目 を 皿 の よう に する 意味。 目が皿になる « オリゴペプチド研究開発の日本食品ペプチド研究所(株)

体の部分が入っている慣用句・ことわざ・故事成語

目 を 皿 の よう に する 意味

意識を向ける• 注視する• 気に掛ける• 注意する• 注意を向ける• 目を向ける• 気を配る• アンテナを張り巡らす 「気を配る」との違いは? 「目を配る」の類義語として「気を配る」という表現がありますが、どんな違いがあるのでしょうか? どちらも注意して見るという意味では共通していますが、「気を配る」では、 真心の気持ちを持って対応するという意味があります。 例えば「世界に目を配ると・・・」とは言いますが、「世界に気を配ると・・・」とは言いませんよね。 「目を配る」は、ただ周囲を見渡したり、厳しくチェックしたりする時にも使うという点で違います。 まとめ 「目を配る」は、注意をしてあちらこちらを見るという意味ですが、こういった姿勢は家庭や職場でも非常に大切ですよね。 逆に、目を配ることが出来ない人は、独りよがりの行動に出てしまったりして、失敗したり、孤立をしたりしてしまいがちです。 特に、焦っている時ほど、周囲に見渡す余裕がなくなってしまいがちですが、そういった時こそ、少し深呼吸でもしながら、全体に目を配ってみてはいかがでしょうか?.

次の

「盛る」とは?意味や使い方をご紹介

目 を 皿 の よう に する 意味

頭 慣用句 頭が上がらない 読み方:あたまがあがらない 意味:相手より自分が下だと感じて対等になれない。 頭が固い 読み方:あたまがかたい 意味:状況(じょうきょう)の変化に合わせて考え方を変えることができない。 頭が痛い 読み方:あたまがいたい 意味:心配ごとになやむ様子。 頭が切れる 読み方:あたまがきれる 意味:頭の働きが正確で速い。 頭が下がる 読み方:あたまがさがる 意味:相手に深く感心すること。 頭を冷やす 読み方:あたまをひやす 意味:落ち着きを取りもどす。 ことわざ 頭かくして尻かくさず 読み方:あたまかくしてしりかくさず 意味:悪事や欠点の一部をかくして、全部かくしていると思いこんでいること。 故事成語 頭角を現す 読み方:とうかくをあらわす 意味:多くの人の中で才能がひときわすぐれて目立つこと。 顔 慣用句 合わせる顔がない 読み方:あわせるかおがない 意味:申しわけなくて、その人と顔を合わせるのがつらい。 大きな顔をする 読み方:おおきなかおをする 意味:えらそうな態度をする。 顔色をうかがう 読み方:かおいろをうかがう 意味:相手の表情から機嫌(きげん)を読み取ろうとする。 顔が利く 読み方:かおがきく 意味:信用や力があり、無理を通すことができる。 顔がつぶれる 読み方:かおがつぶれる 意味:名誉(めいよ)が傷つけられ、はじをかかされる。 顔にどろをぬる 読み方:かおにどろをぬる 意味:名誉(めいよ)を傷つけ、はじをかかせること。 顔が広い 読み方:かおがひろい 意味:知り合いが多いこと。 顔から火が出る 読み方:かおからひがでる 意味:顔が真っ赤になるほどはずかしい。 顔向けできない 読み方:かおむけができない 意味:申しわけなくて、その人と顔を合わせるのがつらい。 すずしい顔 読み方:すずしいかお 意味:自分は何の関係もないかのように知らんぷりをしている。 面の皮が厚い 読み方:つらのかわがあつい 意味:はじをかくようなことがあっても平然としていてずうずうしい。 ことわざ 仏の顔も三度 読み方:ほとけのかおもさんど 意味:いくらおだやかで優しい人でも、ひどいことを何度もされればおこる。 目 慣用句 大目に見る 読み方:おおめにみる 意味:人の失敗を厳しく責めないこと。 白い目で見る 読み方:しろいめでみる 意味:悪意のこもった冷たい目つきで見る。 血眼になる 読み方:ちまなこになる 意味:目を血走らせて必死に物事を行う。 長い目で見る 読み方:ながいめでみる 意味:今の状態だけで判断せず、気長に温かく見守る。 目が利く 読み方:めがきく 意味:ものの価値を見分ける力がある。 類義語(似た意味の言葉):目が高い 目がくらむ 読み方:めがくらむ 意味:心をうばわれて正しい判断ができなくなる。 目が肥える 読み方:めがこえる 意味:良いものを多く見るうちにもののよしあしを見分ける力がつく。 目頭が熱くなる 読み方:めがしらがあつくなる 意味:感動してなみだが出そうになる。 目からうろこが落ちる 読み方:めからうろこがおちる 意味:何かのきっかけで、迷いが消えたり急にわかるようになったりすること。 目から鼻へぬける 読み方:めからはなへぬける 意味:ものごとの判断や理解が早く、ぬけ目がない。 目くじらを立てる 読み方:めくじらをたてる 意味:小さなことで目をつりあげて人をとがめる。 目と鼻の先 読み方:めとはなのさき 意味:とても近いこと。 目に入れても痛くない 読み方:めにいれてもいたくない 意味:かわいくてしかたがない。 目の色を変える 読み方:めのいろをかえる 意味:いかりやおどろきで目つきが変わる。 必死になる。 目鼻がつく 読み方:めはながつく 意味:物事のだいたいの見通しがつくこと。 目もくれない 読み方:めもくれない 意味:まったく関心をしめさないこと。 目を疑う 読み方:めをうたがう 意味:見たものがあまりにも意外で信じられない。 目をくらます 読み方:めをくらます 意味:人が見てもわからないようにかくす。 目を皿のようにする 読み方:めをさらのようにする 意味:おどろいて、または何かを探そうとして目を見開く。 目をぬすむ 読み方:めをぬすむ 意味:こっそりと人に見つからないようにする。 ことわざ かべに耳あり障子に目あり 読み方:かべにみみありしょうじにめあり 意味:どこでだれが聞いたり見たりしているかわからず、秘密はもれやすいということ。 二階から目薬 読み方:にかいからめぐすり 意味:思うようにいかずもどかしいこと。 目には目を、歯には歯を 読み方:めにはめを、はにははを 意味:相手にされたことと同じ仕返しをすること。 目の上のこぶ 読み方:めのうえのこぶ 意味:自分より実力や地位が上で目ざわりな人。 目は口ほどに物を言う 読み方:めはくちほどにものをいう 意味:言葉に出さなくても目の表情で人の気持ちはわかるものだということ。 鼻 慣用句 木で鼻をくくる 読み方:きではなをくくる 意味:冷たく思いやりのない態度を取る。 鼻息があらい 読み方:はないきがあらい 意味:やる気まんまんで強気である。 鼻が高い 読み方:はながたかい 意味:得意がる。 じまんに思う。 鼻であしらう 読み方:はなであしらう 意味:人をばかにしたような冷たい対応をする。 鼻にかける 読み方:はなにかける 意味:得意になってじまんする。 鼻持ちならない 読み方:はなもちならない 意味:言うことやすることがいやみでがまんできない。 鼻を明かす 読み方:はなをあかす 意味:競争相手が気をぬいているすきにうまくやりおどろかせる。 耳 慣用句 聞き耳を立てる 読み方:ききみみをたてる 意味:注意してよく聞こうとする。 小耳にはさむ 読み方:こみみにはさむ 意味:ちらっと聞こえて知る。 寝耳に水 読み方:ねみみにみず 意味:思いがけない急な知らせにおどろくこと。 耳が痛い 読み方:みみがいたい 意味:自分の欠点やあやまちを指摘(してき)されて聞くのがつらい。 耳にたこができる 読み方:みみにたこができる 意味:同じことを何度も聞かされてうんざりする。 耳を疑う 読み方:みみをうたがう 意味:聞きまちがいかと思うほど信じられない。 耳をかたむける 読み方:みみをかたむける 意味:注意してよく聞く。 耳をそろえる 読み方:みみをそばだてる 意味:お金等を不足のないように全部そろえる。 ことわざ かべに耳あり障子に目あり 読み方:かべにみみありしょうじにめあり 意味:どこでだれが聞いたり見たりしているかわからず、秘密はもれやすいということ。 口 慣用句 開いた口がふさがらない 読み方:あいたくちがふさがらない 意味:あきれ返ってものも言えない。 口がへらない 読み方:くちがへらない 意味:口が達者で次から次へと勝手なことや屁理屈(へりくつ)を言う。 言いにくい。 口から先に生まれる 読み方:くちからさきにうまれる 意味:とても口が達者な人をからかう言葉。 口車に乗る 読み方:くちぐるまにのる 意味:調子のいい話し方やおだてに乗ってだまされる。 口を酸っぱくする 読み方:くちをすっぱくする 意味:同じことを何度もくり返して言う。 口をはさむ 読み方:くちをはさむ 意味:人が話している時に、横から割りこんで話す。 ことわざ 口はわざわいのもと 読み方:くちはわざわいのもと 意味:うっかり話したことがもとで災難が起こることもあるから、余計なことは言わない方がいい。 人の口に戸は立てられない 読み方:ひとのくちにとはたてられない 意味:人がうわさをするのを止めることはできない。 目は口ほどに物を言う 読み方:めはくちほどにものをいう 意味:言葉に出さなくても目の表情で人の気持ちはわかるものだということ。 故事成語 良薬は口に苦し 読み方:りょうやくはくちににがし 意味:自分のためになるような忠告は、なかなか素直に聞けないものだ。 ——— こちらの記事もおすすめです。

次の

「うがった見方」とは? ~「穿つ(うがつ)」の誤用と正しい意味と

目 を 皿 の よう に する 意味

ソーサーは本来は受け皿ではない ソーサーについては、紅茶などの飲み物をこぼした時の 受け皿だと考えられている人がとても多いですよね。 しかし、ソーサーの本来の用途は受け皿ではありませんし、お行儀良く紅茶を飲むためのものではありません。 また、近年では様々なデザインのオシャレなソーサーがありますが、 見た目の華やかさを求めるようになったのもつい最近のことなんですね。 それでは、本来のソーサーはどのようにして使われていたものだったのでしょうか? 本来のソーサーの意味や使い方 続いて「本来のソーサーの意味や使い方」について解説していきます。 実は、昔は ソーサーこそがティーカップの機能を果たしており、 ティーカップがティーポットの代わりだったのです。 現代ではかなり下品に見えてしまいますが、カップからソーサーに飲み物を注いで、 ソーサーから飲み物を飲んでいたんですね。 しかも、当時のソーサーで飲み物を飲むときのマナーは「敢えてズズズと音を立てて飲む」というものでした。 日本茶を飲む時に音を立てて飲むのは一般的ですが、そのようなマナーが海外にも存在していたことは意外ですよね。 また、ヨーロッパといえば気品が溢れているイメージがあることから、 このようなソーサーの使い方は想像もしなかった人も多いはずです。 なぜソーサーを使って飲むようになった? しかし、ソーサーで紅茶などを飲むのははっきりいってみっともないですし、 そもそもかなり飲みづらそうですよね。 それでは、なぜわざわざ飲み物をソーサーに移して飲むようになったのでしょうか? ソーサーで飲み物を飲むようになったのは、ヨーロッパでお茶が飲まれるようになったのが、 実はアジアよりも後だったことが関係しています。 日本や中国などには、古来よりお茶を飲む文化があったことから、お茶を淹れるためのティーポット(急須)」がありました。 しかし、ヨーロッパにはお茶を飲む文化が存在しなかったことから、 お茶が伝わった当初はティーポットが存在していなかったのです。 そして、そのような茶器の輸入については、貿易大国が輸入を独占していたことから、ティーポットはなかなか手に入らない代物だったのです。 そのため、茶葉をカップに入れて、そのままお湯を注いでお茶を淹れるようになりましたが、やはり飲む時に茶葉が邪魔だったんですね。 そこで、ヨーロッパの家庭でも一般的だったお皿などに、 茶葉が入らないように紅茶を移してから飲む文化が始まり、これがソーサーの発祥となったのです。 お茶を冷ますのにちょうど良かった 茶葉が入らないようにする以外にも「 お茶を冷ます」という意味でも、ソーサーがその役割を果たしていたそうです。 西洋人には猫舌の人が多かったそうなので、いったんソーサーを経由させることにより、お茶がちょうど 飲みごろの温度にしていたんですね。 また、紅茶だけではなく、コーヒーについてもソーサーに移してから飲む文化が存在していました。 ちなみに、ヨーロッパに最初に伝わったのは日本の緑茶であり、 ヨーロッパのお茶文化の始まりは緑茶だったとされています。 現代のソーサーの意味や使い方 時代が流れて18世紀ごろになると、技術が発達して ティーポットがヨーロッパの国々でも作られるようになりました。 その後、ティーポットが作られるのと同時に、お茶をソーサーに移してから飲むという文化も失われていったのです。 現代でもティーセットとしてソーサーが付いてくるのも、 お茶をソーサーに移して飲んでいた名残りだったんですね。 そして、現代ではソーサーが 砂糖やティースプーンを置く用途として使われるようになりました。 また、様々なデザインのソーサーが登場し、 ティータイムを華やかに彩る目的としても使われています。 今回紹介したソーサーにまつわる雑学を、友人とお茶した時などにぜひ披露してみてくださいね。 以上が「ソーサーの意味や使い方」についてでした。

次の