エアー ドロップ 失敗。 AirDropで送れる容量

MacからiPhoneのAirDropで「完了できませんでした」と表示され失敗する原因と対処法

エアー ドロップ 失敗

【送受信共通】iPhoneのAirDropが使えない時に確認したいこと 送受信に関わらず、AirDropが使えないときに、まず確認しておきたいポイントからみてみましょう。 エアドロップが使える端末の条件 AirDropが使える条件は、iPhoneなら 「iPhone5以降の機種であること」「iOS7以降のバージョンがインストール済みであること」が必要になります。 AirDropを使おうとしている端末が、この条件に合っているか確認してみてください。 【手軽にAirDropを確認する】 1. iPhoneX以降の機種なら、ホーム画面の右上から下に向かってスワイプ。 iPhone6、7、8シリーズなら、ホーム画面下から上に向かってスワイプする 2. コントロールパネルを画面に表示させる 3. コントロールパネルの左上にある「機内モード」「モバイルデータ通信」「Wi-Fi」「Bluetooth」の4つの項目の上を押し込み、もしくは長押しする そうすると、新たにショートカットが表示されるので、その中にAirDropがあれば、AirDropが使用できるでしょう。 AirDropの設定を有効にする AirDropが使えるように、AirDropの設定自体がオンになっているか確認をします。 【AirDrop設定の確認方法】 1. ホーム画面から「設定」を開く 2. 「一般」をタップする 3. 「AirDrop」を選択する AirDropの項目が 「受信しない」になっている場合は、「連絡先のみ」か「すべての人」に変更してください。 「連絡先のみ」は、メールアドレスか電話番号を使って、アプリに連絡先が登録してある人との送受信が可能になります。 「すべての人」は、AirDropが使用できる、どの端末からでも送受信が可能です。 そのため、知らない人からのアクセスも可能になってしまうので、AirDropを使わないときは「受信しない」か「連絡先のみ」に設定しておきましょう。 AirDropの設定が変更できない場合 もしも、AirDropの設定が変更できない場合は、つぎの項目も確認してみましょう。 ホーム画面から「設定」を開く 2. 「スクリーンタイム」をタップする 3. 「コンテンツとプライバシーの制限」を選択する 4. 「許可されたApp」を開く その中にある「AirDrop」の項目がオフになっていると、AirDrop機能が使えないことがあります。 オンになっているかを確認してください。 ファイルを送信(受信)したい端末同士が近くにある AirDropの送受信にはBluetooth ブルートゥース を使用するため、端末同士が離れていると、送受信がうまくいかない場合があります。 AirDropを使うときは、だいたい10メートル以内まで端末を近づけてから、操作を行うようにしてください。 通信の設定を確認する AirDropの通信に必要な設定を確認してみましょう。 BluetoothとWi-Fiはオン データを送る「送信側」と、それを受信する「受信側」のどちらの端末も、BluetoothとWi-Fiの機能がオンになっているでしょうか。 AirDropの送受信には、BluetoothとWi-Fiのどちらも必要になるので、気をつけてください。 iOS 12以前ならインターネット共有はオフ iOSのバージョンが12までのiPhoneを使っている場合は、インターネット共有 テザリング の設定をオフにする必要があります。 【インターネット共有の確認方法】 1. ホーム画面から「設定」を開く 2. 「モバイル通信」か「モバイルデータ通信」をタップする 3. 「インターネット共有」を選択する もしくは、 1. ホーム画面から「設定」を開く 2. 「インターネット共有」をタップする iOSのバージョンが13以上の場合は、インターネット共有がオンになっていても、AirDropの送受信が可能です。 機内モード・おやすみモードの解除 iPhoneが 機内モードになっていると、Wi-Fiが自動的にオフになってしまいます。 また、おやすみモードになっている場合、AirDrop自体は問題なく使えますが、もし なにかエラーがあっても通知がでないので、操作が分かりづらいことがあります。 機内モードやおやすみモードにしたつもりがなくても、何かの拍子に設定が変わってしまっていることもあるので、1度確認してみましょう。 電波の干渉がないか AirDropを使うときには、BluetoothとWi-Fiが必要です。 しかし、近くに電子レンジや電源ケーブル、ワイヤレスのビデオカメラ、コードレス電話などがあると、 BluetoothとWi-Fiの電波に干渉して、送受信がうまくいかないことがあります。 思い当たるものがあれば、電源を切るか、場所を変えてやってみてください。 壁などの障害物がないか 送信側のiPhoneと受信側のiPhoneのあいだに、壁や大きな障害物があると、電波をうまく送受信できません。 壁や障害物がないように、端末同士を近づけるか、場所を変えて使ってみてください。 ファイルの容量が大きすぎる あまりにもファイルの容量が多いと、 送受信に時間がかかってしまい、途中で送受信が失敗してしまうことがあります。 何度か送りなおしてみるか、ファイル自体のサイズを変えて送ってみてください。 iCloudにサインインしているか AirDropを使うときは、 iCloudにサインインしている必要があります。 サインインしていないと「共有の準備中にエラーが起きました。 あとでやり直してください」という表示がでるので、iCloudにサインインしてから、再度試してみてください。 【送信側】iPhoneのAirDropが使えない時に確認したいこと つぎに、送信側のiPhoneで確認しておきたいポイントをみてみましょう。 AirDropしたい送信先が見つからない AirDropを使いたいのに、 送信先が見つからない、送信先が表示されないということがあります。 そんなときは、2つのポイントをチェックしてみてください。 連絡先を登録するか、受信設定を「すべての人」に変更してもらいましょう。 【受信側】iPhoneのAirDropが使えない時に確認したいこと つづいて、受信側のiPhoneでも確認しておきたいポイントをみてみましょう。 AirDropの受信設定の確認 送信側で紹介したことと同じように、AirDropの受信設定が「連絡先のみ」か「すべての人」になっているかを確認してください。 「連絡先のみ」にする場合は、アプリに連絡先が入っている必要があります。 連絡先をアプリに登録していない場合は、「すべての人」に変更しましょう。 受信設定を「すべての人」にした場合、不特定多数の知らない人からもAirDropにアクセスが可能になります。 送受信が済んだあとは、「受信しない」か「連絡先のみ」に、設定を戻しておくようにすることをおすすめします。 iPhoneの空き容量不足 受信側のiPhoneの空き容量が足りずに、ファイルが受信できないことがあります。 iPhoneから不要なデータを削除して容量を空けてから、もう1度受信してみましょう。 それでもうまくいかない時の対処法 ここまでの方法を試してみても、AirDropの送受信がうまくいかない場合は、こちらの対処法を試してみてください。 iPhoneが一時的に動作不良を起こしているかも 端末の接続や検出がうまくいかずに、 一時的な動作不良を起こしているのかもしれません。 この3つの方法を試してみてください。 Bluetoothを1度オフにしてから、またオンにしてみる 2. iPhoneを再起動してみる 3. AirDropの送受信を、数回繰り返してみる iPhoneの不具合・故障の可能性 これまでの方法をすべて試したり、ポイントを確認したりしてみても、AirDropの送受信ができない場合は、 iPhone自体の不具合や故障の可能性が考えられます。 Appleや各キャリアから、不具合の報告がでていないか確認してみましょう。 確認の仕方が分からない場合は、Appleサポートやキャリアショップに相談してみるのがおすすめです。 Appleサポートやキャリアショップでも、iPhoneの点検や修理を行っていますが、予約が必要だったり、修理に時間がかかったりすることがあります。 そんなときは、 即日修理・引き渡しが可能な「」にお任せください。 当店スマホスピタルは、 駅近でアクセスのよい場所に、全国80店舗を展開しています。 2019年1月現在 スマホスピタルのホームページから、お近くの店舗を検索してみてくださいね。 まとめ AirDropを利用すれば、写真や動画といったさまざまな情報をスムーズに共有できるので、使えなくなってしまうと大変不便ですよね。 AirDropの調子がおかしい、自分で対処しても直らないというときは、ぜひお近くのスマホ修理店に足を運びましょう。

次の

対処法:iPhone/iPadのAirDropが動作できない

エアー ドロップ 失敗

目次 この記事で分かること• 原因その1:iPhone画像が壊れている 僕の場合はこれでした。 そもそもiPhoneの中にある画像が破損しているケース。 そりゃ送れないよね。 エラー出るよね。 スクショした画像を送りたい場合などに多い感じがします。 対処法は、送りたい画像を改めて調達することぐらい。 破損していない画像で再チャレンジしましょう。 原因その2:大量の画像を送ろうとしている 大量の画像を一度に送ろうとするとエラーが出るっぽいです。 なので、30点ぐらいの画像を選択して送ろうとしていたのを、 8点ずつ選択して送るとか、そんな感じでやったら普通に送れました。 ちなみに、iPhone再起動とかしてみたけど、全然関係なかった。 まとめ そもそも送りたい画像が破損しているケースが どこにも書いてなかったので、ワイが記事にしてみました。 役に立たなかったら超ごめん。

次の

iPhone、Airdropできない時の原因&対処法

エアー ドロップ 失敗

最新のiOS11へアップグレードした後、多くのユーザが「 AirDropが正常に動作できない」「 AirDropはどこに行ったの」「 AirDropの設定はどうするか」問題に遭遇していました。 「iOS11に更新した後、私のiPhone 6 plusでAirDropを使えなくなりました。 」 「この前、いつもコントロールセンターでAirDropを使っていましたけど、iOS11へ更新すると、コントロールセンターでどうしてもAirDropのアイコンを見つけられなくて、使えないようになりました、助けてください。 」 「新しく買ったiPhone7でAirDropを使ってMacにファイルを転送できませんでした。 」 それでは、どうすれば「AirDropが正常に動作できない」問題を解決しますか。 次の2ステップをご参照ください。 ステップ1. 修復する前に、いくつかのことをチェック iOS11へ更新したら、 AirDropが見つからないことがよく発生します。 ですので、まず、iOS11で AirDropの場所を述べます。 iOS11、AirDropの設定ーその場所はどこ iOS11に更新すると、使えるかどうかはまだわからないんですが、 AirDropのアイコンはどこに行ってしまって、どうやってAirDropをオンにするか分からなくなります。 そういう方はたくさんいらっしゃると思いますので、以下のiOS11でAirDropの設定及びAirDropをオンにする仕方を皆さんに紹介します。 ご存知のように、iOS11へ更新すると、コントロールセンターが一変しました。 相変わらず画面の底から上にスリーブするという開け方なのですが、コントロールセンターでのデザインが完全に変わってしまいました。 AirDropのアイコンが完全に消えた気がしてます。 もしもアップルがAirDrop機能をすててました? 実はそうではありません。 以下の画像を見てください。 左側の画像の赤枠のとこを押し込んだり(3D Touch)、 3D Touchがない場合長押ししたりすると、さらに多くの項目を表示することができます。 その画面で AirDropのアイコンが見られますよ。 また、iPhoneの設定でも AirDropを設定することもできます。 この場合、まず、下記の4点をチェックしてください。 互換性をチェック:AirDropは、全てのiOSデバイスと互換性を持つわけではありませんので、まずはお手元のデバイスの互換性をチェックする必要があります。 AirDropが使える端末は、 iOS7以降のバージョンが搭載されている iPhone5、iPad第4世代、iPod第5世代以降に発売された端末です。 使っているアプリがAirDropをサポートするかどうかをチェックする。 (シャアボタンをクリックし、AirDropのオプションがあるかどうか) 3. AirDropのオプションを有効にしているかどうかをチェックする。 両デバイスの距離が有効転送距離以内にあることをチェックする。 ( 9メートル以内) 以上のことを正確に設定している場合、AirDropが依然として使えない場合、以下の対処法を参照してください。 ステップ2. AirDropが正常に動作できないエラーを修復 1. WiFiと Bluetoothを有効にしてください。 iCloudからいったん サインアウトし、 再度ログインしてください。 デバイスを 再起動してください。 もしこの問題が依然としてぞんざいする場合、以下の操作を実行してください。 アップデートをチェック:最新バージョンにアップデートしてください。 アップデートしたとしても、AirDropが使えない場合、しかを使わないと考えられています。 AirDropが使えなくなった場合、完全にその代替品になれると思います。 すぐ、以下のダウンロードボタンをクリックしてソフトをパソコンにインストールしましょう。

次の