エクセル + 表示。 Excelで先頭にプラス+をつける、マイナスを三角△で表示する方法【ユーザー定義表示形式】

[エクセル]各ページに共通の見出しを付けて印刷する

エクセル + 表示

【エクセル時短】は「少しでも早く仕事を終わらせたい!」というビジネスパーソンのみなさんに、Excelの作業効率をアップするワザをお届けする連載です。 毎週木曜日更新。 大きな金額を扱う資料で必須 支社別の年間売り上げ、取引先別の累計売掛金など、大きな金額を扱うExcelの表では、 実際の金額のまま表示すると視認性が悪くなります。 例えば「 19,328,640」とそのまま表示すると、一見していくらかがよくわかりません。 資料を見る人が桁を間違える可能性がありますし、心の中で「いち」「じゅう」「ひゃく」...... と数えていて、説明が耳に入っていないかもしれません。 これを千円単位にすれば「 19,329」、百万円単位にすれば「 19」となり、おおまかな金額をすぐに把握できるようになります。 【 エクセル時短】第113回では、桁数の多い金額を「 千円単位」や「 百万円単位」で省略して表示する方法を紹介します。 金額を千円単位・百万円単位で表示する ここでは例として、支店別の売上額の表を千円単位で表示してみます。 金額が入力されているセル範囲を選択しておき、[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示したうえで、桁数を省略する表示形式を[ ユーザー定義]で指定しましょう。 [ユーザー定義]では、以下のように表示形式を指定します。 1つなら千円単位、2つなら百万円単位です。 実際の操作を見ていきましょう。 1[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示する 千円単位で表示したい金額のセル範囲を選択して [Ctrl]+[1]キーを押すと、[セルの書式設定]ダイアログボックスの[表示形式]タブが表示されます。 ここでは[通貨]の表示形式が設定されています。 2[ユーザー定義]の書式を修正する [ユーザー定義]をクリックし、[種類]の入力欄に以下のように入力します。 , 0, ここでは千円単位で表示するので「 , 0,」と指定しました。 百万円単位の場合は「 , 0,,」と「,」を2つ指定します。 3金額を千円単位で表示できた 金額を千円単位で表示できました。 実際にやってみると簡単ですね。 この方法では表示形式、つまり見た目上の金額だけが変わり、 セルに入力されている金額そのものは変わらないので、合計などを正確に求められるのもいいところです。 なお、資料を見る人が混乱しないよう、「単位:千円」と表の近くに付記するのも忘れないようにしましょう。 千円単位にした金額に「千円」と表示する さらに[ユーザー定義]をひと工夫すれば、例えば「 19,329千円」のように、セルの中で『金額+「千円」』といった表現もできます。 先ほどと同様に[セルの書式設定]ダイアログボックスの[ユーザー定義]を表示し、以下のように操作しましょう。 1[ユーザー定義]の書式を修正する [ユーザー定義]の[種類]の入力欄に以下のように入力します。 , 0,"千円" 「 "千円"」は、金額の後ろに「千円」と表示するという意味です。 2『金額+「千円」』で表示できた 金額の後ろに「千円」と表示できました。

次の

表示形式(ユーザー定義)の設定方法:Excel基本講座

エクセル + 表示

時間・時刻の関数の使い方:Excel関数• 時間・時刻の関数• Excelでの時間・時刻のシリアル値から時,分,秒を取出す関数 HOUR関数,MINUTE関数,SECOND関数 時,分,秒の数値から時間・時刻のシリアル値に直す関数 TIME関数 文字列からシリアル値に直す関数 TIMEVALUE関数 について解説しています。 時給計算の仕方を例に挙げて説明しています。 スポンサードリンク シリアル値:Excelでは日付や時刻はシリアル値で処理されます。 日付は1900年1月1日を「1」、1900年1月2日を「2」・・・と、数値で表します。 時間・時刻は「1日 24時間 」を「1」として、12:00は「0. 5」、6:00は「0. 25」と小数点以下の数値で表します。 なお、WindowsとMacintoshでは、シリアル値の基準が異なります。 Macintoshでは「1904年1月2日」が「1」となっています。 WindowsとMacintoshでExcelファイルをやり取りすると、日付がずれる場合があります。 Excel2007以降ではExcelのオプションで設定します。 [ファイル]タブをクリックして、[オプション]を選択します。 [詳細設定]を選択して、「次のブックで計算するとき」で「1904年から計算する」にチェックを入れます。 0〜23 時 の範囲の整数になります。 0〜59 分 の範囲の整数になります。 0〜59 秒 の範囲の整数になります。 注 時間にはシリアル値を使用します。 【問題】• 出社時間、退社時間、時給からその日の日給を計算しましょう。 セルD5,D7,D8,D9,D10,D11に数式を入れましょう。 B C D 2 時給計算 3 時給 1,000 4 出社時刻 退社時刻 勤務時間 5 8:00:10 17:20:20 9:20:10 6 7 勤務時間 時間 9 8 分 20 9 秒 10 10 時給計算例 シリアル値 9,336. 11 11 時間単位 9,333. 【解答例】• 日給の計算• シリアル値での計算• 時間データにシリアル値が使われているためです。 24時間が「1. 0」で、10時間は「0. 4166667」となります。 時間単位での計算• 時間と分を取り出してから計算することもできます。 この場合はHOUR、MINUTE関数を使って時間、分を取り出して計算します。 秒は無視しています• ステップアップ 時給の四捨五入• 上記の結果から分かると思いますが、秒単位まで表示していた場合シリアル値での計算では秒単位の日給が計算され、実情と異なってしまいます。 通常は分単位までと思います• また、日給計算結果には小数点以下の金額が計算されていますので、日々の日給は整数の単位に四捨五入などして丸めておく必要があります。 四捨五入の例です(9333となります)• 30分単位で勤務時間を切り捨てて計算する場合(9000となります)• 時刻「10:30」を数値の「10. 5」や「時. 分」に変換する例です。 関連事項• 23 を超える値は 24 で除算され、剰余が時間として計算されます。 分:0 〜 32767 の範囲で指定します。 59 を超える値は時と分に変換されます。 秒:0 〜 32767 の範囲で指定します。 59 を超える値は時、分、秒に変換されます。 【問題】• 時刻の時、分、秒が別々のセルに表示してあります。 E3セルには『時:分:秒』 E4セルには『時:分』と表示しなさい。 B C D E 2 時 分 秒 時:分:秒 3 11 22 3 11:22:3 4 13 10 13:10• 【解答例】• 【操作例】• E4:E5セルは次のように表示されました。 E3セルは『13:30:55』 、E4セルは『13:30』と、それぞれ設定します。 表示形式に注意が必要です。 標準では、24時表示 時刻表示 になっているため、24時を超える値は正しく表示されません。 下図のように、合計のセルの表示形式を [h]:mmとします。 【操作手順】• B8セルを選択します。 【表示形式】タブで「ユーザー定義」を選択し、種類に「 [h]:mm」と入力します。 B7セルの表示形式は h:mm 、B8セルの表示形式は [h]:mm とした例です。 B7セルには24時を超えた分しか表示されず、期待した表示になりません。 B8セルは表示形式を [h]:mm として、期待した表示になっています。 99999999 の値で、0:00:00 午前0時 〜23:59:59 午後11時59分59秒 までの時刻を返します。 文字データを時刻データ 0〜1の小数、シリアル値)に変換します。 TIMEVALUE関数は24時までのシリアル値になります。 24:00以上を扱う時はVALUE関数を使うことができます。 【問題】• 文字列の時刻データがB2〜B5に入力されています。 それぞれの時刻をシリアル値に変換して、C列、D列に表示しなさい。 24:00以上を表示するにはセルの表示形式をユーザー定義で「[h]:mm」とします。 文字列として時刻を表示するには「'6:00」のように「'」(アポストロフィ)を頭に付けます。 B C D 2 6:00 0. 25 3 12:00 0. 5 4 24:00 0 1 5 36:00 0. 5 1. 【解答例】• C4セル以降のように TIMEVALU関数では24:00以上はうまく計算されません。 しかし、時間は24時間を1としたシリアル値で換算されていますので、 小数部で誤差が出ることがあります。 FLOOR関数でうまくいかない場合もありますので、そういった場合には、 キーボードからの入力ではほとんど問題ないですが、オートフィルなどで連続データを入力した時などにこの問題を生じます。

次の

【エクセル時短】千円単位・百万円単位でわかりやすく。桁数の多い金額を省略して表示する方法

エクセル + 表示

時間・時刻の関数の使い方:Excel関数• 時間・時刻の関数• Excelでの時間・時刻のシリアル値から時,分,秒を取出す関数 HOUR関数,MINUTE関数,SECOND関数 時,分,秒の数値から時間・時刻のシリアル値に直す関数 TIME関数 文字列からシリアル値に直す関数 TIMEVALUE関数 について解説しています。 時給計算の仕方を例に挙げて説明しています。 スポンサードリンク シリアル値:Excelでは日付や時刻はシリアル値で処理されます。 日付は1900年1月1日を「1」、1900年1月2日を「2」・・・と、数値で表します。 時間・時刻は「1日 24時間 」を「1」として、12:00は「0. 5」、6:00は「0. 25」と小数点以下の数値で表します。 なお、WindowsとMacintoshでは、シリアル値の基準が異なります。 Macintoshでは「1904年1月2日」が「1」となっています。 WindowsとMacintoshでExcelファイルをやり取りすると、日付がずれる場合があります。 Excel2007以降ではExcelのオプションで設定します。 [ファイル]タブをクリックして、[オプション]を選択します。 [詳細設定]を選択して、「次のブックで計算するとき」で「1904年から計算する」にチェックを入れます。 0〜23 時 の範囲の整数になります。 0〜59 分 の範囲の整数になります。 0〜59 秒 の範囲の整数になります。 注 時間にはシリアル値を使用します。 【問題】• 出社時間、退社時間、時給からその日の日給を計算しましょう。 セルD5,D7,D8,D9,D10,D11に数式を入れましょう。 B C D 2 時給計算 3 時給 1,000 4 出社時刻 退社時刻 勤務時間 5 8:00:10 17:20:20 9:20:10 6 7 勤務時間 時間 9 8 分 20 9 秒 10 10 時給計算例 シリアル値 9,336. 11 11 時間単位 9,333. 【解答例】• 日給の計算• シリアル値での計算• 時間データにシリアル値が使われているためです。 24時間が「1. 0」で、10時間は「0. 4166667」となります。 時間単位での計算• 時間と分を取り出してから計算することもできます。 この場合はHOUR、MINUTE関数を使って時間、分を取り出して計算します。 秒は無視しています• ステップアップ 時給の四捨五入• 上記の結果から分かると思いますが、秒単位まで表示していた場合シリアル値での計算では秒単位の日給が計算され、実情と異なってしまいます。 通常は分単位までと思います• また、日給計算結果には小数点以下の金額が計算されていますので、日々の日給は整数の単位に四捨五入などして丸めておく必要があります。 四捨五入の例です(9333となります)• 30分単位で勤務時間を切り捨てて計算する場合(9000となります)• 時刻「10:30」を数値の「10. 5」や「時. 分」に変換する例です。 関連事項• 23 を超える値は 24 で除算され、剰余が時間として計算されます。 分:0 〜 32767 の範囲で指定します。 59 を超える値は時と分に変換されます。 秒:0 〜 32767 の範囲で指定します。 59 を超える値は時、分、秒に変換されます。 【問題】• 時刻の時、分、秒が別々のセルに表示してあります。 E3セルには『時:分:秒』 E4セルには『時:分』と表示しなさい。 B C D E 2 時 分 秒 時:分:秒 3 11 22 3 11:22:3 4 13 10 13:10• 【解答例】• 【操作例】• E4:E5セルは次のように表示されました。 E3セルは『13:30:55』 、E4セルは『13:30』と、それぞれ設定します。 表示形式に注意が必要です。 標準では、24時表示 時刻表示 になっているため、24時を超える値は正しく表示されません。 下図のように、合計のセルの表示形式を [h]:mmとします。 【操作手順】• B8セルを選択します。 【表示形式】タブで「ユーザー定義」を選択し、種類に「 [h]:mm」と入力します。 B7セルの表示形式は h:mm 、B8セルの表示形式は [h]:mm とした例です。 B7セルには24時を超えた分しか表示されず、期待した表示になりません。 B8セルは表示形式を [h]:mm として、期待した表示になっています。 99999999 の値で、0:00:00 午前0時 〜23:59:59 午後11時59分59秒 までの時刻を返します。 文字データを時刻データ 0〜1の小数、シリアル値)に変換します。 TIMEVALUE関数は24時までのシリアル値になります。 24:00以上を扱う時はVALUE関数を使うことができます。 【問題】• 文字列の時刻データがB2〜B5に入力されています。 それぞれの時刻をシリアル値に変換して、C列、D列に表示しなさい。 24:00以上を表示するにはセルの表示形式をユーザー定義で「[h]:mm」とします。 文字列として時刻を表示するには「'6:00」のように「'」(アポストロフィ)を頭に付けます。 B C D 2 6:00 0. 25 3 12:00 0. 5 4 24:00 0 1 5 36:00 0. 5 1. 【解答例】• C4セル以降のように TIMEVALU関数では24:00以上はうまく計算されません。 しかし、時間は24時間を1としたシリアル値で換算されていますので、 小数部で誤差が出ることがあります。 FLOOR関数でうまくいかない場合もありますので、そういった場合には、 キーボードからの入力ではほとんど問題ないですが、オートフィルなどで連続データを入力した時などにこの問題を生じます。

次の