お中元 お礼状 梅雨。 お中元のお礼状に役立つ書き方例文【6月、7月、8月】

時候の挨拶7月上旬の候や結び!ビジネスや梅雨明け前の例文

お中元 お礼状 梅雨

時候の挨拶7月上旬の候や結び!ビジネスや梅雨明け前の例文 7月上旬の時期にぴったりな時候の挨拶は? さて、7月上旬は 「7月1日~7月10日」なわけですが この時期は二十四節気の観点から見てみますと どこに重なっているんでしょうか。 「夏至(げし)(6月21日~7月6日頃)」 「小暑(しょうしょ)(7月7日~7月21日」 と、この2つに 重なっている形になっていますね。 そして次に 「小暑」について ちょうど七夕の時期から始まる節気で このあたりを境に徐々に 夏本番の暑さへと向かっていくという 時期でもあります。 梅雨明けも間近で局地的に 大雨が降りやすいのも このあたりでしょうか。 梅雨明け前は雨によって 気温が抑えられているものの 梅雨が明けたら一気に気温が 上がっていくので 体調を崩しやすくなるのもこの時期。 なので手紙を書く際は そのあたり気遣いの言葉を 入れるといいでしょう。 では、7月上旬にピッタリな 時候の挨拶の書き出しは どんなものがあるでしょうか。 「夏至の候」 6月下旬から7月上旬にかけて 重なっているので 「夏至の候」はまだ十分 使えるかと思います。 「小暑の候」 こちらも時期的に7月上旬の時期に 重なっていますので 書き出しの候補に入るでしょう。 ただ、梅雨明けが微妙に遅れて なんとなく肌寒いと感じる場合は 他の書き出しにした方がいいですかね。 「梅雨明けの候」 梅雨明けが間近の時期には こちらの「梅雨明けの候」を 書き出しに使うのもありでしょう。 あらかじめニュースなどで 梅雨明けの時期はどのあたりなのか 確認しておくと 書き出しに使っておかしくないのか どうか分かるかと思います。 「七夕の候」 7月7日は七夕ですからその時期に合わせて 「七夕の候」と書き出すのも 風流を感じていいですね。 もしくは七夕の季節に合わせて 「星祭りの候」と書くのも 文章がきらびやかになって いいでしょう。 「盛夏の候」 「猛暑の候」 「酷暑の候」 「炎暑の候」 「炎夏の候」 「小夏の候」 はい、見るからに暑さを感じる 書き出しになりますと このあたりもありますね。 梅雨明けが早く7月上旬の時期なのに かなり暑さを感じる・・・ そういった場合はこのあたりの 書き出しを使うのもピッタリです。 ではこのあたりの書き出しの候を使って いくつか時候の挨拶の例文を 見ていきましょう。 7月上旬の時候の挨拶・ビジネス上での例文について 拝啓 星祭りの候 貴社ますますご発展の こととお慶び申し上げます。 (中略) 七夕の季節を迎え 梅雨明けの暑さも ひとしおでございます。 どうかご自愛専一にて お過ごしください。 敬具 拝啓 梅雨明けの候 貴社いっそうご隆昌のことと 慶賀の至りに存じます。 (中略) 梅雨明け前の季節柄 雨の多い日が続きますので 夏風邪など召されぬよう どうぞご自愛ください。 (中略) 暑さ厳しき折柄 酷暑にお身体を崩されませぬよう ご自愛専一にてお過ごしください。 謹白 ひとまずビジネス上で 書いていくとしたらこんなところでしょう。 梅雨から夏へと切り替わる時期なので 相手を気遣う文章はしっかりと 入れておきたいところです。 あと基本的な書き出しと締めの部分は 「拝啓」と 「敬具」で問題ないかと思いますが 送り先の相手が著名の先生や大学教授など 偉い方などの場合は 「謹啓」「謹白」の書き出し、締めとした方が 文章が引き締まるかと思います。 「Sponsored link」 お中元への送り状に添える手紙の例文として 「得意先など改まる必要がある場合」 拝啓 炎暑の候 皆様におかれましては 益々ご健勝のことと お慶び申し上げます。 平素は大変 お世話になっております。 改めて厚く御礼申し上げます。 さて早速ではございますが 日頃のお礼の印として 本日心ばかりの品を 別便にて送らせて頂きました。 何卒ご笑納下さいますよう お願い申し上げます。 今後共引き続き ご支援ご厚情賜りますよう 宜しくお願い申し上げます 略儀ながら、書中をもちまして お中元の挨拶を申し上げます。 本日は日頃お世話に なっております感謝の印として お中元の品をお送りいたしました。 お口に合うか分かりませんが どうぞご賞味いただければ幸いです これから寝苦しい 熱帯夜も続くかと思いますので 夏バテや夏風邪などには 十分お気をつけください。 まずは書中にて、ご挨拶まで。 親しい相手に送る場合は 少し砕けた内容にして どちらも相手への気遣いの一文などを 入れておくといいかなと思います。 今回のまとめ はい、そんな感じで今回は 時候の挨拶の7月上旬の候や結び ビジネスや梅雨明け前の例文や お中元の手紙などについて まとめていきました。 梅雨明けまであともう少しか もしくは梅雨が明けて 本格的な夏の到来となりますので そのあたり時候の挨拶の 手紙として盛り込みつつ 夏の季節感溢れる手紙として 日ごろの感謝など書いてみるのも いいかなと感じます。 7月上旬は七夕もありますから そのあたりに合わせて手紙を書くと 話題性もあって 書きやすいのではないでしょうか。 「Sponsored link」.

次の

お中元のお礼状に役立つ書き方例文【6月、7月、8月】

お中元 お礼状 梅雨

比較的使いやすい文章なので、テンプレートを作っておくと良いでしょう。 [全体の流れ] ・頭語(拝啓) ・時候の挨拶(季節を表わす言葉) ・相手の健康状態や商売の様子などにふれる ・まずはお礼を述べる。 ・先方の健康を気づかうことばなど ・結びの言葉 ・結語(敬具) 内容が紙面に入り切らない場合には、宛名、日付、差出人名を省略します。 いただきました。 」といった意味で、拝受は謙譲語です。 「拝受いたしました」という使い方は二重敬語となるため、上記の文例では「拝受しました」と書いていますが、慣例的に「拝受致しました」「拝受いたしました」が使われる例が非常に多くなっており、現在では「間違い」として断固として排除されるとまではいえないようです。 もし抵抗があれば「拝受いたしました」という文に書きかえて使用して下さい。 [全体の流れ] ・頭語(拝啓) ・時候の挨拶(季節を表わす言葉) ・日頃お世話になっているお礼を述べる ・お中元のお礼を述べる。 まずは、文章を書き終えたら結語の「敬具」のすぐ下段に、右に寄せて日付けを書きます。 その下に、左に寄せて、先方の宛名を書きます。 その下に、右に寄せて自分の会社の社名、代表者名を書きます。 [全体の流れ] ・頭語(拝啓) ・時候の挨拶(季節を表わす言葉) ・お中元のお礼を述べる。 まずは、文章を書き終えたら結語の「敬具」のすぐ下段に、右に寄せて日付けを書きます。 その下に、左に寄せて、先方の宛名を書きます。 その下に、右に寄せて自分の会社の社名、代表者名を書きます。 お中元を頂いた場合のお礼状のビジネス文例・例文【4】 上司から部下へのお礼状 下記は部下からの御中元を上司が受け取る場合の文例です。 部下からのお中元には基本的にお返しは不要ですがお礼の言葉だけは必ず伝えるのがマナーです。 もしも、どうしてもお返しがしたいという場合には、御中元の形ではなくお礼状を添えて品物を贈ると良いと思います。 その他にも旅行先からお土産を送ったり、帰省先のお土産を渡したりなどで気持ちを表わしてください。 なお、 会社によっては職場内での贈答を禁止しているところもありますので、注意してください。 下記に、上司が送るお礼状の文例を2つご紹介します。 A 「今後は送らないで下さい」というお断りの役目も兼ねています B「おつきあいの都合上、お返しの品(帰省先の土産)を送る場合」 夫の代理で妻がお礼状を出すこともあります。 時候の挨拶/季節の挨拶語 月 文例・例文 7月 盛夏の侯、猛暑の候、大暑の候、炎暑の候、夏祭の候 暑中お見舞い申し上げます。 降りしきる蝉の声に夏の盛りを感じる頃になりました。 天の川がひときわ美しい季節となりました。 七夕の笹がわずかな風に揺れています。 連日厳しい暑さが続いています。 海開きの便りが聞かれる頃になりました。 海山が恋しい季節になりました。 空の青さが真夏の到来を告げています。 入道雲が空に映え、まぶしい夏の到来を告げています。 暑さ厳しき折 梅雨末期の蒸し暑い毎日が続いています 梅雨空に七夕飾りも寂しそうです 8月 残暑の侯、秋暑の候、晩夏の候、立秋の候、処暑の候 立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いています。 土用あけの暑さひとしおの侯 残暑お見舞い申し上げます 連日厳しい残暑が続いています。 秋まだ遠く、厳しい残暑が続いています。 立秋を過ぎ、暑さもようやく峠を越したようです。 吹く風に、ゆく夏の気配を感じる頃となりました。

次の

お中元のお礼状を妻が代筆する際の書き方やマナー

お中元 お礼状 梅雨

普段お世話になっている人へ感謝の気持ちを込めて贈るお中元。 デパートに行くと、夏の風物詩のように様々なギフトの品が並べられていますね。 昔はデパートまで足を運んでお中元の品を選び、相手方のご自宅までご挨拶に出向いていたものですが、近年はデパートから直接相手側へ配送の手配をしてもらったり、ネットで注文して配送するなど、お中元の渡し方も変わってきました。 手渡しではなくなってくると、いただいた側としても直接お礼を言うことができないので、電話で一報を入れた後、あらためて お礼状を送るというのがマナーとなってきます。 お中元の時期は地域によって少し異なり、 早いところでは6月から始まり、最終的には立秋(お盆前)の頃までに終わるようですね。 頭語(拝啓など) 2. 時候の挨拶の流れから相手の近況を伺う言葉や健康を気遣う言葉 3. (必要であれば)自身や自身の家族の近況報告 4. お礼や感想を伝える言葉 5. (必要であれば)今後の付き合いをお願いする言葉 6. 相手や相手の家族の健康を気遣う言葉の流れから結びの挨拶 7. 先にも述べたとおり、お中元の時期は地域によって異なり、早いところでは6月から始まります。 今回は、その 6月の「季語」を、上旬・中旬・下旬に分けて紹介していきます。 これらの「季語」を用いた時候の挨拶を次項で紹介していきますので、併せて参考にしてくださいね。 <時候の挨拶> 暑気払いの会でも設けて、じめじめとした暑さを吹き飛ばしたいと願う毎日ですね。 <結びの挨拶> この夏は猛暑になるとのこと。 皆様どうぞご自愛ください。 【ビジネス向け】お中元のお礼状に使える6月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶&結びの例文 最後に、 ビジネス向けのお中元のお礼状に使える時候の挨拶と結びの例文を、同じように 6月上旬・中旬・下旬に分けて紹介していきましょう。 ビジネス向けの挨拶の特徴は、少し固く、なんとなく難しい表現を用いることが多いというところでしょうか。 特に 漢語調のものを用いて固めの表現をすることが多いですね。 ちょうど末の子が部活動を始め、疲れを癒したいのか入浴剤を楽しむようになった頃でしたので、大変役立っております。 本人も大喜びです。 今時期は我が家の庭の琵琶の木に実がたくさん生っておりますので、お近くにお越しの際にはぜひ、遊びにいらしてくださいね。 時折晴れ間がのぞいてはおりますが、まだまだ雨の日は続きそうです。 くれぐれもおからだを大切にしてください。 取り急ぎお礼まで。 敬具 こうして全体の文章を見ると、お礼状や手紙を書くときの始まりには時候の挨拶を使うと、全体の流れがうまくまとまるということがわかりましたね。 特にお中元のお礼状には、 季語を用いた時候の挨拶で初夏の雰囲気を出すと、とてもキレイな仕上がりに感じますね。

次の