ウォーレン夫妻 娘 現在。 危険度MAX!世界に実在する呪いの人形6選(アナベル、ジュリエット、ロバート他)

本当に命の危険がある?世界最大のオカルト博物館がガチすぎる件

ウォーレン夫妻 娘 現在

映画を観る前に知っておきたいこと こんな事が本当に実話なのか!?霊的な存在に確信が持てない(人一倍怖がりなので深層心理では受け入れているかもしれない)僕にとって、耳を疑いたくなるような事件…… 心霊研究家・ウォーレン夫妻はその世界では有名な第一人者で、これまでに調査した事件は1万件に及ぶという。 そんな中から、最も邪悪で恐ろしい事例を取り上げたのが前作の『死霊館』だった。 その期間はなんと2年2ヶ月に及んでいる。 あまりに長期間続いたことから過去に最も調査されたポルターガイスト現象としても有名なのだ。 よって、音声テープや写真や動画など数々の記録が残されている。 調査中に起こったポルターガイスト現象は1500以上とされ、もちろん目撃者も多数いる。 その中には警察も含まれている。 しかし、それでもこの手の話は少女のいたずらだ、でっち上げと言われ中々受け入れられなかった。 そこで多くの検証も成された。 例えば、11歳の少女ジャネットが野太い男の声を出すことは可能なのか?一応、この声はジャネットの仮声帯(普段の発声ではあまり使われない声帯)から発せられたことは解っている。 訓練次第では不可能ではないという。 そこで、1千ポンドを礼金として「最高3時間の会話を同様の声で持続できる11歳の少女」を募集してみたが、もちろん応募者は現れなかった。 それに、その声で話された内容はジャネットが決して知り得ない内容だったという。 どこまでいっても少女のいたずらという可能性も否定できない。 集団催眠という可能性も0. 001%ぐらいあるかもしれない。 しかし確率論で言えば、これがポルターガイスト現象ではない可能性の方が圧倒的にゼロに近い。 もはや、信じる人の方が常識人というレベルの事件なのだ。 この辺りもポルターガイスト現象の事例としては何ともリアルである…… 『死霊館』シリーズはすべてが実話! 日本でここまでのポルターガイスト現象があった事例は記録としては残っていない。 よってにわかには信じ難いが、ポルターガイスト現象にも世界基準というのがあるのだろう。 また、この手の心霊現象は国ごとの特徴を繁栄していることも不思議に感じる。 西洋ではエクソシストのような悪魔的な存在が多いが、日本では貞子のような着物の白い女や、軍人、落ち武者などが心霊現象のアイコンである。 世界中のどこでもこの手の話はあるが、例えば南米や中東には一体どんな霊がいるのかなど時折考える。 少し映画とは離れてしまうが、僕はこうした現象は人間の強い思念によるものではないのかと思っている。 人の思考や感情というのも何かしらのエネルギーであるはずなので、それがあまりに強過ぎると、そのエネルギーが特定の場所に残ってしまうのではないかと考える。 これは心霊現象が国ごとの特徴を繁栄していることや、恨みが強いほどより強力な悪霊というセオリーにも当てはまる。 決して死んだ人間がその場に存在しているわけではないと思っているのだが…… この映画を観ても、僕は常識人でいられるだろうか…… さあ、映画の話に戻ろう。 本作は『死霊館』の待望の続編となるわけだが、2014年には『アナベル 死霊館の人形』というスピンオフも公開されている。 一応、この2本が関連作品となるので予習がてらに簡単なあらすじを紹介しておく。 シリーズすべてが心霊研究家・ウォーレン夫妻が過去に扱った事件を基に描かれているので、どれも一応実話だとされている。 『死霊館』あらすじ&予告 1971年、5人の娘を持つ若いペロン夫婦は、ロードアイランド州ハリスヴィルの田舎にある、古い一軒家を購入した。 しかし、念願のマイホームはポルターガイスト現象が次々と発生する。 ウォーレン夫妻はその家に血塗られた過去がある事を突き止める。 しかし、悪霊はウォーレン夫妻の想像をはるかに超えていた。 悪霊に取り憑かれて正気を失ったキャロリンが5人の娘のうち、霊が見えるクリスティーンとエイプリルを連れ出して行方不明に…… ウォーレン夫妻は悪霊が2人の娘を生け贄にするために連れて行ったと察し、キャロリンの夫ロジャーらとともに屋敷に駆けつける。 まずはクリスティーンを救い出し、キャロリンを教会に連れて行こうとしたが、ロレインの透視によって、キャロリンを屋敷から連れ出すと死んでしまうことが判明する。 事態は急を要していることから、教会からの許可がないままエドが悪魔払いをすることに。 激しく暴れるキャロリンは床下に閉じ込めていたエイプリルに襲いかかる。 しかし、ロレインやロジャーの必死の説得により本来のキャロリンを取り戻し、悪霊は去った。 こうしてペロン家とそしてウォーレン家にもようやく平穏な日々が訪れるのだった…… 『死霊館』予告編 『アナベル 死霊館の人形』あらすじ&予告 映画は若い女性2人と男性1人がウォーレン夫妻にアナベルという呪われた人形についての体験を語るシーンで始まる…… 1967年初期、ジョン&ミアのフォーム夫妻は第一子を待ち望んでいた。 ある日、ジョンは人形が好きなミアに探していたアンティーク人形をプレゼントする。 その日の夜、ミアはお隣のヒギンズ夫妻の家から人が襲われているような物音を耳にし、その直後にミアもプレゼントされたばかりの人形を手にした女と男の殺人鬼に襲われる。 ジョンと警察が駆けつけ男を殺害するが、女も人形を掴んだまま、壁に血でマークを残し自殺してしまう。 犯人はお隣のヒギンズ夫妻の娘アナベルとその恋人。 彼らは悪魔に関わるカルト集団の一味だった。 その後も人形にまつわる奇妙な出来事が起こり、ミアはジョンに捨てるように頼んだ。 そして、娘リアが生まれたフォーム一家は新しいアパートに移ることに。 ミアが荷ほどきをすると、そこにはなぜか捨てたはずの人形が…… 再び繰り返される怪奇現象の危害はミアとリアにまで及ぶ。 ミアはエブリンという女性と出会い、アナベルの人形による怪奇現象はリアの魂を奪うために起きていると確信する。 フォーム夫妻は教会のペレズ神父を呼び、人形を教会へ持って行ってもらうが、アナベルの亡霊と悪魔のような生き物が神父を襲い、人形はどこかへ消えてしまった。 一方、エブリンはミアに自分の抱える過去を話す。 自分にはかつてルビーという娘がいたが、過去に起こした交通事故で亡くしてしまい、罪悪感のあまり自殺を図った。 しかしその時、死ぬにはまだ早いという娘の声に救われたのだと語るのだった。 ペレズ神父はジョンに今夜アナベルがリアの魂を奪いに行くと警告する。 アパートではエブリンが悪魔に締め出されていた。 駆けつけたジョンとエブリンがドアをこじ開けると、ミアがアナベル人形を手に窓から飛び出そうとしている。 ジョンがミアを助けると、エブリンは人形を手にし、そのまま窓から飛び降りてしまう。 彼女は娘ルビーの死への償いとして犠牲になることを決意したのだった。 リアはいつの間にかベビーベッドの上に戻っていた。 6か月後、フォーム夫妻は再び引っ越し、それ以来アナベル人形を見ることもなかった…… 映画は、冒頭で登場した女性の母親がアナベル人形を娘へのプレゼントとして購入するシーンで終わる。 エンディングでは「本物のアナベル人形はエドとロレイン・ウォーレン夫妻の博物館のケースに保管され、1か月に2度、神父によって人形の呪いを閉じ込めるため祈られている」というテロップが流される…… 『アナベル 死霊館の人形』予告編.

次の

呪いの「アナベル人形」

ウォーレン夫妻 娘 現在

wordpress. com 「 死霊館」シリーズが実話をベースにしたにホラー映画なのは有名な話ですよね。 心霊研究家として、世界的に有名なウォーレン夫妻が今まで関わってきた1万件以上もの心霊事件の中で1番恐ろしいと挙げた事件です。 1977年8月から、とある家族が住む家でおよそ2年以上続いた最長のポルターガイスト現象であり、 ポルターガイスト事件の中でもっとも詳しく調査され、ポルターガイストという言葉を世に広めた事件でした。 調査には警察の他、英国心霊調査協会(SPR のメンバーである モリス・グロスと ガイ・ライアン・プレイフェアの2人が関与していたといいます。 アーサー・コナン_ドイルやルイス・キャロルが支持していた英国心霊調査協会とは 数ヶ月の調査だけでも1500以上の心霊現象が起きたと記録され、その心霊現象は家に住む家族の他にも、調査員、警察、報道関係者に目撃されたとされています。 次に不審なノック音が続きました。 実は、その時期に警察が台所のドアに向かって、1人でに動く椅子を見たという。 それから程なくして、白髪の老女や幼い子供の幽霊も目撃され、家の中では積み木やビー玉が飛び回り、家の中で自然発火が発生したり、壁に文字が浮かび上がったり、録音された調査テープには合成音声のような太い声が入っていたそうです。 実はこの映画が公開された当時も奇妙な出来事が起きていて、インドの映画館で「死霊館」を鑑賞していた男性が発作を起こし死亡し、司法解剖のために大学病院に移送している途中に、移送担当者と共に行方不明になるという恐ろしい出来事が起きたらしいです。  • com 「死霊館」シリーズのスピンオフ作品として有名なこの作品。 もちろんこの作品も、実話ベースです。 ただアナベルの人形のモデルになった人形はここまで禍々しくはありません。 html 正直、自分のブログにこの写真を載せるのは結構躊躇いました。 なぜなら、今でも人形の持つ力が衰えていないからです。 よくホラー映画を制作しているときに、不可解な体験をするという話を聞きますが、ブログも同じで、少し大げさな言い方かもしれないですが、こういった写真をあげるのは少し覚悟のようなものがあります。 もしこのブログを読んでいる最中に、身に覚えのない音などがしたら、もしかしたらこの記事が何かを惹きつけているのかもしれませんね。 さぁ、話を戻しますが、この人形は現在、 アメリカ、コネチカット州にあるウォーレン・オカルト博物館に展示されています。 このウォーレン・オカルト博物館は、「死霊館」シリーズでもおなじみの心霊研究家のウォーレン夫妻が 関わってきた心霊事件で引き取って保管している「いわく」付きの代物を展示している博物館です。 その中でも厳重に保管されているのが、 アナベル人形。 アナベル人形に連れてかれてしまったんですかね? ラガディアン人形アナベルの悪夢 1970年、アンティークショップで売られていたラガディアン人形を娘のドナへの母親が誕生日にプレゼントしたことから、悪夢が始まりました。 ラガディアン人形が家に来てから数日後、ドナとその友人であるルームメイトのアンジーは奇妙な事に気付きました。 あれ?人形の位置が違う。 最初は言われなければ気がつかないような距離。 だけど、日に日にその距離は、「まさかね」と自分たちを誤魔化すこともできないような距離にまでなっていました。 2人は出かける時に、ラガディアン人形をソファーの上に置いて出かけました。 だけど、帰ってみると、確かにソファーに置かれていたはずの人形がベッドの上にあるのです。 流石に2人は気味悪く思い、共通の男友達ルーに相談しました。 話を聞いたルーはと気味が悪いと人形を燃やすことを提案。 しかし、人形は危害を加えたわけでもなく、ドナにとっては母親からもらった大切なプレゼントです。 結局、その時は人形を燃やすことなく、人形をどうするか悩んでいる日々が続きました。 しかし、その後さらなる奇妙な出来事が起きます。 ドナのアンジーの部屋から、あるはずのない古い羊皮紙が見つかるようになったのです。 この羊皮紙にはメッセージが書かれており、その中の1枚には子供の書いたような文字で「 ルーを助けて」と書かれた羊皮紙も見つかりました。 少しずつ自分たちと距離を縮めてくる奇妙な出来事に怯えた2人は霊媒師に相談することにしました。 霊媒師は2人の相談にこう答えました。 「この人形には、2人が住んでいるアパートと立つ前に、この土地で暮らし、7歳で亡くなった『 アナベル・ヒギンズ』という少女の霊が取り憑いてる。 少女は2人に親愛の感情を持っていて、できるならずっとそばにいたいと願っている。 」 2人は幼くして亡くした少女の霊に可哀想に思い、そのままそばに置いておく事に決めました。 しかし、霊媒師の言葉とは裏腹に、人形を燃やすことを提案したルーは毎日、悪夢にうなされるようになります。 その悪夢の中で、人形が彼の胸元を這い上がり、首を絞めつけるというのです。 ある時、ルーがドナとアンジーが留守の時に彼女たちの家を訊ねると、誰もいないはずの2人の部屋から異様な物音がしたそうです。 ルーはその部屋を覗いてみると、あるのはラガディン人形。 次の瞬間、彼は激しい胸の痛みに襲われ、着ていたシャツに血で滲んでいました。 部屋から逃れたルーがシャツをめくると、そこには獣のような爪痕が7つ残されていたようです。 少女の霊がそんなことする訳が無い。 事態を深刻に考えた2人は、心霊研究家として有名だったウォーレン夫妻に相談し、調査を依頼。 するとウォーレン夫妻の調査の結果、人形に取り憑いているのは少女の霊ではなく、悪霊であると結論づけました。 そして、その人形はその後、教会で悪魔祓いをし、ウォーレン夫妻が引き取りました。 しかし、悪魔祓いの効果はなく、引き取られたウォーレン夫妻の宅でもひとりでにあちこち移動していたようで、人形はとうとう特製のガラスケースの中に封印されてしまったようです。 その人形は項目の初めに書いた通り、コネチカット州のウォーレン・オカルト博物館に飾られているそうです。 ウォーレン夫妻は娘のジュディが人形に近づく時に「アナベルの目を見ちゃダメ!」と注意するそうです。 もし目が合ってしまうと、アナベルに自分を認識されてしまうのだそう、、 「アナベル」シリーズでは、最新作としてウォーレン・オカルト博物館を舞台にした「 アナベル 死霊博物館」が公開されました。 ウォーレン・オカルト博物館を実際に行った後に、映画を観たら、また違った恐怖を感じられるかも! アメリカに訪れた際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか? (英語サイト)• slashfilm. 2017年に映画がリメイクされ、世界中で大ヒットして、日本でも話題になりましたよね。 下水口から顔を出し、陽気な言葉で子供を誘うシーンが印象的ですよね。 日本で行ったら、まるで口裂け女みたいな都市伝説的な存在のペニーワイズですが、なんとペニーワイズのモデルになった殺人ピエロがいたんです。 reelz. 幼少時代、心臓疾患を持つ体の弱い少年だったジョン・ゲイシーは、虐待気質のある厳格な父親の元で育った。 ジョンは父親の前で弱さを見せると「 お前はいつかホモになっちまうぞ!」と暴言で罵られた。 ジョンはそんな父親の元で、成年になるまで罵られて生きてきたが、それでも父を尊敬し、父を恨むどころか父に認められたい一心で仕事を努め、ボランティア活動にも積極的にも参加した。 そんなジョンを周りは高く評価し、「眠らない男ゲイシー」と呼んだ。 ジョンは妻と一男一女の家庭を持ち、今まで否定的だった父親もとうとうそんなジョンを認め始めたのだ。 全てが順調に行っていたジョンの人生だったが、ある事件を全てを壊す。 ジョンは、少年への性行為の強制で逮捕されたのだ。 妻子を失い、長年の思いで認めてくれるようになった父親からも失意を陥れられ、今まで高く評価していたジョンの周りの人間も去っていった。 だが、ジョンは罪を償い、出所後にリフォーム業を立ち上げ、会社の業績を伸ばしました。 彼には、どん底からも立ち上がる知能とコミュニケーション能力がありました。 ジョンは地元の民主党支部にも積極的に顔を出し、ポゴという名のピエロに扮して小児病棟や孤児院を慰問し始めた。 ピエロの格好をしたジョンは、子供に下手くそな絵を披露し、風船を持った陽気なピエロのジョンはすぐに子供達の人気者になりました。 そんな彼の周りで少年がいなくなるという事件が発生しました。 近隣の捜査している刑事がジョンの家を尋ねると、かすかな異臭に気づいたそうです。 その匂いに覚えのあった刑事は令状を取り、彼の家が放つ異臭の正体を探っていると彼の家の床の下から死体が次から次へと発見され、28体の死体が発掘されたそうです。 そして、彼の家の近くの川からは家に隠せなくなった5体の死体が発見されたそうです。 彼はピエロの格好で少年たちを家に誘い、誘われた少年たちは手錠などで体を拘束し少年たちを性暴力を加えたのち、少年との性行為をしたことを隠すために拷問をし殺したそうです。 彼は逮捕後も自分自身が弁護士となって、多重人格だと主張し冤罪を訴え最判を求めることで裁判を伸ばしたり、TVのインタビューに積極的に受け、「 少年を殺すことの楽しさ」を雄弁に語ったりしたそうです。 そんなジョンも1994年に毒殺による死刑が執行されましたが、通常、毒を摂取されてから5分で済む処置が、何かの手違いからかジョンは30分以上苦しみながら死んだそうです。 そんな彼に当時の検察官はこうコメントを残している。 「 被害者の多くはもっと苦しみながら死んだのだ。 これでもヤツには不足なぐらいだ」• gizmodo. html 「 13日の金曜日」に出てくるジェイソンのモデルやバイオハザード7舞台のモデルになった「 悪魔のいけにえ」、ヒッチコックの名画「 サイコ」のノーマン・ベイツ、「 羊たちの沈黙」のレクター博士。 数々のホラー、サイコサスペンスのモデルになった エド・ゲイン。 彼の犯してきた犯罪はまるで映画のよう、、いや、映画以上に残虐な殺人でした。 com 彼の部屋に乗り込んだ警察は、目の前に広がる光景に恐怖を通り越して、笑うしかなかった。 大量のゴミに溢れかえった彼の部屋からは、15人分の女性の死体が発見され、そのどれもが解体され、椅子や食器、ベスト(ジョッキ)に加工されていたのです。 彼の部屋から見つかったものはこちら。 wikipedia. org 彼は女性の皮できたスーツとマスクを身につけ、女性になったつもり彼の歪んだ性癖を満たしていたそうです。 そんな常人では考えられない彼の家で、唯一、整然とされていた部屋もありました。 それは彼の母親の部屋です。 母を亡くした時から、そのままの状態で保存をし、誰も入れないように封印されていたようです。 彼の母親への歪んでしまった愛情は、「 サイコ」のモデルにもなっています。 funkyzilla. com 新作の公開が予定されている「 チャイルド・プレイ」シリーズで、有名なチャッキー。 実はチャイルド・プレイを見たことない人でも知っているほど有名なチャッキーにもモデルになった人形があるのです。 それがこの人形です。 atlasobscura. 黒魔術がかけられたロバート人形 1904年、大地主のオット家でクビににされた使用人が、オット家に復讐を企み、先祖から伝わる黒魔術を人形にかけ、オット家の長男ロバートに送り付けました。 程なくして、ロバートと部屋にこもるようになりました。 両親はロバートと人形がお互いに会話をする光景を目撃し、オット家に訪れた少女は、ひとりでに動く人形を見つけ、「見たな!」と脅し、襲いかかったそうです。 ロバート自身も次第に暴力的なふるまいをするようになりました。 そして、苦しんだ末にロバートは亡くなってしまいました。 残された人形は不気味に笑い、家族を震え上がったそうです。 そして、人形の処分に困った家族は、博物館に人形を押し付けました。 その人形は、敬意を払い扱わないと不幸な目にあうと言われ、その姿を写真に収めると不思議なものが入り込むと言われています。 xsrv. html こんな風に青く写ってしまったり、白い影が写り込んでしまう事があるみたいです。 美術館の中でも観光客から、人形の表情が変わったと報告され、今でも見る人を恐怖に陥れているそうです。 kumudranews. com 「 ウィンチェスターハウス アメリカでも最も呪われた屋敷」やこの家は日本でも「 アンビリバボー」で取り上げられたことのある呪われた屋敷 ウィンチェスターハウス。 アメリカのカリフォルニア州にある迷宮といっても差し支えのないこの巨大な屋敷は、38年間もの長い年月、増築し続けた呪われた幽霊屋敷だったのです。 atlasobscura. この屋敷こそが呪いの幽霊屋敷「 ウィンチェスターハウス」なんです。 1981年に、娘と夫を亡くした未亡人サラ・ウィンチェスターは友人のアドバイスで「ボストンの霊媒師」と言われるほど有名な霊媒師に話を聞くことになりました。 そこで霊媒師からあることを告げられるのです。 「 ウィンチェスター家が代々製造してきた銃によって殺された幾千もの人々の幽霊が復讐の機会を求めている。 」 そうサラ・ウィンチェスターの亡き夫ウィリアム・ワート・ウィンチェスターは銃のビジネスで成功し、銃を製造する会社の経営をしていたのです。 霊媒師の言葉はサラにとってにわかに信じがたいものだったが、人々から信じられている有名な霊媒師の言葉を信じざる得なかった どうすればいいのかうろたえるサラに霊媒師はさらに助言をしました。 「 今住んでいるコネチカット州ニューヘイブンの家を出て西に行きなさい。 そして、たどり着いた場所にあなたとウィンチェスターの銃で殺された人々のために家を建てるのです。 その家の建設を止めてはいけません。 」 亡くなった夫の遺産を相続していたサラは霊媒師の言葉を信じ、言われたようにサラ自身が亡くなるまでの38年間という年月、ウィンチェスターハウスを建築し続けました。 tripadvisor. com. ph 正面から見るととても可愛らしい雰囲気の屋敷ですが、上から見ると38年間、建設し続けたこともあって、かなり巨大な屋敷です。 家の中もとても奇妙で、2つ舞踏室160の個室にそこに通じる扉とともにどこにも通じていない扉もあったそうです。 サラ・ウィンチェスターは「 13とクモの巣」を幸運をもたらすものと考えていて、 家中にクモの巣をモチーフにしたデザインを施していたり、 ロウソクの数や複数の飾りを13個で統一していたそうです。 cnn. com 現在、ウィンチェスターハウスで、13日の金曜日やハロウィンのシーズンになると、肝試しツアーをやったり観光スポットとしても賑やかせているそうです。 サンフランシスコから車で1時間かからずの場所にあるので、行きやすいので観光するのにおすすめです! 実際に行く場合は公式サイトから、ウィンチェスター・ハウスのツアーチケットを買い忘れないように!.

次の

エド・ウォーレン命日 『死霊館』シリーズを支える人々が語るウォーレン夫妻の愛 /2019年8月23日 1ページ目

ウォーレン夫妻 娘 現在

『』で有名なアミティヴィル事件など多くのを調査・解明してきた、アメリカでは非常に有名な超常現象研究家のが、これまでに調査したものの中で「最も邪悪で恐ろしい事例」としてこれまで封印してきた、に体験した衝撃の事件を基に描く。。 概要 [ ] 今作はの第1作目であり、超常現象、オカルトを題材にしたホラー映画で、アメリカでは「Supernatural horror」という分類に含まれている。 監督、脚本はチャド・ヘイズと双子の兄弟のケイリー・ヘイズ。 とが超常現象研究家、作家のウォーレン夫妻を演じる。 2013年7月19日にアメリカ合衆国とカナダで公開され、映画の制作費2000万ドルに対して、全世界の興行収入は3億1900万ドルを超え、批評家からの評価も上々であった。 には前日譚『』が公開された。 また続編のが2016年6月10日に公開され、シリーズ6作目の映画『』が2019年にアメリカ合衆国で公開された。 冒頭で語られる「アナベル事件」は『死霊館』発表時は1968年だったが、その前日譚であるアナベルシリーズの第1作「アナベル 死霊館の人形」で事件解決から6ヶ月後にアナベル事件の被害者女性の1人の母親が人形を購入するのに合わせ、「アナベル事件」は1968年から1971年に変更された。 あらすじ [ ] 1971年、男性につき添われて黒髪の女性デビーと同居する金髪の女性が「アナベル事件」についての恐怖の体験をウォーレン夫妻に訴えるところから始まる。 看護師である2人は異変を霊媒師に相談したところ、人形に「アナベル・ヒギンズ」という7歳の少女が憑依していると言われ、同情した彼女たちは「人形に取り憑いて自分たちと同居する許可」を与えたが、その途端、事態は悪化してウォーレン夫妻に相談したのだった。 人形には霊は憑依しておらず、少女の霊のふりをして女性たちを騙したは「自分たちを支配する許可」を与えさせたのだ。 講演会において2人とアパートは神父に浄められ、平穏な生活を送っていることが語られる。 その年、若い夫婦と5人の娘のペロン一家は、の田舎にある、いささか古いが屋敷のように広い部屋を持つ一軒家を購入した。 念願のマイホーム購入を喜ぶペロン一家であったが、入居した翌日から奇怪な現象が次々と発生するようになる。 妻キャロリンの身体の謎の痣が生じ、嫌がって家に入ろうとしなかった愛犬セイディーが翌朝には死んでしまい、家中の時計がすべて「午前3時7分」で止まり、四女シンディがで長女アンドレアの部屋に入り込みクローゼットの扉に頭をぶつけるという謎の行動を取り、池のそばの巨木の根元でを拾った末っ子のエイプリルは「見えない友だち」ローリーと仲良くなる。 また、無数の鳥が家に激突して絶命するようになる。 ついに娘たちにもその危害が及ぶに至って、ペロン夫妻は超常現象研究家として名高いウォーレン夫妻に助けを求める。 夫のエドはが唯一公認した非聖職者の悪魔研究家であり、妻のロレインはを持っている。 ウォーレン夫妻はペロン一家を救うべく尽力するが、霊力の強さと邪悪さはウォーレン夫妻の想像をはるかに超えるものであった。 に録音されたエドの声はあるが、質問に答えるキャロリンの声は消えていた。 ロレインの調査の結果、ペロン一家が競売で入手した家は元は農家で、1863年に「ジェドソン・シャーマン Jedson Sherman 」という人物が建てたものだったが、彼の妻「バスシーバ Bathsheba 」は生後7日目の我が子を悪魔の生け贄にしようとしたのを夫に見つかり、巨木に登り「この土地を奪う者は呪ってやる! 」と叫んで首つり自殺を遂げ、悪霊と化したという、血塗られた過去が明らかになった。 バスシーバは母親の心を持っておらず、神からの授かりものである子供を捧げることは究極の冒瀆で魔女としての格が上がる貢ぎ物という認識しかなかった。 彼女の死亡時刻は「午前3時7分」だった。 実は、バスシーバはであり、その上悪名高い「」で公判中に死亡した「」の親戚であった。 1930年代の住人であるウォーカー夫人の森で謎の失踪を遂げた息子ローリーこそエイプリルの「見えない友だち」であり、ローリーの失踪後、ウォーカー夫人は地下室で自殺し、200の土地は分割されて売却、敷地内に家があった少年が池で溺死、近隣の家のメイドも自殺と不審な事件が続いていた。 敵の正体が判明した直後、のスイッチが勝手に入り、消えていたキャロリンの声の代わりに獣のような唸り声と女性のうめき声が流れるのだった。 時計は「午前3時7分」を指していた。 ウォーレン夫妻に対する魔女の宣戦布告だった。 にの許可を得る証拠集めに調査を開始したある夜、囁くような「あの女がやらせた」という若い女性の声が聞こえ、その声の主と思われるメイド姿の女性がブラッドに襲い掛かり、2階の部屋のの裏の空間にシンディが「こっちにおいで、ここが僕の部屋だよ。 」とローリーに呼ばれて入ってしまう。 エイプリルは「ローリーは怖いとここに隠れる」とロレインに説明する。 首つりのロープを見つけた時、その空間の床が突如抜け落ちてロレインは地下室に転落してしまう。 オルゴールを奏でると蓋のに女性の霊の姿が映るが、それは魔女に憑依されて息子を殺してしまい「あの女がやらせた」と嘆くウォーカー夫人であり、池で溺死した少年も近隣の家のメイドがやらされたことを知り、魔女の狙いがキャロリンに娘を殺させることだと気づく。 また、ナンシーの髪が突如引っ張られて部屋中を飛ばされたり、引きずり回されるが、ロレインがハサミで彼女の髪を切って難を逃れ、ペロン一家はモーテルに避難する。 ペロン夫妻は無神論者で教会に行っておらず、子供たちにも洗礼を受けさせていなかったため、バチカンの許可は望みが薄いとゴードン神父は眉を寄せながらも掛け合ってくれていたが、悪魔祓いの許可を得るのに時間がかかっていた。 魔女の攻撃はウォーレン夫妻の一人娘ジュディにも迫る。 アナベル人形を使って部屋に閉じ込められてしまうが、間一髪のところでジュディは救い出される。 その一方で、屋敷から退避していたペロン家では魔女に支配されて正気を失ったキャロリンが5人の娘の内、霊が見えるクリスティーンとエイプリルを連れ出して行方をくらます。 連絡を受けたウォーレン夫妻は霊が2人の娘を生け贄にするために屋敷に連れて行ったと睨み、助手のドルーやキャロリンの夫ロジャーと共に屋敷に駆けつける。 まずクリスティーンを救い出し、キャロリンを教会に連れて行こうとするが、ロレインの透視で屋敷から連れ出すとキャロリンが死ぬことがわかる。 しかし、事態が切迫していることから、無許可でエドが悪魔祓いをすることになる。 鳥が屋敷の周囲を飛び交い壁や窓に激突し、車に避難したクリスティーンは怯える。 激しく暴れるキャロリンはエドに襲いかかり制止しようとしたブラッドの顔の肉を喰いちぎり、恐怖に駆られてキッチンの床下に隠れたエイプリルに襲いかかるが、ロレインやロジャーの必死の説得でキャロリンは本来の自分自身を取り戻し、魔女は地獄に追い払われる。 こうしてペロン家とウォーレン家に平安が訪れる。 エイプリルが拾った霊を呼び出すオルゴールは博物館に収められた。 ウォーレン夫妻が博物館の扉を閉じると、オルゴールが勝手に鳴り出すのだった。 ロレイン・ウォーレン - (): 霊能力者。 エド・ウォーレン - (): 悪魔研究家。 ロレインの夫。 階段から転げ落ちても怪我がないなど堅牢な肉体を持つ。 キャロリン・ペロン - (): 怪現象に悩まされている女性。 魔女バスシーバに憑依される• ロジャー・ペロン - (): キャロリンの夫。 アンドレア・ペロン - ()(): 長女。 ナンシー・ペロン - (): 次女。 眼鏡をかけている。 クリスティーン・ペロン - (): 三女。 霊が見える。 シンディ・ペロン - (): 四女。。 エイプリル・ペロン - カイラ・ディーヴァー(): 五女。 霊が見える。 ドルー - ()(): エドの助手。 ブラッド・ハミルトン巡査 - ()(): ハリスヴィル署の警官。 ウォーレン夫妻の調査と除霊を手伝う。 ジュディ・ウォーレン - (): ロレインとエドの娘。 ジョージアナ・モラン - マリオン・ギュヨ: ロレインの母。 ジュディの世話をしている。 ゴードン神父 - (): 聖職者。 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。 脚注 [ ] [].

次の