いつもご指導いただきありがとうございます。 ご指導していただきありがとうございました と、 ご指導いただきありが

ご指導のお礼|#話術.com

いつもご指導いただきありがとうございます

「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉を使ったことがありますか。 「ご配慮いただきありがとうございます」とは、ビジネスシーンだけでなく日常生活でもお礼のきもちを伝えるために使われる言葉です。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉の意味や使い方について、正しく理解しているでしょうか。 言葉は意味を正しく理解するだけではなく、正しい使い方を覚えることが大切です。 特に敬語は間違えて使ってしまうことで、相手に対して失礼になってしまったり、不快な思いをさせてしまったりする可能性があります。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉の意味と使い方について、くわしくご説明します。 「ご配慮いただきありがとうございます」の意味 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、お礼や感謝の気持ちを伝える意味があります。 「配慮(はいりょ)」という言葉は、想定するさまざまな場面の対処法を考えて行動することという意味があり、相手への心配りを示す言葉です。 「配慮」という言葉に「ご」をつけることによって、尊敬語となります。 「ありがとうございます」という言葉は、感謝を表す意味があります。 「ご配慮いただきありがとうございます」は、相手への心配りに感謝とお礼を伝える言葉です。 尊敬語とは 尊敬語とは、敬語の中のひとつで、目上の人に対して使う言葉です。 目上の人に対して失礼にならないように使ったり、相手を立てる時に使ったりする言葉です。 敬語にはそのほかに、謙譲語と丁寧語があります。 謙譲語とは、自分がへりくだって相手を立てる時に使う言葉です。 丁寧語とは、話を聞いている相手に対して丁寧に伝えるために使う言葉です。 尊敬語や謙譲語は、使い方を間違ってしまうことがあるため注意が必要です。 また、丁寧にしすぎてしまうことで、二重敬語にならないように気を付けましょう。 ビジネス ビジネスシーンで「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、感謝の気持ちを伝える時に使用されます。 「ご配慮いただきありがとうございます」は、目上の人に使う言葉のため、ビジネスシーンでは上司や先輩に感謝の気持ちを伝えるためにピッタリの言葉です。 また、「ご配慮いただきありがとうございます」は直接伝える方法のほかに、電話対応やメールでも使うことができます。 ビジネスは、人と人とのつながりで成り立っています。 思いやりや心配りができることは、相手を信用することにつながります。 相手の心遣いや気配りを受けた場合には「ご配慮いただきありがとうございます」と、しっかりお礼をいうことで関係が良好になるのではないでしょうか。 メール 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉をメールで使う場合には、「ご配慮」を「御配慮」と使うことがあります。 ビジネスではシーンに応じて、かしこまった表現を使うことをおすすめします。 「ご高配」 メールや手紙では、「ご高配を賜りありがとう」という言葉を使うことがあります。 「ご高配」とは、相手の自分に対する配慮という意味があります。 「ご高配を賜りありがとうございます」という言葉は、相手の自分に対する配慮に感謝の気持ちを伝える言葉です。 ビジネスシーンで多く使われる言葉として、覚えておくことをおすすめします。 「ご高配を賜りありがとうございます」という言葉は、目上の人や、ビジネスシーンでは取引先に対して使うことができます。 しかし、明らかに立場が下の人には使わないように注意しましょう。 「ご配慮いただきありがとうございます」の例文 「ご配慮いただきありがとうございます」の例文をご紹介します。 ・こちらの不手際にもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 ・先日はお忙しいところ、両親を案内していただき感謝しております。 両親の体調にご配慮いただきありがとうございます。 ・突然お伺いしたにもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 ・いつもご配慮いただきありがとうございます。 ・日頃よりご配慮いただきありがとうございます。 ・本来であれば、こちらから出向かなければならないところを、ご配慮いただきありがとうございます。 ・先日は体調不良で急にお休みをいただいたにもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 目上の人への使い方 目上の人には「お心配り」という言葉を使ってもよいでしょう。 「心配り」という言葉は、相手の心情を考慮して対応するという意味があります。 「お心配り」は、柔らかい表現の言葉のため、温かい印象を与えることができるでしょう。 「お心配りをしていただきありがとうございます」ということで、心情を考慮してもらったことに対して感謝の気持ちを伝えることができます。 お気遣い 「ご配慮いただきありがとうございます」という代わりに、「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉を使ってもよいでしょう。 「お気遣い」とは、相手の気持ちを考えて配慮するという意味があります。 「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に対して配慮してもらったことに対して感謝の気持ちを伝えるために使うことができます。 注意点 「お心配りをしていただきありがとうございます」や、「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に使うことができます。 また、柔らかい表現のため「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉よりも使いやすい場合もあるでしょう。 しかし、ビジネスシーンでは「お心配り」や「お気遣い」という言葉がふさわしくないと判断される場合もあります。 また、レポートなどを書く場合にもふさわしくないと判断される可能性があるため、判断がむずかしい場合には「ご配慮いただきありがとうございます」「ご配慮」という言葉を使うことをおすすめします。 ご配慮いただきありがとうございますを使おう 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉について、おわかりいただけたでしょうか。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に対して感謝の気持ちを伝えることができます。 ビジネスシーンでは、「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、上司や先輩に対して感謝の気持ちを伝えるだけではなく、取引先に対して使うことができます。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、「お心配りをしていただきありがとうございます」や「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉に言い換えることができます。 しかし、ビジネスシーンではふさわしくないと判断される場合があるため迷った場合には「ご配慮いただきありがとうございます」を使うことをおすすめします。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉に、感謝の気持ちを込めて使いましょう。

次の

ビジネス英語でありがとうございますを表現!返事やお礼メールの伝え方とは?

いつもご指導いただきありがとうございます

「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉を使ったことがありますか。 「ご配慮いただきありがとうございます」とは、ビジネスシーンだけでなく日常生活でもお礼のきもちを伝えるために使われる言葉です。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉の意味や使い方について、正しく理解しているでしょうか。 言葉は意味を正しく理解するだけではなく、正しい使い方を覚えることが大切です。 特に敬語は間違えて使ってしまうことで、相手に対して失礼になってしまったり、不快な思いをさせてしまったりする可能性があります。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉の意味と使い方について、くわしくご説明します。 「ご配慮いただきありがとうございます」の意味 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、お礼や感謝の気持ちを伝える意味があります。 「配慮(はいりょ)」という言葉は、想定するさまざまな場面の対処法を考えて行動することという意味があり、相手への心配りを示す言葉です。 「配慮」という言葉に「ご」をつけることによって、尊敬語となります。 「ありがとうございます」という言葉は、感謝を表す意味があります。 「ご配慮いただきありがとうございます」は、相手への心配りに感謝とお礼を伝える言葉です。 尊敬語とは 尊敬語とは、敬語の中のひとつで、目上の人に対して使う言葉です。 目上の人に対して失礼にならないように使ったり、相手を立てる時に使ったりする言葉です。 敬語にはそのほかに、謙譲語と丁寧語があります。 謙譲語とは、自分がへりくだって相手を立てる時に使う言葉です。 丁寧語とは、話を聞いている相手に対して丁寧に伝えるために使う言葉です。 尊敬語や謙譲語は、使い方を間違ってしまうことがあるため注意が必要です。 また、丁寧にしすぎてしまうことで、二重敬語にならないように気を付けましょう。 ビジネス ビジネスシーンで「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、感謝の気持ちを伝える時に使用されます。 「ご配慮いただきありがとうございます」は、目上の人に使う言葉のため、ビジネスシーンでは上司や先輩に感謝の気持ちを伝えるためにピッタリの言葉です。 また、「ご配慮いただきありがとうございます」は直接伝える方法のほかに、電話対応やメールでも使うことができます。 ビジネスは、人と人とのつながりで成り立っています。 思いやりや心配りができることは、相手を信用することにつながります。 相手の心遣いや気配りを受けた場合には「ご配慮いただきありがとうございます」と、しっかりお礼をいうことで関係が良好になるのではないでしょうか。 メール 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉をメールで使う場合には、「ご配慮」を「御配慮」と使うことがあります。 ビジネスではシーンに応じて、かしこまった表現を使うことをおすすめします。 「ご高配」 メールや手紙では、「ご高配を賜りありがとう」という言葉を使うことがあります。 「ご高配」とは、相手の自分に対する配慮という意味があります。 「ご高配を賜りありがとうございます」という言葉は、相手の自分に対する配慮に感謝の気持ちを伝える言葉です。 ビジネスシーンで多く使われる言葉として、覚えておくことをおすすめします。 「ご高配を賜りありがとうございます」という言葉は、目上の人や、ビジネスシーンでは取引先に対して使うことができます。 しかし、明らかに立場が下の人には使わないように注意しましょう。 「ご配慮いただきありがとうございます」の例文 「ご配慮いただきありがとうございます」の例文をご紹介します。 ・こちらの不手際にもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 ・先日はお忙しいところ、両親を案内していただき感謝しております。 両親の体調にご配慮いただきありがとうございます。 ・突然お伺いしたにもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 ・いつもご配慮いただきありがとうございます。 ・日頃よりご配慮いただきありがとうございます。 ・本来であれば、こちらから出向かなければならないところを、ご配慮いただきありがとうございます。 ・先日は体調不良で急にお休みをいただいたにもかかわらず、ご配慮いただきありがとうございます。 目上の人への使い方 目上の人には「お心配り」という言葉を使ってもよいでしょう。 「心配り」という言葉は、相手の心情を考慮して対応するという意味があります。 「お心配り」は、柔らかい表現の言葉のため、温かい印象を与えることができるでしょう。 「お心配りをしていただきありがとうございます」ということで、心情を考慮してもらったことに対して感謝の気持ちを伝えることができます。 お気遣い 「ご配慮いただきありがとうございます」という代わりに、「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉を使ってもよいでしょう。 「お気遣い」とは、相手の気持ちを考えて配慮するという意味があります。 「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に対して配慮してもらったことに対して感謝の気持ちを伝えるために使うことができます。 注意点 「お心配りをしていただきありがとうございます」や、「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に使うことができます。 また、柔らかい表現のため「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉よりも使いやすい場合もあるでしょう。 しかし、ビジネスシーンでは「お心配り」や「お気遣い」という言葉がふさわしくないと判断される場合もあります。 また、レポートなどを書く場合にもふさわしくないと判断される可能性があるため、判断がむずかしい場合には「ご配慮いただきありがとうございます」「ご配慮」という言葉を使うことをおすすめします。 ご配慮いただきありがとうございますを使おう 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉について、おわかりいただけたでしょうか。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、目上の人に対して感謝の気持ちを伝えることができます。 ビジネスシーンでは、「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、上司や先輩に対して感謝の気持ちを伝えるだけではなく、取引先に対して使うことができます。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、「お心配りをしていただきありがとうございます」や「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉に言い換えることができます。 しかし、ビジネスシーンではふさわしくないと判断される場合があるため迷った場合には「ご配慮いただきありがとうございます」を使うことをおすすめします。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉に、感謝の気持ちを込めて使いましょう。

次の

「~していただきまして、ありがとうございました」

いつもご指導いただきありがとうございます

Contents• ビジネス英語でのありがとうの表現まとめ 「ありがとう」といってもいろいろな表現がありますよね。 特に日本語では挨拶並みによく使われている表現のひとつで、 「どうも」のようなカジュアルなものから、 「ありがとうございます」などの丁寧な言い方まで様々あります。 シーンや相手によって使い分けしたりしますよね。 それは英語でも同じことで、仲のいい友人同士の場合、少しかしこまったシーン、またビジネスのシーンで、と使い分けしています。 もちろんお礼の度合いよっても変わってきますね。 そこで今回は、 ビジネスの場面で使いたい、様々なありがとうの表現をご紹介いたします。 Thank you very much. だけではない表現をチェックしておきましよう。 ビジネスの基本のありがとう表現 では最初に、 ビジネスのシーンでの基本のありがとうの表現についてみていきます。 基本ではありますが、ここを抑えておかなければビジネスで大きな失敗にも繋がりますので、しっかりと覚えておきましょう! ありがとうございます Thank you very much. 基本ですね。 ビジネスのシーンでもカジュアルなシーンでも使える表現になります。 このThank you very muchの表現から、様々な言い方を作ることがきます。 I appreciate your kindness. 「あなたの親切に感謝します」 こちらも丁寧なありがとうの表現として使われます。 いつもありがとうございます Thank you for always. 「いつもありがとうございます」 も使いたい表現です。 alwaysをつければ、「いつも」という意味になりますが、 Thank you for always being so helpful. 「いつも助けてくれてありがとう、」 という、 「いつも〜してくれてありがとう」という使い方をします。 相手と会話した時などに用いる御礼の言葉 何かをしてくれたことのお礼の「ありがとう」という以外にも、 会話をしている時に使いたいお礼の表現もあります。 ビジネスのシーンでは、取引先の方と会ったりする時に、言いたい表現。 さらっとカッコよく言えるようにチェックしておきましょう。 お会いいただきましてありがとうございます Thank you so much for taking the time today. meeting 会う、というよりは、talking を使って「会っていただきありがとうございます」と表現します。 お時間頂きありがとうございました Thank you very much for your time today. という表現となります。 英文はもちろんですが、しっかりと心をこめて言うのが大事ですね。 ご参加いただきありがとうございます 「ご参加いただきありがとうございます」ですが、いくつか表現はありますね。 Thank you so much for coming today. Thank you attending. Thank you for your attendance. などがあります。 また、 Thank you を使わない言い方で、 I appreciate your attendance today. という丁寧な表現もあります。 先日はありがとうございました Thank you for coming yesterday. 「昨日は来てくれてありがとうございます。 」 という感じで、 何について感謝しているか、ということを表現します。 It was nice meeting you and thank you for speaking with me yesterday. 「昨日はお越し下さってありがとうございます。 」 (プレゼンなどで)ご清聴ありがとうございました Thank you for your attention. 「ご清聴ありがとうございました」 電話などでお礼を伝える場合 電話でもお礼を伝えたいシーンはありますよね。 顔が見れないからこそ、きちんと挨拶できるようにしておきましょう。 電話をいただきありがとうございます Thank you very much for calling. 「お電話いただきありがとうございます」 とおなじ解釈でOKです! 助けてもらった時に伝えたい言葉 何かを手伝ってくれた時、仕事を助けてもらったときは本当にありがたく感じるものですよね。 上手にお礼を伝えて感謝の気持ちを表現しましょう。 手伝ってくださりありがとうございます• Thank you for your help. Many thanks for your assistance in the meeting. 「会議で助けていただきありがとうございます。 」 こちらも、 具体的にどんなシーンで手伝っていただいたかを伝えるといいでしょう。 お気遣いありがとうございます• Thank you for being so considerate. I appreciate your concern. considerate(思いやりがある)、concern 心配する) などを使って表現されます。 ご協力ありがとうございます• Thank you for your cooporation. Thank you for your understanding and cooperation. 「ご理解とご協力ありがとうございます」 という表現もより丁寧で、気持ちが伝わりやすいですね。 ビジネスメールでのありがとう 日頃、メールを受け取ったり送ったりする機会が多いかたは、お礼の表現のバリエーションをいくつか覚えておくといいですね。 メールの返事へのお礼• We appreciate your e-mail. 「メールをいただきありがとうございます。 Thank you so much for your prompt response. 「すぐにお返事いただきましてありがとうございます」• I was so glad to hear from you. 「ご連絡いただけてとても嬉しいです。 」 など、 すぐにお返事をいただけて嬉しいです、という内容にするといいでしょう。 会議の後のお礼 Thank you for taking the time to come and visit us. 「私達との会話のために来てくれて本当にありがとう」 こちらは、 「来てくださってありがとう」 という気持ちがこもった表現です。 上司の指導に対するお礼• I am thankful to be a part of your team. 「あなたのチームの一員であることに感謝しています」• Thank you for providing us with such great working enviroment. 「このような素晴らしい仕事環境を作っていただき感謝しております。 Thank you very much for your support, guidance and encouragement. 「サポート、導きそして励ましていただきありがとうございます。 Thank you for the opportunities you provide, and for having faith in me. 「私に機会を与ていただきそして信頼していただいてありがとうございます。 」 具体的に どんな点に、どのように感謝しているかを述べると。 より不快感者の気持ちを表現することができます。 会食のお礼• Thank you for your invitation to the party. 「パーティーにお招きいただきありがとうございます。 It was very kind of you to invite me. 「ご招待いただき嬉しいです。 Thank you very much for the wonderful dinner last night. 「昨日は素晴らしいお食事へご招待いただきありがとうございます。 )」 お礼は早めにするように心がけましょう。 面接のお礼• Thank you very much for having me today. 「本日はお呼び頂き有難うございました。 It was my pleasure meeting with you. 「お会いできて光栄でした。 I look forward to talking with you soon. 「また近いうちにお会いできるのを楽しみにしています。 」 面接のお礼のメールも 早急に送るのが鉄則です。 また、面接後のお礼なら、いい印象を残せるように、しっかりと目を見てはっきりとアピールできるように練習しておくといいですね。 まとめ ビジネスのシーンで使えるありがとうの表現をまとめてみました。 様々ない言い方があるので、シーンにふさわしい表現で気持ちを伝えましょう。 すんなり言えたり表現できることで、ビジネスも好印象。

次の