何を表現していると思いますか? 答えは麦の穂です!!!エピは「麦の穂」という意味を持っているんです。 今でこそなじみのあるエピですが、シンプルにカットだけで麦の穂を表現するセンスって素晴らしいですよね。 バリエーション豊かなエピ 日本ではエピと言えばほとんどが「ベーコンエピ」という商品名になっていて、ベーコンが入っていて表面にはガーリックバターやオリーブオイルなどが塗ってあったりするのが主となっています。 しかし発祥のフランスでは、中に何も入れていないプレーンタイプが主流となっています。 中に入れるのはベーコンとは限らず、チーズを入れたり、和風テイストを表現するためにきんぴらごぼうを入れて表面に醤油を塗られたアレンジもあります。 エピが人気ある理由 ハード系は好みがはっきりするジャンルです。 特に日本人はふんわり、しっとり、もっちり感を好むし、ハード系は硬いというイメージもあり、特にお子様たちはあまり食べません。 でも不思議にエピは、老若男女問わず好まれるパンなのです。 それはいったいなぜでしょうか? 形をよく考えてみてください。 ちぎってシェアしながら食べやすいですよね?かぶりついて食べるよりちぎって食べるパンです。 今の日本のパン市場は、ちぎってシェアできるパンがトレンドになっているぐらいです。 エピの魅力 前項で挙げたちぎって食べれる以外にもエピには、素晴らしい魅力があります。 生地の量によっていろいろな食感が楽しめるのです。 例えば100g程度の生地だとカリッとした食感、150g以上の生地だと表面はカリッとしつつも中のもちっとした食感も楽しめるのです。 そしてベーコンをはさんだ「ベーコンエピ」は、高温でじっくり焼かれることのよりベーコンの塩っ気が生地に風味をうつし、ベーコンから出た油がパンの底に染み込んで焼かれることで、ジューシーな味わいも楽しめるのです。 エピの成型ポイント エピのカットは最初は難しいのですが、コツさえ分かればすぐにできるようになります。 発酵したら焼く前にカットを入れますが、まずはハサミでカットするために生地の表面を乾かします。 ただし乾かしすぎはダメです。 カットする時は、ハサミを45度ぐらいに傾けて根元まで深くカットし、左右に大きく開いていきます。 開く時は、生地をつまむのではなく、親指と人差し指を交互に使って開いていきます。 指跡が残るぐらいつまんでしまうと、発酵した生地にダメージが加わってしまいます。 生地はデリケートです。 ハサミを入れるだけでもダメージが加わるので、最小限に抑えるよう注意が必要です。 美味しい食べ方 エピはもちろんそのまま食べても十分においしいのですが、おつまみとしてワインと一緒に楽しむのもありだと思います。 翌日になってしまったエピは、軽く霧吹きをしてからオーブンで焼くことで、カリッとした食感が楽しめます。 電子レンジだとパンの水分が外に逃げてしまうため、おいしさが半減してしまいます。 オーブンがなくてもどうしても電子レンジを使用する場合は、最低でも20秒程度に抑えてください。

次の