死に体 意味。 ハッキング(ハック)とは

[ai] 知ってほしい!大相撲には「死に体」と「足の甲がついてはいけない」ルールがある! » ペパーミントダイアリー2

死に体 意味

語源 [ ] 原義は「足の不自由なアヒル」。 1700年代のロンドン証券取引所で、支払不能で債務不履行に陥った株式仲買人や証券会社を指す言葉として用いられたが、1860年代に米国の政治用語として流用されるに至った。 米国 [ ] 米国の慣用表現であり、英語を公用語とする米国以外の国においても通用する用語となりつつあるが、ここでは主として米国で用いられる場合について説明する。 米国大統領 [ ] 日本ではとりわけ、選挙で落選し、残った任期を消化している米国大統領を指す用語として用いられる場合が多い。 アメリカでレームダック・プレジデント と呼ばれる用法である。 特に中間選挙で与党の議席を減らした大統領に対しては選挙直後から使われることもある。 大統領は憲法で「再選は1度まで」と規定されている。 憲法上の規定はないが、大統領になった後、政治家としてほかの役職(上院議員など)に就くことはほとんどない。 当然、やめるとわかっている政治家の影響力は大きく低下する。 そのため2期目終了が近づくと、議会などとの政治的取引を行う余力が消失し、政策運営ができなくなる。 一般に、レームダック状態にある大統領の政権下では、あらゆる決定が先送りされ、行政府全体に無気力感が漂い、政治が停滞するとされている。 よって、2期目の特に最初の2年が、再選した大統領が政治的影響力を発揮できる期間とされる。 米国議会 [ ] 法案や決議案などの議題もなく、単に日程を消化するにすぎない連邦議会を、レームダック・セッション と呼ぶ。 上院・下院とも選挙は11月に行なわれ、当選した議員が登院して新議会が開かれるのは翌年1月となっている。 新議会が開催されるまでの期間、任期の残っている議会が新たな法案・決議案などを審議することは少ないため、このように呼ばれる。 米国の一般用語 [ ] 政治用語から転じて、一般的な用語として「役立たず」「落伍者」など、特定の人物を揶揄的に指す場合にも用いられるようになった。 同様に、財政的な危機状態であったり、あるいは累積債務が増大している法人を指すほか、破損や故障などで動かなくなった乗り物を指すなど、一般的な慣用句としても広く用いられる表現となっている。 日本 [ ] 日本では、米国の政治状況を報道する際「レームダック(死に体)」などと相撲用語を用いて補足説明を施してきたが、一定程度この用語が定着した現在は、米国で用いられる用法にとどまらず、内閣総理大臣 など政権担当者や内閣を指すほかに、政党の内部で派閥領袖などが力を失いつつある場合にも使用されることもある。 単なる 政治基盤の弱体化を指したり、政治的闘争あるいは政権批判における用語としても使われる一方で、単に日程を消化するにすぎない議会 を指してレームダックと呼ばれることはないなど、米国での用法から離れた用い方もなされる。 脚注 [ ] []• コトバンク• : lame duck president• : lame duck session• 首相が、(24年)10月19日の、、3党の会談で時期を明示しなかったことにつき、2日後にが「の解散時期を明示すれば、いわゆるレームダックになり、やるべきことができなくなると心配していると思う」とコメントした。 NHK 2012年10月21日. 2012年10月21日閲覧。 日本ではのによるにより以降の、、西宮市議会、芦屋市議会で4月投票・6月1日に4年の任期開始となっており、選挙から地方議員の任期開始まで2ヶ月間は旧議員が議員身分を持ち、新議員は議員身分を持たない状況が続くことになる。

次の

【大相撲】「死に体」・「生き体」とは?判断の基準は何?

死に体 意味

ハッキングとは、情報システムやプログラム、ネットワークなどの動作を解析したり、独自に改造や拡張などを行うこと。 転じて、他人のシステムを不正な手段で操作したり不正に機密情報を入手すること。 ハッキングを行う人を「」(hacker)という。 世間一般にはコンピュータについての高度な知識や技能を悪用して不正や攻撃、犯罪を行うことという意味が広まっているが、当初は悪い意味合いはなく、システムの開発者の裏をかいて通常はできないことをやってみせたり、創意工夫や遊び心を発揮して人々を驚かせるようなソフトウェアの開発・改造を行うことなどを指していた。 現在でも、コンピュータ技術者のコミュニティでは「」(hackathon)のように原義に沿った肯定的な意味合いでハック、ハッキングという用語を用いる場合がある。 悪事については「」(crack)「クラッキング」(cracking)のように呼んで区別すべきとする提言もあるが、このような呼び分けは一般に広く定着するには至っていない。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

ハッキング(ハック)とは

死に体 意味

スポンサーリンク 白鵬がテレビで謝罪 「こんな簡単な謝罪で終わらせるつもりか!」と叩いているメディアも多数ありますが、相撲協会は師匠の宮城野親方 元竹葉山 を通じて注意をし、これ以上の対応はしない模様。 参照 : 叩かれている原因としては、 「何に対する謝罪なのか明確に述べられていなかったこと」 「その後行われた白鵬杯での記者会見で、本件に関する質問を受け付けなかったこと」 が挙げられるかと思います。 本件に関して、わたしは過去にこんな記事を書かせていただきました。 白鵬関がこのような発言に至った理由は、33回目の優勝という大記録がかかり、精神的に余裕がなく、日頃抑えていたお客さんの日本人力士へのあからさまな応援や、外国人横綱だからと心無い発言をするマスコミやその他横綱を取り巻く様々な方々への不満が爆発してしまったものと思っています。 多くの相撲ファンの方々も、同じように思っているようです。 スマステーション、わたしも見ましたが、何に対する謝罪なのか、明確に述べられてはいませんでした。 個人的には、周りの心ある方々からの説得で、これ以上立場を悪くしてしまわないよう一応の謝罪はしたけれど、白鵬関自身がこの件に対して、本当の意味で心の整理がついていないのではないかなと思いました。 問題は「目上の人たちに対して上から発言してしまったこと」と「間違った認識を広める言動」をしてしまったこと 今回の審判批判騒動、そもそも何が問題なのかというと、勝負審判の親方衆という目上の人たちに向かって「ちゃんと仕事しろよ」と上から物を言ってしまったことと、ちゃんとルールに基づいての取り直しであったにも関わらず「疑惑の一番」などと言って、一般視聴者を不安にさせてしまったことだと、わたしは思います。 とかく、各スポーツ誌は前者の問題を「品格問題」として取り上げることが多いようですが、わたしはむしろ、後者の方が問題だと思うのです。 勝負審判はちゃんと相撲のルールに基づいての判定していました! 困ったことに、この審判批判騒動を受けて、「白鵬は間違った判定に対してノーと言っただけなのに、つまらないプライドにばかりこだわっている親方衆は激怒した」と、勘違いしてしまっている方が多いのです。 でも、問題の一番。 物言いもその後の取り直しの判定も、ちゃんとルールに基づいて行われています。 稀勢の里の体が残っている間に白鵬の足の指が反ってるのだが、これは白鵬の勝ちなのだろうか。 — 偽ケ濱親方 nISEGAHAMA 稀勢の里の体が落ちる前に、白鵬の足の指が裏返り、甲が土俵についてしまっています。 相撲のルールでは 足の裏以外の体の箇所が砂についたら負けとなっているので、 足の甲がついても負けなんです! そのため、当日勝負審判を務めた親方の中には「足の甲がついているから白鵬の負けだ」という意見も出たくらいだったのです。 参照 : 取り直しになったのは、稀勢の里の体が「死に体」と判断されたから そうなると、「じゃあなんで取り直しなんだよ!?稀勢の里の勝ちじゃないのか??」という話になってくるかと思います。 記事には詳しく書いてありませんが、恐らく、稀勢の里の体が「死に体」と判断されたものと思われます。 「死に体」とは、文字通り、「体が死んでいる」という意味。 例え足は土俵の外に出ていなくても、体は落ちていなくても、一方的に攻められて完全に反撃出来ず勝ち目のない状態になると、「死に体」と判断されます。 完全に体が宙に浮いてしまってとても土俵の上に足の裏から着地出来ない、あとは落ちるだけの状態などが、よく挙げられます。 その場合、仮に相手力士の手が先に土俵についたとしても「かばい手」として認められ、先に体が死んだ方の負けとなるのです。 「死に体」について詳しく知りたい方は、この相撲の映像を探してご覧になることをオススメいたします。 上記に引用させていただいた偽ケ濱親方さんの写真を見る限りでは、稀勢の里の体が生きているようにも見受けられますが、他の角度からの映像を見ると全然違って見えている可能性もあり、実際の相撲の流れなどから総合的に判断し、同体となったものと思われます。 これなら怒って当然です 結果、勝負審判の親方衆からしたら、ちゃんとルールに基づいてジャッジしているにも関わらず、「緊張感持ってやってもらいたい」だの「肌の色は関係ない」などと言いがかりをつけられたようなもの。 怒って当然なんです。 「子供が見ても分かる相撲だ」とか、言っている内容が抽象的で、「先に稀勢の里の体が落ちた」といった具体的な指摘がないですよね。 批判したことそのものより、批判の仕方が問題だと思います。 発言するにしても、もう少し言い方に配慮すれば、与える印象は違っていたかもしれません。 でもそこがきちんとしていなかったゆえに、かえって、あまり相撲に詳しくない人達に間違ったルールを認識させてしまうお手伝いをしてしまいました。 残念なことです。 でも、悪いのは白鵬関だけではない 今回の件、白鵬関の方に落ち度があるのは明らかです。 でも、間違ったルール認識を広めてしまったという点から考えると、審判長の説明の仕方にも問題はあったかと思います。 あの時審判長は「両者の体が落ちるのを同時とみて」と説明しました。 素人には難しくて伝わらないかもしれない、という配慮だったのかもしれませんが、こう言っているわたしだって素人です!! 素人だって、本当に関心のある人なら自分で調べて勉強するし、わたしみたいに面倒くさがりで全然調べない人でも、好きで毎日相撲中継見ながら説明聞いていれば、それくらいのルール、勝手に覚えるんです! 審判部はこれを機に、審判長に話し方教室に通ってもらうなど、もう少し館内のお客様への説明を分かりやすくする案を検討していただきたいです。 以上、白鵬関のことも審判部のことも本当は批判したくないけれど、正しい相撲のルールを知ってほしいペパーミントあいがお届けいたしました。 This entry was posted in and tagged , ,. Post navigation.

次の