パキラ 増やし 方。 パキラの育て方|水やり、植え替え、増やし方は?

パキラを室内で美しく保つ育て方

パキラ 増やし 方

パキラは増やせるの?挿し木とは? パキラは、種や枝を使って増やせます。 自然の中で生きる植物は、種によって繁殖し、子孫を残します。 ただ、家庭で植物を種から育てると、販売されている大きさに生長するまで長い年月がかかります。 そのため、家庭でパキラを増やすなら、枝を使って数を増やす「挿し木」がおすすめです。 枝を数cmの長さに切って土へ挿せば、根が生えて新しい苗が作り出せますよ。 パキラを挿し木するときに準備するものは?• 鉢に植えられたパキラ• 3号くらいのビニール製の鉢(育苗ポット)• 挿し木用の土• コップなど水をためられる容器• 割りばし 準備するグッズのうち、土は「挿し木用の土」を使うのがポイントです。 普段パキラを植えている観葉植物用培養土には肥料成分が含まれており、パキラの枝の切り口を腐らせるので、使わないようにしてください。 パキラを挿し木する時期と方法は? パキラの挿し木は5〜9月に行います。 この時期は生長が盛んで根が伸びやすく、1〜2ヶ月の短期間で苗が作れます。 切り口をななめに切って、吸水面を増やす• 枝の真ん中から下(切り口側)にある葉っぱを全て取り除く• 水を入れた容器に枝をつける• 根が生えるまで水を交換しながら管理する• 根が生えたら、ビニール製の鉢に挿し木用の土を入れる• 土に割りばしか指で穴をあけ、パキラの枝を挿す• たっぷりと水やりをする• 土が乾かないよう日陰で管理する• 1〜2ヶ月後に根が十分生えたら一回り大きな鉢に植え替える 挿し木で増やしたパキラの苗はどう育てるの? 挿し木をはじめて1〜2ヶ月たつと、ビニールの鉢の底の穴から根が飛び出てきます。 そして、枝から新しい芽も生え始めたら、もう立派な苗です。 新しい鉢へ植え替えて、育てていきましょう。 ここでは、パキラの新しい苗を鉢へ植え替えるときのグッズと手順をご紹介します。 苗よりも一回り大きな鉢• 観葉植物用の培養土• 鉢底ネット• 鉢底石• ビニールシート• ハサミ• 作業する場所にビニールシートを敷く• 新しい鉢の底穴に鉢底ネット、鉢底石を順に敷く• ビニールの鉢から苗を引き抜く• パキラの根についた土を手でやさしく揉んで落とす• 黒ずんでいる腐った根はハサミで切る• 新しい鉢の中心にパキラの苗を置く• 鉢の縁から下2〜3cmのところまで土を入れる• パキラの横に支柱を立てて、麻ひもで結ぶ• 土の表面を割りばしでつつき、根の隙間まで土をなじませる• 鉢底から流れ出るくらいたっぷりと水やりをする• 普段どおりパキラを育てる パキラは他にも増やし方はある?種まきの方法は? パキラは挿し木以外に「種まき」で数を増やすこともできます。 パキラを自宅で栽培していても種はめったに採取できず、インターネットなどで海外から輸入されたものが販売されていますよ。 手間はかかりますが、種まきから育てはじめた苗は生え際がふくらみ、パキラ独特の見た目になるので、興味のある方はチャレンジしてみてください。 5〜9月が種まきにおすすめの時期です。 パキラの種• 種まき用の土• 種まき用の土をビニール製の鉢へ半分ほど入れる• パキラの種を鉢の中心に1粒植える• 種が完全に埋まるよう土をかぶせる• たっぷりと水やりをする• 土が乾かないように水やりをして管理する• 数日で芽が生え、根が鉢底の穴から出てきたら一回り大きな鉢へ植え替える パキラを挿し木で増やしてインテリアに活用しよう パキラは生命力が強く育てやすい観葉植物です。 鮮やかな緑色の葉っぱや、のびのびと生える枝に様子が美しく、おしゃれなインテリアとして活躍してくれます。 今育てている方は増やして色々なところに飾ってみませんか?他の観葉植物に比べて挿し木の成功率も高いので、増やす楽しみを実感しやすいですよ。

次の

パキラの増やし方|編み込みパキラを剪定した枝は挿し木へ。簡単だけど、ある条件が…【oyageeの植物観察日記】

パキラ 増やし 方

パキラは購入してから2年以上経過する場合には鉢の中で根詰まりを起こしている可能性があります。 室内で正しい育て方をしていても元気がないと感じたら鉢底から根がはみ出していないかチェックしてみましょう。 根がはみ出していたら植え替え時です。 株を鉢から抜いたら、古い根や土を手でほぐしながら取り除きます。 一回り大きい鉢に観葉植物用の土を入れ植え替えます。 植え替え後は養生のため室内の日の当たらない場所で2週間ほど管理しましょう。 植え替えは大変なイメージがありますが、パキラを室内で長く美しく保つ場合には必要なことです。 ポイントを押さえた育て方としては、ぜひ植え替えに挑戦してみましょう。 室内インテリアとして好みの鉢を選ぶのも楽しいですよ。 通販サイトで観葉植物を買うときの一番のメリットは、さまざまな観葉植物を比較できる点です。 同じパキラでも大きさや鉢など種類が豊富なため、お部屋にぴったりのものを見つけるために、店頭の場合たくさん店舗を周る必要があります。 その点インターネットであれば家にいながら数多くのパキラを比較検討できます。 さらにインターネット上で、育て方についても細かく知ることができます。 また、通販サイトの中には生産地直送モデルの企業もあり、消費者と生産者の間に問屋や卸売が入らないことで流通コストがかからないため、観葉植物を比較的安価に購入することができます。 高品質な観葉植物が元気なまま手元に届くのも嬉しいですね。 観葉植物も生き物なので輸送の頻度が多かったり置き場所が頻繁に変わったりするのは良くないんですよ。 その点通販サイトでは、室内で大切に管理されているパキラがそのままの状態で届くので安心です。

次の

パキラの育て方!剪定・挿し木の方法やハイドロカルチャーについて|育て方Labo(育て方ラボ)

パキラ 増やし 方

肥料 季節・日常の手入れ ポイント 切り戻しによる仕立て直し 鉢の中が根でいっぱいになって根づまりをおこしてしまうと、下の方から葉が落ちていくことがあります。 そのような場合は葉のなくなった枝を切り戻して、仕立て直しを行いましょう。 パキラは生育旺盛で枝や幹のどの部分で切り落としても、わきから新芽がでてきます。 葉が全部落ちて枯れたように見える株でも、幹や枝を切ってみて断面がまだ緑色なら、復活できる可能性大なので、切り戻してみましょう。 ただし、幹全体が腐ってしまったり根が腐ってしまったりすると復活させるのはなかなか難しいようです。 作業の最適な時期は5~7月頃です。 冬は生育が鈍り新芽も出にくいので生育が旺盛な時期に行うようにしましょう。 大きくなりすぎて困った場合も、同様に好きな部分で切り戻して仕立て直すとよいでしょう。 斑入り品種の注意点 斑入りの品種はもともと生育が弱く、強光線に当てると葉焼けしやすい性質があります。 生育の弱さを解消するために生育旺盛な普通の品種(葉の緑色のもの)に接ぎ木されたものが出回ることがあります。 この接ぎ木された斑入り品種は接ぎ木された部分よりも下で枝や幹をばっさりと切ってしまうと当然の事ながらでてくる新芽はすべて普通の品種の葉になってしまいます。 接ぎ木株と知らずに購入して、ばっさりと切ってしまうこともあるので、特に斑入りの品種は気をつけましょう。 接ぎ木をされたものは接ぎ木テープが巻かれていたり、その部分だけ幹や枝が盛り上がっているので、見分けがつきやすいと思われます。 日当たり・置き場所 ある程度の日陰でも育ちますが、あまり日当たりが悪いと枝が間延びしてバランスが悪くなることがあります。 生育期はできるだけ日に当てた方ががっしりとした株に育ちます。 5~7月は屋外の良く日の当たる場所が理想的です(室内の日当たりの良い場所でも可)。 しかし真夏は強烈な直射日光によって葉が焼けてしまうことがあるので、午前中は日が当たるけれども午後からは日陰になるような場所や、一日を通して明るい日陰で育てるようにしましょう。 熱帯の植物で寒さには強くないので、冬は室内で育てます。 室内の日当たりの良い窓際などが適しますが窓際は夜間に冷えますので気をつけましょう。 インテリアグリーンとして育てる場合、一年を通して室内の日当たりの良い場所に置いていても充分に育ちます。 水やり・肥料 5月~9月の生育期は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるようにしましょう。 多少水やりを多くしても失敗することは少なく、乾燥にも強いので乾かし気味にしてもしおれにくいです。 室内のあまり日の当たらない場所で育てる場合は水やりを多少控えてやや乾燥気味にした方、が間延びしにくくなります。 秋から冬にかけては徐々に水やりを控えて、真冬は土が乾いて2~3日経ってから水を与えるようにします。 肥料は5月頃に観葉植物用の固形肥料などを鉢の大きさに応じて土の上に置くだけで充分です。 それ以上は必要ありません。 もし大きな株にしたい場合はその後も2~3ヶ月ごとに同様の肥料を与えます。 生育期に肥料を多めに与えると加速度的に大きくなることがあります。 気温が下がってくると生育も鈍り、肥料も必要としないので、冬の間は肥料を与えません。 用土 はけが良ければ特に土質は選びません。 市販の観葉植物用土を使用するか、土をブレンドする場合は赤玉土(小粒)7:腐葉土3の割合で混ぜたものを使います。 植え替え・植え付け 生長が早いので、すぐに鉢の中が根でいっぱいになって根づまりをおこしてしまいます。 根づまりをおこすと植物が水を吸えなくなって葉が落ちてしまいます。 鉢の底から根が伸びでているようなら植え替え時期です。 作業の適期は5月~7月です。 ふやし方 さし木かタネまき 実生 で増やすことができます。 さし木は仕立て直しの時に切り落とした枝を利用して行います。 枝を2節くらいの長さで切り取って大きな葉は半分くらいに切ってから土にさします。 適期は5月~7月頃です。 ただしこの方法でふやした株はパキラ特有のずんぐりとした幹になりません。 タネから育てた実生苗はずんぐりとしたとっくり型の幹になりますが、タネが市販されていないことと、育てていても花が咲いて実が付くことがまれなので(主に木の大きさなどの関係で)一般家庭でタネから育てる方法は一般的ではないでしょう。 かかりやすい病害虫 夏の高温乾燥期にハダニが発生しやすい害す。 主に葉の裏について植物の栄養を吸います。 湿り気のある環境を嫌がるので、水やりをする際に葉の表裏にも水をかけたり、霧吹きでときどき葉に水をかけあげることである程度予防することができます。 楽しみ方・その他注意点 水栽培 パキラは原産地の熱帯アメリカでは水辺に好んで生える植物です。 だからというわけでもないかもしれませんが、水栽培で育てることも可能です。 方法は土をきれいに洗い流したパキラをビー玉やハイドロボールを敷いたビンの中に入れて、水を常に根が触れるくらいのところまで入れておくだけです。 肥料は春から秋の間、薄めの液体肥料を数回与えます。

次の