モ勢い。 スマホゲーム:2ch勢いランキング

モメンタムとは(見方・使い方)

モ勢い

青森県八戸市出身。 2011年入社。 学生時代は、アルバイトに明け暮れる日々を過ごしながら、 父が会社経営をしていた関係で興味を持った「税理士」を目指すための 勉強をしていました。 そんな中、当時喫茶店で知り合ったおじさんと、 アルバイト先のお客様から、奇遇にも弊社を紹介されて 志望、入社にいたりました。 現在の仕事は、MFクラウドを活用した経理アウトソーシングサービス「CASHMO(キャシュモ)」のセールスです。 プライベートでは、ダイエットのため職場の仲間と FEELCYCLE(フィールサイクル)に没頭中。 こんにちは。 はじめまして。 大風直之といいます。 出身地は山形県で、入社して5年が経ちました。 現在は青山ビジネスソリューション株式会社で、 経営コンサルタントをしています。 経営コンサルタントを目指すきっかけとなったのは、 父親が経営していた会社の倒産です。 そのような結末を迎えてしまう中小企業を少しでも減らしたい、 という想いが今でも... 福岡県福岡市出身。 2015年入社。 学生時代はアルバイトばかりしていました。 もちろん少しは勉強もしましたが、、、 笑 会計ゼミに入っていたので、 就職はそこで学んだ知識を仕事に活かせればと考えていました。 そんなとき、就活サイトで弊社を見つけ、 福岡出身の私にとって、青山という立地が輝いて見えたこと、 また、面接官や人事の方とのフィーリングも合い、 面白そうな会社だなと感じたことをきっかけに、入社を決めました。 現在の仕事内容は、所内で記帳代行等を行うよりお客様と話をすることの方が多いです。 意外とコミュニケーション能力が必要な仕事だと感じています... 埼玉県出身です。 新卒で入社し、この春で4年目になりました。 実家が事業をやっていたことと、 大学で中小企業について講義を受けたことがきっかけで 中小企業を支える会社・組織に興味を持ち、入社に至りました。 現在の主な業務としては、顧問先グループ企業企業 10社弱 の経理・労務の 実務担当をしています。 趣味は、植物を育てることと、古銭収集です。 中小企業に「経理担当がいなくても回る」仕組みを提供します。 会計・税務のプロが作った、クラウド会計をフル活用した代行サービス。 私たちはCashmo(キャシュモ)というクラウド経理代行をしているベンチャー企業です。 クラウドをフル活用した経理・記帳代行により、中小企業の経理業務を一括して代行する新しいサービスになります。 Cashmoのお客様の多くは社員数30名前後のIT企業です。 ベンチャー企業では経理担当者は1名しか雇えず、業務が属人的になり、経営者は常に経理担当者の退職や休職について頭を悩ませなければならない状況があります。 重要な経理ポジションが1名体制では、安心して経営ができません。 そんな中、会計のプロ集団Cashmoでは、経理担当者を雇う半分のコストで代行をすることができます。 透明性が高く、資金繰りの安定した経理業務を可能にします! 具体的には売上管理、仕入管理、給与計算、経費精算、試算表などをすべて実施しています。 MFクラウド会計(マネーフォワード)を使うことで、シンプルで効率的な経理体制を実現させました。 ベンチャーの成長や変化を、会計面から支えていきます。 なぜやるのか• 代表の梶井は税理士登録から16年目の経理・会計・税務の専門家です。 累計1000社以上の経営支援実績がある会社の新規事業から生まれました。 ミッションは数字に強い経営者を育てること。 代表の梶井は会計事務所での数百件の実務経験を経て、2004年に税理士法人を立ち上げました。 そこから15年以上経った今でも「数字に強い経営者を育てる」という目的は変わっていません。 経営者の一番の不安は「資金繰り」。 一般的な経理代行サービスは、請求書発行・振込手続・記帳代行など、バラバラのサービスの寄せ集めでクオリティが低いのが現状。 私たちは、中小企業が最も苦労を強いられている「未収金の回収」にも力を入れ、安定した資金繰りによるキャシュフロー経営をお手伝いしています。 またCashmoの母体となるキャシュモグループでは、多角化経営を行っています。 現在は税理士法人・コンサルティング会社・社会保険労務士法人がグループ内にあり、ワンストップで経営課題を解決できます。 結果的に累計1000社を超える経営支援実績を超えるほどに成長しました。 さらに来たるべきAI時代に企業が生き残るためには、生産性をいかに上げるかがカギとなります。 クラウドツールの実践、最新技術のキャッチアップ、RPA・AIの導入により、さらなる効率化をいち早く進め、事業をスケールアップしています。 私たちは、Cashmoを起点として、日本一の中小企業コンサルティンググループになることを目指しています。 どうやっているのか• 社員旅行も行っています!写真は昨年の滞在先のハワイにて。 メンバーが一致団結するための社内イベントにも全力です! Cashmoはスタートアップのフェーズです。 専属のメンバーもまだ1ケタです。 だからこそ自分の力が試せて、裁量権を持って働くことができる環境があります。 サービスの拡大や事業の成長は、あなたのアイディアと行動によって決まる。 そんなチャレンジングな環境で、私たちと一緒に大きな実績を作ってみませんか? 税務の顧問としてではなく、経理担当としての一括代行サービスなので、クライアントとの距離も非常に近いです。 お客様である経営者と一緒に仕事をする醍醐味を感じられることも魅力の一つです。 各分野のプロフェッショナルが集まるキャシュモグループ全体で、情報連携も積極的に行っています。 社内イベントや海外研修などの企画も多くあるので、チームにもすぐに馴染んで頂けると思いますよ! こんなことやります 最先端の経営プラットフォームを目指し、 全社をあげてIT化・業務効率化をすすめている当社では、 MF給与、アカシ、労務ステーションといった 最新のクラウド給与システムを活用し、 今までの4分の1の時間で給与計算を行うことを目標としています。 そして、将来的には人事労務コンサルティングを中心とした 高付加価値サービスの提供に注力していきたいと考えています。 このたびさらなるサービス充実のため、 社会保険労務士業務スタッフを増員することになりました。 平均年齢32歳。 若い仲間たちと、新たなビジネスプラットフォーム構築をめざして 一緒に成長しませんか。 業界未経験の方でもOK! 実務経験ある方、人と関わるのが好きな方、大歓迎です! 会社の注目のストーリー.

次の

『リモ止め』『12人の優しい日本人』『でんぱ組.inc』NHK『テレワークドラマ』……進化するリモートエンタメの勢いを止めるな

モ勢い

青森県八戸市出身。 2011年入社。 学生時代は、アルバイトに明け暮れる日々を過ごしながら、 父が会社経営をしていた関係で興味を持った「税理士」を目指すための 勉強をしていました。 そんな中、当時喫茶店で知り合ったおじさんと、 アルバイト先のお客様から、奇遇にも弊社を紹介されて 志望、入社にいたりました。 現在の仕事は、MFクラウドを活用した経理アウトソーシングサービス「CASHMO(キャシュモ)」のセールスです。 プライベートでは、ダイエットのため職場の仲間と FEELCYCLE(フィールサイクル)に没頭中。 こんにちは。 はじめまして。 大風直之といいます。 出身地は山形県で、入社して5年が経ちました。 現在は青山ビジネスソリューション株式会社で、 経営コンサルタントをしています。 経営コンサルタントを目指すきっかけとなったのは、 父親が経営していた会社の倒産です。 そのような結末を迎えてしまう中小企業を少しでも減らしたい、 という想いが今でも... 福岡県福岡市出身。 2015年入社。 学生時代はアルバイトばかりしていました。 もちろん少しは勉強もしましたが、、、 笑 会計ゼミに入っていたので、 就職はそこで学んだ知識を仕事に活かせればと考えていました。 そんなとき、就活サイトで弊社を見つけ、 福岡出身の私にとって、青山という立地が輝いて見えたこと、 また、面接官や人事の方とのフィーリングも合い、 面白そうな会社だなと感じたことをきっかけに、入社を決めました。 現在の仕事内容は、所内で記帳代行等を行うよりお客様と話をすることの方が多いです。 意外とコミュニケーション能力が必要な仕事だと感じています... 埼玉県出身です。 新卒で入社し、この春で4年目になりました。 実家が事業をやっていたことと、 大学で中小企業について講義を受けたことがきっかけで 中小企業を支える会社・組織に興味を持ち、入社に至りました。 現在の主な業務としては、顧問先グループ企業企業 10社弱 の経理・労務の 実務担当をしています。 趣味は、植物を育てることと、古銭収集です。 中小企業に「経理担当がいなくても回る」仕組みを提供します。 会計・税務のプロが作った、クラウド会計をフル活用した代行サービス。 私たちはCashmo(キャシュモ)というクラウド経理代行をしているベンチャー企業です。 クラウドをフル活用した経理・記帳代行により、中小企業の経理業務を一括して代行する新しいサービスになります。 Cashmoのお客様の多くは社員数30名前後のIT企業です。 ベンチャー企業では経理担当者は1名しか雇えず、業務が属人的になり、経営者は常に経理担当者の退職や休職について頭を悩ませなければならない状況があります。 重要な経理ポジションが1名体制では、安心して経営ができません。 そんな中、会計のプロ集団Cashmoでは、経理担当者を雇う半分のコストで代行をすることができます。 透明性が高く、資金繰りの安定した経理業務を可能にします! 具体的には売上管理、仕入管理、給与計算、経費精算、試算表などをすべて実施しています。 MFクラウド会計(マネーフォワード)を使うことで、シンプルで効率的な経理体制を実現させました。 ベンチャーの成長や変化を、会計面から支えていきます。 なぜやるのか• 代表の梶井は税理士登録から16年目の経理・会計・税務の専門家です。 累計1000社以上の経営支援実績がある会社の新規事業から生まれました。 ミッションは数字に強い経営者を育てること。 代表の梶井は会計事務所での数百件の実務経験を経て、2004年に税理士法人を立ち上げました。 そこから15年以上経った今でも「数字に強い経営者を育てる」という目的は変わっていません。 経営者の一番の不安は「資金繰り」。 一般的な経理代行サービスは、請求書発行・振込手続・記帳代行など、バラバラのサービスの寄せ集めでクオリティが低いのが現状。 私たちは、中小企業が最も苦労を強いられている「未収金の回収」にも力を入れ、安定した資金繰りによるキャシュフロー経営をお手伝いしています。 またCashmoの母体となるキャシュモグループでは、多角化経営を行っています。 現在は税理士法人・コンサルティング会社・社会保険労務士法人がグループ内にあり、ワンストップで経営課題を解決できます。 結果的に累計1000社を超える経営支援実績を超えるほどに成長しました。 さらに来たるべきAI時代に企業が生き残るためには、生産性をいかに上げるかがカギとなります。 クラウドツールの実践、最新技術のキャッチアップ、RPA・AIの導入により、さらなる効率化をいち早く進め、事業をスケールアップしています。 私たちは、Cashmoを起点として、日本一の中小企業コンサルティンググループになることを目指しています。 どうやっているのか• 社員旅行も行っています!写真は昨年の滞在先のハワイにて。 メンバーが一致団結するための社内イベントにも全力です! Cashmoはスタートアップのフェーズです。 専属のメンバーもまだ1ケタです。 だからこそ自分の力が試せて、裁量権を持って働くことができる環境があります。 サービスの拡大や事業の成長は、あなたのアイディアと行動によって決まる。 そんなチャレンジングな環境で、私たちと一緒に大きな実績を作ってみませんか? 税務の顧問としてではなく、経理担当としての一括代行サービスなので、クライアントとの距離も非常に近いです。 お客様である経営者と一緒に仕事をする醍醐味を感じられることも魅力の一つです。 各分野のプロフェッショナルが集まるキャシュモグループ全体で、情報連携も積極的に行っています。 社内イベントや海外研修などの企画も多くあるので、チームにもすぐに馴染んで頂けると思いますよ! こんなことやります 最先端の経営プラットフォームを目指し、 全社をあげてIT化・業務効率化をすすめている当社では、 MF給与、アカシ、労務ステーションといった 最新のクラウド給与システムを活用し、 今までの4分の1の時間で給与計算を行うことを目標としています。 そして、将来的には人事労務コンサルティングを中心とした 高付加価値サービスの提供に注力していきたいと考えています。 このたびさらなるサービス充実のため、 社会保険労務士業務スタッフを増員することになりました。 平均年齢32歳。 若い仲間たちと、新たなビジネスプラットフォーム構築をめざして 一緒に成長しませんか。 業界未経験の方でもOK! 実務経験ある方、人と関わるのが好きな方、大歓迎です! 会社の注目のストーリー.

次の

スマホゲーム:2ch勢いランキング

モ勢い

開始当初より加盟店倍増 経済産業省は2020年6月1日、還元事業についての最新状況を公表した。 同日時点での登録加盟店数は約115万店で、5月1日時点(約113万店)より若干増加したものの、3月(約104万店)から4月(約112万店、いずれも1日時点)の伸びと比較すると、落ち着いた印象がある。 とはいえ、還元事業開始当初(19年10月)の約50万店からは倍増している。 普及にともない出費も増し、20年度補正予算(1次)では、新たに755億円が計上された。 梶山弘志経産相は4月14日の会見で、この予算計上は「お約束の今年の6月末まで切れ目なく実施するために必要な金額」だとし、当初の予定通り終了する意向を示している。 新型コロナ専門家会議の提言を踏まえた、政府の「新しい生活様式」には、電子決済の利用が例示された。 ただ「お得」だからではなく、感染予防の一環としての「現金離れ」も考えられる。 懸念点は「マイナポイント」と「手数料」 キャッシュレス決済にとって順風満帆に見えるが、懸念点もある。 現在の還元事業が6月末で終了し、7月からは「マイナポイント」事業の申し込みが始まる。 対象のキャッシュレス決済でのチャージや買物で、9月から25%(最大5000円)が還元されるもので、事前にマイナンバーカードを取得しておく必要がある。 マイナンバーカードは、特別定額給付金で知名度が増したが、その反面で発行までに日数がかかる上、受け取りや暗証番号再設定などの各種手続きには自治体窓口へ出向く必要があるなど、現状の課題も知れ渡った。 「10万円ならまだしも、5000円のために手間を掛けたくない」と見送る人が増えてしまえば、キャッシュレス決済も、マイナンバーカードも、どちらの普及も見込めなくなる。 もうひとつネックになり得るのは、決済手数料だ。 店舗設置のQRコードを客が読み取る「ユーザースキャン方式」では、現状で多くの事業者が、加盟店の手数料負担をゼロにしている。 しかし、あくまで普及のためのキャンペーンで、各社期間限定の措置になっている。 手数料を払ってもなお、店舗がメリットを感じるようでなければ、使える範囲は狭まる。 これもまた、今後の課題となるだろう。 (J-CASTニュース編集部 城戸譲).

次の